« 幸せのシマラッキョウ | トップページ | 花菖蒲 »

2015年6月 1日 (月)

ファンタジー のちキュウリ のち砂利

そうだ、6月1日はBBにはちょっとした記念日だったわ。
2年前のこの日の午前零時過ぎに、前夜からの腎結石の痛みでヒーコラ言う声も出せずに
救急車に乗った。今は小さいのが取り切れずに残っているらしいけど、
いたずらはしない。それまで、あとから思えば思い当たる症状はあったんだけど、
内科のお医者に痛みを訴えても石の存在には辿り着けなかった。
ヤブと言い切れるかどうか、、。
その後、膠原病も見つかって、薬が毎月増えていくのに進行が止まる気配なし。
でも、とりあえずは痛いの痒いのはナシだから、動ける間は楽しく!の毎日です。
ピラティスの教室にも行きはじめました。

んでね、今年は、昨日5月31日にちょっとしたイベント!でした。
Photo
ゆづ君を見に行ったのですよ。幕張で、ファンタジー オン アイス。
スマホでパノラマ写真ね。もうこのあとは撮影禁止。

ほんとうにファンタジーよ。
夢の3時間は胸いっぱいに納めて帰りました。
遠くまで出掛けて追っかけするほどではないけど、幕張なら近くて馴染みの場所、
目の黒いうちに生ゆづ君を見るのもいいな、と。
メダル獲得にしのぎを削る競技会はテレビで見るのさえドキドキ緊張気味だけど、
ショーとなったら手放しの楽しさ。

ゆづ君の魅力はもちろん別格なんだけど、プルシェンコ、フェルナンデス、ランビエル、
バトル、ウィア・・・すごかったなぁ・・・いいものを見たなぁ・・・見に行ってほんとうに良かった!
磨きぬいた技の魅力なんだねぇ。圧倒されました。
女子で素敵だったのは中学生の樋口さんね、のびやかハイレベル。

さぁて、夢の醒めた今朝は細々した用を片付けなきゃと、
庭を眺めながら段取りを考えていたら、お隣さんからキュウリと大根のご到来。

Photo_3

すぐにごちそうになりました。なんておいしいんでしょっ、キュウリのこの香り!
大根は夕ご飯にいただこうっと。

続いてそちらのご主人が来る。
砂利、入れるって言ってたから店に話しといたよ、すぐ来るよ、ですって。

十日くらい前だったかな、BBがモッコウバラの刈り込みで三脚に上がってた時に、
覗く気もないけど見えたお隣の庭に居た彼と、砂利の話をしたのです。
芝生の面倒を見るのも体が効かなくなったらできなくなるから、剥がして砂利を入れる
のだそうです。BBよりだいぶんお若いんだけどねぇ。

芝生はともかく、ウチも建物の裏の通路に、いずれ砂利を入れようと思っていた。
何より雑草対策。とりあえず防草シートを敷いてあるけどその上に砂利を入れたら効果が上がりそう。
お宅のついでにうちも頼みたい、と言いました。
そうして突然、今朝ね、砂利屋さんが来るからお宅にも行ってもらうよ、だそうです。

 

Photo_4

 

砂利、来ました。もののついでにトントン、ジャリジャリ話は進んで終わり。
裏の通路まではボツボツ自分で運びます。

|

« 幸せのシマラッキョウ | トップページ | 花菖蒲 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

よろしかったですねhappy01ゆづくん。
人を幸せにする人っているんですね。特に真央ちゃんとかそう思います。
でも、真央ちゃんの幸せも考えたい、大人なおたまです。お久しぶりです。

うちの猫額庭の芝生も持て余し気味です。
でも、砂利は照り返しがきつくありませんか?
リビングに面しているのでそこのところが心配です。

投稿: おたま | 2015年6月 1日 (月) 16時07分

お久しぶりです 大人なおたまさん
そ~なんだわ、幸せを味わわせてもらったんだわね。
入場の列のほとんどが若い女性、ふ~ん?中年以上はどうした?って思ってしまった。

たしかに、リビングの前が砂利になったら石が灼けて照り返しそう。お隣さんチはそうなんだけどな。
芝生をきちんときれいにと思うと、ホントは細やかに面倒を見なきゃいけないんでしょうね。
うちはテキトーですけどねぇ、24Dでイネ科以外の草を退治したり、刈り込んじゃえば草は目立たないし。
でも、その刈込みがしんどくなるかなぁ。

今日は夕方涼しくなってからカートで砂利をちょっとずつ運んで、ダンプカーごっこみたい、
おもしろいけど、調子に乗ってやりすぎないように早め終了。

投稿: BBブリジッド | 2015年6月 1日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/60213041

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジー のちキュウリ のち砂利:

« 幸せのシマラッキョウ | トップページ | 花菖蒲 »