2017年7月22日 (土)

覚えられるおばあさん

覚えられる・・・って、この れる られる は「可能」のれるられるじゃないのよね、
もの覚えなんかとっくに諦めてる。
「受け身」のほう。ヒトサマがBBの顔を覚えてくれる話なんですけどね。

二日前に書き込みましたが、家から10分程度歩いた所にあるバス停をよく使います。
駅に向かう始発のバス停です。
よく乗るのが、9時50分発。

つい先日もそれに乗って出掛けて、昼頃には駅から下りのバスに乗った。
運転手さんは行きも帰りも同じ人。

発車前に、彼が席を離れて、ねぇねぇお客さん・・・とBBに声を掛ける。

  今朝、9時50分発に乗ったでしょ?
     乗りましたよ。
  そのバスがね、来なかったって言うヒトが居たんですよ。
  お客さんは確かに乗りましたよね?
     乗りましたよ、たしかに。

なんでしょね・・・
それが来なかったから次の便をエンエンと待って乗って、運転手さんに
苦情を言ったのかしらね。そりゃ憤懣やる方なかったでしょうから。

年配の女性だったそうな。

始発のバス停だから、決して早く出てしまうことはない。
決まって一分は遅く出るのを知ってる。
そうしないと、途中のバス停につくのが早すぎてしまうかららしい。
途中も乗降客が少ない路線だから乗降もすぐ終わるため、必要な時間調整らしい。

以上、人口の少ない土地で出歩いて顔を覚えられたお婆さんと、
暑さのせいで時間がはっきりしなくなったらしいお婆さんの話でした。

この、顔を覚えられた方のおばあさんは、バスの運転手さんだけじゃなくて
幼稚園のボクにも覚えられました。
もう一時間ほど早いバスに乗ることもあって、路線バスのバス停の手前で、
幼稚園の機関車トーマスのバスが来るのを待つボクに会います。

彼は、トーマス待ちの定位置に居て、BBがその20メートルくらい手前まで
近づいたら、オッハヨーゴジャイマースと声を張り上げます。
すれ違いながらお互いニヤニヤと改めて挨拶をかわし、
また20メートルくらい離れた頃に、イッテキマースとイッテラッシャーイを
適当にその日の気分で言ってくれます。

                clip

人の少ない土地では、顔を覚えられやすくてワルイコトできないわね。
しないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

路地に除草剤

モッコウバラの生垣の向こうは、殆どBB専用道路の路地。
たまに誰か通っていたら、あっ、ヒトっ!と声を上げるくらい。

路地を抜けたところにあるバス停には、一日に5回だけバスが来る。
日中の外出に使えるのはそのうちの2本だけ。
そのバス停を通り過ぎて10分近く歩いたら、一日に14本、休日なら9本のバス停もある。
車の免許を持たないまま70代になったヒト(BBのことね)には、
殆どチベットクラスの環境だと思う。
そんな所に70歳で引っ越してくるなんて、勇気があるねと言ってくれる人も居た。
そっかぁ、ちょっと偉くなった気がしないでもない。shine

辺鄙だからって家にばかりいるわけじゃない。外出も度々。
このトシだから、人に後れを取ることなく元気で病院通いってのもあるし、
習い事二つは大きい楽しみだし、月に一度くらいはコンサートにも行きたい。
だから、バス停へと続く道は、タイヘン大事。

路地は、無舗装。この時期は草ボウボウ。
ヨソンチの柿の青い実がゴロゴロ落ちていたり、
両側から木の枝が張り出して、それがクモの糸で繋がっていることもしょっちゅう。
石ころゴロゴロは通年だし、
スリリングな道でもあります。

大事な道に、自分でできることは草刈りくらいしか無い。
昨年は充電式の刈り払い機を使ってバス停近くまでブンブンやった。
また今年もそろそろかな。
とりあえず今回は、電気のコードを引っ張る式の刈り払い機で、
自分ちの横とちょっとその先まで済ませた。
充電式よりもパワーがあって、音も大きめ、ちょっと好き。

刈った後の草の始末をしてから、除草剤を撒いておいた。
これが、いつまで草の心配をしないで済むものかっていうと、たいしたことはないんだけど。

この路地を通ってお隣に回覧板を届けたら、
帰りには茄子とキュウリを胸に抱えていた。
「持って行く?」と、一応聞かれたのが珍しいけどね。
いや、もうたくさんです、なんて、言えないオトナシさよ・・・

Photo_2
庭の隅にあるカリンに、たった一個だけ実がついてる。大丈夫かな。落ちないで頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

今日の収穫

今日こそは降る!大気不安定の為、千葉の南部でも雷雨!って言ってますが、
今朝、ホースでジャンジャン水やりしました。
予報では降ると言われても、雨雲に素通りされ続けていたから。
これまでのカンカン照りに、庭のみんなが参っちゃってるようだから、本当に降るまでのオシノギ。

カサブランカ、昨日は五分がた開いた蕾を室内から何度も眺めた。

Photo
夜のうちに開いたのかなぁ、今朝5時には開いていた。

Photo_2
今朝の収穫。
真ん中の緑色のは…いちおう、キュウリです。
右隅の緑はバジル、それからミニトマトとブルーベリー。

いくら一人分あればいいと言ってもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

初芝刈り

この春に拡げた芝生を初めて刈った。
目地が埋まるのを待っていたら、丈が伸びすぎて15cmくらいにまでなっていた。
葉が伸びる方が、根が横に拡がるより速いんだわね。
目地のタテヨコを感じさせてくれながら、マス目ごとに盛り上がってる。
緑色の毛足の長い生地のキルティングってところ。

Photo

芝刈り機の刈り丈を最大の5mmにセットしてみたけど、
15㎝のものを5mmにするなんて、いっぺんでは到底無理だったみたい。
何度往復しても、イチオウ刈りました、程度にしかならないし、
ミッシリ生え過ぎたところなんか、
芝刈り機の刃が通り過ぎるのを平然とやり過ごしているらしく、それがナニカ?と
盛り上がったまま。
今回はもうカンベンしてやった。

ミニトマトをもいで、外水道でジャブジャブやって立ち食いして、
しばらくしたらお隣さんから野菜のご到来。
トマトがミニも中くらいもいろいろ、茄子、キュウリ、それにトウモロコシ。
今日も野菜リッチでご馳走になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

カブトムシ登場

カブトムシが居たら捕まえといて、と、息子からリクエストがあったのが3週間前。
カブトは、うちのシマトネリコにやって来る。
クヌギがあった時はクヌギにも来ていた。

捕まえといてと言われても、実はちょっと怖いんだけど、以前にも頑張って、
ペットボトルに空気穴をあけて何匹かを運んで行ったことがある。
じゃぁ、できないわけはないのだぁ。。。

毎日シマトネリコの幹を観察して、
幹に出来ている縦の浅い溝が湿ってきているのが判っていた。
樹液が滲み出る場所らしい。

Photo

やっと今朝になって、今年初めてのカブトを発見。
7~8匹は居る。
樹液が少ししか出てないようなところにツノ突き合っているのもいれば、
目立たないところでこそっと独り占めしているのもいる。

Photo_2

これからしばらくの間は入れ替わり立ち替わりで木にとりついている筈。
最盛期にはひしめき合って、挙句に、傍を通るだけでBBなどは邪魔者らしくて
あっち行け、される。

Photo_3
カサブランカが今年は草刈機の被害にも会わずに育った。
二つの蕾が、蜘蛛の糸で綾取りしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«除草剤散布