« 切り株始末 | トップページ | 畦道ゴミ拾いのちコンサート »

2017年5月22日 (月)

モグラとハクビシンが通る芝生

4月にちょっとばかり頑張って拡げた芝生が、少しずつ根を張っています。
1~2cmの目地をとって貼った芝が、
もう隣同士くっついて目地が見えなくなっているところもあれば、
ちょっと心配な所もあり、笹やほかの雑草がニョキニョキで、いつも抜いてる。
初めの一年は芝生の除草剤も使わない方がいいそうだから、
面倒でも手抜きで、手抜きできないってわけ。

雑草までは想定内だったのだけど、
モグラの行進は、ウ~ン・・・
雑草ばっかりのときは少々モグラが通ったってお構いなしだったのだけど。
地面が盛り上がって、こっちからこっちまで芝生のすぐ下にトンネルを作ったねっ、と
見えちゃうからねぇ。 仕方なく、その上を、体重掛けて踏んで歩く。
デコボコの芝生が出来上がっては困るから。
秋には焼き芋パーティするんだから。

昨日の夕方、カーテンを閉めようとして、・・・見てしまった。
あれはハクビシンの後ろ姿。
たぶん、庭を横切って路地へ出て行くところだった。
実害はないと思うけど、好きな眺めじゃないっすねっ、と
姿が消えた方に向かってモンクを言う。
黙って通り抜けるのなら、
体重をかけてモグラのトンネルの上を踏みしめていくくらいのことをしてもいいんじゃないの?

Photo
今年はエニシダがえらく盛り上がった。細い小枝をたくさん出して花たっぷり。
重そうだし、傍を通るのにかなり邪魔。
でも、コレの近くにあったギンヨウアカシア(ミモザ)が老朽で命を終えたのだから、
かわってエニシダが真っ黄色に盛り上がるのは大歓迎。

左端に、今年できたアーチがチラッと写ってます。
見えてないけど、その足元に植えたのは、モッコウバラ、ミニトマト、バジル。
ワキからツキヌキニンドウが伸びてきて、絡みたがってる。

ヨソンチの屋根の上の湯沸かしが見える。

手間暇かけて丹念な庭仕事をしてシンケイ張り巡らして完璧な庭を目指す、とは
対照的な庭遊びをしてるのだけど、
想定外のいろんな影響があるものなんだわね。
生き物いろいろ。周囲の景色も。

|

« 切り株始末 | トップページ | 畦道ゴミ拾いのちコンサート »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/70635962

この記事へのトラックバック一覧です: モグラとハクビシンが通る芝生:

« 切り株始末 | トップページ | 畦道ゴミ拾いのちコンサート »