« クヌギの春 | トップページ | 今年も無事に鯉幟 ・ トマト ・ 柚子 »

2015年4月30日 (木)

熊本の旅

おやおや、もう4月が終わる・・・
年度替わりなんて、この年になったらもう縁がないと思っていたのに、すっかり取り込まれた。
遊びのうちとはいえ、新年度はまさかの会計係をやる羽目になって、3月から引継ぎ、もうジタバタ。
算数は70年来苦手だし、きちんとやることは何によらず苦手、つとまるわけがないのだけど、
逃げようがない成り行きだったんだも~ん。
救いは、係りの相棒氏がそのテのことには明るいと見えて、聞けば道を示してくれる。
彼はガンなんぞ抱えつつも日々各種おベンキョウやら遊びやらに熱心。
BBは、できたら日々ぼんやりしていたい。・・・してる、ね。

週末、一泊2日の熊本の旅。
Photo
阿蘇山中岳の火口壁、草千里からの遠望です。
火口はやっぱり上から覗き込むもんだわ。怖さが全然足りない。
もう10年も前になるのかな、宮地から高岳に溶岩の尾根を上りつめて、
中岳のあの火口壁の上に立った。独り占めの怖さを楽しんだ。
今は、ロープウエイで上がるならラク、と思えど、火山活動が活発で一次規制発令中につき
それもストップで、下の駅周辺から見上げるばかり。
離れて、草千里から望遠で。

2
火口から上る煙は精々焚火くらいにしか見えないのだけど。
草千里散策、多くは中国のお人。

Photo_2
1500円とか2000円くらいでヒトを乗せてその辺をちょっと歩くお馬さん、おヒマ。

旅のメインはコレです。剣道なんてチンプンカンなんだけど、孫クン達出場とあれば、
それに、会場が何かと旅の魅力のある熊本だからね、飛んでいくのです。

S

小中学生の「宮本武蔵」を決める戦いです
孫クンたちも善戦!武蔵にはなれなかったけど、いいんです、あのベイビーがこんなに成長して、頑張ってる
何より、強い相手に対峙する経験は貴重

Photo_3

熊本市の海際に立つ金峰山から有明海の向こうに長崎の雲仙岳・・・なんだけどね、
晴天・気温26度とあっては、仕方のないモヤモヤの眺めです。
去年のこの時期は、雲仙の麓の原城を歩いてからこの海をこちら側に渡ってきたのでした。

市街地から金峰山8合目まで、タクシー往復7000円で引き受けてもらった。
山頂まで徒歩ゆ~っくりで15分、ドライバー氏は、久しぶりで私も、と、てっぺんまで一緒に。
山頂は、自転車で登山の人やら毎日登山の人やら、おチビ連れのじじばばさんやらで賑わい。

|

« クヌギの春 | トップページ | 今年も無事に鯉幟 ・ トマト ・ 柚子 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/59832493

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の旅:

« クヌギの春 | トップページ | 今年も無事に鯉幟 ・ トマト ・ 柚子 »