« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の記事

2020年2月25日 (火)

梅と桜にウグイス

3
手前のピンクがウチのオカメ桜、
奥にはお隣りの豊後梅、競演中。
いつも、上手く撮れない。

Photo_20200225105101
ウチのオカメ桜。
去年の台風直後に一花咲かせてしまって疲れたと思うけど、
暖かくなってきたらなんだか元気いっぱい。
いつもよりたくさん花がついてるみたいなんだけど、
大丈夫なのかな・・・。

10年近く前に、ギンヨウアカシアが爆発的に花をつけた後、
精根尽き果てたように木全体が、終わってしまった。


今朝10時半過ぎに聞こえた。
ウグイスの声! ちゃ~んとクリアにホ-ホケキョ!
氏神様の岡に居そう。

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

咲き始め・・・オカメ桜・黄梅・オニソガラム

Photo_20200220210001
オカメ桜が咲き始め。

Photo_20200220210002
背が高くなった木全体に蕾がたくさん。

でも、「桜を見る会」は見送り。
新型コロナウィルスが怖い後期高齢者だからね。


Photo_20200220210004
黄梅も咲き始め。
盆栽だったものを窮屈な鉢から解放してやって地植えにしたもの。
ノビノビして株がどんどん大きくなるかと期待したけど、
のんびりゆっくりやってます。
5年前は1月には咲いていた。

Photo_20200220210003
オニソガラムも地面に貼り付くように咲き始め。
去年の夏も秋も、この球根のあたりは猛烈な雑草天国になっていた。
こんな華奢な花が生き残っていてよかった。

Photo_20200220210005
雑草もこれくらい可愛いと生えてもユルス。

 

| | コメント (2)

2020年2月 9日 (日)

柚子再生の仄かな希望  マユミ・ナニワイバラ・ブルーベリー・馬酔木・西洋石楠花 

Photo_20200209162402
ちょうど5か月前の9月9日、台風15号で根こそぎひっくり返ってしまった柚子、
諦めきれずに、場所を変えて支柱を数本添えて植え直した。
トゲまで殆ど鼠色の枯れ木と化して立ち尽くしてきたけど、
今日も枝の先々までご機嫌伺いをしてみたら、

何本かのトゲの先が鼠色ではなくて・・・
モシカシテ・・・ひょっとすると・・・
こういうふうに再生していく?
ホントにそうだったらいいな。

 

Photo_20200209162401
檀の新芽、あれれ、もう誰かに齧られてる。

 

Photo_20200209162601
ナニワイバラ


Photo_20200209162603
ブルーベリー

 

Photo_20200209163201
馬酔木は蕾が膨らんできた


Photo_20200209162602
西洋石楠花、調子よくないね、何か薬が要りそう。

お天気の日は、陽射しがキラキラ光る気がする。
今日も風が冷たいけど。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

スナップエンドウに蕾  リンカリ肥料ばら撒き

Photo_20200207225701

スナップエンドウに蕾発見。これからが楽しみ。

蔓無しのタイプとは言え、蔓は出てくる。
エンドウ豆の仲間を作るときにいつもするように、
笹を切ってきて支柱代わりに添えてある。
笹は庭のあちこちにうんざりするくらい生える邪魔者

たまには役に立ってもらいます。


これから伸びるエンドウ豆に、リンカリ肥料を。
足元の土を引っ掻いて混ぜる。

これまでに実をつけてくれた獅子柚子やブルーベリーにもリンカリ肥料。
枝が広がった範囲の地面に肥料をばらまいた。
柚子もブルーベリーも、それに柿も。


肥料を撒く範囲の半分近くは防草シートと砂利で塞いでしまった。
シートは雨水を通すから、肥料が液体なら
シートの下の地面にまで浸みていく筈、と希望的解釈、
ばら撒いた粒々の肥料も雨で溶けて浸みていくでしょ、ということにした。

花が咲き始めた沈丁花には、
植える時に油粕と骨粉と自家製の土を混ぜた。
沈丁花はデリケートだから、しっかり育つかどうか気になる。
細根が出にくいのだそうで、メネデールをかけておこうかな。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

ヤブランの実  覆輪沈丁花

Photo_20200203191802
ヤブランに実が生ってるよ~と、
気付かせてくれたのはてんとう虫でした。

Photo_20200203191801
覆輪沈丁花咲き始め。もうそんな季節?

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »