« ラベンダー定植  ネモフィラ種蒔き | トップページ | オカメ花盛り ・ 「挨拶回り」その後 »

2019年3月 6日 (水)

あぁ沈丁花 ・ 挨拶回り

Photo
今年、ウチの庭には沈丁花の香りが無い。
本当に残念なことに、昨年、急に傷んでオシマイになってしまった。
原因はたぶん、近くのしぶとい雑草に除草剤を掛けたのが影響したのだと思う。
気を付けたつもりだったけど、気を付け方が甘かったんでしょう。ホントニ残念。
今、通り掛かったよその庭からこの香りがすると、つい立ち止まって、
鼻の穴を開いて深呼吸。

また一本買ってこようかと迷ってる。
沈丁花は案外気難しいところがあるから。
新しく植えてそのまま根付いたことが無い。
同じ場所で何故か2本目で根付いたということが2~3度あるし、
形を整えようと剪定してもうまくいかないと聞いたこともある。

それだけに、上手く育って花が咲くと格別嬉しいんだけどな。
とっても好きな香り。
受験の頃を思い出させる胸キュンの香り。何十年前だ?

                    

昨日のこと、町内のおヒトのご訪問あり。
苗字を名乗られて、そのお名前ならたしかに町内の名簿にあった、
お顔も、一度は見たことがある気がする・・・・というところ。
小さな集落だけど、BB自身がトシをとっての新参者なので、
皆さんのことを全然覚えきれてない。

ご長男が結婚されたそうで、新婦さん同道でお披露目の挨拶回りをされたのだった。
新所帯は当分東京住まいらしい。
BB宅にまでご丁寧にと恐縮したが、
更にご丁寧なことに、商品券とお菓子を頂戴した。

帰られた後、少々茫然。
何軒回られるのか知らないけど、大変な出費の御挨拶だなぁ・・・
この辺りではこうするものなのかしら・・・・。
ご結婚のお祝いを、どういうふうにしたらいいのかしら・・・

BB自身の50年位前のことを思い出してみた。
オットットの実家は瀬戸内の古~~い町。
姑が私を伴って近所と親戚数軒を訪問した。
ご挨拶だけ、金品の贈り物無しだったと思う。
親しい親戚宅で頂いたお茶がとてつもなく美味しかったのを今でも覚えているけど。

BBのチョーナンが結婚した10年位前は、彼は既に家を離れていたし、
新世帯も遠いしで、BB宅まわりのご挨拶はしなかった。
集合住宅独特のあっさりした近所付き合いだったし。

さぁて、こんなときは両隣のどなたかに教わるのが一番。
一晩明けて、外出から帰って来た時、タイミングよく
南隣氏が庭先に出ているのを見つけた。

彼の話では、こういう頂き物は頂きっぱなしでいい、
お返しだのお祝いだのはしなくていい、そうで。

これまでも、長男が結婚した、という挨拶回りは受けたことがあるけど、
金品無しの、挨拶だけだった。こんな丁寧なことは初めてだよ、って。

親がトシをとったら今度はその長男が町内の集会などに参加することになるから
そのために予めお披露目。
納得。
農家が多くて代々住む家庭の多いこの辺りでは、
「跡継ぎ」を認知してもらうのは大事でしょう。

こんな丁寧な「ご挨拶」を頂戴しては、ビンボーニンとしましては落ち着かない。
でも、・・・・・頂きっぱなしにします。
今度お逢いした時にお礼を言えばいいのだそうで。
あれ?お顔をおぼえていられるかな?

|

« ラベンダー定植  ネモフィラ種蒔き | トップページ | オカメ花盛り ・ 「挨拶回り」その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁ沈丁花 ・ 挨拶回り:

« ラベンダー定植  ネモフィラ種蒔き | トップページ | オカメ花盛り ・ 「挨拶回り」その後 »