« 紫陽花どき | トップページ | トマトに雨除け »

2019年6月18日 (火)

万里の一歩

Photo_35
雑草が生える面積を少しでも減らしたくて、砂利と平板を敷く。

これまでも、平板を敷き詰めて通路を作ってみた。
下地の土を均してドライモルタルを敷き、その上に平板。
モルタルを水で練り混ぜる重労働はしなくても、
雑草が入り込む隙が無くて、
土を被って沈んじゃうってこともなくて、味をしめた。

孫のYOU君も手伝ってくれたし、一人の時もボツボツと、
時間を掛けてなんとかこなせた。

さて今年は、もう30センチの平板の重さが辛い。ラクをしたい。
踏み石は、敷き詰めじゃなくて飛び飛びでいけば数が少なくて済む。
他に何か軽い素材はないかなとネットをうろついて、
軽い砂利、ってものが見つかった。
知らなかったなぁ。

軽い砂利も、ガラスを砕いて加工したものがあったのだけど、
試しに買ってみたら粒が大きすぎるし、真っ白の粒と茶色の粒の混ざったの。
これは好みじゃなかった。

もう一つ、天然の石の軽いの。
軽石のままとはちょっと違うらしくて、発泡させたかな、そんなもの。
売ってるサイトでは、その砂利の上に10円玉を置いて、
色とサイズがわかるようにしてあった。こんなのが欲しかったのだわー!

もう、計画を立てるところから材料を買うまででもテンションが上がる。
軽い砂利メインで、ポツポツと平板の飛び石、でいこうか。
平板は、庭のあちこちに使ってその後土に埋もれていたのを掘り出す。
ここからコッチを回ってアッチまで、
広くやっておけばそれだけ雑草から解放される・・・ハズ。
今の体力では万里にも思えるけど、
またボツボツいこう。

草刈りやらデコボコ均しやらの後、
やっと今日は軽い砂利の袋10リットル一つオープン!
ホームセメントって、10キロのドライモルタル一袋。
軽い砂利は雨や風で流れたり飛んだりするというレビュウを見たので、
砂利を拡げてからモルタルと混ぜ混ぜしてみた。
その上からホースのジョロモードで軽く散水。
今日の距離、70cm位。
うまくいきますように!

そうそう、庭仕事中にホトトギスの声が聞こえた。これはこれは夏担当さん。
鶯と同じように氏神様のある丘から聞こえてくるのかな。
春担当の鶯も健在で、朝、東向きの窓を開けたら、
タイミングを合わせてくれるみたいにトッポジージョ!と聞こえる。

 

 

|

« 紫陽花どき | トップページ | トマトに雨除け »

雑草対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫陽花どき | トップページ | トマトに雨除け »