« 三つ葉アケビ | トップページ | ナーズ »

2016年5月14日 (土)

傾いた・・・けど フォレルスケット

鯉幟を立てるその足元を、この春に直しました。

矢車を付けたりロープで鯉を泳がせるためのポールは、ステンレス(アルミだっけ)のパイプで、
地面に埋め込んだ杭の地表部分にかぶせるようにして立たせてネジ止め。
この杭もステンレス製。
その地中に埋まっていた部分だけが錆びているのが見つかったのです。

土はいろんなものを腐らせるのはわかってたけど、ステンレスも錆が出るのね、、、。

鯉幟屋さんから新しい杭を取り寄せて、
今度は杭が直接土に触れないように、地中の穴にはモルタルと一緒に挿しました。

同時に、ちょっと細工。
レンガを2段積んだ上に杭の頭が出るようにしたのは、
近頃はしゃがんで作業をすることが億劫になってきたので、
杭にポールを取り付ける時に地際でネジ止めするより、少しだけ高くして楽にしたわけ。
レンガ積みの内側はモルタルを詰めてあって、その中を杭が貫通してます。
ちょうど漢字の「中」の字スタイル。

1_2
そうして鯉は泳ぎました。

Photo
ここまでは無事だった・・・。

結構な風に恵まれて鯉が勢いよく泳いだ日の夕方に、
ロープから鯉を外してから、ポールのしなり方が気になりました。

ポールは途中2か所でネジ止めでつないであるから、少し緩んだ?
と思って下ろして調べてもそれは大丈夫。
土台のレンガ積み全体が、BBがちょっと力を入れたら揺らいだのです。

ぬぁ~んと、地中の杭が一緒に揺らいでるみたい。

レンガの高さ分だけ地中から地表に杭を引き上げてあるから、
土がホールドする部分が短くなるわけで、それを考えて、
杭を挿す地中のモルタルはぐっと深くしておいたのだけど。

土に隠れる部分をやり直し。
レンガの土台をどけて掘ってみたら、モルタルはポッキリ折れていた。
杭の周りは薄かったし、その下はモルタルだけ。
鉄筋コンクリートってわけではないから、短くなった杭と薄いモルタルでは、
風をはらんだ鯉幟の動きに耐えられなかったってことでしょ。

素人細工の哀しさだわ~~。
ちょっと考えればわかること?・・・・そうなんだろうねぇ。
ヒトに相談なんかしないで、思い付きでなんでもやっちゃうからねぇ。
反省はするんです!・・・なかなか活かされませんですけど。

で、表題の「傾いた・・・けど」は、さらにこの後の補修工事の結果の話なんですから、
救い難い。
アホな話はもうやめれば?と思いつつ、反省を忘れるから、書いちゃう。

Photo_2

土中の杭を支えるには、周囲をガッチリと固めよう。
土が柔らかくても、タテヨコ高さそれぞれ30~40センチのコンクリートの塊があれば
そこに刺さった杭も動くまい。

土を掘り、20kgの簡易モルタルを練って、
掘った穴には他の重~いものも詰めました。
2リットルペットボトルで作ったコンクリ塊二つ(以前何かの重しに使った物)、
レンガも二つ。
親戚のおばさんの旅行土産だった大理石の置物も。(ナイショ!)

それだけ詰め物をしてもなかなかこの空間が埋まりません。
モルタルが足りなくなりました。
物置に置いてあった固まる土(防草用とか家庭用簡易舗装用)も動員しました。

やっと「中の字」  ・・・↑のレンガ積み土台ね、  を置いて、
水準器で見たらほんの少しこの土台が傾いてるみたい。
地中の部分はまだ多少は柔らかいから今のうちに、と、
片側に適当な石を挟んで直した…つもり。

翌朝、ちゃんと、、、、、傾いていました。少しだけど
もう、押しても引いても、この土台は動きません。
しっかり固まっちゃったんだぁ。

杭の末端が地下のモルタルブロックの中でちゃんとホールドされているか
それが一番の問題だと気にしていたんだけど、
この分じゃホールドもダイジョブかも。

ここで深呼吸です。

傾くなんて、ショーゲキだけど、
もうすっかりチャラにして頑張ってより良いものを作り直すっ!
と、一度は思ったんだけど、

もう一度深呼吸です。

気にしなければいい程度かも・・・


あと2~3日してすっかり固まったころにポールを立ててみよう。

今はこんな状態です。

Photo_3

レンガの台の真ん中には、この写真では見えてないけど、杭の上部が突き出ているのです。
でも植木鉢が乗ってるでしょ。  杭は鉢の底の穴から中に入ってます。

鯉幟を使わない季節に杭がポコッと出てるのがカッコワルイと、
鉢を置く台にします。
この鉢は、真ん中に、100均で買ったプラスチックの細長いボトルが伏せて立ててあります。
鉢底の真ん中の水抜き穴が大きい鉢で、ちょうど杭が通ります。
鉢の土が、プラボトルのおかげで杭に触らないようになってるの。
水だけはわずかな隙間から抜ける。

杭の傾きは、この鉢に入り込める程度ではあったのね。

色々面白かったんだけどなぁ。

Photo_4
上手くいかない原因が自分のテキトーな性格のせいとわかっていれば、
気を取り直すのも早いです。マタヤッテルヨ、ヘヘヘと。


新聞の書評で見つけた「翻訳できない世界のことば」って本、
他の国のことばではそのニュアンスをうまく表現できない言葉の紹介らしい。
イラストも素敵なその本が幸い図書館にあったので借りて、
バスを待つ間にチラッと表紙の裏を見たら、

「FORELSKET」
フォレルスケット / ノルウェー語
語れないほど幸福な恋に落ちている

そういう意味ですって。
ウワッ、素敵! ヒャ~~ッ!
・・・ひとり空騒ぎ。そこはかとなく、我が身の虚しさも残るわね。

終点でバスを下りて、傍の小さいスーパーに寄ったら、店頭に、
↑の、ピンクのカラーがありました。鉢売りだけど、地植えも大丈夫だそうで買った。

実はちょっと思い出の花。
ずっと前に、GGは仕事、BBは観光、という二人旅が何度かあったのだけど、
GGの仕事が休みの日に一緒に出掛けたら街の露店の花屋が目を引いて、
これの切り花を買いました。
この花はオーストラリアからだよと、店のオジサンは言ってた。
ホテルで数日の滞在なのに花を買うのかと、GGは呆れたけど、いいじゃないの、
自分の部屋っぽく感じられたわよ。

気儘なのは昔からみたい。

|

« 三つ葉アケビ | トップページ | ナーズ »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/65477928

この記事へのトラックバック一覧です: 傾いた・・・けど フォレルスケット:

« 三つ葉アケビ | トップページ | ナーズ »