« 駅カフェでババのおしゃべり | トップページ | カラスウリ »

2012年8月26日 (日)

秋明菊 ジンジャー 

Photoシュウメイギクが咲き始めた。菊と名がつけられていてもアネモネの仲間らしいけど、ハナミズキの花に感じが似てると思う。
あまりガンガン日が当たらないところが好きらしいから、大きい木の下で半日陰くらいのところに植えたらよく増えた。翌年だったか、かなり離れたガンガンの日当たりのところにいくつも育ってきて、今もあちこちで背を伸ばして蕾が膨らんでいる。あまりお行儀が良くないね。
花が終わったらホワホワ綿毛になるから、その中に種を包んで飛ぶんでしょうね。ちょっと面白い形と優しげな色が良くて、行儀の悪さはお目こぼし。面倒を見なくても元気によく増えるのは、とりあえず歓迎。

暑い暑いと言いながらも、これが咲くということは夏も終わりに近いんだろうと思う。
そういえば、百日紅がなぜか今年は咲かないと思っていたけど、今頃になって咲き始めた。遅い遅い。



Photo_2ジンジャーも咲き始めた。甘~い香り。
これも猛烈元気に増える。背が高くて葉も広いから後ろのごちゃごちゃしたところを隠してくれる。なにしろごちゃごちゃだらけなので。

この庭を中古で手に入れた5年前の春先、大きな根っこがモリモリしているのをみて、てっきり生姜だと思った。生姜は野菜売り場にあるものしか知らない。ハジカミにするのとヒネ生姜。
でも、お隣さんが違うと言う。前からあるものについては新参者のBBより前から住んでいるお隣さんのほうが詳しい。それは名前は知らないけどいい匂いの白い花が咲くよ、生姜とは葉っぱも違う、と言われた。掘って食べないでよかった。その年の夏、この白い花が咲いて、分かった!ジンジャーだ!

これにはGGも喜んだ。GGと最後に旅したハワイ島の、現地ガイドツアーで遊んだ農園跡地にたくさん咲いていた。ガイド氏が花の蜜が甘いと薦めるので、メンバーのみんな、子供のようにチュッと吸ってニッコリ。あの時は確かイエロージンジャーだった気がする。これは白いから、フンベツのあるジジババに戻ったGGもBBも吸いはしないけど、何度も鼻を近づけて楽しんだ。

|

« 駅カフェでババのおしゃべり | トップページ | カラスウリ »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/46833510

この記事へのトラックバック一覧です: 秋明菊 ジンジャー :

« 駅カフェでババのおしゃべり | トップページ | カラスウリ »