« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の記事

2018年7月30日 (月)

ヤマボウシの実 初なり

ヤマボウシの苗を植えたのがもう10年くらい前になるのかな。
農協の直売所で見つけて、GGが車の後ろを開けっぱなしにして、
梢がはみ出した状態で、広域農道を走って持ち帰った。
だから苗木と言ってもそれほど小さいものでもなかった。

白い十字型の花が咲き始めたのはGGがなくなってからだったし、
年々花数が増えてきたと言っても、ゆっくりだった。
さっき、初めて赤い実が生っているのを見つけた。
初めてだと思うんだけど、
去年も同じことを言わなかったとは言いきれないな。
困ったもんだ。

上の方には緑色のも見えている。

Photo

葉の数は多いんだけど、傷んでるなぁ。写真に入れたくない。
強く続いた南風や台風のせいでもあるだろうけど。

表面にあるニキビみたいなプツプツは、
サッカーボールのように6角形に囲まれている。
ふ~ん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

おや、見込み違い

ワッ、涼しいじゃないの!
エアコン無しでダイジョブ!
今日はこの辺りは最高でも30℃を下回るって、ホーッ。

今日明日は剪定を頼んでいたけど、連日の酷暑が心配で心配で
日延べして貰ったばかり。
もしそのままにしていれば、今日と明日で庭がずいぶんすっきりするはずだった・・・
・・・と、見込み違いを反省するのはやめよう。
来てくれる予定だったお人は、この気温にホッとしてオウチで一休みできたかもしれない。

Photo
シマトネリコの樹液食堂は賑わってきました。
高いところに伸びた若い枝にも、何匹も見えてる。
小さい緑色の蛙に話しかけたり、
手で抜ける草を抜いたりしながら暢気に歩ける気温はいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

日延べしてもらった剪定

おもに古くて大きくなりすぎた木を剪定・伐採してもらおうと、
「シルバー」に依頼したのが5月20日過ぎ。
7月26と27日に、朝7時半から作業、という約束ができていた。

その日が近づいてくるにつれて、このとんでもない暑さが気になって仕方がなくなった。
自分の庭仕事は、朝5時から7時までと決めて、そのあとはエアコンでゴロゴロの日々。

今日のお昼のニュースで、年配の男性が庭木を剪定していて具合が悪くなり
夜になって死亡、、、と聞いた。

もう心配だけでは済まない。
人材センターに電話して、涼しくなってからの方が安心、と頼んでみた。

作業するご本人が予定通りでよいと言えばそれでもいいですか?と、
涼しい事務所に居る(と思われる)人が言う。

自分の日程としてはそのつもりでいるからいいんだけど、
週間天気予報を見ても、その日も変わらぬ酷暑らしいから、
コワイです、ともう一押し。
電話に出た人はその言葉にハハハなんて、笑う。

いいんですよ、臆病な婆さんと思われても。
自分が辛いと思うことをヒトにもさせたくないんだから。

良かった!
ご本人とすぐに連絡がとれたらしくて、
涼しくなってからまた、と決まった。

暫くして、ご本人から電話あり。
日中仕事していてモーロ―とすることがありました、って。
うわぁ、やっぱり・・・。

お盆過ぎてからまた様子を見て決めましょう、となった。
仕事を管理する人たち、モーローの話は知ってるの?
剪定は引っ張りだことは聞いてるけど、事故の起きないうちに一時休止くらいは
コントロールしたほうがいいと思うんだけど。

                    

Photo
今日もウチのミニトマトとピーマンは元気です。
ブルーベリーも、小さいけど。
早朝の水遣り効果ありかな。
あれ?トマトの傍に植えたバジルも元気で花穂も可愛いと、
摘んできたのに、葉っぱ一枚だけ見えてる。

ピーマンは、10本植えたのが一人にしては多すぎると、
じつは親しい3人から言ってもらった。
九州に居る幼馴染やここのバス友もね。
ワタシ、ピーマンの話ばかりしてるかな。アタマがピーマン。

10本のうち一本は、まだ小さい苗のうちにBBがうっかり踏んづけちゃってアウト。
残りが、ドンドン実ってきました。
お隣さんからいただいたりもして、リッチだぁ。

気に入りの食べ方発見。
細く切ったものをゴマ油で炒めて、削り節と味醂と醤油で調味。
ご飯に合う~!
ヤムヤム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

水遣り  除草剤散布

こう日照りが続くと、ヒトばかりが辛いんじゃなかった。

ミニトマトの葉がカサついているように見える。
背の伸びも止まっているみたい。
日中に見ると、ピーマンもゲ~ンナリしているように見える。

去年だったか、お隣さんから胡瓜を頂戴したときに、
雨が降らないからキュウリの皮が固い、と聞いた。
あ、そうだった、と、今頃思い出す。
ミニトマトは粒が小さい気がするし、やっぱり皮が固い。

もう少し早く気が付けばよかった、と、何によらず後手に回る。
4~5日前から、早朝の仕事は、真っ先に水遣りと決めた。

室内の温度が↓こうだもん。

Photo
朝の4時台でもう29.4℃。
メゲちゃいそうだけど、
植えたものがメゲないように、と身支度を急ぐ。

今年植えたものだけは、まだ根が十分に張ってないだろうから
一杯、といわずたっぷり献上。
ミニトマトとピーマンの他に、挿し木したローズマリー、ハクチョウゲ、
球根一つだけ植えてみたカラーは息も絶え絶え。
カサブランカは花が殆ど終わりに見えてまだ蕾もあるから、一杯どうぞ。
芝生にもジャージャーと、これは伸びすぎてホースのジョロモードでは物足りないから
ストレートモードでバッチリ。

さぁてお次は、
枯れてくれっ!と、絶滅歓迎種の見事な雑草軍に、
除草剤を!

植えこんだものの周囲と、通路周辺、
噴霧器5リットルをおかわり3回して、
掛けてやりたいところはまだ終わらないけど、くたびれたし、ハラヘッタ。
マスクも手袋も蚊取り線香もむしり取って、シャワー。
へとへとだけど、ヤッタゼ感。
アサメシマエの2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

飴の出来る粉末ジュース + ・・・・・

時々、アホカイナの買い物をしてしまいます。

オレンジ風味の紅茶の粉末をネットで見つけて、
届いてみたら、砂糖どっさりの粉末でした。
水で溶かしたら甘いジュースになるものだった。ほら、メイトーの昔からある種類だった。

好きなアップルティの、茶葉を粉にした(粉末茶のように)ものがあったのかと、
アマゾンのカートに入れ、
その横にあったオレンジティの粉末も、試してみよう、と買いました。

このテの粉末は、ず~っと前に、まだ子供達が手元に居たころ、
買ったことがあって、あまりの甘さに、これじゃぁ煮たら飴が出来そう、と、
試しに煮ました。・・・飴が出来ました・・・
そのテのものをまた買ってしまったのです。

一袋が500グラムも入ってる! それを二つも。
一人で到底飲み終える自信は無い。

Photo_5
今度は飴じゃなくて、ジャムを作りました。
少しは進歩したと・・・言えない・・・
冷蔵庫にちょっとずつあったキウイと、ウチのミニトマトとブルーベリーに、
テキトウな量の甘い粉末ジュースの素。

キウイの酸味が利いたジャムが出来ました! おいしいんだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

カブトムシ カラスウリ ヤブラン

一番幼い孫ピカちゃんからヴォイスメールで要請あり。
  ” カブトムシ居たらメールしてね ”

庭仕事手伝いに来ていた一番大きい孫You君とともに
庭のシマトネリコ数本を確認したが、その時はまだカブトは居なかった。
You君によれば、樹皮を齧った跡があるから、もう近いかも、だった。

今朝、見~っけ!

Photo
カブトの雌なんでしょうね。 3匹は居た。すぐにメールした。届いたかなぁ。

                    

お隣りに回覧板を届けて帰りに、路地の生垣でカラスウリの花を発見!
アッレーー、もう今から咲くのねぇ。
秋の可愛いオレンジ色の姿が目に浮かぶ。

Photo_2
嬉しくなるじゃないの、この暑い日に!

ヤブランの花もこないだから咲いてる。
瑠璃色の実になるのよねーと思うと、秋が一層待たれる。

Photo_4

ムチャクチャしんどい夏だけど、何とか頑張ってやり過ごそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

雑草に負けるな作戦....ミッションインポシブル?

いや。インポシブルだなんて負けてたまるか!作戦は続行中です。

Photo

元々、土があるところに植物が勝手に生えるのは当たり前だと、
分かっちゃいるんだけど・・・。
物分かりのいいお婆さんでいるワケにはいかない。

気に入りの木がパラパラ有るだけであとはな~んも無い、
そんな庭が今んとこ憧れなんだから。

その憧れに自分が気付くのが遅すぎたという気もする。
いろいろ植え過ぎた、ちゃんと管理できてなかった、と
反省はしてる。ホント、遅かったよ~。

でも、諦めるなんて、ね。
反省している間にも、雑草は生える。
手を拱いてばかりはいられない。

な~んも無い部分を作るには、
いつも除草剤をたっぷり使って剥き出しの土の空き地にするのが案外ラクかも。
想像したくもない風景だわ。
やっぱり、管理しやすいグランドカバーの部分と、
雑草が顔を出せない部分を確保したい。 

・・・とゴタクを言っている間にも雑草は伸び伸び、わが世の夏を謳歌してるなぁ・・・
ヤエムグラ繁れる、引き続き、人こそ見えね秋は来ちゃうってことになるぞなるぞ・・・

んでもって、ドライモルタルとコンクリ平板利用の、「絶対に草が出てこない部分」作りに
強力な助っ人You君の力を借りてます。
この日も、4時頃に起きて仕事始めが5時頃。
2時間余りの働き。

そのあと、シャワーを浴びたりゆっくり朝ご飯にしたり、
(聞き手が居るもんだから調子に乗ってペチャクチャ喋るババに根気よくつきあう彼です)
続いて朝の昼寝。
外はカンカン40℃に近づく。

ただいま大模様替え大会中でごった返す室内のモノの移動も頼んで、
オッシ! エンジンをかけてもらえた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

柿は今年も?

昨年は柿の当たり年だったから、
今年はお休みの年だと思うのに、
なんだか青い実がいっぱい。
オ~イ、ダイジョブなの~?
これからどんどん落ちる予定?

Photo_2

あの強い南風続きの影響だと思うけど、葉がかなり傷んでる。でも実は案外きれい。
そういえば、今年はカリンがたくさん生ってる。去年はたった一個だったのに。
そっちは葉擦れらしい傷が見える。
重く育って、細い枝がすっかりたわんでいる。

もう一つそういえば、南隣り夫人から聞いたのだけど、
あの強風続きで、胡瓜の葉がガビガビに傷んで、実がうまくならないそうです。
あ、こないだ北隣夫人からキュウリをたくさん頂いたけど、
その畑は、BB宅が南風をしっかり遮っていたのよ。フムフム。いいことしたんだぁ。

                    

今日も朝食後にひと働きの予定だったけど、8時にして既に30℃超え!
戦意喪失により、パソコンで遊ぶ。

連休に、大学生になったYou君が手伝いに来てくれるらしい。
嬉しいね! 彼の夏向きの作業ズボンを注文したら、ただ今メール便でトウチャコ!
ババは手ぐすね引いて待ってる。
一緒に何を食べようか、と、それも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

室温最高記録かも

エアコンがオフのとき、ウチのキッチンの室温はおおむね外気温と同じくらい。
テレビの気象情報で、現在の千葉は〇〇℃と出た時に温度計を見たらいつもほぼ同じ。
窓は二重にしてあって、外気の影響を少しは軽減してるはずなんだけど・・・
あ、そうか、気象情報で言う気温は、百葉箱の中の温度かな。
じゃぁ、マチナカの暑さとも違うわけね。

35
朝から窓を閉め切って出掛けて、午後4時ごろに帰宅、その時の室温です。
こんなに上がってるのは初めて見たわ。こんな最高記録はカンベンして!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

温かい野菜

これでも昨日より気温が少しは低い筈なんだけど、
午後はなかなかの蒸し暑さ。
エアコンをつけてゴロゴロしていたのが申し訳ないっ、と
余計なことを言いたくなった。

南隣り夫人からもぎたて野菜のご到来。
手ぬぐい被って汗みずくで、
暑いから野菜食べて元気つけな!と。

Photo
畑も日を浴びて暑かったでしょう。茄子も、大きく育ったトマトもほんのり人肌。
白ウリはね、2本だけできてたから、わたしと一本ずつにしようね、だって。
ヨダレの前にうれし涙だね。

二つ三つ年上の彼女、この数年ですっかりおみこしが曲がって、聴力を失ってしまった。
だから彼女が一人で話して、BBが野菜を見てニッカニッカありがとう!の笑顔、という会話。

彼女もBBも年を取ってきたけど、彼女の作る野菜はピチパチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

カサブランカ咲く  ・  出資話

先ずは今朝の収穫、

Photo
ブルーベリーと苺がこそっと入ってます。

カサブランカが今年は3株、藪に囲まれて、
でも花が真っ白で大きいから目について、
いつの間にか背丈がグーっと伸びてたから、とりいそぎ長い支柱を添えた。

Photo_2

                    

西日本では大雨被害が大変だというのに、
この辺りは久しぶりに風も穏やかで、
4時台には、寝ていられない程の朝日に恵まれた。

5時にはアサメシマエの庭仕事開始。
裏通路の除草剤散布終了。
ギョリュウバイの剪定。

のんびり朝ご飯にして、またひと仕事。
エニシダの剪定。
エニシダは地際から分かれて出ている幹の一本が、まだそんなお歳じゃないのに
古びてボコボコしてる。虫の害かもしれない。
可燃ごみの袋に入るサイズにカット。

                    

朝のうちに、珍しくお二人の訪問者あり。
はじめは、ご町内の会計さん。
お祭りの賛助金集めだった。これはあらかじめ聞いていた通り2000円。
そのお返しは、例年、真っ赤なタオル。
お祭りにこれを首にかけておいで、ってことらしいけど、
どちらさんもその後は雑巾にしているもよう。
洗ったら赤い水が出て始末悪いから、BBは、勿体ないけどまっすぐ、ポイ。

お二人目のお客さんは、
この家を買ったり、35年住んでいたマンションを売ってもらったりした
不動産屋さんだった。

彼は年末にカレンダーを届けてくれるだけのお付き合いになっていた。
「田舎暮らし」に特化した仕事をしている人で、
最近、田舎の大きな物件を買い取ったものの…という話らしい。
万策尽きて出資を頼みに来た、という。
田舎暮らしに理解のある人にしか頼めそうにないし、とか言ってた。

300万円をという。
勿論、はっきりお断りした。
BBにまで頼みに来るなんてよほど困ったんだろうとは思うけど。
そんな余裕は無いし、なにより、お金の貸し借りだけは絶対にしない。

暑さだけではない大汗を掻いて、頭を深々と下げて帰って行った。
後味は良くないけどね、こればかりは仕方がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

ミニトマト元気

雨の被害は大きそうだけど、ウチのほうでは連日の南風の強さにまいっちゃう。
玄関が南向きだから、ドアが押されて開けられない程。

でも、今日はいくらか穏やか。
百歳体操に出かけた。
出席は5人だけ。
普段から杖や手押し車に頼るオネエサンたちは、休みたくなるのはわかる。

重りを着けて手や足を動かすのはいい運動になるけど、
一番「効くぅ・・・」または「疲れるぅ・・・」と評判なのが、
重りを着けないで、ただ椅子に座って立ち上がり、又、座るのをゆっくりやること。
手は胸の前で組んだままで繰り返す。
次に行く前に、ふぅ、休憩~、と声が掛かる。

Photo
程よく疲れて帰ってきたら、ミニトマト様様!
今日は35個取れた。
大きくて真っ赤な方からすぐに、3個、パクパク。
元気回復かも。
お天気が悪くてもちゃんと実ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

雉 猪 鹿

イナカだとは思っていた。
辺鄙な農村。
低い丘陵と広ーい田圃の間にくねくねした県道が通り、
県道の周囲だけに集落がある。

丘の斜面を開いて住宅地ができたのが30年位前らしい。
近隣の人達は、あんな山に、、と驚いたとも聞いた。
さすがに不便過ぎたか、
住宅地がそれから広がったり増えたりしているようでもない。

BBが住んでいるのは、そんな住宅地でもなくて、ホントの農村部。

Photo
Wikiから写真を拝借。

BBの庭でも雉を見かけたことがあります。
鶏よりかっこいいなぁくらいに思ってた。
バス停からウチまでの、畑で見ることもあるし、頭の上を飛んでったこともあった。

今年は、このあたりで雉が多いんだそうです。
雉は、トウモロコシを片っ端から食べて、人の口に入らないっ、という人も居る。
例の長すぎるものを捕食するらしくて、
ソイツが道路で事故に遭った姿を今年はあまり見ない、とも聞いた。
例年はよく見るってことね。

                    

日曜日の勤労奉仕のお茶の時間の話題です。
お祭りが近いので、水神様や八幡様の清掃が主な仕事で、
朝8時に集合して、帰宅がもう少しでお昼って時間だった。

口もききたくない程の暑さの中だけど、
きれいになったお社(四畳半くらいの大きさだけど)の、お賽銭箱の横に腰かけて、
町内の役員さんが運んできてくれた冷たいお茶とオセンベボリボリの時間も
かな~りあった。
こんもりした林に囲まれて、木陰はいい風が吹いて、おしゃべりも弾む。

そんなときの話題だった。雉が多いって。
それから、猪見たよ~と言う人あり。
住宅地のある丘を越えて車を走らせているときに遭遇したそうな。
大きかったよ~、怖かったよ~って。

動物の話題はもう一つあった。
田んぼの溜池につい最近、鹿が落ちてたそうな。
溜池があるというのもBBは知らなくて、
帰り道で、ホラ、アッチにあるんだよ。へぇ・・・・、という具合。
鹿は、市役所に電話を掛けて助け上げてもらったらしい。

                    

あちこちの清掃が終わったら、みんな広場に集合して、
大型の草刈り機で刈った草を、周囲の桜の低い土手に運ぶ。
それが一番キツクて、いつもお疲れ!のダメ押しみたいになる。

ここでもみんなの顔が揃ったからお茶!が習い。
また冷たいお茶とお煎餅が追加されるキマリ。
食べな!ポッケに入れな!の攻勢にタジタジ。
巨木が大きな影を作っていい風が吹いた。
アタマの上を雀の集団が通り過ぎて、
追いかけるようにチョウチョも飛んで行った。

この広場は昔溜池だったそうで、
牛が落ちて難儀したことがあった、という話もあった。

こんなところに自分が住むようになったのが不思議な気もするし、
ベツニ、いやじゃないんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »