« ドライモルタルで - その2 | トップページ | 朝の小梅 »

2018年2月28日 (水)

The Rose

アメリカンポップスのクラスで来月取り組むのが、
ベット・ミドラーの The Rose 、
昨日は、教室でそのCDを聴いた。
ずいぶん前から何度か聴いたことがあるんだけど、なんだかジーンとする曲…と思いつつ。

 

先生曰く、油断すると泣いちゃう歌です、だって。
いや、まったく。  メロディが、そそるのよね。
応援歌の一種だと思うんだけど、水前寺チータ清子さんふうとはえらく違うわ。
バーサンの泣き顔なんてヒトサマに見せられたもんじゃないから、油断大敵。

 

YouTubeではこちら

 

ベット・ミドラーさんはWikiでこちら
1945年生まれだそうで、終戦の年だなぁ・・・。

 

歌詞も置いときましょうね。
テレビドラマにも使われたらしいですね。

 

         The Rose  (和訳も下にあります)

 

Some say love, it is a river
that drowns the tender reed.
Some say love, it is a razor
that leaves your soul to bleed.
Some say love, it is a hunger,
an endless aching need.
I say love, it is a flower,
and you its only seed.

 

It’s the heart afraid of breaking
that never learns to dance.
It’s the dream afraid of waking
that never takes the chance.
It’s the one who won’t be taken,
who cannot seem to give,
and the soul afraid of dyin’
that never learns to live.

 

When the night has been too lonely
and the road has been to long,
and you think that love is only
for the lucky and the strong,
just remember in the winter
far beneath the bitter snows
lies the seed that with the sun’s love
in the spring becomes the rose.

 

         薔薇

愛について人は、川のようだと言う
優しささえも飲み込んでしまうような
愛について人は、かみそりのようだと言う
あなたの魂さえもほど切り裂くような
愛について人は、飢えのようだと言う
求めても満たされることがない
私なら愛は花だと言うわ
そしてあなたはかけがえのない種なの

 

心が傷つくことを恐れていては、
ダンスを学ぶこともできない
夢が破れることを恐れていては、
チャンスをつかむこともできない
獲られることを拒んでいる人は、
与えることもできない
死ぬことを恐れる魂は、
生きることも学べない

孤独すぎる夜、
道が遠いと感じるとき、
あなたが、愛は結局
運が良くて強い人のためにあると思うとき
ちょっと冬を思い出して
厳しく積もる雪の下でじっとしている種を
太陽の恵みを受けて
春になれば、薔薇になる

 

 

|

« ドライモルタルで - その2 | トップページ | 朝の小梅 »

ミュ~~ジック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Rose:

« ドライモルタルで - その2 | トップページ | 朝の小梅 »