2017年5月22日 (月)

モグラとハクビシンが通る芝生

4月にちょっとばかり頑張って拡げた芝生が、少しずつ根を張っています。
1~2cmの目地をとって貼った芝が、
もう隣同士くっついて目地が見えなくなっているところもあれば、
ちょっと心配な所もあり、笹やほかの雑草がニョキニョキで、いつも抜いてる。
初めの一年は芝生の除草剤も使わない方がいいそうだから、
面倒でも手抜きで、手抜きできないってわけ。

雑草までは想定内だったのだけど、
モグラの行進は、ウ~ン・・・
雑草ばっかりのときは少々モグラが通ったってお構いなしだったのだけど。
地面が盛り上がって、こっちからこっちまで芝生のすぐ下にトンネルを作ったねっ、と
見えちゃうからねぇ。 仕方なく、その上を、体重掛けて踏んで歩く。
デコボコの芝生が出来上がっては困るから。
秋には焼き芋パーティするんだから。

昨日の夕方、カーテンを閉めようとして、・・・見てしまった。
あれはハクビシンの後ろ姿。
たぶん、庭を横切って路地へ出て行くところだった。
実害はないと思うけど、好きな眺めじゃないっすねっ、と
姿が消えた方に向かってモンクを言う。
黙って通り抜けるのなら、
体重をかけてモグラのトンネルの上を踏みしめていくくらいのことをしてもいいんじゃないの?

Photo
今年はエニシダがえらく盛り上がった。細い小枝をたくさん出して花たっぷり。
重そうだし、傍を通るのにかなり邪魔。
でも、コレの近くにあったギンヨウアカシア(ミモザ)が老朽で命を終えたのだから、
かわってエニシダが真っ黄色に盛り上がるのは大歓迎。

左端に、今年できたアーチがチラッと写ってます。
見えてないけど、その足元に植えたのは、モッコウバラ、ミニトマト、バジル。
ワキからツキヌキニンドウが伸びてきて、絡みたがってる。

ヨソンチの屋根の上の湯沸かしが見える。

手間暇かけて丹念な庭仕事をしてシンケイ張り巡らして完璧な庭を目指す、とは
対照的な庭遊びをしてるのだけど、
想定外のいろんな影響があるものなんだわね。
生き物いろいろ。周囲の景色も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

切り株始末

大きくなった南京ハゼを、地際から20cm余り残して切り倒したのが去年の7月だった。
そのまま放っておいたら、切り株から新しい小枝や葉が元気に伸びてきた。それじゃ困るのよ。
萌芽力が強い木だから、本当は地中の根っこすべてを掘り出したいところなんだけど、
それには重機が必要になる。
そんな木を普通の民家の庭で育てたのがいけないと言えば言える・・・
・・・クッ、言いたくない・・・
それも、クヌギに続いて2本目だから、性懲りもなく、と言わなきゃ。

Photo

刃渡り20cmくらいの電動鋸で切るんだから、根気が要ります。
そう思うだけでオミコシが重くなっていたのだけど、やっと終わりました。
残った幹を地際で切り、太々しく張った根っこも何本か切断して、
幹の断面と根っこの断面に除草剤の原液をたっぷり。
このやり方はクヌギを始末した時と同じ。これで地中に隠れて残っている筈の根っこも
無事に枯れてくれますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

名刺代わりに玉葱

知らない人からモノを貰っちゃぁいけないんですよね。
子供の頃にそう言われていた気がするんだけど。
でも、ついこないだも知らないお爺さんから葉っぱ細工のウマとかバッタとか貰った。

Photo
今日は玉葱を貰ってしまった。
比べるものがないと大きさが判り難いと思うけど、これ、一つ一つがスンゴク大きいのです。
スーパーなんかでは見たことがなかった大きさだと思う。
お見事!って声を掛けたいくらい。

うちの私道の入り口の角に、ヨソンチの小屋があります。
そこから向こうは隣町になっていて、並ぶ家も出入り口はアッチ向いているし、
どんな人が住んでいるか知らなかった。

今日はマイカー(荷物を運ぶ手押し一輪車ね)で庭ゴミを出しに行ったときに、
その小屋に人が居た。
はじめにモンペみたいなのを穿いた足が見えて、次にエプロンが見えたから、
こんにちは~と声を掛けて通り過ぎようとしたら、その足の持ち主が顔を見せた。
BBと同年輩の女性だった。彼女からもこんにちはと声が返った。

帰り道に、そのヒトが小屋から出てきて、
ここの奥の人?とBBに尋ねる。
そうですよ~と言うと、畳みかけるように、一人で居る?って。

ハイ、と答えるわよね、そりゃぁ。
するとまた間髪を入れずに、玉葱上げるよ、ですって。
・・・で、貰っちゃいました。

マイカーにドサッと置いてくれました。
 そんなに沢山は・・・
 吊るしときゃいいんだから
って会話はありましたが、、、。

見ると、その小屋に玉葱がたくさん吊るしてあります。
日ごろ見知ってるご町内でも、小屋とか軒先に、もう一か月以上前からかな、
よく見る風景なんだけど。新玉葱のシーズンだったわ、たしかに。

ちゃんとお礼を言った記憶はありますが、
半ばボ~ッとして、帰宅しました。

思うに、彼女はBBのことをどなたかに聞いて知っていたんでしょうね。
こちらは、いきなりの展開に頭がついて行かなかった。

途中、南隣り氏が庭からこっち向いておられたのに気が付いて、
へへへ、これ貰っちゃいましたぁ、そこで、、と報告しました。
彼は、ウンウンと頷いて笑顔。
昨日はその南隣り夫人から絹さやをど~っさり頂いたのでした。

いいのかなぁ、こんなに平和で。

暖かくなってきて、野菜がどんどんできて、
頂くおすそ分けに悲鳴を上げるシーズンの始まりなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

甘~いチャールダーシュ

4月はGGの命日が巡ってくる。
GGの思い出は有るけど、「今」が無い。たくさんの思い出が押し寄せてくる日々。
負けそうになる。
今年はその命日当日に、彼がなくなった病院のすぐ傍にヨンドコロナイ用事で行く羽目になった。
もう、ギブアップしたいところ。
救いの手を娘に求めて、首尾よくお昼ご飯を一緒にできた。
喋って食べれば機嫌よく回復する程度のもんですけど。

そんな話を息子に聞かせたら、
彼も家族と一緒にBB宅を訪れてくれることになった。
理解しようとしてくれるのが嬉しいね。

GWに、息子一家は娘の末っ子も加えてよく遊んでくれた。
彼の連れ合いが見せてくれる気遣いもあたたかい。
GGにこそ見せたい良い眺め。

                   shine

GWには、去年すっかり味をしめたラフォルジュルネが、今年も待ってました!
今年のテーマはダンス。舞踏の曲です。
                  

                   note

2

                   note

Photo
                  note

Photo_2
KOUくんとBBの間の席にはKOUくんのママが座ります。
カモフラ用のメガネは全音符をアレンジしましたよ。わっかるかなぁ?

3人で聴いた二つのコンサートの合間には楽器店のブースで、
デジタルのグランドピアノや管楽器に触ったりミニコンサートを聴いたり。

翌日に剣道の試合を控えていたKOUくん達が帰宅した後は、
一人でまた二つのコンサート。
その合間にはチケットフリーのバロックダンスやノルウエ―民族音楽と踊り。

朝から晩まで楽しみに浸りました。

中でも、驚き!!と感動!!だったプログラムは、
最後に聴いた「ラテンの楽園」。
ジュリアンマルティノー氏のマンドリンがメインになるトリオ。

バイオリン曲の「チャールダーシュ」がマンドリンで演奏されたのを初めて聴きました。
バイオリンで聴く激しさが、彼のマンドリンでは切なげな甘い響きで盛り上がって
迫ってくるのでした。
ちょっとボーゼンとしてしまった。

胸にヒシと抱きしめたマンドリンを、頬を紅潮させてかき鳴らすから余計に
ググ~ッときましたね。
繊細な音を活かす為か小さいホールで、ステージが近かったし。

甘いチャールダーシュのおかげで夜道を一人帰るのもさびしくなかったも~ん。

♪..............................................

0歳からのコンサート : シンフォニア・ヴァルソヴィア  廖國敏[リオ・クォクマン] (指揮)

ブラームス:ハンガリー舞曲第1番・第2番・第5番
グリーグ:「ペール・ギュント」から アラビアの踊り、アニトラの踊り
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 第1集 op.46より 第1番・第8番

♪..............................................

マルク・ラフォレの ピアノ

ショパン:4つのマズルカ op.33
アントン・ルビンシテイン:ワルツ・カプリース 変ホ長調 op.118
スクリャービン:「10のマズルカ op.3」から 第1番・第2番・第3番・第4番・第7番
ショパン:ワルツ イ短調 op.34-2、変イ長調 op.42「大円舞曲」
ショパン:ワルツ 変ニ長調 op.64-1「小犬のワルツ」、嬰ハ短調 op.64-2

♪..............................................

オリヴィエ・シャルリエ のヴァイオリンとシンフォニア・ヴァルソヴィア
  ディナ・ジルベール 指揮

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61

♪..............................................

ラテンの楽園 : ジュリアンマルティノートリオ(マンドリン・ギター・コントラバス)

カラーチェ:タランテラ op.18
モンティ:チャールダーシュ
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
マルチェッリ:幻想的ワルツ
ピアソラ:「タンゴの歴史」から 酒場1900、ナイトクラブ1960
カラーチェ:マズルカ op.141
カラーチェ:ボレロ op.26
ムニエル:スペイン風奇想曲

♪..............................................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

苦手なバス路線

大学病院と市立病院が殆ど隣り合う位置にあります。
駅からのバスは、それぞれの病院の傍に停まります。

BBの指の手術をしてくれたセンセイがその市立病院に異動になったので、
ケアの為、少々遠いけど通うことになりました。

市立病院のほうでは昔、GGの父が入院していたことがあり、
大学病院では、GGが癌との闘いを3年続けた挙句に亡くなり、
BBはこの路線でよく面会に通いました。
今でも、この路線に乗るのは気が重い。

昨日は好天に恵まれ過ぎ!ってくらいで、楽しみのボタニカルアート鑑賞に行きました。
大事な知り合いの作品が目的。
利用するのはまたその路線。
駅前のバス停で、待つ人の列が、途中2~3人分の間隔があいてその後ろにも人が居ます。
前の人について並ばずに、少し後ろにある柱に寄りかかっている中年の女性が居るのでした。
並んでるんじゃないかも?と思ったので確かめました。並んでらっしゃる?って。
彼女が言うには、ここに寄りかかっていたいから、、、前が空いてしまった、と。

立っているのが辛かったんでしょうね。
あのどっちかの病院に行くところだったのでしょう。
無事にたどり着けたかしら。

自分のこの日の行く先は病院の少し手前で、公園の中だから今は緑がきれい。
でもやっぱり、この路線は少し辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コミュニケーションツール?