« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の記事

2016年1月29日 (金)

ピーターラビットに出会い、イチョウの精子の親にも会い

東京ドームで開かれていた国際キルトフェスティバルで、懐かしのピーターラビットに再会しました。
地元のサークルの仲間からフェスティバルのチケットを頂いたのです。
アノヒトハいいヒトだ~~。

Photo

2

3

勿論、もーっちろん、数々の緻密な手仕事の技の結晶が結集していて、
圧倒されてきたのですけど、
ワタクシ的にはこのピーターラビットシリーズこそ、の催しでした。
ビアトリクス・ポターの、40年前に出会ってすっかり虜になったあの絵本が
キルトで忠実に再現されていました。

同行の娘も私も、キルトを前にして絵本のページが、登場人物たちの言葉が
浮かんできます。文字も読めなかった幼い子でも、あれほど繰り返して共に楽しめば
覚えますね。

布で再現されたアーティスト達もきっと、楽しかった思い出と一緒に仕事されたんじゃないかしら。

さてさて、この日は、ドームに隣接するジェットコースター真っ逆さまシーンをヒヤヒヤ横目に見つつ、
丸の内線一駅移動して、茗荷谷から小石川植物園へ。
時ならぬポカポカ陽気ですからね、願ってもないチャンスでした。
ピーターラビットとの出会いより更に昔の、今から50年も前のこと、長姉に連れられて行った植物園です。
その後に訪れる機会もないまま、どうやらその頃の木々はちゃんと大事にされて生き続けてきたらしく、
見事な老木の数々が佇みます。
足元にはそれぞれの木の実が散り敷かれて、子孫を残す工夫の凝らされた形も面白い。
そういえば50年前に来たときは平瀬作五郎氏がイチョウの精子を発見したというそのイチョウを見たのだった。
大変なお年の、見事な大木です。

巨大なイチョウの樹はとてもスマホのカメラに収まらず、
これは園内の寒桜。
はるか向こうにスカイツリーが見えます。
Photo_2

Photo_4

これはローヤ柿。実はたった3㎝くらいだけど、枝もたわわに、最盛期かも。

園内には売店があって、お昼も手ぶらで行っても大丈夫みたい。
老木たちが葉を広げる季節にまた出かけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

初歩に戻って

カメラって、バッテリーが切れても、BBのひと睨みで震えあがって動き出す、って
わけにはいかないんだなぁ・・・。
カメラじゃなくてもそんな経験は無いんだけど。
クラブの撮影会に、今回はまじめに望遠のレンズも持って行ったのに。
重いのに。
出掛ける前にバッテリーが入っているのは確かめた。いくらも使ってない筈だから大丈夫。
いつものように念のため予備のバッテリーを、、、オヤ、見つかんない、でも大丈夫でしょ、
これがゼンゼン大丈夫じゃなかった。ゼンッゼン、ダメだった、、、。

ちゃんと準備しなきゃダメだった、、、。

仕方なく泣く、スマホでポツリポツリ写して、
あとは、観覧車に乗って、水族館でマグロを見て、公園内のホテルのロビーでおいしいお昼を食べて帰りました。
葛西臨海公園です。最高にいい天気でした。

1

大きいなぁ、ず~っと前から乗りたかったんだぁ、
一人で乗りましたよ
700円のところ、70歳以上は400円!ウヒ。
富士山は雲の中だったけど、東京湾岸いい眺め!高いところ大好き!
写真を見たらなんだか左につんのめってるみたい、、、、まさか、、、

2
観覧車はまっすぐ立っていました。

Photo

数日前から、PCのBD-REドライブがヘンでした。
手持ちの音楽CDを焼き増そうとしたのをきっかけに、
エクスプローラーでそのドライブの右クリックが利かなくて、フリーズ。
カタンカタンと異音もする。
PCのメーカーの電話診断だと、修理が必要と思います、って。
レンタルで使ってるから、レンタル元に、修理していいかどうかの確認を取ってくださいという。
スマホを買ったらノートパソコンがレンタルでついてくる、という契約に乗ったからね。

で、今度はそちらの電話相談。
こちらのパソコンの中を見て操作できるようにするソフトがあるのね。
聞いてはいたけど、初めて経験。
ちょっと気味悪いけどね。コジンジョーホーは大丈夫なのかな、とか
胃カメラで胃を見られてる気分、、とか。

エクスプローラーがおかしいか?となるとPCそのものがヘンになってるということになる、
、、、けど、
入ってるCDを出してください、
で、書き込もうとしていた新品の空のCDを、エクスプローラーからじゃなくてイジェクトボタンで開けて取り出す。

何か他のディスクを入れてください、と言われて、千住真理子カンタービレを入れる。
おや、曲のリストが並んでいるのが見えるじゃないの。エクスプローラーが動いてるじゃないの。
電話の向こうの人がその中からオンブラマイフを選んで、数秒だけど、双方静かに聴いた。
聞こえますか?
聞こえます。

もっと聴きたかったけど、そんな場合じゃないよね。
また別のを、と言われて、今度は由紀さおり1969。
これもちゃんとリストが見えるじゃないの。

コピーしようとした空のディスクをまた、と言われたとき、
ふっと、コイツがだめかも?という気がしたので、
じゃぁ、空のディスクでも別の新しいのを入れましょうか?と言うと、OK。

空の新しいディスクは、ちゃんとエクスプローラーが認識しました。

ひぇぇ、そういうこともあるんだわ、、、、。
大量生産で作られてますからね、100パーセント大丈夫ってもんでもないですから、だって。
今まで何度も試していた空のディスクは、新品だけど、まっすぐゴミ箱へ。

空のディスクを別のに取り換えるという簡単な初歩的なことを初めにしてみればよかったのに。

PCを修理に出す必要もなくなって、ホッ。

今、真理子さんのカンタービレの中からチャールダーシュを聴いてます。
これはどっちかと言えば古澤さんのほうが好きかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

できなくなりそうなことは

いま高校生の孫クンがホンのおチビの頃に公園で拾ったドングリが、
BBの庭で高さ5.8mの樹になっていた。

1_2

自分がドングリ一粒だったことを忘れたように、気持ちいいくらいぐんぐん大きくなって、
次の世代として自分のドングリも実らせるようになった。
大きくなり過ぎないように一度切り戻した後だけどここまで育った。
そりゃぁクヌギだものね、あたりまえなんだわ。

木が大きくなるのを楽しく眺めてきた。
おチビだった拾い主の彼も振り仰いで木を見上げ、
彼自身、BBをずっと上から見下ろすまでに大きくなった。


でも、いくら田舎の住まいでも、放っておいたら2~30mにもなるものを
庭で面倒を見きれないのだった。
植える時にそれを見通していなかったBBは浅はかでした。
気付いたらお隣へ枝を張りだし、影を作って、厚みのある枯葉をまき散らしていた。
気にして、お隣側の枝を毎年払ってはいたんだけど、いつまでも続けられない。
もう十分楽しんだし、ここまで、と思い切って切った。

地面から50㎝余りのところで切ったのは、またその下から枝が伸びてもう一度成長を楽しめるかも、
なんて踏ん切りの悪いことを考えていたんだけど、もうやめましょう。
あとで根っこも切り出しましょう。

Photo

テッペンまでの高さは切り倒した後に初めてちゃんと測れた。
もう一本、並んで立っていた小ぶりのクヌギもほぼ根元から切った。

電動鋸を手にしているときに、
お隣の庭を挟んで道の向こうにある畑から、顔なじみのツルネーさんがこっちを見ていた。
手を振ったら向こうでも振って、やおら杖を突きながらお出まし。
BBより10歳上らしい。腰と膝に手術で金属を入れてあるそうで、不自由そう。

切ったか?   

切りました。  以前、ツルネーさんに、木を植えちゃぁだめだよって言われたけど、
あれはどうして?

どうしてってオメエ、年取ったら面倒見切れねえだろ?

そうっか、やっぱりね・・・

てなことでした。

Photo_2
うちのお粗末な畑ではロマネスコが成長中。
写真で大きく見えても黄色い部分の直径は10cmもない。
最近、固形の油粕を周りに埋めてやったけど、効くのかな?

南隣夫人が生垣の向こうに見えたので挨拶したら、
生垣の隙間からひょいとこちら側へ、ワープ。アレ、マ、、
農家だけど、ロマネスコはご存じなかった。
この花、なに?だって。
初めは6株あっただろ?5株しか見えねえけど、どうした?
アラ、よくご存じ。一つはコケてここにいじけてる、、。
あ~、そりゃだめかな。

うん、じゃぁ、5つが大きく育ったら一つ進呈しよう。

彼女がまた生垣の隙間から戻っていったあと、
その旦那さんがこんどは普通のルートで庭に来られて鋸仕事の結果を眺めた後、
お茶に来な、とお誘い。

軒先のテーブルで、獅子柚子の皮を厚切りにして砂糖煮したのをご馳走になった。
チョー美味しかった。
この獅子柚子はね、道の向こうのあの家で生っていてボタボタいっぱい落ちてたんだよ、
面倒見切れないからってその木を切るところに出くわして、
あ~勿体ないって言って、二つ三つ貰って来ただよ~、なんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

初めての障子貼り

幾つになっても、初めて!ってことはあるもんだわねぇ。
ムカシの生まれですけど、障子を自分の手で貼ったのは去年の暮れが初めてでした。
子供の頃の家に障子があったのは確かだけど、紙をビリビリ剥がした記憶だけ。

Photo_2
小学2年生の孫君に葉っぱの挟み方を教わって、やってみました。
洗濯糊が活躍。
端っこなんかブカブカになったけど、とりあえず貼りついています。
去年の落ち葉、じゃなかった、落ちそうになっていた葉っぱを取ったのだった。
落ちそうでもなかった元気なバラの葉っぱもちょっとちぎり取って挟んでますけど。

これに穴が開いたら、今度はどうやって遊ぼうかな。
真っ白な障子よりも、私ンチらしい気がしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

紅白ソックスでめでたく

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この年越しに子供達が家族連れでBB宅に集まってくれました。
一人暮らしのBBに8人が加わって、笑顔が揃ったのは何より幸せなこと。

おチビちゃんから40代までの孫と子とその連れ合い、みんな元気で生まれ育ってきたのは、
本当にありがたいことと、いつも思ってきました。
カミサマとかホトケサマとかを信じているわけではないけど、
どっちかと言えば自助努力の結果、と言いたい方だけど、
やっぱりそれだけではない、善き偶然をもたらされた、という思いもあるのです。
今は天国に居るGGとそう語り合ったこともありました。

Photo

その感謝の気持ちを手近なところで手軽に表せました。
行きつけの図書館の近くでハンバーガーのお昼にすることがあります。
そこで見つけました。マクドナルドのスマイルソックスキャンペーン
BBをいれて9人分のソックスをもらって、紅白の色もめでたく正月の記念撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »