« 名刺代わりに玉葱 | トップページ | モグラとハクビシンが通る芝生 »

2017年5月18日 (木)

切り株始末

大きくなった南京ハゼを、地際から20cm余り残して切り倒したのが去年の7月だった。
そのまま放っておいたら、切り株から新しい小枝や葉が元気に伸びてきた。それじゃ困るのよ。
萌芽力が強い木だから、本当は地中の根っこすべてを掘り出したいところなんだけど、
それには重機が必要になる。
そんな木を普通の民家の庭で育てたのがいけないと言えば言える・・・
・・・クッ、言いたくない・・・
それも、クヌギに続いて2本目だから、性懲りもなく、と言わなきゃ。

Photo

刃渡り20cmくらいの電動鋸で切るんだから、根気が要ります。
そう思うだけでオミコシが重くなっていたのだけど、やっと終わりました。
残った幹を地際で切り、太々しく張った根っこも何本か切断して、
幹の断面と根っこの断面に除草剤の原液をたっぷり。
このやり方はクヌギを始末した時と同じ。これで地中に隠れて残っている筈の根っこも
無事に枯れてくれますように。

 

|

« 名刺代わりに玉葱 | トップページ | モグラとハクビシンが通る芝生 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/70601549

この記事へのトラックバック一覧です: 切り株始末:

« 名刺代わりに玉葱 | トップページ | モグラとハクビシンが通る芝生 »