« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の記事

2018年9月30日 (日)

堆肥切り返し

10日ほど前に、ニンドウやらアケビをばっさり刈り込んだ。
木化した固そうな蔓はシルバーの剪定係さん達に処理を頼み、
大量の葉と柔らかい茎だけ堆肥槽に入れておいた。
シャガも広がり過ぎたからバッサバッサ刈って堆肥槽に。

ニンドウもアケビも繁り過ぎて、傍の木に絡んで大迷惑、
もうこんな手に負えないヤツは切り捨て!終活!

二つ並んだ堆肥槽のうち、片方には、もう出来上がったいい土が残っている。
それを黒いビニール袋に詰めた。
その袋にカンカン日が照り付けたら熱消毒になりそうだけど、
もうこんなに涼しくなっては、それは期待できない。
それでも、今度何か植える時に使おう。

カラになった槽に、となりの槽の中身を移動。
まだ10日ばかりでは緑の色もきれいに残っているけど、
手を差し込むと暖かい。
発酵が始まっているかな。

適当に積んだら踏みつける。
出来上がっている土を少しパラパラ、米糠もパラパラ。
また刈りたての葉っぱ、踏み踏み。(ハッパフミフミって・・・巨泉さんだっけ)
それを繰り返して、ビニールシートを掛けて終わり。

アケビやシャガの葉を入れてあったほうの底には、春までに積んだものが残っているから、
それを最後に重ねたかったんだけど、
もう疲れたから本日はこれにて終了。
台風が来る前の一仕事。

                    

堆肥というけど、肥料成分はどんなものかな?
それでも、新しく何かを植える時にはきっとここから土を取り出して使う。
培養土を買った方がいいのかと思いつつ、自分で作った土って、ちょっと嬉しいから。

出来上がった土には、春にはカブトムシの大きな幼虫がどっさりいたりして、
おっかなびっくりだけど、それもおもしろい。

雑草を積むときよりも落ち葉を掃除して積むときのほうがちょっといい気分。
土になった時に、少し木の葉の形が残っていたりして、
腐葉土だぁ、と嬉しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

芝生の除草剤 茎葉処理型と土壌処理型

芝生を拡げるのがシュミのBBとしましては、芝生に生える雑草対策が大事。
これまで、芝生全体に均一に振り掛ける顆粒状の除草剤を使ってきた。
日本芝などのイネ科の植物には作用しないということで安心して振りフリしていた。

今、その除草剤にストップをかけたところ。

少し傾斜した芝生の下側に植えてあった低木類が、ダメになった。
庭ナナカマド・アカメ柳・馬酔木・それに山吹も。

全体が枯れて、根が傷んでいるのが判って、引っこ抜いて終わり・・・哀れ。
それだけダメになってやっと疑問を持った。ニブイなぁ。
芝生の除草剤のせいじゃないの?

除草剤って、どれも、雑草の葉っぱや茎に掛けたら根っこまで浸透して効いて枯れる、
地面に落ちたらその時点で薬は無力化する、
そういうものばかりだと思っていた。
だから、周囲の植物に掛からないようにさえ気を付ければ大丈夫だと思っていた。

いろいろダメにしてからやっと、何か違う?と疑った。

                    

芝生用に限らず、除草剤には、茎葉処理型と土壌処理型の2種類があるらしい。

   茎葉処理型は、茎や葉に掛けたら根っこまで浸透して全体が枯れる。
             薬液は地面に落ちた時点で効力がなくなる。
             植物に掛かったものだけの効果。
  
   土壌処理型は、地面に残って効果を継続して、新しく落ちた種にも効く。
             雑草の発生前、発生初期に使用する。
             傾斜地では絶対に使用しないこと。
             

芝生用にBBが使っていたのは、この土壌処理型だった。
地面に数か月残る除草効果が、水で流れて斜面下側の植物にも影響してしまったらしい。
ほんの少しの傾斜に過ぎないと思っていたけど、傾斜は傾斜だった。

                    

使ってきた芝生除草剤には、除草効果が3ヵ月続くと書いてある。
地面の中に3ヵ月間薬があるってことなんでしょ。
そりゃ溶けて流れて斜面の下にも効くでしょ。
斜面の下にある植物の根っこにも効くでしょ。

ネットの商品ページには、土壌処理型であるとか、
こういう働きをするものだから気を付けろなんて書いてないけど、
メーカーのページには書いてある。
シロートが買う時によくわかるようにしてもらえないかなぁ。

                    

芝生の除草剤の中には、茎葉処理型のもあることがわかった。
ピンポイントで、芝生の中の雑草にシュッと掛けるらしい。
イネ科には効かない。それでも傍の芝生が多少黄ばんだりするが、回復するんだって。

※ 茎葉処理型の芝生用で見つけたのはコレ

一番いいのは、除草剤を使わないで、手で抜くことでしょうね。
BBみたいに”手抜き”じゃなくて。

ウチの芝生は、一昔前に貼ったところと昨年のと今月貼ったところがある。
芝生用の除草剤を使ったのは一番古いところだけで、
この春に振り掛けてから6か月たっている。
地面で働いていた除草効果もなくなったころでしょう、、、と楽観して、
低木が抜けた後に新しく、クチナシを植えた。がんばれクチナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

今朝の名月

今朝四時少し前に目覚めると、ほ~んのり外が明るい。
そう言えば、昨夜は仲秋の名月だとか言ってたっけ。
西寄りの空に真ん丸お月さん。

Photo
昨夜は空を見なかったけど、やっぱりワタシは朝型だな。三文の徳があった気がする。
スマホで自動で写してみた。お月さんと判る程度には写ってる。
ファイル情報によれば、シャッタースピード13分の1、ISOは1250、時刻は3時59分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

梅花空木も

オカメ桜に続いて、梅花空木も季節を間違えてしまった。
9月の雨を梅雨とでも思ったか。

Photo
空木は花と蕾が今は一輪ずつ、
後ろにあるオカメさんは、10輪は咲いている。
ま、適当にやってちょうだい。

気になるのは、オカメ桜の枝の傷み。コケだか何だか、白っぽく汚い。
真面目に対策を考えなきゃね。

この足元には、2週間前に貼った芝生。
早くも根付いたらしくて、少し伸びたように見えるのだけど、
雑草も、ちゃんと伸びてきた。元気良すぎ!

しっかし、あの酷暑を思うと、庭仕事が楽になった。
植物もホッとする穏やかな気候になったってことかしら。

3~4日前には、モズの鳴き声がした。いつもの電線にとまってる。
早いような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

トナリのカキは

隣りの客はよく柿食う客だ、、、なんて大きなお世話な早口言葉だけど、

Photo
うちの場合、隣りの「柿」はよく客に来る柿だ、です。

何年か前に、ダイセンキャラボクを剪定しようとしたら、
崖下になる西隣り宅から崖上のBBの庭へ、
そちらの生垣と路地まで軽々越えてきた柿が覆い被さっていて、困った。

そのときは折よくご主人に出会ったので、お願いして柿の枝を少し切り払ってもらった。
殆ど放置されている柿の木らしい。
敷地内に何本も柿があって、崖の上に延びた柿までは収穫する気も無いらしい。

そして一昨日のこと、
「シルバー」の剪定係氏が困っていた。
キャラが・・・、お隣りの柿が・・・です。
以前切ってもらったあたりが更にサラに繁って、ドドドッとキャラボクにかぶさっている。

普段はまったくお付き合いのないお宅です。
先ずは電話をしてみました。ご在宅で助かった。
モタモタと事情を言ってみたら、出て来られた。

剪定係お二人も一緒に、スミマセン、どうしましょう、と伺う。
ウチの生垣の上で柿を切っちゃってください、とのお返事。
それしかないわけだけど、ドキドキしましたよ。

剪定を仕事とする人は、依頼した家の隣の家の木を切ることもあるんだわね。

切っても、またそのうち越境して、招かれざる客として柿は来ると思う、、、。
木は、切ったら元気になって調子づくんだもん。
本当は、越境する前に始末をお願いしたいところ。・・・言えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

焼却炉はヨメに行く

庭ゴミの処理に重宝してきたMOKIの焼却炉を手放すことにした。

Photo
新しい時はこんなだったのね、10年も前に中古品を買って、
今はもう全身錆びてる。ステンレスだけど錆びるんだわ。
でも使用に全く支障なし。
燃え盛るときは800℃にもなるらしい。
煙が少なく、いい草木灰ができる。

土の地面に直接置いたり、レンガを下に敷いたりして使ってきたものの、
最近は芝が広がって、土が露出しているところがなくなった。
加えて、使うお婆さんはトシをとってきた。
火を使うことはやめよう、ってわけです。
台所だって、ガス火はやめてタイマー利用の電気にしたんだから。

今朝から、庭木の剪定やら伐採のためにオジサンお二人が仕事中。
休憩の時に、焼却炉を貰っていただけませんかと声を掛けたら、
欲しがってるヤツが居る、と、その場で電話をされて、あっという間に縁組成立!

やったね、これも身辺整理の一つね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

オカメ桜も戸惑う?

涼しくなって暑くなって、降ったり照ったり秋の空、早春に咲くオカメ桜が今頃チラホラ咲いてる。

Photo
この後どうなるのかなぁ。寒くなっていくのに気が付いて、もうやめるかな。
それとも・・・寒くならないとか・・・。

Photo_2
酔芙蓉、うっすら頬を染め始めた。どうやら朝の10時頃から一杯やってるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

外国コイン募金のあと

GGが残していった使い残りのささやかな外国通貨を、
夏休みに遊びに来たKOUくんに手伝ってもらってユニセフに募金として送った。
そういう受け入れ窓口があるのをこのトシになってはじめて知ったもんだから。
宛先をもう一度書いておくわね。

       ※郵送または宅配便で(公財)日本ユニセフ協会まで直接お送りください。
       しっかりと梱包し、内容物を明記する際は「メタル」とお書きください。
       送料はご負担をお願いしております。
       [郵送先]
       〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
       (公財)日本ユニセフ協会 外国コイン募金係

コンビニからゆうパックで送った後、
ちゃんと届けられたことを伝票番号から知って、あとは忘れていたら、
2~3日前にユニセフからハガキが来た。受領証だった。

開発途上国の子供たちの生命と健康、権利を守るためのユニセフの活動に
有効に活用させていただきます、と。

皆様からのご支援を受け、1990年時点では、5歳の誕生日を迎える前に命を失う子どもの
数は年間1260万人でしたが、2016年には560万人になりました。

・・・なのだそうです。

                    

終戦直後の小学生だったBBには、ユニセフという存在のかすかな記憶がある。
給食室の廊下の隅に、ホウキなど掃除道具を立てた薄茶色の紙製のドラム缶があった。
そのドラム缶に、Unicef と印字があった気がするのです。

あの缶には、脱脂粉乳が入っていたのではないかしら。
戦後の食糧難にあえぐ小国民を救ったものではなかったのかしら。

給食に出された脱脂粉乳は、ほんのり甘みがあってBBにはおいしく思えた。
多くの人にはとてもまずいと思われていることは知っていたけど。
ほんの数年前に、同年輩の親戚の一人が、ボクもあの粉ミルクは好きだった、というのを聞いて、
味方が居た!なんて思ったくらい、永く僻んでいたのよ。

                    

Photo
秋明菊が蕾。勝手にあちこち飛んで増える花だけど、
集まったあたりに、今年は、雑草など駆除のために除草剤を掛けた。
生き残ったのが居て、ホッ。

Photo_2
古い柘植の木に、今年は実がついている。あれ?去年まではどうだったかな?
あれれ?実があるってことは?、、、、花の記憶がない。地味なのよね、きっと。

1
槿は元気がいいな。5年前に北隣氏がわけてくれたうえBBの庭に植えてくれたもの。
背が高くなった。花が終わったら少し刈り込もう。

Photo_3
わけわからん写真ですな。シマトネリコの木、黄緑色の花がず~っとついてます。
繁殖力が強いから、周囲にお子さんがポチポチポチ。
大量の花が実になって落ちたのでしょう。
落ちる前に、枝をカットしてきたものだけど、枝は再生するし、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

芝貼り終了

お天気に恵まれました。
庭内荒地開墾から地均し、芝の植え付け、
ずっとマイペースで出来てよかった。

出来る限りの不要品除去はやったけど、完璧なんてことは絶対にない。
この後は、余計なものが芽生えてくるのを目の敵にしてチョッキンしなきゃ。
それが楽しみにも思えるのがちょっとおかしい。

Photo
掘っていると、出てくるものは不要のものばかりでもなかった。
毎年よく咲く水仙の球根がたくさん。
もう、白い根っこが活動を始めていた。
この芝生の周辺に場所を決めて埋めてやらなくては。

水仙が終わった後の半年間にも、何か傍にあるといいな。
それを考えるのも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

今朝も元気で

地震も破壊的豪雨も自分を避けて通り、危険な酷暑は普通の酷暑になり、
こんなに平穏に、日々、好きなことだけをして過ごせるなんて、
巡り合わせのありがたさ。

いつか不意にリミットが来るのかもしれないから、今やっておきたいことをやっておきましょ。

今日は高麗芝が届きます。もう配達中の表示。
ここしばらくは地面に張り付いて、掘って捨てるを繰り返し、
その範囲が四畳半くらいかと思っていたら、うちの八畳間くらいはあった。
昨年のこのシーズンもやっていた。
やっぱり、体力が続いたことが一番有り難い。
庭に居なければソファでゴロゴロだったけど。

これで、芝を貼る地面の用意は、ほぼできたわ。

Photo
今朝5時の空。夜明けがだいぶん遅くなりました。
外作業のお天気に恵まれました。

                 

昨日から、窓を開けると、どこやらから肥料の匂いがする、、、。
その前日に北隣家のバックヤードから(ウチの台所の外)
耕耘機の音がしていたから、もしかしてそちら?
自分が庭に居る時は気にならないのに、
閉めて居た部屋の窓を開けると、ニオウ。
それで昨日のお昼ご飯はゲンナリで食べられなかった。

田舎にいるといろいろあるわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

「除草剤だ除草剤だ」方式  切っちゃった柚子は

今朝もハヨから庭内荒地の開墾に勤しみました。
除草剤で上物が枯れた笹とヒメヒオウギスイセンの、しぶとい根っこと球根を掘り出します。
道具は、芋掘りに使う土起こしとスコップと熊手、剪定鋏。

笹は、地中で横につながる頑丈な根っこには到達できず、
仕方なく泣く途中の茎をチョッキン。
笹の多い場所は、芝を貼りたくない。
均して、コンクリ平板の出番か。

掘り進んで既存の芝生の端っこに来たら、
見覚えのある丸みのある石が2個、埋まっていた。

芝の端に石が並んだら、ちょっといい眺めになりそう・・・と、
10年くらい前に置いたのだった。
年々、芝と土に埋もれていくのを眺めていた。そのうち見えなくなった。

芋掘り道具で丸い石を掘り起こして、邪魔にならないところに置いた頃に、
南隣氏が回覧板を持ってご登場。

辺りをぐるりと見まわして、なんだかやってるな…と思われたんでしょ、
もの問いたげなお顔をこちらに向けられる。
要らないものを掘り出してから芝生を少し広げようと思っていることを
話す。   この石もあんたが掘り出したのかい? そーです! 力自慢!

                    

実はこちらも彼に教えて貰いたいことがあって、チャンスを待っていた。
一つは、以前、玄関前に砂利を敷いて突き固めたと聞いていた。
我が家のコンクリ平板を敷く前にも土をとんとん固めるのだけど、
踏み踏み程度でドライモルタルを載せる方式。もっと固めるには、
その道具は?
  ・・・・・奥さんと、ナニカを持ってドンドンッ、・・・・・
そのナニカが、どうしても聞き取れなかった。
生粋の土地っ子の彼は、、、、ネイティブ弁で、、、、。

もう一つの質問、
南隣庭は、メインが広めの家庭菜園で、その周囲は雑草の姿が全くない。
薬にしたくても無い。・・・・・ウラヤマシイのです。

ご夫婦ともにマメに草取りをする姿を見ているから、マメさが一番大事だとは
よくよくわかっているのだけど。

結論! 除草剤だよ除草剤! でした。
それでも少しは生えてくる。それを手で刈って、でも広がって来るから除草剤。

彼は、BBが何やら植え込んで草ボウボウにしか見えない辺りを指して、
全部刈って、次に少し伸びたところで除草剤を撒くといいよ。
ポンプの噴霧器を貸してやろうか?
あ、ありがとうございます、持ってます、いろいろ道具は増えました・・・。

                    

南隣家とウチには同じ古いイヌ柘植の木がある。
土地の所有者が元は同じで、50年も前からそこに在るらしい。
そうして、どちらも同じように木がお疲れの様子。

あの木は50年も経てば枯れるものらしい、とどちらも諦めながら、
木の足元をよく刈り込んでやるといいよ、とアドバイスをいただいた。
やっぱりね、ボウボウに気が付いたのが昨日だもん。
昨日と今朝、ちょきちょきやったけどまだまだ。

                    

Photo_2
ウッカリ切り落とした未熟の獅子柚子。
これから中身が大きくなっていくんだったのにね、ワルカッタ。
皮とわずかな実を刻んで冷凍。
薬味になってもらいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

おカエルなさい

アップに耐える顔だと思います。

Photo
昨日の朝6時頃に、このスタイルで玄関ドアに貼り付いていたコ。
10時半頃に出かける時も、4時近くに帰って来た時も殆ど変わらずこの位置、この表情。
何故? 飾りになったつもり? 弱ってる?

フッと息を掛けたら身じろぎするんだけど、ま、蛙の顔にナントカ、っていうくらいで。
頭を撫でてやりたくなったんだけど、逃げちゃうとつまらないからやめた。

一夜明けたら居なかった。

                    

一夜明ける前の昨日の夕方、
サガワのオジサンが芝用の床土を配達してくれた。
多分20キロ余りある。
重いものを通販で買った時の配達は、大抵サガワのオジサンが来るから、
こんな会話になった。

   オジ  この頃、石はどうしてるの? (舗装用のコンクリ平板のこと)
   BB   余ってる・・・ (本当はすぐに使うつもりでスタンバイ中なんだけど)
   オジ  そーっかぁ、よかったぁ
   BB   いつも重くてごめんね

あと10日もすれば高麗芝を配達してくれるのも彼だと思うんだけど、まだ黙っとく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »