« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の記事

2015年4月30日 (木)

熊本の旅

おやおや、もう4月が終わる・・・
年度替わりなんて、この年になったらもう縁がないと思っていたのに、すっかり取り込まれた。
遊びのうちとはいえ、新年度はまさかの会計係をやる羽目になって、3月から引継ぎ、もうジタバタ。
算数は70年来苦手だし、きちんとやることは何によらず苦手、つとまるわけがないのだけど、
逃げようがない成り行きだったんだも~ん。
救いは、係りの相棒氏がそのテのことには明るいと見えて、聞けば道を示してくれる。
彼はガンなんぞ抱えつつも日々各種おベンキョウやら遊びやらに熱心。
BBは、できたら日々ぼんやりしていたい。・・・してる、ね。

週末、一泊2日の熊本の旅。
Photo
阿蘇山中岳の火口壁、草千里からの遠望です。
火口はやっぱり上から覗き込むもんだわ。怖さが全然足りない。
もう10年も前になるのかな、宮地から高岳に溶岩の尾根を上りつめて、
中岳のあの火口壁の上に立った。独り占めの怖さを楽しんだ。
今は、ロープウエイで上がるならラク、と思えど、火山活動が活発で一次規制発令中につき
それもストップで、下の駅周辺から見上げるばかり。
離れて、草千里から望遠で。

2
火口から上る煙は精々焚火くらいにしか見えないのだけど。
草千里散策、多くは中国のお人。

Photo_2
1500円とか2000円くらいでヒトを乗せてその辺をちょっと歩くお馬さん、おヒマ。

旅のメインはコレです。剣道なんてチンプンカンなんだけど、孫クン達出場とあれば、
それに、会場が何かと旅の魅力のある熊本だからね、飛んでいくのです。

S

小中学生の「宮本武蔵」を決める戦いです
孫クンたちも善戦!武蔵にはなれなかったけど、いいんです、あのベイビーがこんなに成長して、頑張ってる
何より、強い相手に対峙する経験は貴重

Photo_3

熊本市の海際に立つ金峰山から有明海の向こうに長崎の雲仙岳・・・なんだけどね、
晴天・気温26度とあっては、仕方のないモヤモヤの眺めです。
去年のこの時期は、雲仙の麓の原城を歩いてからこの海をこちら側に渡ってきたのでした。

市街地から金峰山8合目まで、タクシー往復7000円で引き受けてもらった。
山頂まで徒歩ゆ~っくりで15分、ドライバー氏は、久しぶりで私も、と、てっぺんまで一緒に。
山頂は、自転車で登山の人やら毎日登山の人やら、おチビ連れのじじばばさんやらで賑わい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

クヌギの春

12年前に3歳だった孫クンに拾われたクヌギのドングリが、今はBBの庭で大きく育っています。
のびのび育って自分もドングリをつけるようになったのに、
木が大きくなりすぎては困るからとテッペンを切ったら、また年齢が戻ったように
実らなくなりました。

クヌギは、秋に枯れた葉をそのまま春までつけっぱなして、芽吹きとともにやっと
枯葉を落とします。秋から春まで木が枯れたような眺め。それがいつもの様子。

 

だから気が付かなかったのだけど、今年もテッペンのほうから新しい葉が出て枯葉が落ちて、
やっとわかったことがありました。
大きな枝が付け根から折れて、その枝は本当に枯れていたのです。

 

2
右のほうへ水平に折れた枝がありました。
すぐ下に出ていた元気な枝に支えられています。

 

Photo
大きくなりすぎないようにと芯を詰めた傍の枝でした。
わずかに幹と繋がっていたので電鋸でカット。

 

Photo_3
切り落とした枯れ枝のボリュームはすごかったけど、哀れ、軽い!

さっきの切り口の傍には、
2_2
新芽が出ていました。


Photo_3
今の全体の様子、軽くなって、気が付けば新しい葉もだいぶん出ているのだった。

 

Photo

シモツケの葉も広がり、

 

 

Photo_2

ナニワイバラも蕾が膨らんで、
・・・・・周りは雑草だらけだぁ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

ナビよりナビする携帯電話

ネットスーパーに配達を頼みました。
5年位前からの習慣です。
配達には、5年前からよく来るオジサンも居れば、時々若い人が単発で来ることもある。
単発の人は、車のナビで番地を見て来て、近くまで来ているのに迷うことが多い。

そんな時は電話をかけてくる。
今、何が見えてますか?と聞くと、たいていの場合は「墓地が見えます。」って。
そのあたりの道は近年作り直されたそうで、ナビでは我が家の番地がそのあたりに表示されるらしい。
その時は、墓地が車の右か左か聞けば、あとは誘導が比較的簡単。

Photo

今日のドライバーさんは、お地蔵さんが並んでます、と言う。
ははぁ、お寺の傍だな、と思って、お地蔵さんが車のどっち側?と聞いたら、正面です、って。
ん?、正面? もしかして、空き地に適当に停まってる?
そうなると難しい。

いずれにしても、そのあたりからもうちょっと東側よ、で、移動したらしい。
T字路を右に入ったら道が左に曲がる…とか言ってる。
まっすぐ歩いてるつもりでも道は結構まがってるしねぇ・・・、T字路だらけだしねぇ、、、
道路沿いに建物が途切れ途切れにしか無いし、
どの家も、どなたの家だか表札がすぐにわかるような造りじゃないし。
そういえばドライバー泣かせだわ。

教会がありますね。
もう教会まで来たの? お地蔵さんと教会の中間くらいなんだけどね。
いや、ナビに教会が出てるんです・・・。
・・・じゃぁはっきりしないねぇ、家から出て誘導するしかないわねとケイタイを持って
(うちは家電話がなくてケイタイだけなの) 私道へ出たら、

左側に新しい家があります、ドブの向こうにいいのかねぇドブなんて言って)
・・・これで分かった。 このあたりで新しい家はオンリーワン、といっても5~6年前かな。 

10メートルくらいバックして右よと言ったとたんにバックする音が大きく聞こえる。
もうすぐそこなんだもん。バックする車が、お隣さんの生垣越しに見える。

ハイ、ストーップ!右に入る道があるでしょ?
これで運転席のドライバーさんと私道に立つBBが顔を合わせた。
どっちもケイタイでよかったね。

やっと庭先まで来た彼が、あれっ? 前にここに来たことがありますね、だって。
あら、そう?このお顔、見たっけ? どっちの記憶力も大したことないわね。

こんな具合だから、ストリートビュウでもヨソンチが映ってる。
私道は入口がわかりづらいうえに一寸曲がってるし、門柱も門扉もなんにもなくて
この先に家があるとはわからなかったという人もいる。
玄関にたどり着いたらやっと表札があるだけ。   
わかりづらい奥のほうの家、それはそれで、結構気に入ってる。町のマンションじゃ、こうはいかない。
引っ越してすぐの郵便屋さんも宅急便屋さんも救急車だってちゃんと来たんだし。
                    ・
                    ・
                    ・
                ヒマな話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

絹サヤ チューリップ ギョリュウバイ スノーフレーク

 

今日だけは降らないであまり寒くない、となったら庭に出なくては。
気温が低くても、雨が降ればこの時期なら雑草はのびのび伸びるんだねぇ。
植えたものより勝手に生えてきたもののほうが、逞しく陣地を拡げてる。
むしり取る手に力が入る。ニャロメッ! 土が湿っぽいから抜きやすいけど。

 

Photo

絹サヤも伸びてきた 雑草が冷たい足元を温めてくれてた、ということにしとこう

 

 

Photo_2

咲いたぁ  咲いたぁ

 

 

Photo_3

ギョリュウバイ 案外花時が長い ボツボツだんだん花数が増えていく

 

 

Photo_4

スノーフレーク ただいま花盛り ピーピーマメに絡まれてた

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

ニリンソウ  ウラシマソウ

 

公園のニリンソウがいくらなんでももう咲いてるはずと、探しに行ったら、ありました!
ミッシリあたり一面というわけにはかなくて、まぁ程々に。まだこれからなのかも。
写真が実物よりだいぶん大きくなって、これじゃかわいらしい雰囲気が出ないね。

Photo

サンリンソウになっちゃうのもよくありますね。

Photo_2

 

以下、釣り人三態 ウラシマソウ。
釣り糸を自分の後ろへ垂らしてどうする。Photo_4

3

何が釣れるのかなぁ・・・って、横目で見ることもないでしょ

2

ハナズオウかな

Photo_5

この花が好きで、苗を売ってないか直売所に行きたかったんだけど、そのためにバスを一つ逃したら、
次は二時間後だから、今回はパス。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

突発性春の旅

4月は亡夫GGの命日が巡ってくる。今年は5回目。

毎年のように4月は雨が続く。April Shower って言葉もあるわね。
確かに、3月の風と4月の雨のおかげで5月の花は咲くのかもしれない。

でも、雨を見ながら来し方いろいろ思われる今日この頃とて、
じっとしていたら地面にめり込みそうなくらい沈み込んでしまう。
BBがめり込んじゃお仕舞いよ。球根じゃないんだからね。花は無理。

朝のうち、お茶を飲んでいたのに、気が付いたらGGの故郷の町の当日分の宿を予約して
身支度をはじめていた。
お尻の重いのが常なのに、こんなときはフワフワ動いてる。

菩提寺にあるお墓でご先祖さんもまとめて挨拶をした後、古い街中を歩いた。
GGや弟妹が境内でよく遊んだという神社は花盛り、ここも霧雨。
Photo_6

生家は今は手を入れてもらって、女性がオーナーのギャラリーになっている。
これまでは門をくぐるのさえ胸が詰まって素通りしたものだけど、
今回は何故かす~っと入って、初対面の彼女とお連れ合いに暖かく迎えられて家の話、人の話。
彼女には、BBと話したいことが積もっていたらしい。
別れ際に、裏庭に昔からあった金柑をもいで持たせてくれた。懐かしいいい香り。
Photo

お隣さんはお寺。花まつりの拵え。

 

Photo_5

 

こっちへ向かう新幹線の中からスマホで2泊目の宿の予約を済ませておいた。
今度は大阪。大阪や兵庫に居る身内に会ったり京都の大谷さんにも参ったりするつもりで。
でも、こちらが突然飛び出したもんだから都合がつかず、お参りだけ済ませて時間が余った・・・と
行く先を探したら、偶然その日が京都御所の春の一般公開最終日だった。
御所ねぇ・・・特に興味はなかったけど、広くて時間は潰せました。
 

Photo_2

 

Photo_3

これは紫宸殿らしい。

 

Photo_4

うちのゴショにも欲しい。

京都も寒くて、テントで売ってた甘酒を飲んだらヌルイ!
横で同じものを飲んでた人は、猫舌だからこれくらいでちょうどい、って。
そ、人さまざま。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

シャガとアケビの花

暖かくて風もたいしたことなくて、庭仕事。
ずっと気になっていた君子蘭を植え替えた。
霜は苦手らしくて葉が傷んでクタクタなのに、花芽が上がってきたから慌てた。
半日蔭が好きで強い日が当たるところでは葉が灼けるし、置き場にうるさいコ。
どこにしようかと見回すと、ちょうどシャガが咲き始めているのに気が付いた。
シャガは日陰好きだからと、キャラボクやかりんの下に植えたらよく繁った。
じゃぁ君子蘭の鉢も夏場はそのあたりにして、冬は庇の下に置くことにしようか。

 

このシャガは、もう10年も前に、南房総の林床から林道にはみ出して繁っていたのを
チョウダイしてきた。林道を片付けてやったんだからね。

 

Photo_3

 

 

Photo_4

アケビの花も咲き始め。うっすら、クモの糸も写ってる。
どっちもスマホで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »