« めげながら2年 | トップページ | 合作朝ご飯  外国コイン寄付 »

2018年8月 9日 (木)

父母の夢

午前2時台だった。
夢から覚めて飛び起きた。
胸を押し潰す悲嘆の思い。
夢の余韻だとはっきりわかっていながら、
叫ぶように声を振り絞った。お父さんっ!お母さんっ!
泣き叫ぶしかなかった。

父は60代で病死、そのときBBは19歳。
母は80代半ばすぎて老衰死。BBはそのとき44歳。
今75歳のBBが、今更、もう絶対に会えないのだと、
絶望の真っ黒な深い淵に立つなんて。

夢では、まだ子供のBBが、父母を探していた。
周囲の誰もが知らないと言い、取り付く島もない、そんな夢だった。

                    shine

そんな夢を見たワケは腑に落ちていた。
「ちいちゃんのかげおくり」・・・あまんきみこ作・・・・の朗読を
ラジオで聴きながら寝ていたから。

こんなブログにこんなことを書くしかない程、
追い詰められた気持ちを昇華させたいと思った。
風に乗せて飛ばさなきゃ、と。
こんなのを読まされた方は、飛んだ迷惑な話。
どうにも申し訳ない話です。

                    shine

少し落ち着いてから取り出したのは、
「トトロの生まれたところ」の本。

宮崎駿氏のことばにあった”何を考えているかわからないけれど、
何かとても大きなものを持っている大きな存在”、
トトロのイメージをそう説明しておられる。
BBはそういう存在に守られたいと思ったのかな。

50代の頃、狭山丘陵を、トトロの舞台となった場所と知りながら一人歩いたことがある。
全く初めてのところだった。
西武球場前で電車を降りて、狭山湖の傍を通り雑木林につけられた道を歩き、
まるで”稲荷前”バス停みたいなところからバスに乗り、
八高線の駅に辿り着いて、帰宅した。

その頃には”何か大きな存在”を意識していた記憶は無い。
でも、夢から覚めた後に縋りつくように開いたのはその本だった。
狭山丘陵の植物の絵に惹かれていたのは確かだけど。

                    shine

BB宅には、GGの父母祖父母、それ以前のヒトの位牌を入れた仏壇がある。
GGとBBの両親の写真も並べて入れてある。

だけど、このところ、仏壇=お葬式仏教のカタチに過ぎない、という思いで
眺めている。
自分は仏教徒であるとは思っていない。
GGの生前に尋ねたら、自分は仏教徒だと思ってる、と言っていた。
今は、その言葉を尊重しているだけ。もう、なくなって8年なんだけど。

神仏に帰依する気持ちを持てない。
いまなら、”何か大きな存在”こそあってほしい。
そろそろ、お寺やお墓との関りを改めたい気持ちになっている。

                    shine

さぁさぁ、ゴタクを並べているうちに、いつもの起床時間をとっくに過ぎている。
今朝はそんなわけで2時台から起きて、オメメパッチリだよ~。

書き終わって、アップロードするかどうか迷った。
でも、アップしちゃお。

台風は、今回もこの辺りでは肩透かしみたいで、ありがたい。

|

« めげながら2年 | トップページ | 合作朝ご飯  外国コイン寄付 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夢占い師のマーニャにききました。(胡散臭いので聞き流しOK)
亡くなった両親の夢はその人(BBさん)が人生の目的、価値観、アイデンティティを探している。という意識の表れ。
大事なことは親を「失くした」ことではなく「探している」という事。
母を呼ぶのはその力(援助)を必要としている。
自分自身を深く知りたいと思っている。
死んだ父親は良い知らせの訪れを意味する。
答えはみつかる。

マーニャの友人のおたまは思います。
トトロの森は庇護や迷いではなく、心地よい模索の森であると。
大いなる安堵の中で自分自身を探し見つけ知ることをご自身が求めておられる。

なんちゃってコメントでした。
アタクシへんな宗教していません。

墓や仏壇の中に誰かいるとは思っていないけど。
受け継いだものを自分の代でどうこうする気はないですね。
自然にまかせる。どうこうしなきゃいけない時にはその場にいた人が
どうこうすると思う。
カタチをとる(法事や盆供養など)ことで故人を思い出しルーツに思いを馳せることもある。ルーツを考えることは今の自分のアイデンティティにつながるかも知れない。などとおもっています。
通知表を供えさせて反省をうながすよいアイテムだす(お仏壇)

投稿: おたま | 2018年8月 9日 (木) 08時01分

おたまさま

まともに取り合ってくださったことが嬉しいです。
納得するものがありますよ。

恥ずかしくて、記事を削除しようと思っていました。
「ちいちゃんのかげおくり」を初めてラジオで聴いて、ちいちゃんのせりふがそのまま夢になってました。
ずいぶん影響を受けやすい自分にびっくり。
琴線に触れた、ってところですかね。

そっか、仏壇の活用法があったのね。

投稿: BB | 2018年8月 9日 (木) 19時56分

何度も読み直しました
いろいろなことを想起させる内容です
また 考えてみます

投稿: 森生 | 2018年8月12日 (日) 10時57分

森生さま

ありがとうございます。
書いた本人のアタマの中が纏まっていません。

投稿: BB | 2018年8月12日 (日) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1720093/74002989

この記事へのトラックバック一覧です: 父母の夢:

« めげながら2年 | トップページ | 合作朝ご飯  外国コイン寄付 »