« 藍の生葉染め・・・2 | トップページ | 東京駅 »

2012年9月27日 (木)

アカマンマの生葉染め

Akamamma
Kc450213_2藍染めに使う藍によ~く似ているアカマンマ、犬蓼というらしい。ただいま庭のあっちこっちでご繁栄中。
これで藍染めができるなら材料調達がラクでいいけど、、、、やっぱりそううまい話は無いのです!
アカマンマで染めるなんて話は、素人向けの染めの本のどこにもないから、きっとインディゴは含まれてなくてダメなんだろうと思いながらも、ダメモト大好き。葉っぱをむしってミキサーで潰して青汁状になったところに絹のリサイクル白地をヒタヒタ。仕上げはオキシドール水溶液。

Photoきれいな青じゃなくて、黄緑色に染まった。そうだろうと思ったのよ・・・・
こうやって庭にあるもので遊ぶのがモットーだから、黄緑色の布裂がどんどん増えそうな予感。

※ アカマンマの花の写真は某所から拝借してきました。
  オ! 思いついた! この花を集めて潰して、ピンク色に・・・染まるかなぁ・・・  今のうちなら材料豊富。
(思いついただけで書かないで、失敗でもやってみてから書けばいいのに)

※ 庭の隅っこで雑草に埋もれそうなラズベリーに、一個だけ食べごろの実が付いていた。
後で洗って食べようと胸ポケットに入れて、忘れてた。手を洗う時にふと鏡を見たら、ポケットが赤く染まっている。時すでに遅く、人間の食べ物の状態じゃなくなっていた。洗おうなんて思わずにその場でパクリすればよかった。
・・・染まるのね!ラズベリーで!
これはびっくりしてすぐに洗い落としてしまったけど、この赤い色は、放っておくと青とか、別のただの汚れ色になるのかも。果物の食べこぼしで経験あり。
赤を赤のまま留めるのには何か工夫がいる筈ね。そうっかぁ、それが染色のオベンキョウになるってことね。フムフム、ただの忘れん坊の失敗も、こう考えると、捨てたもんじゃない。(まったく、長生きするね)
 

|

« 藍の生葉染め・・・2 | トップページ | 東京駅 »

染めて遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/47232345

この記事へのトラックバック一覧です: アカマンマの生葉染め:

« 藍の生葉染め・・・2 | トップページ | 東京駅 »