2018年10月11日 (木)

上野の山は秋のかほり

芸大奏楽堂とやら、どんなところだろうという興味で
10月8日(祝)のチケットをとってありました。
芸大ピアノ科と桐朋弦楽科教授陣による「フランス室内楽の午後」。

出演者の顔ぶれもプログラムの内容も気に留めずにチケットを買ったのは初めてかも。
玉手箱かも、と少しは期待して、秋の楽しそうなお出掛けのチャンス、だった。

  ↓のプログラムは、クリックで拡大します。

1
開けてびっくり玉手箱だったわね。
浦島太郎みたいに煙モクモクで超おばあさんに、ではなくて、
わ~い!楽しかったよ~!のほうです。

芸大の教授陣と桐朋の弦楽科教授陣との初の交流演奏会。
それを芸大の奏楽堂で、という珍しいステージでした。

演奏家のことなんてほとんど知らないBBは、
プログラムにチェロは長谷川陽子さんと出ているのを見ただけで、きゃぁ・・・です。
彼女のステージはこれまでに数回見て、テレビでも見て、スンゴイいい音~~と、
楽しんでいたので。
この日は、彼女の強烈なピチカートが、ガっと踏み込む足踏みとともに
繰り出されるのを見てしまった。華やかなドレスも、きっと、
あられもないおみ足を覆うのに必要だったんだわ。

ミョーの、2台のピアノのためのスカラムーシュは、
演奏するお二人の楽しそうなこと!第3曲なんてサンバのリズムだから、
聴く方もテンションが上がる。
作曲したミョーさんはリュウマチに苦しんでいたなんて解説にあったけど、へぇ?

                    shine

芸大までは、上野駅公園口から、人込みを避けながら避けきれず10分余り歩いたかしら。
動物園に行く人、美術館や博物館に行く人、
オープンスペースでは陶器市までやっていた。

その大賑わいのバックには、大イチョウの・・・ギンナンの・・・かほりムンムン。。。
上野の山の端々まで、あんなにもたくさんの巨大イチョウがあったんだわ・・・。
芸術の秋のかほり?

                    shine

この日は娘が付き合ってくれたおかげで、お手軽ながら珍しい場所でランチ。
上野駅の、元貴賓室なんて場所がレストランになっていたのね。
ランチは長い行列ができる人気だけど、
実にタイミングよく、行列になる前に入れた。

店内のシックなしつらえはなかなかのものだったけど、
一歩外に出てから思い出したのは、
たしかこの辺りだった、地下鉄の駅に向かう薄暗く埃っぽい階段の周辺に、
ホームレスが何人もうずくまっていたのはつい四半世紀前の記憶。

上野はいろんな香りがする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

落果狼藉のお振舞い

台風24号の去った後、ア~ア・・・・・・・・が二つ。

Photo
落花狼藉ならぬ、落果、ウチの数少ない果物。
小さいのは渋柿、大きいのがカリン、
ア・・・・。

もう一つのア~ア・・・は、モッコウバラのアーチの一つ。
北隣家からの目隠しに役立っていたのに。
アーチの片脚は、モルタルと瓦礫とレンガを使ってガッチリ重く固定していたから無事で、
向き合う脚は土に直接挿しただけだった。
脚を支える斜めの支柱もゴツイのを深々と挿してはいたんだけど。
でも、よく繁ったバラが台風とガップリやって、負けた。
アーチはねじれて片脚が浮いた。
バラ自体はケロッとしてる。
やっぱり、両脚ガッチリじゃなくては駄目だった。

反省はしたけど、再生はしないことにした。
モッコウバラはモンスターだから、度々面倒見てやらなくては暴れる。
太い茎が木化しているけど、電鋸でおさらばしよう。
アーチの残った片脚は処分するのも楽じゃないから、何とか活かそう。

だいたい、蔓ものが多すぎた。
モッコウのほかに、ニンドウなどのスイカズラ系・アケビ・ハーデンベルギア・ハゴロモジャスミン、
もうやめよう。
放っておけば一人で静かに成長する良い子強い子じゃなくては。

・・・そういえば、新しく貼った芝の上に見えていた雑草・・・?は、
ハナニラだった。春に咲くのに、いつも葉っぱだけは10月から出るんだった。
芝の下の土に球根があったんだわ。
いい雨が降り続いたとばかり、しゃっきりと団体でお出まし。
可愛くも臭くもあり、さぁどうしてくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

堆肥切り返し

10日ほど前に、ニンドウやらアケビをばっさり刈り込んだ。
木化した固そうな蔓はシルバーの剪定係さん達に処理を頼み、
大量の葉と柔らかい茎だけ堆肥槽に入れておいた。
シャガも広がり過ぎたからバッサバッサ刈って堆肥槽に。

ニンドウもアケビも繁り過ぎて、傍の木に絡んで大迷惑、
もうこんな手に負えないヤツは切り捨て!終活!

二つ並んだ堆肥槽のうち、片方には、もう出来上がったいい土が残っている。
それを黒いビニール袋に詰めた。
その袋にカンカン日が照り付けたら熱消毒になりそうだけど、
もうこんなに涼しくなっては、それは期待できない。
それでも、今度何か植える時に使おう。

カラになった槽に、となりの槽の中身を移動。
まだ10日ばかりでは緑の色もきれいに残っているけど、
手を差し込むと暖かい。
発酵が始まっているかな。

適当に積んだら踏みつける。
出来上がっている土を少しパラパラ、米糠もパラパラ。
また刈りたての葉っぱ、踏み踏み。(ハッパフミフミって・・・巨泉さんだっけ)
それを繰り返して、ビニールシートを掛けて終わり。

アケビやシャガの葉を入れてあったほうの底には、春までに積んだものが残っているから、
それを最後に重ねたかったんだけど、
もう疲れたから本日はこれにて終了。
台風が来る前の一仕事。

                    shine

堆肥というけど、肥料成分はどんなものかな?
それでも、新しく何かを植える時にはきっとここから土を取り出して使う。
培養土を買った方がいいのかと思いつつ、自分で作った土って、ちょっと嬉しいから。

出来上がった土には、春にはカブトムシの大きな幼虫がどっさりいたりして、
おっかなびっくりだけど、それもおもしろい。

雑草を積むときよりも落ち葉を掃除して積むときのほうがちょっといい気分。
土になった時に、少し木の葉の形が残っていたりして、
腐葉土だぁ、と嬉しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

芝生の除草剤 茎葉処理型と土壌処理型

芝生を拡げるのがシュミのBBとしましては、芝生に生える雑草対策が大事。
これまで、芝生全体に均一に振り掛ける顆粒状の除草剤を使ってきた。
日本芝などのイネ科の植物には作用しないということで安心して振りフリしていた。

今、その除草剤にストップをかけたところ。

少し傾斜した芝生の下側に植えてあった低木類が、ダメになった。
庭ナナカマド・アカメ柳・馬酔木・それに山吹も。

全体が枯れて、根が傷んでいるのが判って、引っこ抜いて終わり・・・哀れ。
それだけダメになってやっと疑問を持った。ニブイなぁ。
芝生の除草剤のせいじゃないの?

除草剤って、どれも、雑草の葉っぱや茎に掛けたら根っこまで浸透して効いて枯れる、
地面に落ちたらその時点で薬は無力化する、
そういうものばかりだと思っていた。
だから、周囲の植物に掛からないようにさえ気を付ければ大丈夫だと思っていた。

いろいろダメにしてからやっと、何か違う?と疑った。

                    shine

芝生用に限らず、除草剤には、茎葉処理型と土壌処理型の2種類があるらしい。

   茎葉処理型は、茎や葉に掛けたら根っこまで浸透して全体が枯れる。
             薬液は地面に落ちた時点で効力がなくなる。
             植物に掛かったものだけの効果。
  
   土壌処理型は、地面に残って効果を継続して、新しく落ちた種にも効く。
             雑草の発生前、発生初期に使用する。
             傾斜地では絶対に使用しないこと。
             

芝生用にBBが使っていたのは、この土壌処理型だった。
地面に数か月残る除草効果が、水で流れて斜面下側の植物にも影響してしまったらしい。
ほんの少しの傾斜に過ぎないと思っていたけど、傾斜は傾斜だった。

                    shine

使ってきた芝生除草剤には、除草効果が3ヵ月続くと書いてある。
地面の中に3ヵ月間薬があるってことなんでしょ。
そりゃ溶けて流れて斜面の下にも効くでしょ。
斜面の下にある植物の根っこにも効くでしょ。

ネットの商品ページには、土壌処理型であるとか、
こういう働きをするものだから気を付けろなんて書いてないけど、
メーカーのページには書いてある。
シロートが買う時によくわかるようにしてもらえないかなぁ。

                    shine

芝生の除草剤の中には、茎葉処理型のもあることがわかった。
ピンポイントで、芝生の中の雑草にシュッと掛けるらしい。
イネ科には効かない。それでも傍の芝生が多少黄ばんだりするが、回復するんだって。

一番いいのは、除草剤を使わないで、手で抜くことでしょうね。
BBみたいに”手抜き”じゃなくて。

ウチの芝生は、一昔前に貼ったところと昨年のと今月貼ったところがある。
芝生用の除草剤を使ったのは一番古いところだけで、
この春に振り掛けてから6か月たっている。
地面で働いていた除草効果もなくなったころでしょう、、、と楽観して、
低木が抜けた後に新しく、クチナシを植えた。がんばれクチナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

今朝の名月

今朝四時少し前に目覚めると、ほ~んのり外が明るい。
そう言えば、昨夜は仲秋の名月だとか言ってたっけ。
西寄りの空に真ん丸お月さん。

Photo
昨夜は空を見なかったけど、やっぱりワタシは朝型だな。三文の徳があった気がする。
スマホで自動で写してみた。お月さんと判る程度には写ってる。
ファイル情報によれば、シャッタースピード13分の1、ISOは1250、時刻は3時59分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅花空木も