« 梅雨の晴れ間の花 | トップページ | 町内不法投棄の行方は? »

2016年6月18日 (土)

緑をちょっと遠慮させよう

緑濃き・・・と、どこかの校歌の歌いだしにあったような、、。
わが庭はまさに緑濃き、濃過ぎの状態で、暑苦しい。

でも、木の半分くらいは透かし剪定が進んだような気が・・・、いや、甘いアマイ、まだまだ。
家に居る日は午前中にできるだけ働こう。
午前中に良く日が当たる場所でも、繁りすぎた木の中に入っちゃえば、影ですもん。

今週の透かし作業は、
ツバキを一本、切った枝が山なりに積みあがって、この処分がまた、ウ~~ンなんだけど。
山茶花も透かした。
勝手に生えた桑の木は根元からナキモノにした。
この二つのおかげでラズベリ-に陽がよく当たるようになった。
これまでだいぶん日陰だったから、今年はショボショボ。でも本日ふた粒収穫。

Photo
アイスクリームなら添えるのはミントの葉が似合うけど、無いもん。バジルの葉にした。

ガールマグノリア(モクレンの仲間)を今朝はさっぱりと透かして、
近くになんだか元気な緑が立ち上がっているのに目が留まった。
葉っぱに見覚えがあるぞーーー!

Photo_2
アッラマァ~、この春にばっさりやったクヌギの、二本あったうちの小さいほう、
切り残した株の地面の中から出てきたらしい新しい小枝と葉っぱ!
もう未練はありませんっ、とパチパチ鋏で切った。


じゃぁ、デカデカになってた方のクヌギの切り株は、と見ると、株から出た新しいものはなさそう、、、

Photo_3
なのに、コレ、クヌギ・・・。
大きな切り株から1メートルくらい離れたシラーペルビアナの中から、にょっきり。
去年のドングリがここに落ちていたのかしら。

1
こちらは寒いうちに(昨年12月だったらしい)大きく切り戻した南京ハゼ。
切った面の少し下から何本も新しいのが出て伸びてきた。
コピシングとか言うんですってね。萌芽更新だそうで。

株元に寄ってみるとこんな具合。

2

このうち、元気そうなのを一本残して他をパチパチ切り落とし。

Photo_4

元の幹の切り口にはトップジンペーストを塗っておいたんだけど、黒ずんでるのはなんだろな。

お昼には少しだけ早いけどもう午前の部は終わり、
オ食後はアイスクリームだぁと、くつろいだとたん、外から呼ばれた。
お隣さんからキュウリとナスご到来。
ついでにペチャクチャ。
彼女のお父さんの、今年は七回忌、こないだは親戚でも七回忌があって出掛けたそうで
GGさんも七回忌でしょ?って。そりゃ覚えられてたわけね。
庭仕事を楽しんで日が過ぎる暮らしを、いいね、と。
お二人揃って楽しく が一番じゃない?

しゃべってるうちにキンコンカンコンが聞こえて正午になり、
またおしゃべりしましょ、と言いながら彼女は帰っていった。アリガト!


そうそう、イイコト思い出した。
昨夜、一番小さい孫君から電話。
カブトムシが出てきた!って。

去年、BBの庭から彼のもとに行ったカブトムシがハジマリ。
卵ができて芋虫になってサナギになって、大人のカブトムシになったんですって。
よく面倒見たんだなぁと感心したけど、
そのへんの様子は彼の父=BBの息子が詳しかった。
やっぱりね。
小さい頃、青虫を掌に載せて撫でて、アッタカイ・・・と言ってた子だからね。

そういえば、娘の息子に、BBの庭で蛙を掌に載せてひっくり返しておなかを撫でて
蛙をネンネさせる子がいたわ。もう高校生になったけど。

手に砂が付くのさえ嫌ってた子が、立~派なミミズを平気で摘んでBBに見せてくれたこともあった。

BBはそんなのカンベンしてくださいっのほう。
おチビが喜ぶと思ってカブトムシを摘むときの緊張感!

|

« 梅雨の晴れ間の花 | トップページ | 町内不法投棄の行方は? »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/66082139

この記事へのトラックバック一覧です: 緑をちょっと遠慮させよう:

« 梅雨の晴れ間の花 | トップページ | 町内不法投棄の行方は? »