« 梅雨時の旅 | トップページ | ケンケンパッの踏み石 »

2019年7月15日 (月)

南京ハゼとナニワイバラの剪定

Photo_20190715161502
連日降ったりやんだり、陽が射す時間は極端に少ないのに、
伸びてほしくないものまで伸び伸び、庭中が緑の塊。
そういえば、日照の少ない北欧の人は背が高い、、、。

伸びすぎた枝をちょん切る作業は、やる気が出る。
育てるのは下手でも、切るのは好き。

玄関前の短い生垣をバッサリと、
途中でパラパラ降られながら。

ここは南京ハゼとナニワイバラを混植。
春に咲いたバラがシュートを元気よく突き出してきた。
地際を見ると、世代交代らしいシュートもある。
それは活かして、傍の古い枝を切ってしまおう。
ごつごつ固そうで太いから、電鋸を使おう、また今度。

南京ハゼは伸び盛り。毎年、夏までに2~3回は切らないとジャングルになる。
邪魔でうっとおしいだけではなくて、バラに日当たりが悪くなるし。
切ってばかりだから、花や実を見たことがない。
ここに植えたのは街路樹の実生だったんだけど。

Photo_20190715161501 
ミニの黄色いトマトがチビチビと食べられるようになってきた。
陽がちゃんと射さないと、ひ弱に育つんじゃないかなぁ。

|

« 梅雨時の旅 | トップページ | ケンケンパッの踏み石 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨時の旅 | トップページ | ケンケンパッの踏み石 »