« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月26日 (木)

ハゼノキ切って一週間

ハゼノキを地際から切り倒して一週間経ちました。
ちょっと心配していたかぶれは、ありませんでした。
もう過去形で言っていいでしょ。

Photo

切り株に除草剤の原液をたっぷりかけて、一日経ってみたら、なんと真っ黄色!
木は白く、除草剤は無色透明だったのだから、
何やらの化学反応でしょ。
中ほどに紫がかった茶色の部分がある。この色も一日経って見た時に出ていたもの。
切り株に除草剤、の経験は他にもあるけど、こんなにはっきりした色の変化は初めて。

地中に残った根っこを枯らしたいのだけど、草と違って効果はあんまり当てにできないかな。
昨年、クヌギを始末したときも使ってみた。
しばらくしたら、枯れ木にありがちな白いものが表面にだいぶんついてきて
枯死していくソブリかな、とみているところ。
期待してるわけ。

動力があれば根こそぎ掘り出してポイしたいところ。
太くなった根っこを剝き出しにして電鋸で切るのも容易じゃなくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

ハゼノキ退治

南隣さんと我が家の境目直近の、我が家の側に、
こんな↓葉っぱの木がいつの間にか生えていました。
高さは2mは超えている。

Photo

たぶん、ハゼノキだと思う。かぶれる木です。
庭の隅っこなので、BB自身はめったにその場所に近寄らないのだけど、
お隣夫人は花の手入れによく通るところ。
BBだってうっかり触らないとも限らない。

昨年、よく張った枝をBBの知らぬ間に、ご主人が払ってくれました。
ウチ側にある木だから、地際から切り倒すのは遠慮されたのだと思う。
葉っぱが緑色の季節だったけど、幸い、かぶれなかったらしい。
秋の紅葉はとてもきれいで、離れて眺めるだけならいいのだけど、
お隣さんはハラハラだったでしょう。

かぶれは怖いから、葉っぱがすっかり落ちてから始末しますと約束しました。
寒くなって、葉っぱは全部落ちたのに、すっかり忘れていて、
昨日になって突然思い出した。
本日、切り倒し決行しました!

葉っぱや、枝を傷つけて出た樹液でかぶれるものらしい。
今は丸坊主の状態だけど、よく見ると、もう枝先に新芽が萌え始めている。
用心ようじん。

ウルシやハゼノキのかぶれについて詳しいページはこちら

重装備で始めました。
ゴーグルとマスクにゴム手袋、長靴、
使った後は捨ててもいいように、安く買ったウインドブレーカー上下、
帽子の上からウインドブレーカーのフードもかぶり、
肩に力が入って、
電動鋸を構えて木の根元をじろじろ眺めると、
周囲に数本の同じ種類と見られる若いのが生えてる。
繁殖力旺盛な木らしい。

若木でもあり、あまり固くもなく、わりに短時間で決着。
まだ短い幼木も始末。
切り株には除草剤を原液のままたっぷり掛けました。

かぶれは二三日以上経ってから出るものらしい。
ヒヤヒヤ。
庭仕事にはこんなアブナイこともあるんだわねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

お年玉はハズレばかりだけど

年賀ハガキのお年玉籤、ビリの下二桁から当たりを探す癖になってる。
今年も全部はずれ。たいていそうですけどね。

長年続いた年賀状だけのやり取りも、去年から来てない年上のヒトお二人。
もう書けなくなったのかしら。それともBBを「身辺整理」されちゃったかしら。
お二人とも、実際のお付き合いのあったのはわずか2~3年で
そのあと50年程は年に一度のご挨拶のみ。
途中で逢う機会を作ろうともしなかった程度の間柄だった。

お互いに若い時のイメージのままで、まさに生存証明の年賀状、
それもまたイトオカシだったのだけど。
こうやって年々身辺が寂しくなっていく。

大事な友達がなくなった後に、その娘さんと賀状のやり取りがはじまった。
独り身らしい彼女の、少し遅れて届いた便りには、
七福神巡りで引いた御神籤が大吉でした!とあって、こちらも happy01 ホッとする。

3年余り前まで住んでいた地域の知人数人とも年に一度のやりとり。
逢いたいわねと書いてくれる人も居るのだけど、こちらは特にそう思ってなくて、
思ってないことはお義理で書いたりしない。お互いシラジラシイのはわかるでしょ。
でも、何十年も近くに住んでお世話になった方々、
元気かな、元気でいてくれたらうれしいな、とは思うから年賀状を出す。
BBの今の住まいを近々訪ねたいとはっきり言ってくれたお人はウエルカムで、すぐ実現した。

引っ越して子供所帯に同居したと、二年続けて同じことを記したヒトもいた。
別の子供のところへまた引っ越したわけではなくて、
前年の年賀状に書いたのを忘れていただけらしい。

差出人不明もあり。
数少ない手書きの宛て書きだったから、それまでと同じ筆跡から、どなたかとすぐわかったのだけど。
パソコン任せだと不明のままだったかも。

自分の年とともに年賀状も自然に減っていくと思っていたけど、
オットットが担当していたオットット側の親戚の分をBBが引き受ける形になって、
どっと増えている。親戚付き合いが多かった。少しは減らしたいな。
あ、やっぱりあちら側も年をとっていくから、だんだん、自然に、ね。
そのうちこちらも、ね。

おや、今日はBBの父の54回目の命日。
19世紀の人だった。

                                        impact

元気で、または元気っぽくでも、
いま生きていることを何とか楽しみましょうかね。
鼻先にぶら下げるニンジンを物色しながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

凍ってしまった

今朝、洗面所でお湯が出ない! 水は普通に出るんだけど。
当たり前だけど台所でも出ない。

給湯器はバーナー部分が北側の外壁に付いているから、
内部の水が凍りついたみたい。
今朝の気温は1℃まで下がっていたらしいから。

しばらく放っておいて、やっぱり洗い物に冷たい水は嫌なので立ち上がる。
なんのことはない、お風呂の残り湯を沸かすボタンを押しただけ。
30秒くらいは沸かしたかな。
これでもう給湯機能復活!
バーナー周辺が温まって凍った水が融けて、
水流復活で給湯スイッチが入った、ってわけでしょ。

浴槽内の残り湯は、災害時の断水対策として捨てないでおく、を守っていたら、
田舎の一軒家の凍えた朝にも役に立ちました。

こんな日は外水栓も凍っているんだろうね。寒いから様子を見に出ることもしない。
でも陽射しは暖かそう。

今日あたり、浄化槽やさんが保守に来るはずなんだけど、
必ず外の水道を使う仕事だから、午前中はきっと仕事にならないわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

一輪車で歩きはじめ

のんびりスタートですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、ヒトは乗らない一輪車です。
庭ゴミを満載して、ゴミ置き場まで行ってきました。

Photo
農家の人はきっと持ってますね。

南隣さんがこれを押して歩いているのを、物欲しげに見てしまいました。
その時BBは、40Lの可燃ごみ袋に9個分もの庭ゴミを、
手持ちのカートに載せて置き場まで3回往復して帰ったところでした。

何故か3往復とも、南隣さんに出会いました。
くたびれたのを見て取られたらしく、
ウチのをいつでも使いな、だって!
沢山乗せられるよ、山積みだってできるから、だそうで。

確かに、傍で見ると荷台が広い。いいかも・・・。
本当は、一輪じゃなくて、近所のツルネーサンが押してる4輪のも魅力だったんだけど、
つかまって歩くようになったらあれがいいけど、沢山乗せられないよ、って。
これからもきっと庭ゴミは多そうだし、、、、欲しいな。

ちょっと押してみな、と促されて持ち手を握ってみる。
腕を伸ばして!   曲げてると押して歩くときにフラつくんだから。
というわけで少々レクチャー受けて、欲しさが募る。
買うなら可愛いのがいいな、真っ赤なのがあればいいな、とつぶやいて
セセラ~と笑われる。

ネットで散々見たけどこのスタイルで真っ赤なのは無くて、
青いのでガマンした。フレームがアルミでトレ―がプラスチックという軽いもの。
お隣さんのは全体スチールで、使い込んでハゲハゲの貫禄ものだけど。

これでホッカブリして押して歩いたら農村スタイルが極められるね!
とりあえず本日はウインドブレーカーのフードをかぶったのでホッカブリ無し。
ゴミ袋もいっぺんに6個載せて一往復して終わった。すごい!
腕はちゃんと伸ばして歩いたけど、ヤッパ、チョット、よちよち歩き。
溝に落ちないように気を付けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »