2019年1月14日 (月)

ヒヨドリに負けてる

春採りのブロッコリを6株と、ターサイを5株、チンマリと苗を植えてみて、
いちおう、育って食べられるようになったらいいなと思っているのだけど、、、
なんだか一向に大きくならない。
どうもヘンだな。

よく見てわかった。(これまであんまりよく見てなかった)
ブロッコリは、葉の大半を鳥に食べられているらしい。
噛みちぎられて傍に残骸もある。
あー、思い出した。
何年か前にもブロッコリを植えて、葉を鳥に食べられていたんだわ。
南隣り夫人が見つけてくれて、ヒヨドリに食べられたね!と言われたんだった。

4

芯のところを食べられてなければ、今からガードすれば大丈夫、と言われたのだった。
周囲や上にテグスを張れば、鳥が羽を傷めるのが嫌で近づかなくなる、と。
その通りにして、葉はその後無事に新しいのが伸びてきて、ブロッコリは自分の口に入った。

まったく、思い出すのが遅いんだわ。
昨日の夕方になって、テグスを張り巡らした。

そしてターサイ、これは本当に初めて植えた。
植えた場所が、この季節はあんまり陽が当たらないみたい・・・。
だいぶん前は、この辺りに幾つか野菜を作っていたんだけど、
傍の木が大きくなってた。
古い木は大幅剪定してもらったけど、
南端に作ったイヌ槇の生垣が育ってる。

Photo

これも、生垣を作ったばかりの頃に、南隣氏から、
あんまり背を高くしない方がいいだろヨ、と言われたのだった。
目隠し効果なら背が高い方がいいとしても、
畑を傍に作るなら日陰になるわけで。

ダッメだなぁ。
もっと日当たりのいい所を手入れして、ターサイ様を移してもいいかなぁ。
・・・と、ターサイを見たら、あれれ、これも鳥に啄まれた跡があった。
む、む、、、。

Photo_2
チューリップの球根をプランターに植えて、
隙間に、スイートアリッサムを植えておいた。
チューリップが埋まっていることを忘れてほじくったりしないように。

寒さに強いアリッサムの脇に、チューリップが、一個だけ芽を出している。
まだ、出るには早いんじゃないかな。
寒さ本番中だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

水仙は我が世の春、ばぁさんは朝練プラス冬眠

朝練をやってます。
5時台に起き出してあったかいミルクを一杯、
ガスストーブとエアコンをつけてピアノの前に座る。
30分から長くても一時間、
11月の初めから続いてる。
飽きっぽい怠け者のわりには続いてる。カンシンカンシン!
ここに書いたからにはもう少しは続くでしょ。
なお、聞くに堪えない音が出ていても、
ピアノに消音機が付いていて、こんな時間はヘッドフォンつけてやってるから大丈夫。

元はと言えば、12月初めの発表会に備えてだったのが、
起き抜けは疲れてなくて眠くなくて快調だと気付いたから。
記憶力も指の動きも、坂道コロコロ下りっぱなしなんだから、
少しは抵抗しなくちゃ。
そのうち、抵抗も忘れそうだけど。

2

Photo

11月から続いているのがもう一つ。
水仙がどんどん咲き続けてる。
何年も球根を掘ったことがないところが一番早く咲き始めて、
二番手は、新しく貼った芝生の下にこっそり埋もれていた球根がぐいぐい。
こっそりのわりには数が多くて、本当に芝生を植えたのか水仙を植えたのかと疑うくらい。

三番手は、芝生の為に更地にした(つもりだった)ところから掘り出して
別の場所に植え替えた球根、
いまは三番手にちらほら蕾が見える。

ま、好きなように咲いてもらいましょう。

今のところ、二種類咲いている。
蕊の周りが黄色いのと白いの。
黄色い方が香りは強くて、鈍くなった嗅覚でも楽しめてる。

                    shine

今日は風も大したことなくて、陽だまりが暖かい。
朝早くは、外の水道が凍っていて水が出なかった。昼頃にはOK。
雨がずっと降らないから、この冬になって植えたものに水遣りをした。

しか~し、午前中の冷えっぷりには手も足も出ない毎日。
曇りがちの日なんか、空の真似して自分もど~んより、
炬燵にすっぽり冬眠。
お昼を食べた後は更に動けなくなる。
夜も良く寝ているから、本当は眠いわけではなくて、
ただ炬燵が・・・気持ちよすぎる。やっぱり炬燵はヨクナイ。けど、イイ。

動かなきゃぁと思いつつ、自分には大甘だからね。
手先だけちょこちょこ動かして、
ネットでウインドウショッピング。
ウインドウだけで留まらず、、、、ちょっとね、洋服二着、
海老餃子50個入、ハンバーグ10個入、日本酒180ml一本(料理に使う、ホント)、、、

この調子じゃぁ、丸々太ってしまって、冬眠の穴から出て来られないかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

餃子で暮れて穴子で明ける

          明けましておめでとうございます 

             良い年になりますように

            
             
今年もどうぞよろしく願いいたします

                            2019年元旦

 

1901011_2
                               2019.01.01 Youma.K 撮影

 

年の暮れ、お正月、穏やかに心軽く過ぎる日々が、とても貴重に思えます。

                                        shine

昨年、寒くなってきたころから、あれ、食べたいなぁ・・・が湧いていました。
餃子です。  買ってきたものはしょっぱくてがっかり、
家で作るのが一番と思いつつ、
一人でチマチマ一人分の餃子を包むシーンを思うと淋しい。

年末が近づいた頃に、グッドアイディアがピカッ!
年越しをBB宅で過ごしてくれるメンバーと一緒に、餃子を作ったら?!!!

家族のラインに書き込んでみたら、オッケーですと!
一番頼もしいのが、娘の連れ合い氏、
「得意料理です。ふふっ。」 と来ました。

2_2

お蔭で大満足の、並サイズと大型もいれて大量120個ほどの餃子が出来ました。
全員参加型、なんて言ってみたけど、
BBとしては支度に手を出すことなく、自分が食べた分くらいは包んだかな。
いや、もっと食べたわ。
幸せいっぱいおなかいっぱいの年の暮れでした。

                    shine

元旦の朝、寝坊助の布団をつついて起こそうとしたら、
従弟同士が一つの布団に入っているのも居た。

お雑煮は、丸餅に今年も穴子の照り焼きを、
昨夜に続いて餃子シェフがよそってくれて、
飾りに柚子の皮の刻んだものを、息子が乗っけていくのが見えた。

賑やかで平和な時間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

田舎に住んで困ったことは?

ご町内百歳体操の会の忘年会、今年も集会所で、参加者8人。
これでいつもの体操のフルメンバーです。
一年前からみると数人の減。
辞めてったのは、歩行も困難になってきた80代のオネエサンがたばかり。
それは仕方ないことには違いないけど、
先々自分もそうなるかと思うと淋しい。

そこに、新規参加の話も出ました。
隣り町に住むヒトだけど、その町の百歳体操の日は勤めの休日と曜日が合わなくて、
彼女の友達が居るコチラは都合が良い、入れてくれないかしら、という話だったらしい。
全員一致でウエルカムが即決した。

さて今年の食事も、500円のお弁当プラス、リーダー氏お手製の漬物がドンと出場!
爽やかな黄色も美しいタクアン!
切ってお皿に山盛り、そのほかに、2~3本ずつがビニール袋に入って
段ボールの中にドッカリ。
お皿のを食べて、ウマイと思ったら袋入りを持ち帰ってくれ、だそうです。

お皿から一切れ頂こうとしたら、分厚いっ。3センチはある。
隣りの席からもお箸が伸びて、持ち上げたら3~4切れがつながってきた。
リーダー夫人の笑うには、オジサンばかりの飲み会にもタクアンを出して、
その時はも~ッと分厚いよ、だって。
たくあん漬けは意外と手間と暇が掛かるのだそうだけど、
大根の泥を落としてからお皿に並ぶまでのすべてを、ご主人がされるらしい。
袋入りのプンプン香るのを、もちろん私も頂戴しました。

お弁当の太巻き寿司にアサリの煮たのが入っているのは土地柄ね。おいしい。
オジサンが御用で途中退席した後、話題はご町内のヒトの動向がメインになる。
見ていると、どうも、特にその分野がお好きで得意な2~3人が居て、
狭い土地のことで、どなたもそこそこ情報通。

お寺や神社の行事の話になった時に、不意にBBに声が掛かった。
こんな行事とか風習とかで、都会から移り住んできて困ってないですか?・・・・と。
(あ~、びっくりした。都会って程じゃなかったけどね、たしかに農村経験は初めて)

いえいえ、ゼンゼン。
ガードしていただいているんじゃないかと思うほど、何も困ることがないんです。
神社の「歳神様」のおフダは遠慮させてもらってるし、
お寺の集まりも、そこにお墓がある家の行事で、BBは素通りさせてもらってる。

ただ、庭の隅にあるお稲荷さんの小さい石の祠だけは、
9月のお祭りに合わせたお飾りをつけて気分を出す。

この家を買った時の不動産屋さんの話では、BBの購入が決まった後に、
神職さんを呼んで祠にお祓いをしてもらったそうで、
今やただの石です、ってことだった。

それでも、見渡せば田んぼ!のこの土地で、
お稲荷さんは稲作の神様、馴染みが良い。
勝手に復活!と決めて、町内の当番さんがお飾りを持って来られた時に
一式500円なりをもとめる。

Photo

                    生垣の犬槇の実

土地の風習で悩まされることはないけど、気になっていることはある。
2年後には、組長役が当番で回ってきそう。
12~3世帯のまとめ・連絡係。
回覧板を回したり、神社やお寺のおフダを売って回り、町会費の徴収。
できるかな???
来年はウチの南隣さんが組長当番だから、
何度か付いて歩いて見習いをしようかと思ってる、と、
タクアンを齧りながら喋ってみた。

すると、たぶん、BBさんには当番は回らないと思うよ、というハナシ。
組長の仕事は、BBが見知っているだけではないらしい。
田んぼのこともあるからね、だそうです。
なるほど、田んぼばかりは全く縁がない。
見習いや努力で職務完遂できるものでもなさそう。

はぁ、そう?
・・・・肩の力が更に抜けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

ウチのモミジ  ブロッコリ苗

寒さにたいして意気地がなくなった。
どうしても、の用が無ければ玄関のドアを開けるのもイヤ。
やっぱり、炬燵を出したのがまずかったかな。

そのくせ、「何か植えたい」欲は消えない。
ブロッコリの苗を6個買ってきた。
今から植えて、3月に収穫らしい。
お隣りさんの畑のブロッコリは、今、高さが70㎝位もあるかな、
威風堂々並んでる。はじめは、あのでっかいのは何だろう、、、と眺めていた。
テレビでまんぷく農家めしなんていうのを見ていたら、ブロッコリ農家が登場して、分かった。
何年か前には、自分だってブロッコリを育てたのに、あんなに大きくならなかったから。

そうっか、季節違いでも育つものなんだね。ウチのは今回はまだこんなおチビ。

Photo
昨夜からの冷たい雨で、しぶきが掛かって寒そう。
早く植えてやらなきゃと思いつつ、もう一週間も、炬燵の中でそう思っただけ。

野菜を作るのは真面目じゃなきゃちゃんとは出来ない、もうやめよう、と何度も思ったのに、
ブロッコリを植える場所を確保したくて、ピーマンの株を抜いたり、
すぐ傍まではびこったジンジャーの根を掘り出す作業も、頑張った。
そういえば、その前には、ターサイの苗を5個買ってきて、植えた。

ン?一週間に一度くらいは頑張ってるな。

1
この9月に楓をバッサバッサ刈りこんだり伐採したりを、人手に頼んだ。
その後の塩害もあって、ウチの紅葉はイマイチ。
冷たい雨くらいは平気なんだろうけど。
ま、こんなこともあるわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コンサ~~~ト!