« ナツツバキ | トップページ | 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 »

2012年7月 7日 (土)

公園ボランティア

市の公園の植栽ボランティアに参加して一年経った。
週に一度、植え込みの枝払いや刈り込みをする。メンバーの平均年齢は60後半か70位じゃないかしら。

 

本当は週に二度の日程が組まれているのだけど、BBはせいぜい一回。それもこの時期なら暑すぎるとかなんとかサボる理由に事欠かない。

 

昨年来、防風林になっている夾竹桃の整理をしてきた。地際から不要の枝がテンデに伸び放題。
防風林だからあまりスカスカしたら風が抜けると、公園事務所のオネエさん(市の技官だそうで)は切り過ぎが気になるらしい。
ジジババボランティア達はご指示は尊重しつつ、夾竹桃だからね、来年はまた立派に再生してるよ、と程良くアレンジ。
見通しが良くなって散歩する人にはなかなかいい感じの筈、と内輪褒め。ゴシゴシ切るのは気持ちいいしね。

 

倒伏したり絡み合ったりの野放図な枝を払い、絡んだ蔓草も払い、毎回20人前後で黙々と進める。ずいぶんスッキリしてきた。
一週サボったあとに行ってみるとびっくりするくらいはかどっているのがわかる。

 

昨日は防風林を出て園内道路脇の灌木の刈り込み。近くで鋏を動かしているメンバーの傍に蜂が飛んでいる。
最近ほっぺを刺されたばかりのBBは用心したいところ。
蜂がいますよぅと声を掛けたら、
蜂なんか全然気にならないよ、って。
子供の頃には何度も刺されたよ、蜂の巣を取って食べてたから。丸飲みだから味はわかんない。なにせ、食糧難の時代だから、だそうで。

 

こちらも勿論その時代を通って来たけど、薩摩芋とか麦ご飯くらいしか覚えてない。
蜂の巣を食べるって、怖いけど、、、ちょっと美食っぽい。

|

« ナツツバキ | トップページ | 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/46236252

この記事へのトラックバック一覧です: 公園ボランティア:

« ナツツバキ | トップページ | 千鳥草 アメジストセージ 槇 トマト 草刈り 紫陽花 »