« オトナの発表会 | トップページ | ピーマン生り始め »

2018年6月 3日 (日)

伐採と刈り込みを依頼

「シルバー」に庭の木の手入れを頼むことにしました。
カエデの一本を根こそぎ処分、
椿を一本、頭を詰めて半分くらいの高さに、
マグノリアも頭詰め、
ダイセンキャラボクも頭詰め、
ついでにツキヌキニンドウもぐっと下でカット。

肝心なのは、大量に出る払った枝の処分です。
剪定や伐採だけなら、かなり大きくなった木でも、電動鋸でなんとかしてきたし、
切るのは面白い。
でも、もう、ゴミとなった枝の処分に相当の体力と時間を費やすのが苦痛になってきました。
ついでに、切る方も大幅に人手に任せて、
なるべく軽く、楽しめる範囲でやっていこうというわけです。

この庭を先住者から引き継いだ時には既に、
植えられて50~60年になるという木さえ何本もあって、
それが魅力でもあったのだけど。

ってわけで、ゴミ処理やら運転手さんの手間賃まで含めると、3万円くらいですって。
・・・そうでしょうねぇ。
想定外ともいえない。
その後がどんなにすっきりするかを思ったら、
いつものステーキをやめて小間切れにするくらいの辛抱はできるわ。
(誰がいつもステーキ食べてるって?)

ただ、仕事が始まるのは一ヵ月は先ですって。
春以来、庭木の始末に手を焼く家が多いらしい。

                   shine

大きくなりすぎた木の処分を人手に任せる一方で、
大きくなっても灌木程度までならと、挿し木で増やしていたりして・・・。
ハクチョウゲ、ローズマリー、ラベンダー。
元気に大きくなれば、その陰には雑草が少なく・・・とも言えないか。

                    shine

ミニトマトの病気が心配だったけど、
薬があっさりと効いたらしい。

Photo

葉っぱひしめく苺もポツポツ生る。

Photo_2

今年のおりこうさんはコレ↓

Photo_3
ゴツゴツの実になる花梨ちゃんです。
花がたくさん咲いて満開の時に、強風強雨にさらされて、期待できないかと思った。
今年は青い実が20個は見える。

|

« オトナの発表会 | トップページ | ピーマン生り始め »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/73613018

この記事へのトラックバック一覧です: 伐採と刈り込みを依頼:

« オトナの発表会 | トップページ | ピーマン生り始め »