« 駅改造中記念写真 | トップページ | グラウンドゴルフ90を切る »

2014年3月 8日 (土)

ギンヨウアカシア(ミモザ)

Photo

樹全体の姿は痛々しくて写真も撮りたくないくらい。雪に傷めつけられた。枝が何本も折れてしまった。でも、残ったのが頑張ってる。

昨日の午後、この老木の傍で土いじりをしているときに、近所のネエサンがひょっこり顔を見せてくれた。80歳を過ぎて足腰すっかり不調になってしまったけど、畑仕事を欠かさずに、家族で食べる野菜は引き受けているらしい。彼女の畑から、間にある道路とお隣の庭を透かしてBBの姿が見えたらしくて、片手に杖、片手に草刈り鎌でふらりとやってきてくれた。

木を植えちゃぁダメだよ、がBBの顔を見たときの口癖。庭=畑と信じていると見えて、野菜に日当たりが悪くなるだろ?って。
昨日もそう言われたんだけど、少し抵抗した。野菜はね、諦めたの。一人分だからね。でもほそぼそとつくってるのもあるから見てくださいよと、庭の隅っこに付いてきてもらった。セセラ~って微笑んでくれた。(いいのよ。)アレはインドウだね、って認めてくれた。スナップエンドウのこと。

またギンヨウアカシアの傍に戻って、これは、オレが子供の頃に植えたもんだよと木を指す。傷むのもしかたねえ。
オレが植えたってわけではなくて、近所だから、大人たちがすることを見ていたってことらしい。
親の(そのまた親の)代からずっとここに住んでいるというおじいさん達もいるけど、ヨメに行って、ツレアイに亡くなられて戻ってきたおばあさん達も居る。古いことならたいてい誰に聞いてもわかる。

この狭い集落だけじゃなくて、市内各地のヒト10数人の集まりで自己紹介をしあう機会があって、驚いた。
他の市に住んだことが無いという人がとても多い。中には、ヨメにも行かずずっとココ、ムコさんに来てもらったから、という人も、率が高かった。

んでもって、この時のBBの土いじりは、薄い敷石を並べて通り道を作ろうとしていたのだった。ネエサンてば、現場監督もする。杖を石の上に寝かせて、ほら、こんなにデコボコだよ、ちゃんと均せ、だの、もっと大きい石を買え、だと。もう、ヒトの財布だと思って、と言っても、セセラ~と笑う。この顔がいいんだねぇ。

 

|

« 駅改造中記念写真 | トップページ | グラウンドゴルフ90を切る »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/55284278

この記事へのトラックバック一覧です: ギンヨウアカシア(ミモザ):

« 駅改造中記念写真 | トップページ | グラウンドゴルフ90を切る »