« 浮遊するバラ、お疲れおじいさん、釣瓶とられて・・・の水道 | トップページ | 茄子収穫 »

2014年6月30日 (月)

市川大町自然園 柴又帝釈天 焼き芋羊羹 落花生ソフト

雨降りの一日、博物館の催しで市のバスに乗って遠足に行きました。
高速道を使って一時間半ほどの市川市大町自然博物館と自然園、
また一時間ほど移動して葛飾柴又の街へ。

特に案内があるわけでもなく、2カ所とも自由行動。
友の会のお仲間の他、市の広報を見て応募したメンバーも一緒で総勢ほぼ50人。

予想より大勢になったからと、当日徴収の参加費が予定よりぐっと値下げされて、
友の会会員200円、非会員400円になった。はじめの予定では500円と1000円だった。
会員は年間2000円の会費を納めているからね、非会員さんごめんねと釈明付き。
なんだかのどかなやり方だねぇ、安くて良かったけど。

Photo
黄色から赤に変わっていくように見えた。珍しいと思ったのに、なんて名前か見忘れた。

2

真っ赤になってビロードのような花びらになっていた。

3_3

穏やかな色のもいいな。

4
これもバラのようだけど、初めて見た。

自然博物館の展示はとても充実していて、自然園の散歩の時間に食い込むほどゆっくりしてしまった。
湿原はパスしてバラ園のみ。池の傍でカワセミを待っているカメラのオジサンたちも居たけど
やじ馬する暇無し。

博物館ではドングリの独楽を回したりフクロウの剥製が可愛くて見とれたりしたせいもある。
東京湾の貝の標本の前で、この貝殻でこどもの頃遊んだよと懐かしむ人の話にも聞き入る。
初対面の遠足バス仲間でも、そんなおしゃべりでくつろげる。


お昼ごろに到着した柴又は、バスを江戸川の河原の駐車場に置いて、また勝手に散策タイム。
街に入るなり、寅さんミュージックが流れ、お土産物も食べ物屋さんも寅さんモード。
お昼ご飯に今年初めての冷やし中華を食べて出てきたら、焼き芋羊羹屋さんあり。
店先の鉄板でスティック状にした芋羊羹をバターで焼いていて、
先を歩く仲間がパッと手をだし、一緒に歩いていたBB含む残り3人も負けずに、食べ歩き。

豪邸と日本庭園の「山本亭」を見物。
帝釈天に敬意を表して、後ろへ回ると、見事な彫刻をめぐらしたお堂があった。

Photo_2

2_2

このへんはお仲間の一人のおすすめだった。言われなきゃ知らなかった。
庭園の回廊も歩いて、寅さん記念館だのなにやらだのは、パス。


帰り道の高速道サービスエリアにバスが入った途端に、
ここの落花生ソフトクリームが猛烈食べたくなった。
実は飲んべのGGもソフトクリームが大好きで、ここで食べたもの。

久しぶりで、おいしかった。4年前より80円値上がりしてたけど。


バスが地元に帰り着いて、あとは路線バスの時間を待って帰宅するつもりだったBBを、
お仲間が車に便乗させてくれた。
先ずは彼女の家の庭に寄って、白い花の咲く大きな菫を株分けして頂戴した。
変わった花の咲く紫陽花も一本。
それからBBの庭も、雨の中、見て行ってくれた。
このしめくくりが良かったなぁ。
バスの中で並んで座っておしゃべりも楽しかったけど。

|

« 浮遊するバラ、お疲れおじいさん、釣瓶とられて・・・の水道 | トップページ | 茄子収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/56655073

この記事へのトラックバック一覧です: 市川大町自然園 柴又帝釈天 焼き芋羊羹 落花生ソフト:

« 浮遊するバラ、お疲れおじいさん、釣瓶とられて・・・の水道 | トップページ | 茄子収穫 »