« アタマも春です | トップページ | 元気に育ちますように »

2016年4月30日 (土)

つい手が出るもの

大きくなる木は、トシをとったら面倒見きれなくなるから、
新しく植えるのはやめよう、と決めた。

大きく繁りすぎたモッコウバラもナニワイバラも、
小さく切り戻して、新しい枝が出てまた育ってくるのを楽しむことにした。
切り戻した量が半端じゃなくて、可燃ごみに出したり自分の焼却炉で焼いたりで、
もううんざりってくらい片づけがタイヘンだった、、、、のに、

赤紫色も鮮やかなブーゲンビレアと、真っ白なクレマチスを買ってしまって、
どこに植えようかと庭をウロウロ。

切り戻したバラは背が低いままもう新しい枝と花で元気いっぱいだし、
勝手に出てきたサルスベリの小株を定植してみたらこれも元気に伸び始めた。
お隣から分けてもらったノウゼンカズラも3年目にして勢いがついたみたい。
見回すと、ここ数年のうちに植えたものがどれも、気が付けばこんなに、、、っていうくらい大きくなってる。
(枯らしたもののことは忘れてるからね)

どれにも日当たりを確保してやらなきゃ。
・・・と、やっぱり、大きく育つことを期待してる。
なかなか、トシだからって縮小とかガマンとか、難しい。


熊本の地震が始まった時に、北九州に居る幼馴染が心配になって電話をしてみた。
幸い、すごく怖い思いをしただけで実害がなかったらしく、
トマトの苗を植えたよ、なんて話してる。
そういえばウチの小さい畑には、今はシマラッキョくらいしか無いなぁと思ってると、
電話の向こうから、ミニトマトでもいいから植えなさいよ、とハッパが掛かる。
楽しいよ~、だって。
うん、まぁ、そりゃそうだわ。

で、久しぶりにホームセンターに行って、トマトとツルナシインゲンの苗をほんのちょっとずつ。

すっごく目を引いたお買い得の真っ白い八重咲きのクレマチス。

Photo_4

何年か前に白万重っていうのを枯らした・・・と思い出したくせに、手が出た。


その帰りに、近くの小さいスーパーの店頭にあったブーゲンビレアの鮮やかな色に、また手が出た。

Photo_2

暑い時に元気に繁って咲いた姿をどこかで見て以来欲しかった、、、これも意外にお安く、、。
買ってからわかったのだけど、霜に当ててはダメだそうで。
アレレ、ここ、真っ白に霜が降りる、、、。じゃぁ地植えはダメ。
鉢植えにするときには地面に直接鉢を置いたら、根がすっごく伸びて地面に入ってしまうんだって。
ほっといても大丈夫っていうのが好きなんだけど、そうはいかないらしい。

ウロウロした挙句、なんとか居場所を決めてやれた。
トマトとインゲンも落ち着き場所があった。
トマトは葱類と相性がいいそうだから、シマラッキョの間に植えて、
インゲンは一寸離して。

さあ、植えたが最後、どの苗も自助努力で育ってください。
この家で面倒見なんてあてにしちゃあいけません。

|

« アタマも春です | トップページ | 元気に育ちますように »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/65234037

この記事へのトラックバック一覧です: つい手が出るもの:

« アタマも春です | トップページ | 元気に育ちますように »