« スオウ染め鉄媒染  ムラサキ染め椿灰媒染  蓼藍の茎染め鉄媒染 | トップページ | 薩摩野菊  那賀川野菊 »

2012年11月13日 (火)

ピラカンサ  アプチロン  南京ハゼ

Piracansaピラカンサ。赤い実がなる木は好き。鳥が食べにくるかな。赤い鳥になるのかな。
おばあさんだから、もう新しく木を買ってくるのはやめようと、なんとなく思ってる。でも、わずか30センチくらいの丈では木という気がしない。一生懸命に実をつけて、BBを呼んでるんだもんね。なにより480円なんて安かったから手が出た。せっかくだから早いとこ大きくなってもらいましょ、年寄りは気が急くのよ。
植えた場所はウチに来る人が真っ先に目にするハズの特等席ながら、小石が多くて、・・・ま、特製雑草堆肥をはずんだから頑張って。

Aptironたしかアプチロンと名札がついていた。近隣の農家から委託されて店に並んだものらしい。お店の人に聞いても、どんな植物か知りません、でも安いから私も店長も買いました、だって。たしかに、198円。赤い可愛いのがなんだか知らないけどプラリ。やっぱり手が出た。はて、どこに植えよう・・・。



Nankinhaze南京ハゼ。紅葉が進んできた。
きれいな臙脂色になった南京ハゼの葉を押し葉にしてプレゼントしてくれた旧友を思う季節。
20年前の11月14日、土曜日、二人で奥多摩の御岳山と日の出山に登った。山歩きのはじめの一歩だった。4年前の冬に彼女は突然なくなってしまった。娘さんがBBの自宅に何度も電話をくれたのに、この田舎の庭で呑気にしていて、お見送りに間に合わなかった。娘さんはBBのケイタイの番号は知らなくて、こちらも自宅の電話をケイタイに転送、ということもしてなかった。
いまや一人世帯だから、自宅の固定電話は廃止にしてケイタイのみ。どこに居ても大事な電話を逃がさずに済む。もっとも、電話は苦手。

|

« スオウ染め鉄媒染  ムラサキ染め椿灰媒染  蓼藍の茎染め鉄媒染 | トップページ | 薩摩野菊  那賀川野菊 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/47823242

この記事へのトラックバック一覧です: ピラカンサ  アプチロン  南京ハゼ:

« スオウ染め鉄媒染  ムラサキ染め椿灰媒染  蓼藍の茎染め鉄媒染 | トップページ | 薩摩野菊  那賀川野菊 »