« イキシオリリン・オーニソガラム球根植え付け  モッコウバラ蕾 | トップページ | シマトネリコ伐採  スナップエンドウの花 »

2019年3月23日 (土)

クヌギ切り株の跡  ムスカリ  チューリップ蕾

Photo_3
ドングリ一粒から高さ5mまでに育ったクヌギ、
大きくなりすぎたのがアダになって3年前に根こそぎにした後、
切り株に除草剤を掛けておいた。
萌芽力が強い木だから再生してきそうな気もして、
それはそれでなんとなく嬉しいけど、やっぱり困りそうで。

 

 

クヌギの跡とその周りに、草花の種を蒔こうと草刈りを開始。
黒々とすっかり枯れて脆くなったと見える切り株は、
地面の下にはナマの木の色を残していた。
直根タイプの木だけど、横に張った根もある。
出来るだけ土の中から掘り出して始末したい。

 

刃物を当てると、モロモロと脆くはあるのだけど、生々しい木の色。
いつまで生きているのかしら。この状態でも生きているというのかわからないけど。
電鋸で根気が続くだけ切り取った。(根気はすぐに尽きる)
細かくなった元根っこは、土に混じってコヤシになってくれないかな。

 

土を均して蒔いた種は、宿根タイプの白いカスミソウと、ブルー系の混ぜこぜ草花。
育つのかどうか・・・。
このところ、球根を何種か、挿し木も何種か、
調子に乗ってやってみた。
Photo_2
手はじめはムスカリだった。花茎が伸びてきた。

Photo_1
冬を越してきたチューリップはつぼみが膨らんできた。

 

 

 

 

|

« イキシオリリン・オーニソガラム球根植え付け  モッコウバラ蕾 | トップページ | シマトネリコ伐採  スナップエンドウの花 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イキシオリリン・オーニソガラム球根植え付け  モッコウバラ蕾 | トップページ | シマトネリコ伐採  スナップエンドウの花 »