« さざれ石の | トップページ | タコヤキタベタ »

2014年2月 1日 (土)

ギンヨウアカシアもスタンバイ

Mimozaウチの春の先駆けはこのギンヨウアカシアかも。もう2月、半月もすれば蕾が綻びてくる。3月に入ると木全体が真っ黄色に賑わう。
この庭を手に入れてからもう7年になったんだわ。

ネットでここを見つけたのが7年前の正月明け。一月末に実際に見たときにGGも私も一目惚れ。マンションから通って庭仕事で遊ぶのにぴったりだった。
ところが、不動産屋さんに手付金を払ってから一か月後の本契約を前にして、GGのガンが見つかった。
これから闘病が始まるという時に庭遊びの土地を手に入れるなんて、と考えてしまった。一割の手付金はもったいないけど、諦めて残りのお金は闘病に回す覚悟をしたほうがいいかもしれない。

一方、GGは案外あっさりと、買おうよ、と言う。
手強いガンであるとはっきり宣言されてしまった人が、そう言う。楽しみを手放したくないと思ったのかもしれない。2年後の生存率40パーセント、5年後は…なんとも言えない、なんて話も、その40パーセントの中に入るだろうとBBも思った。

3月の初めに、子供達に庭をお披露目して、真っ黄色に花開いたギンヨウアカシアの前で集合写真を撮った。

その後、先端的な医療も受けられたし各種抗癌剤や免疫療法も試した。確かに2年後の40パ-セントには入っていたけど、3年しかもたなかった。
入退院を繰り返す合間は庭に来て、気に入った木を植えたり芝生を張ったり、楽しんだ。
やり甲斐を感じていたらしい仕事ももうできなくなっていたから、体力と相談しながらのささやかな庭仕事は日々の気持ちの張りになっていたと思う。

このギンヨウアカシアとて、この7年間、無傷ではいられなかった。初めて見たときは既にかなり古そうで、繁り過ぎた自分の枝の重みに耐えかねる様子だったから、太い支柱を添えてやったり枝を整理したり。
根元から分かれていた幹の一方が強風で裂けたこともあった。
でも、今年もまた蕾たくさん。
BBも昨年はマンションを処分してこの庭のあるイナカを終の棲家と決めた。いやいや、そのうちどこかのホームが終の棲家となるんじゃないかな。あんまり先のことをあれこれ考えないこと。ヘタの考え休むに似たり、ってね。季節は勝手に巡るんだから。

|

« さざれ石の | トップページ | タコヤキタベタ »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

このギンヨウアシアを見ると、ご家族一緒のGGさんの笑顔を思い出します。
癌と言われた夫を持った経験のある私には、胸いっぱいになって忘れられない写真です。

今年もそんな花の季節になりましたね。
まだまだ元気で庭仕事の出来るお宅で頑張りましよう。

投稿: 山百合子 | 2014年2月 2日 (日) 09時49分

つい思い出を語ってしまった・・・
満年さんの病床通信も忘れられない
山百合さんとGGと3人の山歩きの思い出も大事に大事にしてるよ

昨日はグランドゴルフのメンバーからまた新しいボールを戴いちゃってね、いよいよスティックを買おうかなという気になったの。ジンセイも思わぬ方にコロコロ転がるね。

投稿: BB | 2014年2月 3日 (月) 07時45分

ギンヨウアカシアって言うんですか、もう咲いているのは、暖かな房総?だからですか? もっと先に咲く、ミモザと似てますけど・・・ 違う花なのかしら?。 ズート昔、花の名前色々教えて頂きましたね。ツガザクラが最初でした。 移転された経緯もわかりました。ヤマユリさんも、BBさんも、わたくしも、連れを送ったのは同じ病だったのですね。残った女は逞しい!!!

投稿: みほこ | 2014年2月 8日 (土) 21時43分

残されて呆然としてましたけどね、日々、食べるものは食べてました。それもやっぱり自分好みのものを選んでましたね。そのへんが強さの素でしょうかね。

ギンヨウアカシアをミモザというらしいですよ。今はまだ蕾で、開いたら本当に茹で卵の黄身を網で漉したような、ミモザサラダの風情。

ツガザクラは山の花ですね、そんな話をしましたっけね、おはずかしい。でも山が恋しいなぁ。

投稿: BB | 2014年2月 9日 (日) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/54820793

この記事へのトラックバック一覧です: ギンヨウアカシアもスタンバイ:

« さざれ石の | トップページ | タコヤキタベタ »