« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の記事

2016年12月14日 (水)

発表会三つ

先月からの一か月の間に、BBが皴首を突っ込んでいるグループ三つで
それぞれにハッピョウ会があった。

club まずはピアノを習っている音楽教室で、発表とお茶の会にと声が掛かった。
幸いなことに、その日は病院の予約が入っていて検査も組まれていたから
発表会のほうをあらかじめパスさせてもらった。
後で先生に聞いたら、フルートやエレクトーン、ピアノと、様々に、
「生徒の皆さんはキンチョースル~と言いつつ楽しんだ」そうです。
よかったね。
次の機会にはぜひどうぞ、なんて言われたけど、今度はどうやって逃げるかな。

club カメラの教室では年に一度の写真展に遭遇してしまった。
夏に入会したときは既に、写真展向けの作品を選定する姿勢で
先生の講評が行われていた。これは作品になる・ならない、って。
ともあれ、BBもなんとか2点出品。


出品作と認められるかどうかは別として、
毎回、メンバーそれぞれが持ち込む2L版のプリントに対する先生の批評は面白かった。
ズケズケ&ズバズバだから。

蓮の花に蜂がとまるのを散々待ったという写真に対して、
ゴミが付いてるとしか思えない、なんて!

旅行写真にきっと奥さんを入れて写して持ってくる人も居るのだけど、
これ、奥さんは要らないね、だって。彼は懲りないけど。

画面の構成や光の具合なんて、
解説を聞けば初心者BBの目からはウロコが落ちる。

カメラ操作からして不案内なんだから、
どのボタンを押したらどういう設定ができてどういう効果が期待できると
先生は指示してくれる。
目の前でホラやってごらんなさい、と来ちゃうから逃げられず、先生も忙しい。

Photo_2
↑これは今年のBBの庭の紅葉なんだけど、色のコントラストが弱い、と。
ごもっとも!

club 三つ目の発表会は、「クラシックを歌う」教室のクラスコンサートでした。
半年に一遍の催しだそうで、10人ほどのメンバーがそれぞれ1曲か2曲を歌う。
BBは教室に入った初日だったから聴衆役で済んだ。

主にオペラの曲を歌っている教室みたい。
オペラを知らないんだけどね。
聞き覚えているオンブラマイフ を歌いたいな、とか、歌の翼に を歌いたいなくらいで入ったもんだから、
道は遠そうだけど。

そのクラスコンサート、面白かった。
BBより年配に見える小柄な女性が高~い声を楽に出せているようでスンゴイな。
でもビブラートが終始効きすぎているようだったけど、緊張のあまりだったのかな。

身振りを交えて、ノッテルなぁ、楽しんでるねぇの人も居た。

一人だけ居た男性が歌ったのはマーラーの歌曲だったらしい。バリトンだって。
淡々と歌っているようで耳に心地よい歌だった。
先生が、ここでマーラーを聞けるとは思わなかった、と言っていたところを見ると、
教室で習った歌を発表、ではなかったらしい。

どなたのも、ドイツ語イタリア語ロシア語、(だったらしくて)、
武満徹の歌は日本語だったけど。

初めて聞く歌ばかりの中、一つだけ、
千住真理子さんのバイオリンで繰り返し聞いている曲があった。
マスカーニ作カヴァレリア・ルスティカーナの中のアヴェマリアらしいと
帰宅してCDの解説を読んでわかった。

半年後に・・・BBも出番が?! ヒャ~、そんなぁ・・・、声が全然出ないよ。
半分はヴォイストレーニングのつもりで入ったんだし。

コンサートの後に、皆さん声が良く出ますね!と感心して先生に言ったら、
「出るようになりましたね」と。

なんだか初心者「大」歓迎の案内にひかれて、場違いのところに入った気もする。
カルチャーセンターだから気楽だと思って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

甘える子

親しい身内の子供ではなくて、近所や友達の子でもなくて、
行き摺りの、3~4才くらいの女の子、ママが一緒。

駅のホームに降りる階段を降りきったところに、
女の子が両手をひろげて通せんぼしています。
降りていく人が彼女を避けるように横に移動したら、
彼女もちょっとだけ追う形で移動したり。しつこくはしないんだけど。
田舎の駅の昼前で、たいして邪魔にもならない。

BBも降りて行ったら、しっかり目を見て通せんぼされました。
なんだかわからないけど絡んでみたいらしいから、
少し笑顔を作ってみせて、斜めに通り過ぎました。
ママがたしなめている様子。

空いている電車で、BBが座ったら隣にその子が座りました。
ママはその隣に。

こないだテレビで見たんだけど、
どこだったかの老人ホームでは、インフルエンザの感染を恐れて、
幼稚園児や保育園児や小学生の訪問を断っているらしい。
子供が感染を拡げることが多いからって。

そんなことがチラッと思い出されて、お~、子供だね、と、マスクをかけました。
この日は人ごみに出かける予定でもともとマスクは持参。

女の子は、ママと少し話した後、BBにぴったりくっついてきました。
なんだろね、席が狭いわけでもないのにね、とは思ったけど、
そのまま本を読み始めたら、
彼女が覗き込みます。

ページをめくったら、「何が出てくるの?」だって。
さぁ、なんだろうねぇ、と返事。
ママが又たしなめている様子。

「怪獣が出てくる?」
いや、そんなわけないんだけど。
・・・そうかなぁ、、、、と返事。

くっつかれたまま静かで30分近く。
親子で時々しゃべっている。

先にそちらが降りるもよう。
席を立った女の子が私の前に立つ。
マスクをしたまま目だけニッコリにしたら、バイバイと言いつつ手を振るから
私も手を振ると、その手にハイタッチしてきた。

こちらは手袋をしたままだったけど、
タッチする小さいお手テを少しだけ握った。
妙にかわいくてね。

なんだろね。
彼女のおばあちゃんみたいと思ったかな。
親が傍に居ても人恋しがってる子?

Photo

お天気が良くて寒さも少し緩むと、
山茶花がのびのびしてるように見える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »