« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月24日 (金)

味見するカルガモ・秋のバラ

千葉の清水公園、ウチからは遠かったぁ。バス電車乗り継いで2時間半から3時間ってところかな、
クラブの撮影会に行ったんだけど、はるばる来たんだから、久しぶりのいいお天気だし、
遠足気分で遊びました。初めにメンバー揃って集合写真を撮った後は行動も解散も自由だからね。
入り口近くのお寺を少し写した後は、園内地図を手に、まっしぐら、一番奥のマス釣り場へ!

釣竿と、餌のイクラとバケツをもらって、チャポン。虹鱒の群れが見える。
鱒たちは、すぐに食いつくのは恥ずかしいと思ってるんだな。
でも、一度場所を変えただけでなんなくお釣り上げ!
イクラは一粒使っただけ。あっという間に終わり。
ピョンコピョンコ跳ね回るのを、釣り糸ごとバケツに入れて行って、外してもらった。

沢山釣っても池に戻してはいけないし持ち帰ってもいけない、なんていうんだから、
一匹釣ったら焼いてもらって食べて帰るしかないでしょ。一人で何匹も食べられないし。
美味しかった~~~。鱒の写真は、串刺しにして焼けたのをぱくっと食べてから思い出して
写したけど、その一口が大きすぎて、見せられない。

これで思い残すことなく、お花でも写しに行きましょ。
…途中、水路にカルガモが遊んでいる。

 

Photo_4

カルガモはカラスウリを食べる?  つっついただけだったけど。

Photo_2

サンシュユ

Photo_3

陽射しが案外強くて、ちょっと葉陰にかくれんぼ

2

開ききったところも見たかったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

趣味は?

アナタの趣味はナニ?と、BBにとつぜん尋ねた人は、茶道を長くやっているらしいから、
それ、趣味でしょうね。
短歌もやっているらしい。それもきっと趣味でしょうね。

聞かれて、答えが出なかった。
あれ?私の趣味って、あるかな・・・。いやぁ、何もない・・・・・か?。
モゴモゴ言ってたら、
短歌のクラブに入らない?というお誘いだった。

見たところ、できそうだと思って、ですと。
へ?見たところ?このダンゴッ鼻が?それとも遠近両用メガネが?

詩心も歌心もなくてアタマ悪くてモノ考えられなくて・・・と、お断りしたら、
全くの未経験の人がケッコウいいのをつくるのよ、大丈夫よ、って。

いや、大丈夫じゃなくていいんですが。
短歌は趣味じゃありません、なんて言ったらツッケンドンに過ぎるだろうしね。

新聞の短歌や俳句の欄は読んでるけど。
ウマイコト表現するものだなぁとか、グッとくるねぇとか思う。
時事川柳も、そう。
思ってることを詩的にまとめて発表するなんて、全然ガラじゃない。
鑑賞のみ。

なんでも鑑賞のみだわ。それも「趣味」と言える?
絵もそうだし、野山の花もそうだし、山の眺めもそう。「登る」より鑑賞になった。

少し前までは、山登りが趣味です、と言えた。
庭仕事が趣味です、といまでも言えないことも無い。
でも、庭仕事は今は生活の一部になったし、都会でならともかく、
その質問をした人も住むこの田舎では、みなさん当たり前に、たぶん家事として庭仕事をするし。
「写真」が趣味です、と言えないことも無いけど、スタートしたばかりで口幅ったい。
尋ねられて一瞬にそれくらい頭の中を通った。

それにしても、短歌のクラブに誘うのに、あなたの趣味は?と聞く意図は?
いや、なにも深く考えなくていいんでしょうけど、
ワタシならたぶん、短歌はお好き?と聞くわね。

単純な話なのに、自分がすっごくボンヤリなのを認識させられた質問でした。

あっ、ブログは趣味かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

安納芋も~らった!

大変幸せなことに、ウチのお隣さんは、西瓜と薩摩芋はマッカセナサイと言ってくれる。
本当は、去年そう言ってくれただけなんだけど、今年も更新の交渉無しに、届いた。

西瓜なんて今年は2個も!だから夏休みの孫くん達が二手に分かれて来ても
それぞれに西瓜割りして遊べた。
そして芋の秋!

Photo
今年は安納芋でした。初めて手にしました。
しっぽが長いねぇ、マウスみたい、いいえ、鼠みたい。
去年は家の鼠退治で大変だったけど、これなら可愛い。笊の中の芋を狙ってる。

Photo_3

可愛い鼠型の芋は
切ったら中身はサーモンピンクだった。
薄切りにしてオイル焼き。
ポコポコで甘かった~。

ボカァしあわせだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

今年の渋柿・伊吹山のてっぺんと谷底

ウチの渋柿はデリケートなのかしら。
夏からこっちの空模様に振り回されたようで、早くから色づいてしまったのが
台風でばたばた落ちて、残ったのは次の台風でまた落ちて、、、、

Photo_4
昨日の収穫はこれだけ。
もう少し木に残ってるけど取りづらい所。
苦労してとる気が無くなった。
コレの3倍くらい落ちたのを拾ってある。
皮をむいて干し柿に、、、
豊作の時はやる気満々でも、
こうなると、、、。

Photo_2

もう、何と言いましょうか、ポコッと山頂標識のみ、ケイタイで。
琵琶湖が霞の中におぼろで、風情はありありでもワタシの腕では写真にならない。
北東方面にはかの御嶽山が・・・ずっと手前の山から霞の中で・・・

関ヶ原駅からタクシーで八合目まで往復、歩いたのはそこから山頂まで片道40分を往復。
よく晴れて、足元のトリカブトやキキョウはきれいだったのだけど、
御嶽山を見ることしか考えてなくて、望遠レンズだけ持っていた。

Photo_3

伊吹山ドライブウエイを関ヶ原へ向けて下る途中、遙か谷底に集落が見える。
ドライバー氏によると、君が代にあるさざれ石 の産地だそうです。古屋と言ったかな。
その集落から上に舗装道路が伸びているのが見えて、伊吹山の登山コースの一つらしい。
集落から下へは、一山回れば案外近くに平野が広がっていて、
見た目ほど不便な辺地でもないらしい。

山から下りた後は、体育の日の連休を利用する息子一家と一緒に墓参の旅で
京都と福山へ。墓参のついでに少しは遊ぶつもりだったのに、
台風19号が迫ってきた。予定を切り上げ、宿をキャンセルしたり新幹線の指定を
早いのに振り替えたりで、追い風を受けて逃げ帰った。

山口の瑠璃光寺、行きたかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

うちの稲荷大明神

毎年10月9日は、ここの集落ではお稲荷さんのお祭りの日だったそうです。
甘酒をお供えするので甘酒祭りとも言ったそうな。稲荷寿司ではないのね。
お稲荷さんには甘酒だけど、自分たちは甘くないほうのお酒を楽しむ日だったらしい。
今はもうやらなくなったと、お隣さんから聞きました。

でもこの日が近づくと、集落の世話役さんが御幣などをもって来られる。
お宅も飾る?って。ワンセット500円の紙のお飾り。
信心はしないくせに土地のファッションを楽しむ感覚で、うちでも飾ります。

この家の前の住人さんが自分で庭先に建てたというコンクリート造りの大明神さんだけど、
この集落にはこういうのを据えてある家が多い。米作り農家が多くて、これは稲作の神様なのだとか。

昨年は、飾り方を知らないままに、白いピラピラをばらして、石の周りに回したビニール紐に
ぶら下げて、御幣なんかどうしたか覚えてない。
でも、たまたまお隣さんが来た時にそれを発見して、まぁ笑ったこと。
いいんだよ、知らないでやったんだからって、そう言いつつ笑いが止まらなかった。
人を笑わせるって楽しいね。
ついでに、ホントはこうするのよと、教わった。

Photo_2

さて、今年は、彼女の言葉を思い出して、ネットも少しは参照して、やってみた。
しめ飾りの支柱と御幣の脚は、こないだ剪定した白木蓮の小枝。
ピラピラを下げるための縄は、園芸用の棕櫚縄2本を縒り合せて作った。(作ったってほどでもないね)
できたところでお隣さんに見に来てもらった。ちょうど畑に姿が見えたから。
なんと、いっぺんで合格!(・・・これでいいよ・・・と言ったんだけど)
白いピラピラの向きを少し直してもらった。
おや、コンクリートが傷んできてる。
そうそう、フツウは、敷地の裏手に置いて東南に向けて建てるものだそうだけど
ウチのは玄関近くで南向き。そっちは、まっすぐ行くとキリスト教の教会があるんだけどな。
かまわぬ。ファッションなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

秋の筈だけど

今日は30度超えの暑さ!なんてこったです。
でも、やっぱり秋らしい。木の葉が黄ばんできてた。

140924

ジジババ大学のお隣が消防学校なので、訓練中の威勢のいい掛け声が響いて来たり、
煙もうもうたてて消す訓練(たぶん)のときは、こちらは慌てて窓を閉める。
高い所からの降下訓練なんて、見たくて、早く降りないかなぁと待っているのにナカナカ始めない。
コワイヨゥって言ってるのかな。ロープに自分側の金具を取り付けるのに手間取ってるようにも見える。
授業をさぼってまで待つわけにはいかなくて、残念。
ハジメッとこっちから声を掛けたらよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »