« ウチの春景色 | トップページ | 春仕事、除草剤とモッコウバラ誘引 »

2018年3月 9日 (金)

汀子さんの真っ赤なドレス

その日のステージに初めて登場した時は、
クリームイエローとでもいうのかな、キラキラもついて、優しい雰囲気の素敵なドレスだった。

ヴァイオリンの前橋汀子さん、名前だけはずっと昔から知っていたけど、
リサイタルに出かけたのはこの3日、君津文化ホールが初めて。

Photo

彼女は、多くの人に親しまれている曲を中心に演奏活動しているらしい。
この日のプログラムは、前半に、エルガーの愛の挨拶に始まった。
その後、ベートーベンのクロイツェル1~3楽章。

休憩後に再び登場した時は、
息をのむような明るめの真っ赤なドレスだった。
日に当たったことなんかないような真っ白のお顔と剥き出された肩と腕に、
これ以上似合う色は無いと思えるし、これほどこの赤が似合う人は他に居ないかも。

後半は、ヴィエニャフスキのモスクワの思い出から始まった。
この曲にロシア民謡の「赤いサラファン」が使われているのに合わせて
赤いドレスなのかなぁとは思ったけど、ホントによく似合ってた。

続いて、マスネのタイスの瞑想曲、
サンサーンスの序奏とロンドカプリチオーソ、
懐かしの名曲集と銘打って、
枯葉、ウエストサイドストーリーのマリア、イエスタデイ、
オペラ座の怪人からオーバーチュア、
愛の賛歌、サラサーティのツィゴイネルワイゼン。

もう、ここまでで充分に、若い時から好きだった曲を堪能させてもらった。
特に、序奏とロンドカプリチオーソなんて涙が滲むほど嬉しかった。
LPレコードやCDの再生音で満足していたのは何だったのか、
やっぱり聴きに来てよかった。

と思っていたら、アンコール曲がまたまた。
亜麻色の髪の乙女、
クライスラーのプニャーニの主題による前奏曲とアレグロ、
わが母の教え賜いし歌、
ブラームスのハンガリー舞曲1番と5番。

こ~んな贅沢、それも一列目の真ん中ほどで浴びました。
伴奏がまたよかった。
松本和将氏、弾きながら振り返ってヴァイオリニストを見遣り、
一緒に音楽を奏でている楽しげな表情。
そのピアノの、開いた蓋の前に当たる位置にBBの席はあったので、
ここって、ピアノの音が一番よく聴けるらしくて、
あ~、素敵だった。

真っ赤なドレスの裾を銀の靴で跳ね上げながら最後に退場する時、
いい笑顔で手を振りつつ。
このあと再び聴くことがあるのかしら、なんて思うからその笑顔に向けて
BBも熱く手を振る。

それが、「再び」が!
今度は5月5日に、ラフォルジュルネでも
汀子さんの演奏があるのを見つけて、チケットを先行発売でゲット!

                    

ヴァイオリニストもピアニストも、
75歳のBBが若い時から名前だけは知っていた、なんていうからには、
どなたもきっと熟年の筈。
汀子さんも1943年生まれらしい。(BBと同じ)

そういっちゃぁナンですけど、今のうちに演奏を聴いておきたい、と思うのです。
会場に出掛けて行く自分の体力があるうちに、って意味ですけどね。
中村紘子さんがなくなった時は、シマッタァ、とホゾを噛んだ。
CDで聴くしかなかったけど、なんとも力強い演奏だった。ナマで聴きたかった。

この年齢になると、あちこち不調を抱えながらの日常が普通だと思うのだけど、
1943年生まれの汀子さんが元気の出る真っ赤なドレスで精気溢れる演奏を、
それも、もったいぶらないで、親しみのある曲を中心にたっぷり聴かせてくれる、
どれほど励まされたことか。
いい年の取り方をしてこられたのね。

                    

この日の会場は、一週間足らず前に、義理で購入したチケットを持って
ピアノ協奏曲を聴きに行った同じホールです。
あの時は気が乗ってなかったせいか、バスの時刻表を読み違えたらしくてウロウロした。
どうやら、会社線の路線バスの他にコミュニティバスもあって、
独特の事情がのみ込めてなかった。
ついにボケタと思った。それはそうかもしれないけど。

汀子さんの時は無事にバスでたどり着けましたが、
ホールの入り口近くで、BBの名前を呼びながら急ぎ足で寄って来る人が居た。
あれまぁ、ウチの北隣夫人だった。偶然!

|

« ウチの春景色 | トップページ | 春仕事、除草剤とモッコウバラ誘引 »

ミュ~~ジック」カテゴリの記事

コメント

わ~~~わ~~わ~~~
いいですねえ。良かったですねえ。
人を喜ばせる、幸せに出来る人って神様のお使いだって私は思います。
私も足腰達者なうちにいっぱいきれいなものを見て聞いて・・・
幸せは歩いてこない。だから歩いて・・お出掛けします。

投稿: おたま | 2018年3月 9日 (金) 20時16分

おたましゃん

そうですよ、ほんと、神様のご配慮としか思えない。
出歩かなきゃそれも味わえなかった。
やっぱり水前寺清子さんの応援歌の通りだわ。

投稿: BB | 2018年3月 9日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汀子さんの真っ赤なドレス:

« ウチの春景色 | トップページ | 春仕事、除草剤とモッコウバラ誘引 »