« 椿の花びら染め失敗編 | トップページ | ガールマグノリア・庭梅・菜の花 »

2014年3月30日 (日)

いすみ・小湊鉄道乗り継いで

房総半島を横断するかたちのいすみ鉄道プラス小湊鉄道、上総中野駅で乗り継ぎ。

鉄道好きの孫、中学生のYou君を誘った。春休み中とはいえ、今時の中学生は何かと忙しそうだけど、祖母との旅に、夕方から次の日の夕方まで丸一日を当ててくれた。

千葉駅からの外房線で、いすみ鉄道の起点いすみ市の大原へ。
大原の港には伊勢海老と鰯が揚がると聞いた。駅から魚料理屋に直行。日頃貧しい魚環境だからね、プリプリのお造りでちょっと贅沢。

Photo_6

海辺のペンション泊の翌朝、近くの、小浜城址という八幡神社のある小高い岬へ上がった。神社を一回りする小道を行くと、思わぬ大きな展望に恵まれた。この海の眺めには、揃って歓声を上げた。来て良かった!    ↑南側は勝浦方面、

Photo_7 北側には、大原漁港の防波堤のはるか向こうに大東崎が見えていた。
もう8年も前になるけど、亡夫GGと共にずっと北の銚子から房総半島南端の野島崎を目指して外房海岸歩き継ぎを始めた。10回程継いで九十九里浜南端のあの大東崎に達したあと、GGの闘病が始まって、目標半ばで断念。もうその先へ歩いて南下する機会はなかった。

Photo_8 岬には山桜が綻び始め、暖かい斜面にスミレがたくさん。
牧水の歌碑には、ありがたや 今日満つ月と知らざりし この大き月 海にのぼれり。
牧水さんも思わぬ眺めに喜んだのね。


大原の駅に着いてみれば、いすみ鉄道のホームは大賑わい。春休みのヒト、年中休みのヒト、手に手にカメラ。You君情報により切符は「関東の駅百選認定記念 房総横断記念乗車券」。大原から五井まで通して使える片道乗車券で1600円。小湊鉄道の上総鶴舞といすみ鉄道大多喜駅が百選に認定されたらしい。

いすみ鉄道では大多喜で、小湊鉄道では養老渓谷で途中下車して歩いてみようと、昨夜二人の鳩首会談で決まった。時刻表を睨んで、それぞれ約2時間と3時間をとって列車に戻る計画。小湊鉄道のほうは2時間もの間便の無い時間帯があるから、その時間を入れてゆっくり歩こうと。

沿線は菜の花たっぷり、桜も所によってはもう盛り。
列車からの眺めだけでも目を引こうと工夫を凝らしてあるのがよくわかる。通勤通学の足より観光客のほうが鉄道維持に必要な収入をもたらすでしょうからね。

Photo_9

大多喜駅前の観光案内所で荷物を預かってもらって道を聞いて、大多喜城目指して出発。
よく整えられた広い道を緩く登り続けて20分ほどで入城!小山の上だから、お城の最上階から周囲が広々と見渡せる。戦の時代には格好の砦でもあったのかしら。
火縄銃など武具の展示を見て出ようとすると、案内係氏から陣羽織と冑を身に付けてみてと薦められる。中学生くんにお鉢を回す。冑は3.8キロだとか、約一貫目ね、持ち上げてみるともっと重いんじゃないかと思える。こんな重いのをかぶって戦いなんて。日頃は剣道の重い防具に慣れている彼でも、被って歩くだけで首がおかしくなりそうと言う。

お城の庭に出てまた城下を眺め、抹茶とお菓子の席に着く。お茶を点てるのはお城の隣にある大多喜高校の生徒達。
帰りは、その高校の敷地を通り抜ける近道で、駅へ10分くらいで済んだ。

大多喜駅からいすみ鉄道終点の上総中野へ。
二つの鉄道のそれぞれのホームがまた大賑わい。
小湊鉄道の電車が、遠くの杉林の間を抜けてやって来る。
沢山のカメラに迎えられて着いた電車に乗ってすぐ、養老渓谷駅で、下車。

ここで3時間と余裕を見たのは、梅ケ瀬渓谷の散歩のつもりだった。
渓谷はこの冬の雪でかなり荒れて、通行禁止もありと聞いてはいたけど、歩ける所もあるだろうと勝手に思い込んで駅からせっせと下り、宝衛橋を渡り朝生原トンネルを抜けて、、、あれまぁ、渓谷の浅い流れに行きつく手前で完璧シャットアウトだった。
こればかりは仕方がない。ここから向きを変えて大福山に登るコースをとる気にもなれず、スゴスゴと駅へ引き返す。
Photo_10 今度は道を変えて斜面の集落へ上がり、青い渓谷橋を渡るコース。行きに通った赤い宝衛橋を見下ろす。
駅の隣の足湯で一休み。おばあさんのこんな足を人前に出していいのかしらと、昨夜彼に尋ねたら、大丈夫と言ってもらえたから。二人とも足湯初体験。
予定の一時間前の電車に余裕で乗れてしまった。よく歩いたけどアンヨはポカポカ疲れが取れてる。

五井までの途中、飯給駅前の「世界一大きいトイレ」は電車の中から眺めた。
聞いていた通り、ぐるっと丸太を立てて囲んだ広場の中におトイレボックス。

五井へ向かえば房総の山地から抜けていく。
太平洋を見てから東京湾岸への横断。やっぱり、半島の中央部の穏やかな山の連なりはいい眺めだった。

五井駅で都会へ帰るYou君と別れて、BBは下り列車。

|

« 椿の花びら染め失敗編 | トップページ | ガールマグノリア・庭梅・菜の花 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

お天気良くて良かったねぇー
一日違いでひどい雨だったもの。
美味しい魚も食べられて、you君との旅はいつもながら最高だわ。
私は大原と言うと、冷たい雨の中を歩いたから、良い思い出が無いの。
次回は素敵な眺めの岬まで歩いて見たい物です。

養老渓谷、そんなひどい状態でしたか。
秋までには何とかなるかな。

投稿: 山百合子 | 2014年4月 1日 (火) 16時35分

お天気はほんとにラッキーだったわ。彼は晴れ男かも。
大原の八幡岬と地図に出てるけど、このあたりは最近ドラマの撮影地になったそうで、大勢の人が押し掛けて静かな町を騒がせたらしい。
梅ケ瀬のあの紅葉はまた見たいものだけど、梅雨や秋の長雨なんか心配ね。大原の海岸の崖や屏風ヶ浦も、養老渓谷の崖も、房総特有のあのもろい岩だものねぇ。

投稿: BB | 2014年4月 2日 (水) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/55578225

この記事へのトラックバック一覧です: いすみ・小湊鉄道乗り継いで:

« 椿の花びら染め失敗編 | トップページ | ガールマグノリア・庭梅・菜の花 »