カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年6月23日 (金)

百歳体操続いています

お寺の座敷でスタートした体操の会が半年を越えて続いています。
メンバーは、地域の有力者らしいリーダーさん以外は、女性ばかり10人ちょっと。
初回はお寺だったけど、背もたれ付きの椅子が必要なことがわかって、
全員分の備えのある集会所に移った。
窓からは周囲に広がる田圃が眺められる。
イネがもうだいぶん伸びてきた。
 
              sun

手や足に錘をつけて上げ下げする筋トレを、
ラジカセの唱歌に合わせて自分たちも歌いながらするのがミソ。
歌うのは、息を詰めてやらないようにするためだそうで。
これがスローテンポで、だからじっくりやんわり筋肉に効きそうぅ…
 
集会所はもちろんお婆さんの体操以外にもいろいろ使われる。
氏神様のお祭りが7月にあるそうで、太鼓の練習などの準備が始まったらしい。
大太鼓小太鼓などがフロアに出ているので、
椅子を並べて手足を伸ばす余裕がなくなり、
お祭りが終わるまではと、またお寺の座敷に移った。
 
 
背もたれ付きの椅子は、その後ろに立って、背もたれに軽くつかまって
足を横や後ろに上げるため。
でも、お寺じゃその数が足りないから、数人は代わりに柱に掴った。BBも。
 
 
体操の最中に、お寺の庭仕事のために作業服のニイサン達が登場。
庭から座敷を眺めて、笑ってる。
そりゃぁ素敵な眺めとは言えないでしょ。
婆さんばかりだな、とでも笑ってるか、と思ってたら、
その婆さんの一人が言ってくれた。
 
   犬がしょんべん垂れてるみてえだもんな。
 
あ、電信柱に足を挙げるお決まりのポーズね。
ちなみに、その言葉は標準語に大変近いから、BBにもソク理解できました。
フツウ、半分もわかればジョウトウなんだけどね。

なのに、けっこう親しくしてくれて、馴染んでいます。
帰り道に、畑の横で休憩していたツルネエサンに、
久しぶりだったのでちょっと嬉しくて挨拶したのだけど、
ネエサンもニッカリして何か言ってくれたのだけど、、、あ、、、
 
               sweat01
また来週も、イヌションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

誕生日ですよ~~~

本人不在なんですけど。
今日は亡夫GGの誕生日。
写真に向かって、おめでとうを言いましたよ。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

ご飯を作ること そのお金を稼ぐこと

今日は一日中けっこうな雨降り。
図書館から予約した本の用意ができましたとメールが来てるんだけど・・・。
新聞の書評では、すっごく可笑しいから電車の中で読まない方がいいと書いてあった本です。
明日行こ。

・・・と、働きもせず、グダグダと、ありがたい身分だと思います。
ビンボだけどね。
若い頃ちゃんと働いたおかげと、
ちゃんと働いてくれたGGのおかげで、
今もこの riceball 程度のご飯は食べられます。
これ restaurant はめったに無いわね。 これ beer とか これ wine は全然無いわね。

                   bud

自分の子供達がまだコドモだった時から、時折り言い聞かせていたことがあります。
自分の食べるご飯を作れるようになること、
そのためのお金を稼げるようになること、
それが大事!

ま、親の言うことは右の耳から入って左へ抜けるものかもしれないけど、
孫達を見ると、少しは受け継がれてるかなとも思う。
高校生の孫は、休日の部活のお弁当は自分で作ると聞いた。
中学生の孫は卵焼きを上手に作る。目玉焼きだけじゃなくてバリエーションあり。
小学生は目玉焼きの焼け具合のリクエストも聞いて作ってくれる。
オヤ、ばーさんの孫自慢だね。
調理レッスンとしては卵は格好の材料かもね。

 

もう何十年も前の、新聞に出ていた記事が忘れられない。
おばあさんと2歳の孫が、二人暮らしをしていた家で、二人とも遺体で発見されたと。

おばあさんは病死、2歳の子は餓死だったとか。
おばあさんがなくなった後、その子は食事をとることができなくなったらしいと。
冷蔵庫に食材はあったそうな。
食材はあっても、火を通さなきゃいけないものじゃ、2歳じゃ無理だったわね。

子育てって、赤ん坊を一人の大人にすることだけど、
その前にともかく、少しでも早く、自分で食べ物を調達できるようにすることなんだと
その記事を見た時から思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

・・・キュウリです

・・・南隣り夫人から、今日もキュウリが届きました。10本・・・

雨が降らないから皮が固いけど、食べて・・・って。

彼女のことを、心配した方がいいのかしら・・・
そんなことはない?ただキュウリが出来過ぎるだけ?

shine追記です

おととい8本頂戴して今日はよく見たら11本だった。うち一本はおとといボリボリ齧って、
今日は差し引き18本になったの・・・

18本全部、スライスしました。scissors
干したり漬けたりしようと。
手がジンジンしてる。血行が良くなったのでありましょう。良いことでありましょう。

今、ザル三つで風に吹かれてる。
お天気は明日から下るそうな・・・

shineshine追記その2です

薄切りキュウリを2時間ほど外で干したら少しシンナリした。
炒め物にもいいらしいから笊一つ分はそのままで冷蔵庫へ。
あとは、甘酢ベースで、リンゴとキュウリ、ミョウガとキュウリ、
ワサビとキュウリなどの浅漬けを作って冷蔵庫へ。

当分、自分ちのキュウリ畑に行きたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

頂きキュウリ

昨日の今日ですが、、、
南隣り夫人がもぎたてをさっき届けてくれました。モトイ : ・・・くださいました。
「 つ 」も「 し 」も「 ― 」もあります。

Photo
参ったねっ、一番長いのは32cmありますっ
8本もありますっ
花もついてますっ

丸齧りしたいと言ったら、長すぎるから刻めと言われました。
うん、たしかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

カタカナで歌います

マイクが、マイクだけが、↓こんなのが用意されてます。照明はナシね。

Photo

窓の外は駅前通り。

下の方には100円ショップや家電量販店も入ってるビルの部屋から、
通りの向こう側の、ビルの屋上の、大きな広告塔に向かって、
マイクでひとりずつ歌います。

オー、プリーズ、ダイアナ~~。
前回までは、
グバイジョー ミガーラゴー ミオマイオー でした。 これ、ジャンバラヤです。
楽譜に鉛筆で、me gotta go のところに、カタカナでミガラゴーと
読み仮名をつけておきました。
and は ただの ン だったり。

中学生の時に、英語の教科書にカタカナで読み仮名をつけたっけな・・・
今だにおんなじことをやってるわ。

来月になったら、ム~~ン リバ~~ です。

外に向かって伸び伸びと胸と喉を拡げて歌うといいんですって。
向こう側のビルの窓からこっちを見る人は、なんだ?あれは?・・・かな。

先生は40代前半の女性。
彼女はまだ生まれていなかった時代の歌を指導してくれます。
どんな気分なのかなぁ。
音源は世にあふれているから、ネットなどで様々に聴いて知識の蓄え豊富みたいで。

生徒は中年以上、女子3人の男子5人。たぶんBBは最高齢。
この年になってからいろんな教室やサークルに首を突っ込んだけど、
不思議と、メンバーの性別は偏るんだわ。

写真は圧倒的に男子揃い。
実用書道なんて全部女子。
そこへいくと、このクラスはミックス。

性別で好みの違いが、やっぱりあるものかしらね。

そういえば、花を育てるより敷石の敷き方とかモルタルの入れ方とかに興味津々なので、
お隣り夫人から、オトコ?と言われた。芯がオトコなんじゃない?って。
オンナだけどオトコ、宝塚みたい、と言ってくれたから、
そうなんだよ、キミ、とお返事しましたわ。

ジジもババも似たようなもんだと思うけど。

おっと、もう一つそういえば、今年は彼女のコーラスサークルの発表会がある年かも。
一昨年はカッチーニのアベマリアに泣かされたっけ。
もう泣くもんか・・ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

あるじ無しとて

菅原道真さんなら梅の花なんだけど、あたしンちのすぐ近くの主不在の家には、
今は、紫陽花とバラとカラーが咲き、寒い時は蜜柑の仲間が生り、「春な忘れそ」を守ってます。

おじいさんとおばあさんの暮らしだったらしいけど、相次いでなくなったそうで、
何年も無人のまま。

Photo
かわいく咲くのが可哀そうな気もする。
手入れに来る人も居ないようで、大藪状態。
ん・ん・・・、そうなるよねぇ・・・
まっ、それも仕方ないね。

いやいや、いらぬことを考えずに、できる間は庭仕事でもマジメにすればいいんだけど、
なんだろね、今日のこの風の強さは!
梅雨入り宣言にもめげずにせっかく晴れているのに、
木の枝の揺れ具合を見るだけで、キビワルくて外に出られない。

こんな日は、ネットでウインドウショッピング。、、と言いつつ、
見るだけで終わらなかった。
洗濯機の糸くずフィルターと、洗面台下の棚を買った。あんまし、面白くもないわね。
もっと楽し気なショッピングはしないのかね・・・

明日は八幡様のお掃除。
信心はしなくても、この土地に住むからには義務みたいなものね。
草刈り鎌を持って集合です。

でも、さっさと作業して帰ったら、レンガ並べたり、モルタルを練ったりするんだもん。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

雑談の聖地 変化

新聞の受け売りです。京都の都タクシーが、
運転手が雑談をしないサイレンスタクシーを導入したそうです。

行先などを確認後は黙ってハンドルを握り、静かな空間を提供する、と、
300台のうち10台で試行。その車内には、趣旨を表記した「試験中です」の掲示。

BBとしてはサンセ~イ!です。
会話でもてなしてくれなくていいよ、それより安全運転に集中してくれた方がいいな、と
これまで幾度か感じていた。喋る運転手さんで危なかったことはないんだけど、
彼のおしゃべりに付き合うのが煩わしいことは多い。
公共交通不便な所に住んでいるから、タクシーは時々、重宝してる。

この記事を書いた新聞の女性の編集委員さんは、美容院も雑談の聖地、と書いている。
彼女が初めて行った美容室でアンケート用紙を貰ったそうで、
美容師との会話を望むかどうか、という質問があったんですって。
いいことを聞いてくれるね、とBBは思った。
おもてなしのつもりか、各種話題を振ってくれる美容師さんは多い。

                tulip

BB自身は、髪のカットは自前でやる方でした。
夜中でも美容室が休みの日でも関係ない。
何より、美容師さんから話しかけられる心配がない。それが大きい理由。

40歳台で突発性難聴になってひと晩で片耳の聴力を失って以来、
いろんな音がする場所で個人的に話しかけられるのが大の苦手になった。
自分に話しかけられているのかはっきりしない、何を言っているのか聞き取れない。
とても落ち着かないものです。
ちょっとはカッコウつけなきゃならない式の前日などは美容室に行くけど。

今年の正月に、そうやってたまには行かなきゃならない美容室を、
近場で開拓しておこうと思った。
改まった席に出る回数は少ないけど、鋏を握るのに大事な右手親指が不調だったし、
今後、自分でやるのがメンドクサ、誰かにやってもらった方がラク、のときは来るから。

最寄りの駅の近くのスーパーの二階に、地味~な美容室があった。
おしゃれ感なんてゼロに近い。
でも、いいのよ、ワタシ自身がそうだもん。

ついてくれた美容師さんに、美容室が苦手で、これまでほとんどカットは自分でやっていたことを言った。

彼女は、どうして美容室が苦手かと尋ねる。
自分の聴力のことを話した。聞き取りずらいから話がちぐはぐになるのがシンドイ、って。
彼女の返事は、「そういう方もいらっしゃいます、分かりました。」

・・・で、今日はそれでもいらっしゃったんですね、何かお出掛けでも?
イエ、お正月だからちょっとはきれいにしてみたいですもん、ってことで。

それ以来、毎月そこに行ってる。行ったときに次回の予約もする。
美容師さんを彼女に決めて。
ホントに、必要なことだけを聞こえる側の耳近くで話しかけてくれるだけ。

他のお客の喋り続ける声やドライヤーの音などはするけど、
その声や音の中に、自分に関係のある音や声が無いとわかっていればいいわけで。

                tulip

こうして、ほんの一言で、心配のない美容室を確保できた。
お金は払わなきゃいけないけど、そこそこまともな髪にしてくれるから「ラク」をとった。
自前カットの妨げになりそうだった親指の不調は2月に手術してもらった。
もう、その指に普通に負荷をかけられるまでに回復したけど、カットはしない。ラクがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

備蓄食品を更新

先月のこと、パンが食べたいのに、無い。
災害備蓄用にしまってある缶詰パンを思い出した。
パネトーネ種とやら、ほんのり甘くてお味はグゥなのは以前試食して知ってる。
チョコ入りとかフルーツ入りとか、3種類を10缶くらいとってあった。

食べちゃったら補充しなきゃね・・・と、取り出してみたら、
あらま、賞味期限が1017年5月だった。幸い、毎日食べても5月中に終わる時でよかった。
毎日食べました。

ついでに、保存してあるものを確かめたら、
パックのご飯は2月まで、カップスープが4月まで、カップ麺が5月半ばまで、
頂き物の中華のレトルトおかゆが6月半ばまで。
どれも数は少ないけど、ご飯5パックなんて、捨てるのぉ・・・?勿体ない・・・

そういえば、5年保存の水2Lボトルが2ケースある。12本。あれも確かめなくては。
以前にも水の期限が切れていたことがあったっけ。
そのときわが息子は、きれいなお水でお掃除しなさい、なんて言ってた。
どうしたっけね。

もう一つそういえば、このお正月だったかな、孫のKOUくんが、
冷蔵庫にずっと置いてあった小瓶のシナモンパウダーの期限が
とっくに過ぎているのを見つけてくれた。

そのときわが娘は、すっかり乾燥してきてるってことだから大丈夫、と
シナモントーストだかフレンチトーストだったかを食べたような・・・。
それ以来、時々、賞味期限を確かめるようになったんだけど、
備蓄食品のことは忘れていたんだわ。
いや、あれもこれも、いろいろ忘れてるわ。

Photo

牛乳と野菜ジュースは、普段飲むものを常温保存できる200mlパックにしているから、
期限を見忘れることもない・・筈。

缶のパンは、缶が同じサイズでも、大きめ一個入りと半分サイズの2個入りがある。
先月食べ終えたのは大きめ一個入りのほうだった。そんなにいらないって日もあったから、
今度は小さい2個入りの、開けた後に使う蓋が付いているものにした。
5年保存可能。楽天のショップから届いたものは5年後の9月11日までだった。
9.11という日も、ナニかあった日だぞと思い出すのにいいかも。
オレンジピールが入ったほんのり甘いパン。(一缶食べました)

5年後まで、パンは元気で長生きしてるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

畦道ゴミ拾いのちコンサート

日曜日、朝8時集会所前に集合、町内の一斉清掃日。
一の組は広域農道の草刈り、二の組は公園の草刈り、三の組は幹線道路の草刈り、と、
いつもながら草刈りメイン。

集まった男性陣の軽トラには色々の草刈機が乗っていた。
どれもアブラを入れて使うエンジン式らしい。
手持ちで腰だめにしてブンブンやるもの、手押し自走式、乗り物タイプまで。
乗り物タイプは魅力だな・・・欲しいなぁ・・・、
あれを使うほどの広い野原が自分専用に欲しいなぁってわけなんだけど。
野原だけじゃなくて、山も一つ・・・いや、二つ三つ、山脈で・・・

ウチの組長さんに、本日早引けのお願いをした。
遠方まで行く用があって、と。
午後はピアノと弦楽四重奏プラスワンのコンサートが待ってます。
田圃の傍から出掛けて行くのは時間が掛かるから。

まずは、女性陣の担当、畦道のゴミ拾いに出発。
仲間のうち数人がいつの間にかずいぶん遠くの農道まで行ったのが見える。
広~い田圃のず~っと向こう。
一緒に歩いていたネエサンが、あんたもうここから帰んなさいよ、と言う。
あんなところまで行ってたらなかなか帰って来られないから、って。
思いやりがあるのよ、ホントに。
歩き始めてわずか30分なのに、ありがたく回れ右して帰らせてもらった。

途中、組長さんちの畑の横を通りかかったら、オクサンから、玉葱持って行くかい?と
お声が掛かった。ありがとうございます、でも・・と辞退させてもらった。
今月後半、野菜の頂き物にやや悲鳴、、いえいえ、勿体ないことを。。。
最強!は、ソラマメ6.5キロでした。(体重計に一緒に乗ってみた)
朝露をまとったままのサニーレタスは一株で一抱えのサイズ、それが2回。
なんと贅沢な、と、ホント、思ってます。



                   shine

この日の楽しみは、新浦安駅前の浦安音楽ホール
今年4月にオープンしたばかりのホールの、こけら落とし公演の切符は手に入れられなかったけど、
オープニングシリーズの、 高橋悠治&ヴィルタスクヮルテット+1、この+1は赤池光治氏のコントラバスで、彼の独奏もあり。

Photo

座席数350くらいの小ぶりのホール。
オープンしたてだけあって、あれは檜の香りなのかな、檜舞台っていうくらいだから。
ステージの板が白く、香る。前から二番目の贅沢な席だった。

高橋悠治さんという音楽家は、実は今年になって初めてNHKのクラシック倶楽部という
番組で知った。
1938年生まれ。作曲家でピアニスト。

この日のプログラムで彼らしさを感じさせてくれたのが、
「ブレイクの虎」、ウィリアム・ブレイクの詩を日本語に訳して、作曲、演奏。
声楽ではないから、彼の演奏を聴きながらプログラムに書かれた詩を読む。
元の詩は韻を踏んでいるけど日本語にしたら韻は無くなって、別物になりますが、とご本人。

ブレイクの詩も、BBには初めまして、だったし、理解を超えてるんだけど、
そうっかぁ、音楽家って、こういう風に発展していく人もいるんだねぇ、と、
目を開かされた気がする。
ナンにも知らないからねぇ。

ピアソラの 「キチョ」は、赤池氏のコントラバスと高橋氏のピアノ。 
これはヨカッタなぁ。すぐ目の前でコントラバスを浴びた!

クヮルテットの武満徹「ランドスケープ」も良かった。森の中に入りこんだ気分。

バッハのクラヴィーアコンチェルト第一番ニ短調はもう最高。
高橋氏の解説では、この曲の場合、
ピアノは合奏(この日の場合はクヮルテット+1)を支えながら隙間を装飾する役割をして、
普通に言うピアノコンチェルトとは少し趣が違うもの、だそうで、
聴いていて、あらホントだ、ピアノを引き立てるって感じじゃないね、と思った。

こうやって演奏者が解説をしてくれるコンサートはいいなぁ。
その高橋氏は、ソフトでまじめな語り口、白髪、小柄な、おしゃれさん。
黒地に白い花柄のチュニック丈のブラウス、黒いアンクル丈のヨガパンツみたいなの。
靴が柔らかそうな黒で底はオレンジ色。

こういう人も居るんだわぁ。
ヨノナカ面白いな。

ってわけで、このコンサートを忘れたくなくて、
彼のサインをもらうべく、休憩時間にCDを購入。
かなりの種類が並んでいた中に、バイオリンの古澤巌氏との演奏が入ったものを見つけて即決。
古澤さんも好きなんだから。ラッキー。

                  shine   

庭ではもうアジサイが咲き始めました。
(ウチのお風呂の脱衣所にはまだストーブが出てますが)

Photo_4

Photo_3
梅花空木。背がだいぶん高くなってきた。空木の仲間のシーズンだけど、
ハクウンボク(白雲木)が今年は驚くばかりの盛り上がりを見せて、もう下り坂。

Photo_5
この「バレリーナ」ちゃんが可愛くって。

Photo_6
                    ペンステモンミステア

今日もミョーーに暑過ぎでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧