« 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 | トップページ | 横浜散歩 »

2012年7月10日 (火)

今年のドングリ

Kunugi
今、直径1センチくらい。これくらいのがたくさん生っている。

Youくん(孫くん)が幼い時に公園で拾った一粒のドングリが芽を出して、鉢植えから地植え。全部で8年くらい経ったかな。
昨年の秋には高さが約5メートルで、初めてのドングリが3個実った。

実ったドングリを見て初めて、これはクヌギの木だった、と皆で確認。
クヌギなら、高さは20メートルにもなろうという高木だから、民家の庭木としては無理。
お隣との境界に近いところに植えたものだから、既に垣根の上に枝が飛び出したり影を作ったりしていた。
いずれ頭を切ることはYouくんにも納得してもらった。

切るにしても、せめて10メートルまでは・・・という彼の気持ちもわかるし、自分だってそんなに育ったドングリの木を見たいんだけど・・・。

ちょうどひと月前に、急に結論が出た。
BBが公園ボランティアで知り合ったプロに、大きくなる木の頭を切るのは、缶コーヒーの太さくらいまでにしないと木が傷むよ、と聞かされてきた。
そりゃ大変だ、もうかなり太い。じゃぁ、今のうちに切るしかない。
ぎりぎり缶コーヒーの太さくらいのところで切ったら、高さは3メートルくらいになった。

本当は、幹の一番太い所(根元)がその太さの頃までに、という意味だった気はするけど。


昨年実ったドングリが木の足元に落ちているのを、1個だけ今年の春に発見した彼が、鉢に植えたら、根を下し、芽を出し、当たり前だけどクヌギの葉を出し、丈が50センチ近くなっている。これが大きくなったら、今度は庭の真ん中に植えよう、でも又いつかは頭を切らなきゃ、、、、と、果てしない。庭じゃぁ間に合わない。山が一つ、欲しいなぁ。

|

« 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 | トップページ | 横浜散歩 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/46273794

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のドングリ:

« 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 | トップページ | 横浜散歩 »