« 寒くなる庭だけど | トップページ | 冬至だ~~ »

2015年12月16日 (水)

今度のお雑煮は

毎年のお雑煮は、GGのふるさと風に、ず~っと穴子を乗っけてましたけどね、
今度は変えようかと思う。里芋を主役にしよ~っかな。
北隣夫人からどっさり頂いたので。

お煮しめに使わせていただこう、と言ったら、
このあたりではお雑煮に入れるのよ、だそうで。
彼女は生まれた時からこの土地の人。
他に鶏肉・何か葉物・ナルト、オカカにハバノリ。
ハバノリはこの頃高くなって、どうでもいいことにしてる、って。

たしかに、千葉に住むようになって、暮れになるとハバノリなるものにお目にかかるようになって、
でも、だんだん少なく高くなっていた気がする。
今朝のテレビでもちょうどそれを話題にしていたけど、採れる量がずいぶん減っているらしい。

こないだの日曜日に、北隣夫人の出演する女声合唱クリスマスコンサートを楽しんできました。
唱歌メドレーに始まって、ビバルディーの「四季]にちりばめた日本の四季の歌。
アベマリアは、カッチーニ、バッハ、シューベルト、フォーレと続き、
フォーレのレクイエム、クリスマスキャロルまで、
久しぶりの清らかな心地よい歌声に浸りました。

カッチーニのアベマリアが始まる前から、BBはちょっと構えてたの。
もう、これにはどこで聴いてもいつも泣いてしまうんだから。
・・やっぱり、鼻水もチョロチョロ来るし・・・

どうも泣き虫になってきたなぁ、、、。

そうして昨日のこと、その歌姫さんが、里芋をどっさり抱えてきてくれました。
コンサートの話を二人でペチャクチャさんざんやっておいて、
あ~、重いから受け取って、だって。
なにか提げてきてくれてるのはわかっていたけど、そりゃ重かったはず。
それからお雑煮の話になりました。

というわけで、カッチーニのアベマリアのせいか、お雑煮の中身が里芋中心にシフト。
高いハバノリはどうしようかな。
穴子はもう予約してあるから、お雑煮じゃなくてお皿のメインにしようか。
里芋と穴子がお雑煮椀で並ぶのはぴんと来ないんだもん。

とりあえず、今朝のわが庭はこんな風でした。
椿がもうたくさん咲いて、モミジはまだ盛り。

Img_2952

モミジの葉と椿や山茶花の花びらを、
障子紙に挟んで、珍しく障子の張り替えなんぞやってみようかな。
秋の葉っぱを和紙に挟むという工作を、小学校で楽しんだ孫君の真似です。

|

« 寒くなる庭だけど | トップページ | 冬至だ~~ »

写真のオベンキョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/62989877

この記事へのトラックバック一覧です: 今度のお雑煮は:

« 寒くなる庭だけど | トップページ | 冬至だ~~ »