2018年6月 8日 (金)

ピーマン生り始め

ピーマンの苗を10本、5月半ばに植えて、まだ一ヵ月も経ってないのに、
数日前から実が生り始めてる。早いなぁ。

Photo

一番大きいので5~6㎝。 小さいのが幾つも後に続く。

苗を植えてから一週間くらいたった日に、
駅でバス友に出会った。
彼女の実家はウチに近いらしい。
BBのウチのすぐ傍に、昔の小学校分校跡があるのだけど、
1・2年生の時はそこに通ったというのだから、ご縁は浅くない。
今の住まいがカンノって地名らしくて、彼女のことを秘かにカンノのオネエサンと呼ぶ。

カンノのオネエサンが、野菜を何か作ってるかと聞くので、
ピーマンを10本と言ったら、
10本!  一人じゃ食べきれないくらいに生るよ、だそうで。あらら。
ピーマンは長い間なるから楽しみな、こないだ、テレビでカレーに入れてたよ、って。

ついでに、庭の広さも聞かれて答えたら、一人じゃ広すぎる!半分でいい!って。
うん、たしかに。手が回らない気配濃厚。

おっもしろいなぁ、こうヅケヅケ言ってくれるなんて。
言われてもどうしようもないこともあるけど。
15年生まれって言ってたから、BBの3歳上ね。
去年あたりから、杖が手放せないらしい。

そういえば、近頃ツルネエサンを見かけないなぁ。
彼女も、木を大きくするなとか増やすなとか言いつつ様子を見に来てもくれてた。
自転車で転んでからゼンゼンダメだぁと言っていて、
それでも手押し車で畑に通って、畑の傍に置いたビールケースに腰かけて
通りがかりのおしゃべりをすることもあったんだけど。
こちらはBBより10歳上。

年の差は縮まらず開かず、ネエサン達が老けていくから、
BBはズルズルと前に習えの気配。

Photo_2
今年は紫陽花が早いと、何人も言ってる。たしかに。
ウチでは、いつもはまず青いのが咲き始めてからピンクが後に続いていたのだけど、
今年はピンクが早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

伐採と刈り込みを依頼

「シルバー」に庭の木の手入れを頼むことにしました。
カエデの一本を根こそぎ処分、
椿を一本、頭を詰めて半分くらいの高さに、
マグノリアも頭詰め、
ダイセンキャラボクも頭詰め、
ついでにツキヌキニンドウもぐっと下でカット。

肝心なのは、大量に出る払った枝の処分です。
剪定や伐採だけなら、かなり大きくなった木でも、電動鋸でなんとかしてきたし、
切るのは面白い。
でも、もう、ゴミとなった枝の処分に相当の体力と時間を費やすのが苦痛になってきました。
ついでに、切る方も大幅に人手に任せて、
なるべく軽く、楽しめる範囲でやっていこうというわけです。

この庭を先住者から引き継いだ時には既に、
植えられて50~60年になるという木さえ何本もあって、
それが魅力でもあったのだけど。

ってわけで、ゴミ処理やら運転手さんの手間賃まで含めると、3万円くらいですって。
・・・そうでしょうねぇ。
想定外ともいえない。
その後がどんなにすっきりするかを思ったら、
いつものステーキをやめて小間切れにするくらいの辛抱はできるわ。
(誰がいつもステーキ食べてるって?)

ただ、仕事が始まるのは一ヵ月は先ですって。
春以来、庭木の始末に手を焼く家が多いらしい。

                   shine

大きくなりすぎた木の処分を人手に任せる一方で、
大きくなっても灌木程度までならと、挿し木で増やしていたりして・・・。
ハクチョウゲ、ローズマリー、ラベンダー。
元気に大きくなれば、その陰には雑草が少なく・・・とも言えないか。

                    shine

ミニトマトの病気が心配だったけど、
薬があっさりと効いたらしい。

Photo

葉っぱひしめく苺もポツポツ生る。

Photo_2

今年のおりこうさんはコレ↓

Photo_3
ゴツゴツの実になる花梨ちゃんです。
花がたくさん咲いて満開の時に、強風強雨にさらされて、期待できないかと思った。
今年は青い実が20個は見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

オトナの発表会

先週末は、主に、オトナになってから習い始めたピアノ・フルート・声楽の発表会でした。
主催は、音楽教室を運営する楽器屋さん。

先生からチケットを頂いて、よかったら見てきてください、
次回は出演してください、ですと。
ありゃ、それはナイ!でも参考までに、と出掛けました。

行って良かったな~。
見るからに(聴くからに)始めて間もなさそうなたどたどしい演奏が続いて、
そうよ、私もそうだったのよ、と思う。
中には、先生と並んで立って、
音がどうしても出なくて先生がその場で手を取るように教えるシーンもあった。

ほんの少しは自分も進歩したんだなと思えた。
それに、たどたどしくてもヒト前で演奏する勇気は、進歩の役に立ちそうだし。

プログラムが進むと、あれくらいできるといいなぁというレベルの奏者が登場してくる。
自分もできるようになりたい、と思う。
励まされるわけね。

素敵な演奏を期待するコンサートばかりじゃなくて、
時には、こういうのも現実的っていうかな、自分の居る場所はここ、と
居心地は悪くなかった。

                    shine

終わってから、近くのコーヒー屋さんへ。
こじんまりした和風の庭がアプローチになっていて、
食器も和風、でも天井は高くて照明はイタリア製なんだって。

チーズケーキのお皿に添えられた花が、
どう見てもドクダミ! でも臭くない。
つい、摘んで、これは?と、運んできたオネエサンに尋ねたら、
ドクダミです、だって。
花が普通のと違うんです、と言われてみたら確かに、
まるでヒトリシズカのような楚々とした白い花がついていて、
葉っぱも、ウチの庭に蔓延っているのより華奢に見える。
びっくりさせられたけど、初めて見た面白さ。

帰り支度を始めた時に、店のオーナーらしい、BBと同年輩の女性から声が掛かった。
コーヒーの話じゃなくて、店の造りや庭の話。
庭の見えるところに、と言って席を選んだからね。
共感する話題だった。

後味もよろしいお出掛けだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

梅花空木 白雲木 ペンステモンミステア

繁ったものだわ・・・。
どれも手入れらしいことはしないのだけど、
・・・手入れをしないから繁り過ぎかも。
ズボラの言い訳を言えば、野山にある姿はどうかしら、と憧れがあるからこうなる。

BBの庭の目指すところは、できたら何も無い場所を。
あらまほしきは、野山にある木が適度に。

有り難いことに、とやかく言う人が居なくて放っておいてもらえるから、
メチャゆるくなる。
これを幸せと言わなくてどうする。
・・・な~に言ってんだろね、今更。

Photo_3
ペンステモンミステア 群生になってきた

Photo_2
白雲木 いつの間にか、元からあるものとは違う場所でも繁ってきた

Photo_4
梅花空木 これもモンク言わずに元気に伸び伸び

                    shine

庭の課題は、伸び伸びほったらかし…とは逆に、
始末しやすいように。
残念だけど。

課題は課題のまま、棚上げはいつまで?
夏休みの宿題はギリギリだったし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ピーマン苗植え付け  トマトは病気?

農協の直売所に、ホントは、スイカの苗があればいいな・・と行ってみたら、
スイカと書いた札がついてるケースが一つだけ、空っぽ。残念!
去年はグランドカバーにサツマイモを植えた場所に、
今年はスイカだ~と思ったのにな。

手ぶらで帰りたくなくて、目についたピーマンの苗を10本。
10本なんて、これまでうちの庭では最高じゃないかしら。

Photo
ピーマンの写真は、神栖市のHPから拝借。
神栖市は日本一のピーマンの産地なんだそうで。
戦後、進駐軍の野菜として栽培が始まったんですって。

ウチのピーマンは、またもや円形の畑で、
苺が頑張って実をつけているその外周にぐるっと、植えました。
苺はまるで寄せ植えみたいな混雑だけど、
外周はココロして大きい円にして、間隔をあけたんだけど、どうかな。
害虫対策にオルトラン粒剤と、草木灰と有機肥料を土に混ぜてあり、
苗には支柱を添えてやりました。

                    shine

ついでに、バジルの苗も。
ミニトマトを3本だけ植えてあるから、その傍にバジルを植えよう。
コンパニオンプランツとやら、去年はそうやって結構実がたくさんついたし、と
まずはトマトの周りの草取りに寄ってみたら、
葉っぱに怪しい斑点を見つけた。

Photo_3
ネットで調べたら、どうやら葉のえそという病気らしい。
3本しかないのに3本ともこの症状。
抜いちゃうしかないか・・・。
ザンネン。
もうちょっとの間、薬で様子を見よう。
収穫二日前まで使えるという野菜の病害虫に効くスプレーがお出まし。

この病気は、周囲に雑草が無いように綺麗にしておけばよかったらしい。
・・・雑草だらけだった・・・
諦めるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カルミアちゃん咲く