« 今夜はご馳走 | トップページ | 水仙ボツボツ »

2013年2月 2日 (土)

オープンな庭

Photoこの椿は侘助さんなのかな、花が全開しない。木が大きくなってきた。3mはありそう。けっこうな高木になるかもしれず、そろそろ芯詰めを考えたほうがいいのかも。日当たりのいい側からボツボツ咲き始めた・・・ら、さっそく鳥に食べられて、哀れな姿。騒々しいヒヨの仕業でしょう。勝手に食べて行かないでと言いたいところだけど。

この木の傍に、庭の裏口がある。出れば、集落の家々をつなぐ細い里道。里道の先を横切る形で市道ができるまでは、お互いの家の行き来には里道をたどり、ショートカットにヨソんちの庭を横切って行くのが当たり前だったらしい。
今でも、市道をたどるとちょっと回り道になりそうなときは、ヨソの庭を通り抜ける。
そういう土地柄だったのだわ・・・

もともと、この場所を手に入れたときも、敷地をフェンスなどでしっかり囲い込んではいなかった。図面を見て、境界杭を見て、あ、そうなってんの、てなものだった。表も裏も門扉などは無い。一方の隣家との間にはそちらが作った生け垣があるものの、もう一方のお隣さんとの間は何も無かった。妙にスカスカ。よく言えばオープン。

落ち着かない気はしたけど、囲い込んでしまうと近隣になじめないような気もした。とりあえず20mほどの槇の生垣を作ったけど、両端はスカスカのままにした。

庭仕事中に、ふと気が付くと芝生を通って人が来る。裏口から表側へ。知らないおじいさんだけど、多分ご近所さんなんでしょ。「あ、すみませんね、そっちの家に行くんで、ね」と、一応ご挨拶はあった。家の中から、庭を横切って行く人を見ることもある。

ここで庭仕事をするようになってそろそろ6年。まだ慣れないなぁ。勝手にヒトンチに入らないで、なんて、やっぱり言えないし。

オープンガーデンって、個人の素敵な庭を、知らない人にも開放して楽しませてくれる催しもあるようだけど、それは期間限定でしょ。ウチ、何故か、いつでも、抜け道として・・・。

|

« 今夜はご馳走 | トップページ | 水仙ボツボツ »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/49132299

この記事へのトラックバック一覧です: オープンな庭:

« 今夜はご馳走 | トップページ | 水仙ボツボツ »