« シラーペルビアナ成長始め | トップページ | 杉の丸太をカット »

2012年10月30日 (火)

ホウレンソウ種蒔き 肥料のハンセイ

芋畑の後、雑草で作った堆肥と剪定した枝を焼いた草木灰を土に混ぜておいて、一週間後に化成肥料を入れた。肥料袋の表示が、14・14・14 と、窒素リン酸カリの比率と濃度を示すのかな。3種類の栄養が同じ比率で、濃いめに入ってますという表示だとオモウ。なにしろ初めて化成肥料なるものを使うので、あんまりわかってない。

化成肥料を入れてから更に一週間経ったので、土を均して竹棒で筋を付けてから、ホウレンソウの種を一列にパラパラ。うっすら土をかぶせて掌でパタパタ。如雨露で水遣りしといた。さて、どうなりますか、お楽しみ。

何かで聞き覚えたんだけど、たいていの野菜は、芽が出て15センチか20センチになるまで順調に来たら、後はだいたい大丈夫、だって。土から必要な栄養をちゃんと吸い上げていればそこまでくる筈、なのだそうで。
それがうまくいかなかったからと言って慌てて何かを足してやっても遅いよ、だと聞いた。あ~あ、来るはずのところまで来なかった経験が多いなぁ。何かが足りなかったんだろうねぇ。それでコノタビは化成肥料に頼ってみたわけ。よく効くそうだから。

お隣さんの畑を見せてもらうと、何によらず立派でどっさり。
今まで使った自作のボカシ肥料を信用できなかった。作り方の説明通りにやってできた肥料だから、もしかしたら、使う量が少なかったのかもしれない。何平方メートル当たり何キロの肥料を、と書かれたものを読んでも、この畑、何平方メートルだろう、ま、おおよそでいこう、肥料の量も、だいたいこんなものだろう、でやってきたからね。反省点は多いよ!

|

« シラーペルビアナ成長始め | トップページ | 杉の丸太をカット »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/47669188

この記事へのトラックバック一覧です: ホウレンソウ種蒔き 肥料のハンセイ:

« シラーペルビアナ成長始め | トップページ | 杉の丸太をカット »