« ギンナン→4mのイチョウ | トップページ | ヒトか虫か?でお巡りさんを呼ぶ »

2016年9月26日 (月)

足指の裏を診てもらうとき

成長を続けるウオノメがあるんですよ、足の指の裏に。
強皮症を持ってるもんだから、そんなところに出来がちなんだそうで。


皮膚科のセンセイが削ってくれます。一か月半くらい間隔を置いて、カミソリで。
さすがに上手に、削るというか抉り取るのね。痛いんだけど、取ってもらった後はラク。

最近、センセイが変わりました。大学病院だから、若い先生が多くて時々変わりますね。

初めに担当してくれたセンセイは、足指の裏を診るのにひざまずいてくれて、
その前に置いた低い台にBBが足を乗っけて裏を診やすいようにお互いちょっとずつ
ねじり加減の体勢で。
イヤ、なんだか申し訳ないスタイルだった。

今度のセンセイは、はじめ、診察ベッドにBBを腹ばいにさせて
足の裏が天井を向くようにして削ってくれました。
刃物を持ったセンセイの手元は見えないままって、キンチョー!
終わった時に、そう感想を言いました。
あ、それじゃあ次回は考えましょう、って。

そうして今日は、センセイとBBはどちらも椅子に掛けて向き合い、
センセイが自分のおヒザをポンと叩いて、ここに、ですって。

え~・・・?
いいから、ここに。

ひゃぁ、これまた申し訳ないスタイル。
子供がお母さんの膝に、って感じで。
でも、お母さんじゃなくて30歳になったかどうかっていうニイチャンセンセイです。
乗っける足の持ち主は、彼のおばあさんくらいのワタシ。古びた足です。
このスタイルだと、お互いに無理のない体勢でできそうではある・・。

ハイ、ジャガイモの芽が取れました、と笑ってる。
・・・たしかに、そういう処置だけど。
ジャガイモなんだねぇ。
ヒトじゃなくてジャガイモのほうが、ジャガイモとしましては気が楽。

|

« ギンナン→4mのイチョウ | トップページ | ヒトか虫か?でお巡りさんを呼ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読んでてクスクス(笑)
先生によって治療の仕方が違うのですね
でもどの先生もやさしそう
ウオノメも成長するんですね
削ってラクになればもうバンザイですものね
足の裏っていえば最近ね何か紙がくっついてるみたいな感じがあってちょっと気持ちが悪い
両方の足の裏です
歩くのはなんでもないの
病院へ行こうっと思ってるけどまだ行ってないの
10月になったら行ってくるつもりです

投稿: プアケニケニ | 2016年9月26日 (月) 23時37分

プアケニケニさん

そう、どの先生もやさしいですね。
ニイチャンセンセイ達は、病院で接客修行もしてるわけねぇ、と思います。

足の裏のヘンな感覚、何か名前がついていたような。
強皮症なんかじゃなさそうだし、怖い病気じゃなかったようだから、
診てもらってワケが判ればすっきりしますね。

いつだったか、家の中を歩いていてホントニそれが気になった時があって、
見たら、ばっちり紙っきれを踏んでくっつけてました。あ~、ゴミヤシキ~

投稿: BB | 2016年9月27日 (火) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/67676741

この記事へのトラックバック一覧です: 足指の裏を診てもらうとき:

« ギンナン→4mのイチョウ | トップページ | ヒトか虫か?でお巡りさんを呼ぶ »