« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月28日 (火)

梅花空木  電車に乗るチョウチョ

2_2
咲いてる本人はどう思ってるか知らないけど、
好きだなぁ、この花。植えてよかったと思える。
写真撮るのが難しいね、白っ飛びするし。
もうちょっと横から写して、美人の横顔ふうに見るほうが良かった。

                     ✨
  

Photo_30

向かいの席は、チョウチョさんの一人旅でした。
風が強かったからね、ちょっとラクチンで行こうと? 

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

芝生除草剤  チューリップ掘り上げ  ミニトマト苗  紫陽花  

いきなりこう暑くなってはイケマセンが、晴天続きは有難い。
朝もハヨから庭に出る。

昨日迄に芝生の刈り込みを済ませておいた。
雑草もろともボッサボッサに伸びていたので、電動の刈り払い機でブンブン。
日頃から手入れを真面目にしていたら、芝刈り機を刈り高5センチにセットして
芝刈り機を押して回ればいいのだけど、
伸びすぎた芝は抵抗が強くて、電動でも力が要り過ぎ。ババには無理だった。
Photo_29

芝刈り機と違って草刈機では、ブンブン刈った刈り屑はそのまんまそこに在るから邪魔。
熊手で掃き寄せる、これがまたひと仕事。暑い時にすることじゃない。
雑草もろともであっても、取り敢えず見た目は均一に近い芝生に見えて気分はよろしい。
その雑草をこれ以上のさばらせないために、芝生用の除草剤をシャーシャー。
この除草剤は「茎葉処理型」。
以前は土壌処理型との区別が必要なのを知らずに、
土壌に残留する成分がやや傾斜のある芝生の下側にあった灌木類を根からダメにした。
ま、失敗だらけの庭ではあります。

終わった時が朝9時前だけど、お日様は既にカンカン。あち~ぃ・・・。

Photo_25 
チューリップの葉が黄色くボロクなったので球根を掘り上げ。
植えた時は50個だったのに、どうも数は減ってるみたい。
皮だけになったのもある。仕方ないね。下手なんだから。

Photo_27
スナップエンドウが終わったプランターに、ミニトマトの赤と黄色を一本ずつ、
バジルも添えて、お力添えを頼む。
土には、虫除けにオルトラン粒剤と、既成の粒状堆肥とリンカリ肥料を混ぜた。
孫くん達の夏休みにはできてるかな。

Photo_28
紫陽花がボツボツ。
梅雨時に似合うのは確かだけど、こんな暑い日の朝早くも、涼し気でいい。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

苺ショボショボ豊作

Photo_24
あたしンちとしてはこれだけの数のイチゴがいっぺんに収穫できたのは豊作!
チビチビ小さくて、甘みも大したことなくて・・・イヤ、ちょっとは甘くて
真っ赤になったし。
せっかくだから子供達に食べさせたいけど、電車に乗って持って行くほどでもなし、
一人でちょっとめげながら、ちょっと嬉しく、つまむのです・・・・。
スナップエンドウの名残りがプランターにちょっとだけあったから添えてみました。

ウーン、これじゃぁ、少しは食べるものも作ってますとも言えないなぁ。
でも、イチゴはまだまだ葉っぱの陰にスタンバイ中・・・。
トマトの苗は少し大きくなった。

| | コメント (2)

2019年5月11日 (土)

今年も真っ赤なドレスで

2019_1 

ボ~ッとしてる間に もう一週間前のことになった・・・。
忘れちゃもったいないから書いておこう。
このところ、春のゴールデンウイークの一日に欠かせなくなった楽しみ、
ラフォルジュルネです。
今年も、一番の目的は前橋汀子さんのバイオリン。

曲は、モスクワの思い出・ウィーン奇想曲・中国の太鼓・ユモレスク・ハンガリー舞曲一番ト短調、
   ツィゴイネルワイゼン。 どれも親しみ深い曲ばかり。
その上、ラフォルジュルネでは珍しく(だと思うけど)、アンコールに応えて一曲、
愛の挨拶を弾いてくれた。
退場する時、袖際でくるっと向き直って挨拶をしてくれるのも彼女のステージの名残り惜しさアップ。

汀子さん登場の時、今日のドレスの色は?と想像してみた。
初めて見たステージの時の、真っ赤なドレスが素敵だったから。
おトシがBBと同じ1943年生まれでこんなにエネルギッシュな活躍を、
それも、誰もが親しんできたクラシックの名曲を楽しませてくれる人。

今年も、予想通り、真っ赤なドレスだった。何故か嬉しくなる。

                    🎶

午後の汀子さんのステージの前に、朝一つと昼頃一つのプログラムを入れておいた。
さすらいの音楽:ロマ&クレズマー*バラライカ と題して、シルバオクテッド。
  バラライカってどんな音色なのかなという興味と、何よりロマ音楽が好きだし。
  ロマの哀調を帯びていたり楽し気だったりする民族音楽を、
  メンバーは時には剽軽な振りを入れたり楽器をくるっと回して見せたりして盛り上がる、
  見て聴いて気分も盛り上がって、手拍子を打ったり体を揺らせたりしたかった・・・のだけど、
  会場はシーンとしてるのね。口火を自分で切る勇気はないし・・・。
  なお、バラライカってマンドリンに似た音だったわ、三角型のマンドリン。ロマに似合ってた。

その後に、バイオリン協奏曲を一つ。
はじめのロマ音楽が終わってから15分後に別のホールで始まる。
その開演時刻に、自分の移動が間に合わなかった!

15分あれば、余裕って程ではなくても大丈夫だと思ったのが甘かった。
ロマのバラライカを楽しんで、カーテンコールも2回まで拍手を続けて、
慌てて出たんだけど・・・・。トイレに寄ったのが間違いか?
開場整理係さんに導かれて適当なタイミングで席に着くことはできたけど。

やっぱり去年より確実にバーサン度が進んだのを実感。
でも、来年もぜひ、汀子さんのステージを見て元気をもらいたいな。




  
  

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

苺さま

Photo_22
苺の苗を5株、  植えたのはいつだったっけ…、花が咲いているのを買った気もする。
去年かな?去年はうまくできないまま放っておいて、
この春になってみたら意外に元気に見えた。もしかしたら、やる気になった?
苺がその気なら、とリンカリ肥料をパラパラ撒いておいた。
気に入ってくれたと見える。

気温が上がるにつれて、花数が増えて、葉っぱも伸びて、
実が次々にできて、小さいけど赤くなったのもある。
そっと裏返したら、下になっていた方は白い。
ってことは、良く陽が当たった方がいいってことなんだわね、、、と、
色が変わった葉や枯れた葉や雑草を毟った。

茂った葉をかき分けてみたら、隠れるように実が幾つもある。
多分、これにもまんべんなく陽が当たるようにしたらいいんだろうな。
さて、どうやったらいいか。

なるほど、、、。5個の苗をま~るく並べて可愛くしたつもりだったけど、
それじゃぁ陽当たりが問題なんだわ。陽に向かって一列にした方が良かったのかぁ。

よく太った真っ赤な甘い苺がたくさん生るといいな。
そうしたら子供たちと孫たちの口に入れてあげたいんだけどな。
そう簡単にはいかないんだろうね。
泥縄式で今から手を掛けてなんとかなるものかしら。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

鯉幟  アケビ始末

2019
鯉幟のポールと矢車の準備は、4月中に子供達が済ませてくれていたけど、
庭に立てて鯉を泳がせるのはやっと今日、子供の日になった。
晴れてよかった。

                    ✨

フェンス沿いに植えた目隠し用の木を伐採したのをきっかけに、
繁り過ぎになりがちなものを根っこから始末する気になった。
手に負えないのがもう現実になってきてるから、庭の終活。

今日は、アケビを2本、根元から切って切り株に除草剤を掛けておいた。
2種類植えれば実が期待できるらしくてそうしておいたけど、
まだ実を見ないうちにオシマイ。

その周囲の、背が高く繁ってしまった雑草も刈り払い機でざっと刈り、
除草剤を掛けた。
うまく枯れたら、そのあとはドライモルタル利用で30センチ角のコンクリ平板を敷く予定。
その場所は一応平板を敷いていたのに、モルタルを使っていなかったから
土を被って雑草に埋もれていた。

 

| | コメント (4)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »