« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月30日 (木)

さざれ石の

さざれ石が巌となる?
小さい石が大きくなるなんてことはないでしょ、と、齢70を超えるまでアノ歌を不思議に思っていた。
でも、あるんだねぇ。ホントにモノ知らずだったわ。
Wikiで疑問氷解。一個の石が成長するんじゃないようだけど。

腎臓のすぐそばで石が成長してエライめにあったから、昨年12月に内視鏡とレーザーでピシッとやって貰った。
大きいのが壊れて、摘まみ出してもらったらしい。それでも小石が残ってしまったという。
症状がなくなって本当にラクにはなったけど、残った小石がまた持ち主をいじめることにもなりそうだし、スッキリ始末してもらおうと、今度は体外衝撃波でやっつけてもらった。

入院は2泊3日、麻酔無し。おばあさんは痛みに強いから麻酔不要なんだとさ、あらま、おばあさんでわるかったわね、イヤ、良かったわね。
それでも一応予めごく普通の痛み止めはしてもらって、俎板に上がる。
背中にゼリーをヒヤッと塗られて、機械の先っぽが照準を定める。センセイがモニターを眺めて細かく調整する。
じゃぁ始めますよ~、は~い、と、のん気に始まった。
ピチッ・ピチッと一秒間隔くらいで、静電気で指先がピチッと痛むあの感じが連続する。
へぇ、これっくらいならなんでもない、と思っていたら、大丈夫ですか~と聞かれて、だいじょうぶですよ~とのん気に答える。そのうち、うん?ちょっと出力アップしたんじゃない?ピチッがビチッと強くなったねぇ、、、。

それでもまだ、のどかな声で聞かれてのどかに答えているうちに、だいぶん強くなってきた。
こんどは機械の部屋からセンセイが出てきて大丈夫かと聞く。大丈夫だけど、センセイ、黙って出力を上げたでしょ?と聞くと、ハイ、黙って上げました、だって。
最高の出力、という強さまで上げておいてからまた顔を見に来た。
あと300回くらいで終わりますがどうですか?
ウ~ン、嬉しくは無いけど我慢します、と答えた。この300回を我慢しなくて石がまた残ったらヤダモン。
一秒で一回くらいなら5分間くらいでしょ?と聞いたら、そうですって。
じゃぁ我慢してください、とバッチリ続行。
ビチッと強いのを150回くらい数えたところで、ハイ終わりました、石は全部割れました、ですって!

さざれ石も真砂となりにけり。
さぁ、あとは飲めや歌えや、じゃなくて飲め飲め水分、で、自家製のさざれ石のなれの果ての真砂を、めでております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

グランドゴルフ新人

Photo_2この絵は、老若男女が一緒に楽しめるよという絵でしょうかね。グラウンドゴルフ協会のHPから拝借。
町内の公園で毎週やってるからと誘われて、今日は初参加。
旗の立っているポイントが1から8番まであって、それを3回まわった。パーで72のところ、BBは90を超えてダントツだったぁ。でも、いいのいいの、団体戦じゃなくて個人の成績だけの遊びなんだから、と鷹揚に笑ってくれる。いきなりお下がりのボールとスティック(・・といったかな)をもらっちゃった。アラ・・・。
運動量は軽めだから、負担にはならなかったし、的を狙ってカッツ~ンなんて、面白かった。とんでもないほうへ転がるけどね。

運動音痴だったのを今頃思い出しても遅いけど、また来週も行く予感。
あとのお茶会・飲み会も楽しまれているみたいだけど、適当なところで退散。新人は胴上げすると決まってるんだよとからかわれながら。

グランドゴルフ・パークゴルフ・パターゴルフ・ゲートボールと、どれがどうだか分らなかったのが、これがグランドゴルフなのだということだけは分かって帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

菜花食べたい

Photo風弱く陽射し柔らかく、たまにはこんな日も無くてはね。

物置から有機肥料を持ち出して、同じものを菜花にもブロッコリにも金柑にも柚子にもリンゴにも、テキトウにやった。普段からあまり面倒見がよろしくないから、雑草は元気で生り物はショボショボ。
菜花はいつもはもう少しまともなんだけど、この冬はどうも伸び悩み。そのわりには、葉っぱは虫食い。虫に先を越された。私も食べたいんだけど・・・。
でも、庭の他のところはかなり乾燥しているのに、菜花の畑だけは土がしっとりしているのが不思議。そういえば、雑草が茂っているところはおおむねしっとりしているみたい。ふ~ん?

午後は雑草抜きに精を出したら暑くなってきてセーター不要。背の高いススキみたいなのが茂って枯れたままで立っているところを、土起こしで掘ったら、立派な根っこがいくらでも出てくる。まったく、雑草にも負けてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

戸車ビフォーアフター

Photo_2洗面所出入口のガラスの引き戸が重いのをずっと我慢して使ってた。
厚みのあるガラスをほぼ全面に使ってるから戸自体が重い筈だけど、戸車がレールにちゃんと乗ってないようだし、古くなってイカレテルかもしれないと思って、戸をレールから外して眺めた。
あら、結構いい加減に戸車がついてる。

輪っかの軸を支える羽の形の部分は、釘で戸の底に固定するように穴も開いてるけど、釘を打った形跡無し。
戸の重みがあるからレールに押し付けられる形で、築30年余りの間、耐えていたのかな。釘を打つ前にちょっと当てて様子を見て、ヨシヨシと忘れちゃったのかな。そのせいか、戸車一個は傾いていて、指で回しても回らない。

戸車の近くに、埃も固まって付いていた。これで長年使っていればレールの上をスイスイ行くわけはないね。

新しいのを付けて高さを調整して、鴨居の溝と戸の上部にもロウソクをこすりつけて、レールの釘が少し浮いているところを見つけてトントン。オホ、軽くなりました。ちゃんとレールの上を転がってる。でもやっぱりガラスは重い。いまどきはもっと軽いガラス戸もあるんだろうけどね。

同じ戸があと2枚、居間の出入口にあるから、やっちゃおう。寒い時の屋内遊び。
そういえば、今日は父の命日だわ。もう51年になる。彼も日曜大工が好きだった。造り付けの仏壇なんか作ったりして、さっさと自分が入っちゃった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

沈丁花が待ってる

Photo風さえなければ、午後の日ざしが背中にあたって暖かい時もある。
冬至から3週間経って、少しだけ日没が遅くなった気がする。
寒さはこれから本番とはわかっているけど、沈丁花の蕾はもうスタンバイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

クサくて寒い朝でした

今朝早くは普通に使った給湯器とファンヒーターが、いったん消してしばらくたって使おうとすると、火がつかない。家中のガス器具は全部火がつかないことがわかった。
でもガスの臭いだけはクサイクサイ。コリャマタどうしたことか。とりあえず窓を開け放って臭いを飛ばす。今度はサムイサムイ。気温1度だもの。
台所もお風呂も暖房もプロパンガスに頼る暮らしです。

ネットで調べたら、まずガスメーターを見る、赤ランプが点滅していたら復帰ボタンを押してそれを消す、とあった。メーターを見ると、赤ランプ点滅中で、そのそばの小窓の表示には、BCの文字。 横に解説があって、BCはガス漏れ警報他、だと読める。
ナニナニ!? 慌ててまた家中のガス器具と元栓の様子を見て回って、・・・わからない。元栓の傍に乱雑にモノが置かれていた所は片付けたりして。

ガス器具を今付けようとすると、火は付かないのに臭いがすごいってことは、ガスはある? 家中のガス器具が同時に壊れるなんてありえないし、やっぱりガス屋さんの出番だろうと、電話した。

様子を言うと、すぐに来てくれた。車なら5分かかるかどうかというところに住んでいるプロパンガス屋さん。
ボンベの様子を見て、平謝りされた。2本のボンベがどちらも空っぽでしたって。普通は、一本空になったところで(検針担当から)連絡があって交換するんだけど、何かの手違いで連絡が来なかった、ご迷惑を掛けました、だそうです。そういえば、12月に検針に来た人は見慣れない人だった。
近頃の寒さでファンヒーターなどよく使うから、減り方が速かったでしょうけど、それにしてもね。

ガス臭くて火は付かなかったのは、火をつけようとスイッチを押すとガス管の中に残っていたのが出て、でも火が付くほどの圧力は無かった、ということなんですって。

都市ガスは、地震などでどこか切断されると一帯がガス切れになるけど、プロパンガスなら各家庭にボンベがあるからその心配はない、なんて話もあり、単価が高いけど都市ガスが来てない土地だから仕方ないんだし、とか思っていた。そして頼りっぱなし。
ワケがわかってみれば単純な話だけど、やれやれ、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

ときめく日・・・毛糸の色・雪と山の話

Photo朝刊にあった展示会のお知らせに目が吸い寄せられた。見たい!数少ないバスの時間まで30分、ジタバタして出かけた。
~染・紡・編~ 櫻岡民枝・恵 ニット展
ギャラリーのドアを開けた途端にウワ~と声が出てしまったほどのたくさんの色の奔流を、見事に制御して一つ一つ手編みの技を尽くしたコートやセーターやカーディガンなど。
思い通りの色を出すために化学染料を配合して糸を染めたものらしい。
野原や山の眺めばかりが好きなおばあさんとしては、着て行く先が無いのがとっても残念。でも、こんな素敵なのを、着たい、イヤお値段高い、と、眺めるだけで帰ってきた。手ぶらで帰ったけど、色の遊びはこんなに自由なんだ!と、楽しさで胸はいっぱい。写真はギャラリーのHPから借用。


時間調整のためにちょっと寄った食品店で、オモイデいっぱいの、貝の形をしたベルギーチョコ発見!小箱で安かったしね、即、買いました。毎年仕事でアムステルダムに行っていた亡夫GGのお土産が決まって何故かベルギーの貝のチョコだった。


Photo_2夕刻、ホワイトスクールから帰ってきた中学2年生のYOU君から電話。富士山麓でスキーをしてきたんだって!思いのほか好天で、スキーは楽しかったし富士山の眺めも遠くの山の眺めも良かった、ですと。聞くにつれてBBはテンションが上がる。
目の前に、雪の富士山の中腹から上の山肌が広がり、南アルプスや八ヶ岳や奥秩父、奥多摩、道志までの白い山並みが勝手に展開してしまう。
私もその中学校に入りたいっと口走る。我が家の物置で寝ているスノーシュー二人分が出番を待ってるっとも口走る、、、けど、あれも体力がねぇ、、、。 写真はふじてんスキー場のHPから拝借。

いやいや、目の保養と耳の保養にちょっとおいしいものが加わって、本日、ときめきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

初展望はみなとみらい

Photoあけましておめでとうございます 今年もどうぞよろしくお願い致します

高い所から山の景色を見ようと、横浜ランドマークタワーの展望フロアーにワクワクしながら上がってみた・・・のに、モヤモヤと、富士山も丹沢も奥多摩も北関東の山々も、お正月休みを決め込んだもようで、見えませ~ん。標高ならぬ人口密度の高い平野と海の眺めで我慢。

見えないなら展望フロアに上がる前の下のほうでそう知らせてくれてもいいのに、とぼやく人たちが居ました。きっとBBと同じく山を見たかった人たちね。
「視界は良好」と出てましたよ。このみなとみらい地区と海を見おろしてスゴイ眺め!と感激している人達も居たんだから、まぁ、好みの問題なのかもね。

273mの展望フロアーへ上がるエレベーターは日本一のスピードで、下るほうは世界一のスピードなのだそうで。やっぱり下るというより、落ちる、、、のかな。

入場料の券売機に、65歳以上800円というボタンがあったからもちろんそれを押して、これ、年齢の分かる何かを、とか言われるのかしらん、と、チラッと思う間もなく、はい、いらっしゃいませと通過。そっか・・・文句無しの顔パス白髪頭パスね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »