« ニンジン発芽、カサブランカ球根 | トップページ | 転ばぬ先の I H »

2018年4月13日 (金)

キリシマとナニワ

キリシマと、GGの家族は呼んでいた躑躅、庭のかなりの範囲を占めていて、
ピンクの濃淡色々や白、4月に見事だったのを覚えている。

誰も住まなくなったその家をGGと息子と一緒に片付けに行ったときに、
一株分けて持ってきた。今、BBの庭で株も大きくなって、よく咲いている。
蕾もまだまだある。

Photo_2
持ってくるときはどの色のか判っていたかどうか。
白でよかった。  あの庭でも、今花盛りかな。

                    

南京ハゼを庭の仕切りとして短めの生垣状に並べて、
毎年、紅葉が終わったら低く切り戻す。
発芽力旺盛だから、春のこの時期は新芽が出始めて、でもまだ低姿勢で静か。
夏にはモリモリ・ウッソウと繁る。

その足元に植えたナニワイバラが蕾を膨らませてきた。

南京ハゼが低い幹ばかりの冬から春へ、南京ハゼを支柱代わりにして、
ナニワイバラはいっぱい陽を浴びてシュートを伸ばし、葉の芽をたくさん出して、
今、大きめの蕾をつけて、存在をのびのび主張する。
傷みもないこの時期、瑞々しくて元気いっぱい。

1
元気なのはいいんだけど、トゲトゲしい。トゲトゲしくて花も大きめ、
でもやっぱり可愛いヤツと思ってる。

|

« ニンジン発芽、カサブランカ球根 | トップページ | 転ばぬ先の I H »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリシマとナニワ:

« ニンジン発芽、カサブランカ球根 | トップページ | 転ばぬ先の I H »