« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月19日 (土)

ハートが温かい

モノを貰ったから言うのじゃないけど、いや、貰ったから言うのかな、
ここはハートの温かい土地柄なんだわ。

町内の100歳体操会のお仲間から野菜を頂きました。
80歳を超えた小柄なおねーさんが、ずっしりどっしり、畑から抜いたばかりのを、
自転車に乗せて坂道を押し上げて、持ってきてくれました。
里芋もネギも大根もよく太った優等生ぞろいで重~い。

Photo

最近、体操会のお仲間になったとは言え、
3年前にBBがこの土地に住むようになって以来、
これまでに挨拶したのが3回くらいのお付き合い。

引っ越してくる一人住まいのオバなんて
珍しがられているとは思うけど。
毎日をどう過ごしているのかと
興味を持たれているとは思うけど。
かと言って詮索めいた質問をされたこともない。
ただ、野菜を食べな、と言われるだけ。

ひたすら、ありがたく、居心地が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

ドーダのヒト コロッケな・・・

鹿島なんとかさんって、フランス文学者だっけ、評論家だっけ、そのひとが
こないだの新聞(ウチは読売)で、自著の「ドーダの人、小林秀雄」と
「ドーダの人、森鴎外」を紹介していました。

ドーダの人って、東海林さだおさんが「もっとコロッケな日本語を」で提唱した概念だそうな。
これは面白いかも!と、
鹿島さんの本じゃなくて東海林さんのほうね、
コロッケなは図書館にありました。

数年来、本は、原則、買わない。
本に限らないけど、溜まったら、私の後始末をする人が面倒な思いをするからね。
図書館で借りる。
ちょっと興味をひかれただけですぐに借りちゃうから、
その結果、イロンナのをたくさん読むようになったみたい。
なにせ、ヒマだけはたっぷりあるから。
読み始めて間もなくオモシロクナイとかワッカンナイとかで返してしまうのもある。
返してしまえるのがいいところ。

あ、余計な話をしてるね。

Photo_2

コロッケな・・の本の冒頭3章が「ドーダの人々」
うん・うんと、ニヤついて読んだ後、
猛烈に、このブログをやめたくなった。
恥ずかしくてね。

表題の「もっとコロッケな・・・」って、なんだろう。
目次には無いし。
たぶんコレかなと思ったのが、
「文章の書き方教えます」の項にある文、
お肉屋さんのコロッケみたいな文章を書きたい、ってところかも。
ジャガイモメインであんまり中身を詰め込まない、
トンカツじゃなくてメンチどまり、・・・・。

あっさり軽やかにいきたい、って?
そこは「日本語」じゃなくてもいいとおもうけど。

              diamonddiamonddiamond

東海林さんの本のついでに、鹿島さんの「ドーダの人、小林秀雄」も借りました。
これは今読み中だけど、途中で返しそうな気がする。もうド-でもよくって。
小林秀雄って、高校生の頃の憧れの人でした。
こんな難解なことを考えてる人ってスゴイな~、ハンサムだなぁ~って。
昔も今も面食いだから。

難解な理由がドーダのなせる業だろうという解釈なら、ハハッ、少々納得。

              diamonddiamonddiamond

S
9年前の3月の写真です。
写真を小さくしちゃったけど、山茶花の植え替えをしてます。

写真教室で講評を仰ぐ写真に事欠いてこれを持って行きました。
庭が広いでしょ、っていう写真ね、というのが先生のオコトバでした。
エ?、、、と、のどの奥で言って、
家族の記録写真です、、、と声を出して。

「作品」になるものを追求する教室なのかなと最近気が付いてはいるけど。
とても作品にはならないという意味ならしかたないけど。
庭の自慢になるとは思いもよらなかった。

ドーダなのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

柚子の香りカッテージチーズ

カッテージチーズ大好き。
今日は作りました。
レモンの代わりに、ウチの黄色くなった柚子を一個もいできて絞りました。

Photo
ミルクの香りと柚子の香りはよく合うとわかりました。
優しいかんじ。
おいしいよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

チッタッタ チッタッタ ・・・

難しいねぇ ピアノは。
ホ~ント。

Photo

五線譜に並ぶオタマジャクシの形と数と場所を覚えるなんて、
その上、鍵盤の上では5本の指の行く先まで覚えるなんて、
ターイヘン。
さっきその場所には3番の指が行ったところなのに、こんどは5番の指に行かせるとか、

だいたい、両手合わせて10本しかない指で、
88個もあるキーの上をウロウロするんだから
指が迷子になるわ。
もっとも、88個なんて使えませんけどね、
ほんの真ん中あたりだけで迷子になってるんです。

おまけに、なんと、リズムに乗って弾くものだわねぇ。
リズムに乗る、とか、調子を揃えて、とか、
勝手気ままにはいかないんだったのね。

一度にそうアレコレできるもんですか。

・・・なのに、七転八倒が、ナゼカ、やめられない。
ヘンに面白い。
そう、ヘンに、なのです。自虐趣味は無いつもりだから、
そ~のうちなんとかナ~ルダロ~~note って、植木等だっけ。
ノーテンキなのね、つまりは。

Photo_2

買いましたよ、メトロノームを。
↑こんなのもあったのね、それにすればよかったかな。
でも、つましく、↓こんなのにしました。掌にちょこんと乗るディジタル、安かった。

2_2
今日もチッタッタ・チッタッタと、「勝手に」三拍子を刻んでます。
ここんとこず~~っと、メリーウイドウワルツから抜けられないので。

指の動きは何とか覚えたと思ったのに、このチッタッタに合わせようとすると
指がガッタ~ガ~タッ になります。
メトロノームのほうは私の指に合わせようという気はないみたいで。

天を仰ぐかわりに天井近くを仰いだら、
アハハ、そこにはかの超絶技巧のピアニストのポスターが貼ってあります。
コンサートでライブCDを買ったらオマケについてきたもの。
雰囲気だけは出来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

カイちゃん カマさま

今週の写真教室のために、イチオウ、カメラを持って近場を散歩しました。
カメラが重くてイヤだな。
丘の上の氏神様まで行ってみたのだけど、坂道を上がるのにフウフウ言った。
ミラーレスカメラの軽さは魅力だけど、今更また何万円もカメラに使う気にはなれないしね。
だいたい、なんで写真教室でちょっとお勉強してみようなんて思ったのかな。
我ながらチョットわからないなぁ。

丘から降りて田圃の中の道も歩いた。
刈った後のイネがまた伸びている。
元は田圃だったようでも今は空き地、ってところもあって、
そんな一角で野焼きをしていた。

Photo
軽トラで来て燃やし始めた人は、煙が盛大に上がり始めたら
帰って行った。大丈夫なのかな。いつもそうしてるんだろうね。
市の広報誌には野焼き禁止と書いてあるんだけど、
農家の人たちはこうやって大量の剪定ゴミなんか当たり前に田圃で焼いてる。

ま、ゴミを焼いてる写真じゃサマにならないわね、と家に向かう。
近くまで来て、馴染みのワンコに挨拶。
名前はカイちゃん。飼い主さんご自慢の血統書付き甲斐犬の雄。

Photo_5

穏やかなコで、吠える声を聞いたことがない。
通りがかりにいつも「カ~イちゃ~ん」と声をかけると、
チラリとこちらを見るだけ。愛想がいい時でもしっぽをチラと動かすだけ。
でも、「知ってるヒト」の中に入れてくれてるらしい。
今日は飼い主さんが傍に居たので、写真撮らせてくださいと声をかけて近づいたら、
いつもより大きくしっぽを振ってくれた。すぐに飽きたらしいけど。
たぶん、ワタシみたいにだいぶんトシをとってるんだろうと思う。

Photo_6
帰り着いたら、玄関番のカマキリさまが居て、何故か睨まれた。
スイマセン・・・と、通してもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

柚子は緑か黄色か

9年前に柚子の苗木を植えました。
桃栗3年柿8年、ユズの大馬鹿18年とか、良くても12年とか、聞いていたけど、
苗には買った時に既に実がついていて、このまま大きく育てば年々柚子が楽しめると、
思ったのにオーマチガイ。
翌年もその翌年もゼンッゼン。
肥料食いだそうで、かなりの蓄積があってやっと実るものだとも聞くので、
実りにつながりそうな肥料もやっていた。
・・なのに、木も大して大きくならないうちに、強烈な大風に負けて根が浮いたこともある。
なんなのよ、、、とボヤキながら諦めずに様子を見ていたら、
たまには小さい実がつくこともあった。

そして今年は、ついに、15~6個が大きく育ちました。
緑色のまま大きくなってきて、まずちょっとばかり収穫!薫り高くて感激。
大馬鹿なんて本気で思って悪かった。

お正月頃の柚子は黄色い筈、と残りの熟すのを待っていたら今は↓こんなになりました。

Photoウチで初めて黄色くなった柚子。

もう可愛くて、眺めるばかり。
もぎたくないけど知らぬ間に落ちてしまうのもヤダ。

繁った葉の蔭になっているのはまだ緑色が残っている。
傍に立つ椿が枝をすっかり広げてしまったので、
柚子にもっと日が当たるようにしてやろうかな。

緑色のと黄色のではどっちがいい香りなんだろね。

あ、そう言えば、去年一つ生った獅子柚子は今年は全く沈黙だわ。
やっぱり、バ・・・  いや、言わないでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

100歳体操体力測定

体操の会場がお寺から集会所に移って、日当たりのいい板張りの部屋に
折り畳み椅子が並んでた。お出掛け日和だけどねぇという人あり。同感。

今日は体力測定だけで一時間、体操無し。
BBの記録です。

開眼片足立ち       60秒 (それ以上出来そうでも60秒でストップ)
5m歩行        一回目 2.92秒 、二回目 2.87秒
timed up & go       一回目 6.51秒 、二回目 6.14秒

↑timed up & go ってナンジャラホイだけど、
椅子に腰かけた状態から、立ち上がって3~4m先にあるコーンを回って戻り
また椅子に掛けるまでの動作でした。 記録表にそのテストの名前がそう書いてあった。

競争ではありません、また、人の記録と比べたくなるものですけど、
自分の記録だけを見ておいてくださいね、と言われて、
銘々に渡されたシートに記入。

毎週一回ずつ集まって体操して、三ケ月ごとに体力テスト。
続けていれば筋力がついて、数字が良くなりますよとお励ましあり。

自宅でも体操をしたい人は、手足に付ける重りを借りて帰る。
1本200gの重りが6本セットされていて、体力に合わせて増減、
オバアサンなら(とは言われなかったけど)1~2本がよいそうで。
みんなで集まって週一回、自宅でも一回、やれば力が付きますよと言われる。
ワタシも借りて帰ったけど、計1.2kgは重かった。これが柿とかリンゴとかなら
こう重くは感じないかも。

集まった12~3人のうち、歩行がとても大変なひとが3~4人は居る。
ゆっくりめに歩けるけどすっかり背が曲がっている人もかなり居る。
農村だから余計そうなのかも知れませんね。
少しでも改善出来たら、とか、これ以上悪くなったら困る、という気持ちは皆同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

シン・ゴジラの足跡

アクアラインの海ほたるを、今話題(らしい)のシン・ゴジラが踏んでいったらしい。
実物大の足跡です、と、撮影ポイントも高いところに用意されています。

Photo
ゴジラは東京湾を横切るのか、川崎方面を向いていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏か表か

写真教室の展示会に2点出品することになりました。
一つは手持ちの中から決めて、もう一つ、写しに出かけました。
東京湾アクアラインの海ほたる。

S2_4
東京湾の海底を掘り進んだシールドマシンの
カッターフェイスを復元したモニュメントです。
直径14.14mという、本来は円形のものでしょうね。

デコボコしたものがたくさんついていて、
それが超合金の刃だそうで、カッターの主役。
下方に地面の舗装なんか写ってますけどね。

刃がついてるこの面がカッターの表面なのだけど、
具合の悪いことに、日が当たってない。
お昼を挟んで2時間くらい様子を見たけど、
表側に日が回ってこない。
別の日に出直したんだけどやっぱりダメ。
時間帯や季節が大きく変わればなんとかなるんだろうけど。

S_3

結局自分なりに納得して決めたのがこの裏側の面です。
カッターの回転軸らしい突起が意志有りげだし、雲も好きだなぁって。

エントリーしてからもまだぐずぐず考えています。
「裏」じゃ、ねぇ、、、と。

やっぱり、何度も通って、たくさん撮ってみなきゃね。
何事も経験ケイケン!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »