« うちの稲荷大明神 | トップページ | 安納芋も~らった! »

2014年10月18日 (土)

今年の渋柿・伊吹山のてっぺんと谷底

ウチの渋柿はデリケートなのかしら。
夏からこっちの空模様に振り回されたようで、早くから色づいてしまったのが
台風でばたばた落ちて、残ったのは次の台風でまた落ちて、、、、

Photo_4
昨日の収穫はこれだけ。
もう少し木に残ってるけど取りづらい所。
苦労してとる気が無くなった。
コレの3倍くらい落ちたのを拾ってある。
皮をむいて干し柿に、、、
豊作の時はやる気満々でも、
こうなると、、、。

Photo_2

もう、何と言いましょうか、ポコッと山頂標識のみ、ケイタイで。
琵琶湖が霞の中におぼろで、風情はありありでもワタシの腕では写真にならない。
北東方面にはかの御嶽山が・・・ずっと手前の山から霞の中で・・・

関ヶ原駅からタクシーで八合目まで往復、歩いたのはそこから山頂まで片道40分を往復。
よく晴れて、足元のトリカブトやキキョウはきれいだったのだけど、
御嶽山を見ることしか考えてなくて、望遠レンズだけ持っていた。

Photo_3

伊吹山ドライブウエイを関ヶ原へ向けて下る途中、遙か谷底に集落が見える。
ドライバー氏によると、君が代にあるさざれ石 の産地だそうです。古屋と言ったかな。
その集落から上に舗装道路が伸びているのが見えて、伊吹山の登山コースの一つらしい。
集落から下へは、一山回れば案外近くに平野が広がっていて、
見た目ほど不便な辺地でもないらしい。

山から下りた後は、体育の日の連休を利用する息子一家と一緒に墓参の旅で
京都と福山へ。墓参のついでに少しは遊ぶつもりだったのに、
台風19号が迫ってきた。予定を切り上げ、宿をキャンセルしたり新幹線の指定を
早いのに振り替えたりで、追い風を受けて逃げ帰った。

山口の瑠璃光寺、行きたかったなぁ。

|

« うちの稲荷大明神 | トップページ | 安納芋も~らった! »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

伊吹山良かったね。
沢山歩くのかと思ったら、40分で山頂ですか。
そういう歩きも良いなぁーっと思うのですよ。

台風による被害は柿ばっかりではなく、旅の予定も
狂わせたんだ。
週末になると台風、それも大型、もう穏やかに過ご
して行きたいわ。

投稿: 山百合 | 2014年10月19日 (日) 07時35分

まーったく、お天道様にはかなわない・・・。
伊吹山は、夏のシーズンには関ヶ原から八合目までバスが出るんですって。
8月と9月かな、タクシーの運転手さんがそう言ってたわ。
その時に来れば安く済みますよ、だって。
そりゃそうだわ、タクシー往復12,000でちょっとおつり、他に
ドライブウエイの通行料(往復)3,000円だもの。
それも覚悟でどうしても行きたい山だった。半世紀前からの憧れの山。
ゴンドラは三合目までだったけど廃止になったらしい。
他にも登山道があるけど、一番楽なのをとったわ。砂利道だけどね。

投稿: BB | 2014年10月19日 (日) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/57718124

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の渋柿・伊吹山のてっぺんと谷底:

« うちの稲荷大明神 | トップページ | 安納芋も~らった! »