« 暑過ぎだけど子供は遊ぶ花は咲く | トップページ | カムチャツカの花 »

2014年8月 8日 (金)

涼しい山をどうぞ

カムチャツカの火山の麓で花を見て来ました。



成田から3時間半、ペトロパブロフスク・カムチャッキーへ。
小さい飛行機で降り立った空港で、飛行機から出た途端に、
いきなり目にした山の眺めに早くも嬉しさがこみ上げました。
これを見たくて来た!
ちゃんと言うなら、この山々と花を眺めに来たのです!
ツンツンのはっきりと三角形をした高い山が立っていて、その横もきれいに並んでいると、
記憶の中でどんどん美しく、山は更に尖ってきます。
アアグ山・活火山のコリャーク山3456m・活火山のアヴァチャ山2714mと
そろい踏みをしていました。

とても残念なことに自分の写真がありません。
空港の入国審査前のことで、カメラは預けた荷物の中。
せめてGoogleの写真を見て溜息です。



日本の高山にある花は、氷河時代の名残りと聞いています。
寒い大陸とつながっていた時代に有った植物が、氷河時代が終わった後に、
温暖な日本では寒い高山にだけ残ったって。
BBも山歩きを盛んにしていた時がありました。40代終わりから60代前半まで。
その頃に楽しんだ山の花のルーツの一つと思えるのがカムチャツカの花でした。
これはもちろんBBの推測ですよ。何も調べてない素人ですからね、ご勘弁。
花はた~~~~っくさん見られました。
手付かずの自然のまま、ことさら木道などで歩くところを制限もせず、
ガイドさんの踏み跡をなるべく外さぬように気を付けても、
どうしても踏まないでは歩けない花畑状態のフラワーウォッチングでした。

BBのもう一つの望みは、火山の麓だから火山を見ながら歩きたかった。
生憎の雨で、山はほんの少ししか見えず、雪渓の眺めで我慢。
気温12~3度、標高差はわずかでも、アップダウンしたおかげで寒過ぎもせず、
それでも標高900m近い休憩所では薪ストーブでダケカンバを燃やして
暖をとっていました。

花の写真はたくさんとったものの、まだまだ扱いに慣れないカメラだったので
イマイチですが、近いうちにアップの予定。
取り敢えず、暑い時だから涼しげな写真をちょっとだけね。

Photo 

アヴァチャ山麓の雪渓を見ながら 黄色い帽子はフラワーガイドさん

2

 
 もっと上まで雲が上がったらいいのに

Photo_2

チシマツガザクラ群生

Photo_3

去年来た誰かの落書きが溶岩にくっきり こんなに山がはっきり見えたのならうらやましい


Photo_5

雪渓の脇を歩いて、ベースキャンプへ戻ります

Photo_6

地リスもいます

|

« 暑過ぎだけど子供は遊ぶ花は咲く | トップページ | カムチャツカの花 »

野の花 山の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/57027743

この記事へのトラックバック一覧です: 涼しい山をどうぞ:

« 暑過ぎだけど子供は遊ぶ花は咲く | トップページ | カムチャツカの花 »