« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の記事

2014年11月30日 (日)

お茶会の水屋手伝い

Photo
公園の紅葉がいい時だった。期待してなかったから、ちょっと驚いた。

昨日は朝から公園内の移築古民家でお茶会の裏方仕事。
博物館のイベントの一つで、古民家の土間では餅つきのにぎわい。

エプロン掛けで、おもにお茶わん洗いを引き受けた。お茶なんて50年も前の浅い縁ですからね。
雨の一日だったから、お客さんは少ないかと思えば見込み違いで、雨だから建物に入ろうと思うものだった。
どなたも無料です、おいしい季節の和菓子もありますからどうぞ、なのだから。
朝イチのお客さんは近くの学童保育の少年少女。土曜日で学校は無かったのね。
公園散歩中のお立ち寄りもあれば、キョウイクカンケイのお方がスタッフにお土産ご持参だったり。
80個のお菓子が見込みよりずっと早く終わりになってお茶会も終了。

水屋スタッフは、次々にお茶を点てるのに疲れて、足を投げ出す人も居れば土間に餅つき見物に行く人も居て、
その時はBBも慣れぬ手つきで茶筅をもつ。なにしろ、ウチで抹茶をと思っても、茶筅が古びて
お茶の中に竹クズが残りそうという暮しをしてるんだから、ここでシャカシャカやるのも教わりつつ。

沢山使ったお茶わんは、殆どメンバーの一人のお手製。
旅行先に観光客を受け入れる窯元があればじっくり轆轤を使ってくるそうな。
どれも掌に馴染む形で、色合いもなかなか。
花入れはまた別のメンバーの作品。
お菓子が足りなくなった時のためにと、スイートポテトを焼いてきてくれたメンバーも居たけど、
これはスタッフの口に入って疲労回復。
どなたも多才なのに感心してしまう。
BB宅からは、庭の山茶花と咲き始めた水仙が参加。

おしとやかな茶室とは別世界の水屋では、皆さん付き合いの長い女性ばかりで
手は動くけど口も動く忙しさ。イヤ、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

コン!

Photo_4

BBの右手です
レースのカーテンも開けて朝日を浴びながらゆっくり朝ご飯
案外陽射しが強くて、傍の冷蔵庫に影が映る 指先は影が薄いね
午後は曇るのだそうだけど

昨日は暖かさに誘われて草刈りガマで少々藪払いしたら
ラズベリーに季節外れの実が二つ、いい色で食べごろ
洗いもせずその場でパクッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

里の小春日和

Photo

残り物の柿を頂戴するのも、やっぱり暖かい日のほうがおいしい気がする
 遠くの縁側からおばあさんがカメラを持って覗いてるのは分かってる
 
  

Photo_3

スズメはひなたぼっこ

  
  

Photo_2

藪だらけの庭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

田舎暮らしの味わい

Photo
窓から見上げる東の空、朝焼け。森の向こうに上がって畑の台地を行くと氏神様。

Photo_2
庭の落葉もだいぶん進んできたと思ったら、小鳥の空の巣を発見。
ビニールの荷造りヒモも材料になっていた。

Photo_4
ご近所さんは小屋の屋根のペンキ塗り替え中。
大抵のことは自分達でやってしまう。















Photo_5
「分校跡地」の石碑の周りに植えられたクロガネモチが今年も真っ赤な実をつけている。
その写真をとってウチに戻るとき、お隣さんの畑の傍でご近所さん一人とお隣のご夫婦が立ち話中。
ついBBも加わった。あらちょうどよかった、と、ここで回覧板を受けとった。
首に掛けたカメラが目に留まったらしいので、モデルになっていただいた。
ちょうど写真用紙があったのですぐにプリントして届けたら、喜ばれた。
ジャガイモをどっさりいただいたり、お茶によばれたり。

このお茶会はお隣さんの庇の下で、「来な!」と言われて行ったらオジサンの姉妹お二人が先客だった。
お芋の蒸かしたのやら白菜漬けをご馳走になっていると、こんどは息子さんご夫婦が車で登場。
もうBBはお礼を言って帰る。いいんだよ、座ってな、と声を掛けられつつ出てきた。
お身内ばかりののどかな穏やかなお茶会によんでくれるなんて、魅力はあったけど、
椅子がね、絶対足りないんだもん。
椅子の格好をしたのが3つはあったけど、何かの部品だったらしい箱状のものをオジサンが出してきて、
それでも足りなそうだったから。そんなことは平気でBBみたいなヨソモノを呼んでくれるのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

渋柿を食べたのは

Photo

ワタシです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

植樹まつり

こないだの日曜日、東京都港湾局の植樹に参加してきました。
ゲートブリッジに近い埋立て地で、名前がいいわね、「海の森」。

Photo_2
娘の姑さんに誘ってもらって、普段は地域活動をしているサークルにくっついていくのです。
Photo_3
これで何回目かな、BBが植えたのは合計でもせいぜい十数本なんだけど、
孫たちが大人になる頃には結構な林になっていることを、夢見ます。

Photo_5
埋め立てて盛り上げた岡の植樹する範囲には、赤土の上に細かくした木材チップを敷き詰めて
地表を覆ってある。そのおかげで雑草は殆ど生えてない。
今回は数種類の広葉樹の苗木を植えた。斜面に点々と、適当な間隔をあけてすでに苗木が
置いてあって、参加者がするのは、穴を掘って植えるだけ。

おまつりとあって、いくつかのイベントも用意されていた。
マシュマロを竹串に刺して炭火で炙って食べたり、石鹸に花模様をつけたり、
のどかに遊んで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

朝日のナンキンハゼ

Photo

芝生に落ちた影が気に入って・・・
昨日は、この生け垣の向こうに置いた焼却炉で
落ち葉焚きのついでに焼き芋しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

里の秋の朝

千葉の秋はのんびり通過中。

Photo_2 

    クリスマスホーリーがちょっとずつ赤みを帯びてきた。

Photo_3

花の名前が、う~ん・・・春も咲いたんだけど、え~っと・・・

Photo_4

色違いで、

Photo_5

その蕾がコレなんだけど、開いたらどっちの色になるかな

Photo_6

これは山茶花、ボツボツ賑わってきた

Photo_7

まだ日が昇りきらず、ナンキンハゼに東隣の家の影がさす

Photo_8

ちょっと寄ってみた
そういえば、うちの楓の紅葉は?と見たら、まだゼンゼン。


今日の畑仕事、ホウレンソウの種蒔き、ワケギの粒々(あれも球根という?)植え付け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

大根がお待ちかね

孫くんの中学校のクラス対抗合唱コンクール、素晴らしいのです。
3年生になったYOUくん達は課題曲が「いざ立て戦人よ」。
(↗このリンクはよその学校ですが)
ハーモニーの凄いこと!
男の子たちはもう声変わりも済ませて立派な男声、女の子たちは高い声もちゃんと伸びる。
育ちざかり・やんちゃ盛りの彼らが心を一つにして練習に励んでの結果だから、なお、
感動します。
YOUくんのもう一人のおばあさんも一緒に並んで感動に浸ってきました。

うっとり気分を引き連れて、暗闇の我が家に辿り着いたとき、
懐中電灯の明かりの中に、

Photo

どなたが届けてくださったか、立派なのが3本も、玄関前で寝て待ってくれていました。
さ~て、どちらさんからかしら。両隣さんの他にも2~3軒の心当たりがあるのです。
BBに食べさせようと思ってくださるのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

里の秋の夕暮

昏くなるのが早いこと。5時でもうこんなに。
庭から見る空は広いけど、この夕焼けのあとは広くて深い暗闇。
取り残しの渋柿が、少しずつ落ちる。
昼間のお客さんは、スズメにヒヨドリにカワラヒワにホホジロ。

Photo

今朝行き会ったご近所さんが、空の一升瓶を5~6本運んでいた。昨日はお寺でひと仕事のあと
飲み会になったらしい。(お寺の用に限らず、ここでは毎週のグランドゴルフのあとでも
きまって飲み会になるんだけど。)

お寺のひと仕事というのが、実は墓地の片付けだったそうな。
長い間には無縁のお墓が増えてきて、重機で墓石を片付けたり跡を均したりだったらしい。
集落全体に同じ姓の人が多くて、親戚の集まりみたいな所。その皆がこのお寺の墓地に
お墓を持っているのだそうだけど、それでも無縁墓がでるものらしい。
若い人が出て行ったきりになるそうで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »