« 銀葉アカシアは今年も元気 | トップページ | ジャガイモ植え付けインカルージュ »

2013年3月15日 (金)

円空展  BORO美しいぼろ布展

Photo_2円空展が素晴らしかった。
たくさんの円空仏が、間近に、木肌の木目も虫食いもつぶさに眺められる距離に立ち並ぶ、至福の場所だった。ガラスケースなど無いものも多いし、平素は所蔵するお寺などの奥深く仕舞われてなかなか見られないものもあるとか。

この入場券にあるのは両面宿儺坐像。
円空さんにしてはしっかり彫り込んだ像だねぇと、ドのつく素人一般人のBBは思う。圧倒される力強さに惹かれて、プリントの小さい額絵を買ってニンマリ。本当は、円空仏の彫り方なんていう本を買いたくてウズウズしたのだけど、やっと我慢した。ウチに転がっている杉丸太に彫りたくて。でも、仏心も無いのに猿真似してどうする!と思ったから。
ウチの仏壇には、掌に乗るサイズの円空仏の模刻が立っている。20数年前の娘の修学旅行のときに頼んで買ってきてもらったもの。愛知県や岐阜県に多数あるという円空仏を見て歩くのもいいだろうなぁ・・・と思いつつ、実際は全然行動を起こさなかった。神仏にも神社仏閣にも殆ど興味を持たないのだけど、円空仏だけは自分の中では別格。何故そうなのかちゃんと言葉にできないけど。もしかしたら、このスタイルなら自分の表現として彫れそうな気がした、ってところかも。
Photo_4 会場の東京国立博物館の庭園も公開中。巨木もあったけど、繊細な日本庭園もあった。上野の山は様々楽しめる。桜は早咲きタイプが盛り。



4_33_2  上野から浅草へ移動。浅草寺本堂脇の二天門のすぐ近くにある Amuse Museumの 美しいぼろ布展。民俗学者のコレクションだそうで、青森の農漁村で使われてきたすさまじい程のつぎはぎを重ねた衣服や敷物が並ぶ。もったいない精神でとことん使い尽くしたものの迫力。
このつぎはぎにチクチク針目を重ねるのを刺し子というらしいと理解したのだけど、BOROの襤褸具合に圧倒されて、素敵な刺し子刺繍の展示とは結び付けにくくて、、。

Photo_8 Photo_9この履物はどれも子供用。足袋の親指の接ぎがおしゃれに見える。コハゼを前につけて子供が自分で履きやすいように工夫されていたり、手仕事の温かさが見える。
どの展示も手に取ったり写真を撮ったりがOK。着てみてくださいと書かれた前掛けや温かい羽織物もあって、もちろん身に着けてみた。






 

|

« 銀葉アカシアは今年も元気 | トップページ | ジャガイモ植え付けインカルージュ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/50772495

この記事へのトラックバック一覧です: 円空展  BORO美しいぼろ布展:

« 銀葉アカシアは今年も元気 | トップページ | ジャガイモ植え付けインカルージュ »