« 公園の春 | トップページ | のんびり出歩く季節かも »

2015年3月19日 (木)

春通過中

オカメ桜が満開を過ぎて、昨夜からの雨風がダメ押ししてる。もう少し頑張ってくれないかな。

 

Photo

 

まだまだ蕾もたくさんあって楽しめる雪柳。

 

Photo_3

 

 

トサミズキは大木になる木のようだけど、成長がゆっくりだから、
手狭な庭でもまだまだ大丈夫。キブシみたいに垂れる花穂が気に入り。
花に目を近づけたら、ちょっとおどけた鳥のようにも見えた。

 

Photo_4

 

 

わが庭の春のシンボルみたいなギンヨウアカシアは、ご老体で幹がボロボロ。
8年前に初めて見た花盛りの、今は五分の一くらいの枝振りになった。
それでもがんばって咲いてます。

 

Photo_5

 

 

11月から咲き続けた日本水仙がほぼ終わって、花が大きめの黄色いのが咲き始めた。
花弁が白くて中が黄色いタイプのはこの後からだっけ。
この周囲には、オオイヌノフグリがたくさん、ハナニラもボツボツ。

 

Photo_6
水仙の横でアジサイが芽を膨らませてきた。

 

あ~、芝生が…雑草だらけだ~

 

 

Photo_7

一年間の学生生活が終わりました。
おベンキョウしたことは頭の中をちゃんと後味よく通過していった。
残ったのはクラスメイトとの友情。
式の後はクラス担任を囲んで謝恩会で名残りを惜しんだ。
ほとんどのメンバーは、4月からは自主講座に残るけど、
BBはOB会主催の月イチのイロイロ学習会。本当に講義内容はイロイロみたい。
社会情勢のお話もあれば音楽鑑賞も、ついでに部活でハイキングなんていうのも
ついてくるらしい。

謝恩会がお開きになって帰り際に、
60代と70代のオニイサンに呼び止められた。
写真クラブに入るよっ、といってくれたのは秋の芸能大会で一緒に働いた仲間の70代。
それは嬉しいね。 

4月からはBBも写真クラブの2年生になる。学校は卒業しても、
OBやら自主講座の学生やらがクラブを卒業せずに、ご年配ぞろぞろ、ほぼ60人。
2年生は幹事をやる掟があるので致し方なくお役目を一つ引き受けた。
でも、屈強そうな60代のオニイサンがメインで、BBはサブでよいことになっていた。
ところが、そのオニイサンが、オレね、癌が見つかっちゃった、、、って。
卒業式の日の告白にしては嬉しくないよ。

 

そんなお年頃といえばそうなんだけどねぇ。

ふっと、思い出すことがあった。
わが夫GGクンは、まるで死ぬ気なんかしてないみたいだった。
癌の闘病のあいだ、一度も落ち込んだ顔を見せなかった。
度々の入院もあったけど、その合間にはBBや孫クン達と機嫌よく遊んだ。
最後まで。
傍に居るものとしては、どれだけありがたいことだったか。
 

オレ、癌 の彼にチラッとその話をした。
そうか・・・、家族か・・・、いいことを聞いた、と言ってくれた。


傍に居たもう一人の幹事仲間のオニイサンが、
そうなんだよ、自分はそういうことを仕事柄知ってる、って。
(どんな仕事か聞く余裕は無かったけど)
考えてみれば、死なんて言葉を使ってとんでもないことを言ったのかもしれないんだけど。

元気が一番だけど、
いつも一番ではいられないのも当たり前。
若者じゃないんだからね。

 

 

|

« 公園の春 | トップページ | のんびり出歩く季節かも »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/59325920

この記事へのトラックバック一覧です: 春通過中:

« 公園の春 | トップページ | のんびり出歩く季節かも »