« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月31日 (土)

お疲れ鯉幟

 

子供の日になってやっと揚げたから、5月いっぱいは泳いでもらった。

Photo

空に泳ぐ最後の日だったけど、日中の暑さは真夏並み、夕方は風弱く、
大きい真鯉も秋刀魚の丸干しのごとく、
下に続く赤い鯉もピンクも青も陰でぐったり。
お疲れさんでした。
手前に白く咲くのは梅花空木、こちらもお疲れ気味で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

原城・大観峰・熊本城

 

もうちょうど一ヶ月も前の旅なんだけど、忘れちゃもったいないから書いておこう。
長崎まで飛んで、諫早から島原鉄道に乗った。
目的地は、島原の原城。
天草四郎の率いる一揆島原の乱のあった史跡。
BBの母はその近くで1900年に生まれた。
敗戦直後の食糧疎開でBBも少し滞在したらしい。
母が亡くなって四半世紀経つ今頃になって、ひとりで行ってみた。

島原鉄道は今は外港駅が終点になっていて、そこから原城まで車で40分程という。
タクシー片道7,500円というドライバー氏に相談した結果、オベンキョウしますの言葉通り、
往復プラス原城址案内で12,000円。彼の言葉が母の訛りを思い出させる。

5_2

有明海に面した丘の上にある城は、切り立った断崖で堅く護られていたらしい。
素朴な石垣が残る。

2

 

Photo_3
一揆を率いた天草四郎さんは、ドライバー氏によると、農民の心をつかむ技に長けていて、
大がかりなマジック的なパフォーマンスまで用いたと伝えられているらしい。
農民の結束は固く抵抗は長引いたものの、ついに落城となった後に、
一揆の再発を恐れた幕府が拠点となる城の石垣を破壊して、そのままにされているそうです。

Photo_2

 原城址から見る雲仙岳。普賢岳の横に平成新山が盛り上がる。

Photo_4
写真はWikiから拝借した平成の噴火による火砕流の跡。

島原半島は雲仙岳一つでできているように見える。
雲仙岳の裾のわずかな平地に人が住む。
山の大噴火が起きれば被害は甚大。
島原大変肥後迷惑と伝えられる大災害があったらしいと母から聞いていたが、
平成になっての大噴火も被害はすさまじかったのを覚えている。
10数年前に雲仙普賢岳に登った時には、新山から蒸気なのか煙なのか
まだ生々しさが漂っていた。

今回の宿は、上の写真で右手に見える崩れた山‘眉山’を近々と見上げる海際にあった。
火砕流からあの眉山が守ってくれたのだと宿の人は言う。


島原のお土産は、むかし母から名前だけ聞いていたとら巻きなるお菓子、
チェリー豆と島原素麺は子供の頃に食べたのは覚えている。
素麺は、島原から送ってもらったのが食糧難を助けてくれた記憶もかすかにある。
 

Photo_6
翌朝、有明海を船で、天草の島々を見ながら熊本に渡った。
後方には雲仙岳と眉山が聳えて、穏やかな眺めにも見える。


熊本駅から豊肥線で阿蘇駅へ。
目指すは大観峰
Photo_5
大観峰から、阿蘇五岳。涅槃像にたとえられる連山。
BBの火山好きはこの阿蘇山から始まったかな。
小学校の修学旅行で火口を覗きこんだ。
なにより、外輪山を含むとんでもなく大きい火山であるのにドギモを抜かれた。
40年前にGGとロープウエイで火口まで行ったり、10年前には一人で溶岩の尾根を登ったり。
阿蘇を楽しむ締めくくりは大観峰からと決めていた。

阿蘇駅からバス便が少なくてタクシーに頼る。
このタクシーも、ドライバーは往復プラス観光案内を勧めるのだけど、
ゆっくりしたかったから断った、、、のが失敗。
帰りに、大観峰最寄りのバス停が遠かったし、土産物屋で聞いても場所がはっきりしない。
ワタシとしたことが地図は観光地図のみ。

見当を付けて歩き出すと、足元にはワラビがポツポツ生えていた。
陽射しは暑い位だし、観光の車はかなり通るのだけど
道の端の土の上をワラビ摘みしながら鼻歌で歩く。

分かれ道に来て、バス停はこっちの表示も無く、通りかかった車に聞こうと手を挙げた。
若い女性二人の車。バス停?さぁ・・・?ところでどちらへ?
豊肥線の駅に出て熊本駅まで行きたいと言ったら、なんと、結果としてヒッチハイクしてしまった。

頭の白いおばあさんが手を上げたら止まらないわけにはいかないでしょなんて、
はっきり言われてしまったけど、そのわりに心優しく明るい人たちで、
自分たちも熊本駅近くまで行くから、良かったらこのままどうぞ、だって。
いくらなんでも甘え過ぎだから、最寄の駅までと頼んだら、楽しくおしゃべりしてる間に
阿蘇駅より一つ熊本に近い内牧につけてくれて、
別れ際には車からちゃんと降りて握手を求められた。感動!
お礼に、大観峰の下で摘んだワラビを持って帰ってもらった。
  

Photo_7
その翌日は熊本で剣道の試合応援。孫の小学4年生SHOUくん出場。
参加者は全国から、といっても殆ど熊本・鹿児島・福岡の3県で占められていた。
彼のように千葉からの参加は3人だけ。
広い体育館もパンクしそうな子供たちの熱気。
SHOUくんも善戦、2勝を挙げた。
ほんとうは勝ち抜いて表彰式も見せてもらうつもりだったから、時間に余裕ができた。
彼とパパと、水前寺公園を散歩。豆剣士は池の鯉に餌をやるのも気合が入る。
BBも負けずにエサ買いに走る。

BBにはもう一つずっと前から見たいものがあった。
熊本城の石垣。
二人と別れてお城へ。

1

天守閣の窓から外を眺めたらコワカッタよと剣士が言うのだけど、BBは怖くなかったよ。
石垣が何層にも積み上がった上にさらに高々と天守閣だから、確かに相当高いけど、
ナントカと煙は高い所が好きっていうとおり。

二日前に見た島原の原城の石垣がかわいそうになる見事さだった。
そりゃぁお金持ちの殿様が作ったお城と、苦しんで一揆をおこす農民キリシタンの城では
こうも違うわけですねぇ。




 

 そのまた翌日、飛行機が午後だったので、午前半日遊べるところを観光地図で探した。
市立の動植物園に決定。市電が便利に使える街だった。

Photo_8

 

Photo_9

Photo_10

2_2

小雨降ったりやんだりの平日で、園内の人はまばら。
作業服を着た人がクリップボード片手に木を見上げたり花の様子を見たりしている。
咲き具合を一覧にしたチェック表だった。
今何が咲いてるか電話をくれたらこれを見て答えますよ、だそうです。

終わりまで心地良い旅でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

撮影会に初参加

Photo_2

久しぶりに林の中を一人でゆっくり歩いた。
もっと広い林ならよかったのだけど、整備された公園の中だから贅沢は言えない。
佐倉の川村美術館の公園。
コンビニお握りのお昼でも、ここでなら格別の味だった。
山百合が点々と、まだ蕾も見えないけど、咲いたら見事でしょう。
目立つ花が無い今だから静かでいいのかも。


Photo_3

これは何の芽生えなんだろうね。生れ出た本人が私は誰?と言っているみたい。
顔みたいな葉っぱに日が当たっていたら良かったんだけどな。


昨日は、部活で撮影会に参加してきた。
生涯大学でも部活があるのです。
前日に初めて手にしたカメラだから、まずはオートでやってみることにした。
シャッタースピードを変えたら噴水の水が粒々に写ったりするんだと教わったから、
それだけはちょいとやってみた。フムフム。
なにしろ、自分が持っている2本のレンズを、これが望遠でこちらが広角、なんて
言ってもらってな~るほどと思うレベル。
そういえば、むか~し、デジじゃないカメラで望遠持ってたんだった。すべて忘れたね。

先生のアドバイス、「見えているものの見方を変えてみろ」って。お~、深いね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

うわっ 空豆!

Photo_3

これ、梅干しを干すときの笊なのです。直径50センチくらい。
こぼれてくるのを拾っては積みあげた。
さっき、お隣さんからバケツ一杯いただいたもの。
どれも見事な大きな鞘。豆雪崩に埋もれる夢を見そう。
 

お隣さんはついでにウチの畑のナスとピーマンのことも
レクチュアしていってくれた。
アンドンしてただろ?もうはずしただろ?
そうだよ、暑いんだから、いらないんだよ、
だいじょうぶ、ちゃんとできるよ。

エへへ、低い槇の垣根越しにちゃんと観察されてる。
あんがとっ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バイカウツギ咲き始め

Photo_2

バイカウツギ 梅花空木ね。蕾がたくさん。株も増えた。
もう60年も前になるけど、子供の頃に住んでいた北九州の家の玄関前にコレがあったっけ。
今のBBの庭には、前の住人さんが植えた別の空木もあって、よく咲いている。

雷ゴロゴロ始まった。ラジオの気象情報のとおり。
鯉幟と洗濯物を取り入れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タデアイ蒔いた

Photo

3月からず~っと、蒔かなきゃマカナキャと思うだけで、一昨日やっと果たせた。ホッ。
畳一枚くらいの畝を作って、土に混ぜたのは有機肥料だけ。
一袋に4ml入ってるのを二袋、初めに水をたっぷり撒いてから、種をばら蒔き、土をパラパラ。
また水をやんわり如雨露で。
夜には土砂降りの雨が降った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

ナスとピーマンちょっと成長

Photo_3

手前に二つナスがあって、奥に二つピーマンなんだけど、見えないよね、こんな写真じゃ。

先月末に園芸コースの宿題苗としてもらって帰って、
宵闇迫る雨の中で畝を作りマルチを張って やっとこさ植えつけた。
20日近く経って、苗はどちらも背が倍くらいになった。
2~3日前にアンドンの上から覗いたら、ピーマンの白い花が一つ見えた。

今朝はアンドンをはずした。
昨日みたいに暑いと、きっと蒸れてただろうからね。
ピーマンの花は・・・、あれ?ドシタ?

ナスも、蕾かな?と思うふくらみがあるんだけど、よくわからない。
親の意見と茄子の花は、、って、
早く言いたいんだけど。

それにしても、ひどい畝だね。
マルチの表面デコボコ、植穴は大きすぎる上に苗は穴の中心に無い。
押さえは手近にあったレンガ。
あ、あとから傍に植えたレタスの苗が、一つ消えてる。

むこうに見えますのは草ボウボウ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

ピンクも参加した鯉幟

Photo_4

ピンク色が好きな孫のKOUくんのために、鯉幟にピンクのを加えた。
彼がピンクのは?と聞くまで思いもよらなかったけど、今時はピンクや紫色の鯉もある!

吹き流しに付けてもらった家紋は、片面がGGとBBと息子の姓についた紋で、
もう片面は娘とその連れ合いの姓についた紋。仲良く風に飛ぶ。

無さそうでありそうな旧態依然の家意識から離れていたくて、
こんな話でもわざわざそんな表現をしてしまう。
ちなみに、内孫外孫という区別もイヤ。
たいそうな御家なら問題かもしれないけどね。
そうそう、嫁ぐという言葉もワラワはイヤじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマボウシの花今年初めて

Photo_3

ヤマボウシ、植えたのは5~6年前。
GGが 車の後ろを開けてヤマボウシの梢の方を外に突き出して、
農産物直売所から広域農道を走って庭まで運んだ。

今年の子供の日の朝、14歳のYOU君と窓から庭のヤマボウシを眺め、
もう何年もたってるんだからそろそろ咲いてほしいもんだわとBBは呟いた。
咲いてるんじゃない?咲いてるよ!と彼。若者はさすがに目がいいね。
BBも目を凝らすと、確かに!

苗から花が咲き始めるまでだいぶん掛かるものなんだね。
GGに見せてやりたい。
二人で植えたものはいつも胸の内で報告している。
おや、花の左に飛んでいるのは、早くも蚊かな。

2_2

花数はまだ少なくて、ありがたがっちゃう程度だけど、十分楽しませてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

ナニワイバラ・クンシラン・シラーペルビアナ

Photo
ナニワイバラ、今年はたくさん咲いてくれた。ナンキンハゼの生垣が冬場は葉が落ちてスカスカなので
常緑のナニワイバラにカバーしてもらっている。
ナンキンハゼの新芽が出始めて、ナニワイバラの花の盛りが過ぎる。
もう、風が吹いたらパラパラ。このまま刈り込まなければ実がなる筈。
植えつけて3年かな、去年までは花数もたいしたことなくて、実の記憶も無いのだけど。

Photo_2
昨年から面倒見てもらえなかったのに花芽を付けてアッピールしたクンシラン。
大きい木の下に置いて水をたっぷりやっただけで次々に開花した。
いやぁ、すんませんでしたぁ。

Photo_3
シラーペルビアナ、やっぱり繁り過ぎだわ。花後に葉が枯れてきたら、今年こそ球根を掘り上げて、
次には間隔をあけてやればもっと映えるね。贅沢な雰囲気の花なのに丈夫でありがたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

災害ボランティア・レタス苗植え付け

昨日の学校のオベンキョウは、午前中が他のコースとも一緒に「ボランティア活動入門」の講義。
講師は県内で社会福祉協議会の仕事をしているセンセイ。
 

ボランティア活動とはからはじまって、各種の活動の現況も教わったのだけど、
災害支援活動についてはつい居ずまいを正して聞いてしまった。

●平成7年の阪神淡路大震災では災害救援ボランティアが活躍し、ボランティアの重要性が再認識され、
国は1月17日を「防災とボランティアの日」に制定した。

●東日本大震災の時、被災した各地では、災害救援ボランティアセンターが立ち上げられて活動を始めたが、
陸前高田だけは一向にスタートせず、非難するマスコミなどもあった。
なぜスタートできなかったかと言えば、立ち上げる側の社会福祉協議会メンバーが
殆ど流されてしまったから。
自らも被災したパート職員が軸になり、他からの応援を得て、ようやくボランティアセンターが立ち上がった。


 ニュースで見た以外は知らないことが多くて、自分は通り一遍の知識しかなかったと思う。


●災害ボランティアセンターに登録して活動を始めるなら、あらかじめボランティア活動保険に入って
おきましょう。災害発生時にその地域のセンターに駆けつけてからでは、保険加入の手続きに時間が
かかり過ぎて初期の活動が遅れるのだそうです。


Photo_5

さて、午後は学校の畑に出て、里芋・トマト・レタスの植え付け。
用意された畑はホクホク柔らかい土、畝を立てる目安にロープが張ってある。

・里芋畑には、堆肥・窒素肥料・ようりんを混ぜ込み、平畝を作って植える溝を作り芽の出た種芋を置く。
土を被せたら銀黒マルチを黒を上にして張る。
芽が伸びてきたらマルチを下からツンツン押し上げてくるらしい。

・里芋の畝の両サイドに50センチ間隔でマルチに穴を開けてレタスの苗を定植する。

・トマト畑には、堆肥と肥料と農薬を混ぜて高畝を作り、銀黒マルチを銀を上にして張って(アブラムシ対策)、
45センチ間隔で植穴を開ける。穴にたっぷりた~っぷり水を入れ、水が引いたころにオルトラン粒剤を
一つまみずつ撒く。これも初期のアブラムシ対策で、一ヶ月くらい効く。

・苗を植えたらトンネルを掛ける。これは風除け。通風用にトンネルに穴を開ける。

細かいことはもう忘れた、、、。畑の傍ではメモも取りにくいし、、、。



Photo_4
レタスの苗を一人4つずつ持ち帰り。
先週張ったナスやピーマンのマルチのサイドに穴を開けてレタスを植えた。
穴を開けて、ウチにあったオルトラン水和剤を溶かして、植穴にたっぷり注いでから植えたんだけど、
こんなのでいいのかなぁ、、、。わかりません。
庭の一角の狭い畑スペースが、だんだん残り少なくなってきた。まだ播いてない種もあるのにな。
学校にカメラは持参しないのでウチの畑のレタスだけは撮っておいたのだけど、このカメラ、日付表示が
壊れていたのに、今日はできてる。
でも、一昨日は、写した筈のものがSDカードに残ってなかった。
違う種類の壊れ方になったのかしらん。わからないことが多いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉幟元気

Photo_6
五月晴れが続かない。今日も鈍い色の雲が多くて、早くも梅雨入りした空に見える。
沖縄はもう梅雨入りしたらしいけど、ここはもっと青空が見たいな。
子供の日に、息子AAと孫YOU君に鯉幟を揚げてもらった。
傍で見ているKOUくんは、ピンクの鯉は無いの?と言う。
彼、ランドセルもピンクが欲しかったのを我慢したんだもの。

伸び盛りのオカメザクラの梢に鯉が絡まる。ポールの位置を少し移動してやろうかな。
ポールがもっと高ければいいのかな。

ナニワイバラが満開を過ぎて、オオデマリも過ぎて、これから卯の花の季節らしい。
蕾が膨らんできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナスとピーマン苗植え付け

4月末のガッコウのオベンキョウの日、終日雨。
 (真面目に通ってると言いたくて、遅ればせながら報告するのですヨ)

草花栽培の基礎という講義を午前中に教室で。眠かったぁ。
中年の男性の先生だったのだけど、優しい声で穏やかに、
草花の名前と分類・・・

・自然分類
   門 綱 目 科 属 種 品種
   学名と和名

・園芸的分類
   1年草
   2年草
   宿根草
   球根類

   
このあたりから夢の世界。
ふと気づくと、葉っぱの解説中だった。

・羽状複葉 2回羽状複葉 掌状複葉 鳥足状複葉・・・・これの見本にヤブカラシの実物が出てきたけど、
ヤブカラシも眠かったらしい。萎れてた。

午後は実習室でまた講義。
咲き終わって掘り上げられたチューリップをまるごと、一人に一本、描きなさいと。
まさかの植物画入門?ヒエ~・・・。植物画の世界のダレ様カレ様のお顔が目に浮かぶ。
今まで鑑賞だけはチョーいい環境に恵まれてるんだけど、どなたも手を伸べても助けに
来てくれる気遣いは無い。これでやっと午後の目が覚めた。
球根がどんなふうになっているか、分解して見なさい、カッターナイフで縦割りして見なさい、
輪切りにして見なさい、と。チューリップ哀れ。


本日はお土産つきでした。(教材費は払ってますからね)
ピーマンとナスの苗2本ずつ。
自分の畑で、マルチを張って行灯仕立てにする。

帰宅したのが夕方も6時近く。雨はやむ気配なし。
翌日は朝からビョーインヘ、二泊三日の三食昼寝付きで残りの石を砕いてもらうおやくそくなんだから、
やるなら今でしょ!
Photo_3 薄暗くなっていく中、前に何か植わっていて今は草ボウボウのところを、なんとかカッコつけて牛糞堆肥を
混ぜ、黒マルチを張り、どうにか植えつけたところであたりはもう闇。
確かこの日の授業で、雨の日は植えつけてはいけませんと教わったのだけど。土が締まって酸素が
回らないとか。雨降って地固まるだから。
翌朝のアサメシ前に行灯をたてて、やれやれ。
そんなわけで、ナスとピーマンの苗のお姿は隠したまま。
なお、三食昼寝付きの砕石は首尾よくいったようです。

もうひとつ、
ニフティで接続はしてなくて、ブログスペースだけ無料のココログフリーを使っているのだけど、
毎月250円払えば広告が消えるとわかって、そうしました。
だってね、ウチから最寄りの駅に出るバス代より安いんだもの。
カンケイナイかも?近頃のBBのおカネの基準はそこなのです。
ただ、検索エンジンからおいでくださる場合は広告が見えるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »