カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年8月17日 (木)

足漕ぎパンダボートに乗る

10歳の孫KOUクンと一泊の旅でした。
本来の一番の目的は、河口湖音楽祭。
KOUクンも私もファンになった反田恭平君のキッズコンサートが目当てです。

はるばる出掛けて行くのだから、楽しみは多い方がいいと、
コンサートの前日は河口湖の遊覧船に乗ってみました。
梅雨空のようなシトシト雨が降ったりやんだり、
それでも彼は船の上からいち早く富士山を見~つけ!

Photo
船は河口湖大橋をくぐって鵜の島近くでUターン。
周囲の山に厚く雲がかぶさってはいたものの、
以前何度か歩いた三つ峠や御坂の山が懐かしい。どれがどの山かな~。

KOUクンのほうは、視線はぐっと低くて、
釣りをしてる人が居るよ、とキラリ。
彼はこのところ忙しそうだけど、以前はパパやお兄さん達と釣りに行ってた子です。
幼稚園のお弁当に、自分で釣った魚の唐揚げを持って行ったこともあるらしい。

釣り人の他に、彼はアヒル型の足漕ぎボートにも目を付けていました。
あれに乗りたい!・・・だそうで。
ボートで釣りをしたい!・・・だそうで。

しか~し、船着き場にはちゃんと説明がありました。
スワンボート(アヒルじゃなかった)で釣りはできません、と。

じゃぁ手漕ぎボートに乗りたい、ときました。
ワ、そりゃ無理。BBだってもう何十年も漕いでない。
馴れない子供が漕ぐのは危ないとか、オールで水を撥ねてビッチョビチョになるとか
色々言って諦めてもらったのだけど、
結局、スワンボートには乗ることになりました。

Photo_3

スワンでもないんです。
舟の係りのオジサンが、彼の身長に合わせて選んでくれたのがコレ。
パンダボートでした。スワン型より一回り小ぶりで、足がペダルに届くサイズ。
当然、BBも並んで乗り、もうヒッシで漕ぎ、ハンドルを回しました。
彼は周りを眺めて楽しむ方で、一応ペダルは踏む、一応ハンドルは回す、、けど。

そのうち、横波が来る!遊覧船が通ったあとです。
小さいパンダ舟は揺れる。
急いで船首を(パンダの鼻を)横波に直角に向ける。
昔の手漕ぎボートでの経験が生きた!
もう、カンベンしてもらいましょう。
一回30分のところ、20分くらいでオカに上がりました。

                 shine

コンサートの前に、BBとしてはかなり楽しみにして来た森へ。
富士山の裾らしく溶岩樹形をたくさん残した森が、
河口湖フィールドセンターとして管理され公開されているんですね。
1000年前の富士山から流れ出た剣丸尾溶岩流の上に出来た森だそうです。
ガイドウォークを予約しておきました。

本降りになった雨の中、身拵えしっかりで案内されて一時間余り、
溶岩洞窟にもぐったり、赤松と常緑・落葉広葉樹の豊かな森を十分楽しめました。

                  shine

キッズコンサートは恭平君としては初めてだったようですが、
ピアノの周りを自由に動く子供達を楽しんで、リラックスしている様子。
彼の呼びかけに応じて手を挙げた子と一緒に、その子が今習っている曲を弾いたり、
ネコふんじゃったを一緒に弾いたり。
その間にも、風船がパンッと割れたりおチビが騒いだり、賑やかなこと。
その夜のツイッターでは、すっごく楽しかった!と本人が言うのだから、良かったね!

コンサートとしての曲目は、
人形の夢と目覚め、トルコ行進曲、小犬のワルツ、ノクターン、
喜びの島、月の光、別れの曲、献呈。

高いステージじゃなくてフロアのピアノで子供たちに囲まれて、
楽し気に弾かれる曲はどれも素敵。
ピアノはベーゼンドルファー。

KOUクンも他の子たちと一緒にピアノにくっつきそうな位置に胡坐をかいて聴いている。
あれだけの響きを全身に浴びて、いいなぁ。

子供のうちにたくさんの楽しい経験をしてもらいたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

朝ご飯

ブログのネタ切れでして、でもなるべく更新しようと思う健気さよ・・・ってほどでもないわね。
どうでもいいことを、暢気に書いてる場合じゃないのに、と思うから、
余計にぐずぐずしてる。

来週、孫君と二人で出掛けるのだけど、孫とは言えよその子を預かっていくのだから、
その間に何事もないようにと祈るばかりなのが、
不穏な動きをチラつかせる両隣国の悪ガキさんたちの脅し合い。
代々の独裁者も、選挙で選ばれた金持ちオヤジさんも、
同じようにみえる。
選挙って、どれくらい市民の意思を反映できるのか大いに疑問ね。
それは隣国の話だけじゃなく。
・・・どーしてあんな政党が続くんだろ。頭を下げればいいってもんじゃないと思うけど。

いやいや、頭をぐっと下げて鉄砲の弾が飛ぶのを避けなければいけないんだった。
トバッチリで玉砕なんて、いくらお後のよろしいお婆さんでも望まない。
お手々つなぐ孫達やその親達の命は大いに惜しい。

何事もありませんようにと言いつつ、出先で様子を知りたいから、
スマホでラジオが聴けるようにとか、普段使わないワンセグを有効にしたりとか、
お楽しみ旅行の準備が、いつもとはちょっとばかり違う。

Photo
真上から写したんだけど、なんだか上下さかさまに見える。

・・・怒りながら、ハラハラしながらでも、ご飯はちゃんと食べるのよ。
今朝のご飯です。珍しく彩りを揃えたから自慢なのね。

玄米パン、おいしかった。全粒粉入りが手に入らないときはこれにしよ。
オカズの材料には、
ウチのミニトマトとブルーベリーと
頂き物のインゲンが入ってる。
見えないけど挽肉も入ってる。
昨夜、カボチャの煮物をお皿に取ったら、鍋底に挽肉が残ったので、
その鍋を冷蔵庫に入れて置いて、今朝そのまま使った。
(小さいフライパンを煮物にも卵炒めにも使うの)

ブルーベリーは火を通さずにトッピングしただけ。
色どりのつもりで焼きビーフンに入れて加熱したら、ビーフンがミョーな色になったことがあって、ガクシュウしたわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

どちらまで?

駅前で、間もなく来るバスを待っていました。
貴重な、ウチの路地の入口にあるバス停が利用できる便です。
今日みたいに酷酷酷暑の日は、アスファルトの道路をなるべく歩かないで済ませたい。
バス停に居る間もジリジリ暑いけど、もう少しの辛抱。冷房の効いたのが来るから。

そこへ、「どちらまで?」と声が掛かりました。
60歳くらいにみえる女性が、ニッコリしてこっちを見ています。

   (なんで見ず知らずのあなたに行く先を言う?、たいしたところに行くわけじゃなし・・・
    王子様の舞踏会に行くなら、誰彼構わず聞かせたいけど)

   バスに乗ります、と答えた。他に考え付かない。

彼女は、隣りの駅の名前を言って、そっち方面へ行くんですけどね、と言う。

   
    (BBは今そっちから電車で来たのよ、戻りませんけど、でも、なんの話?
    行きたいならどうぞ、遠慮はいらない)
    私が待ってるバスはそっちへ行きませんね、、、

あ、行きませんよね・・・
主人が、日傘を忘れたって言うもんだから・・・

   (はぁ、、、?  、、、 困るって話らしいわ)
   あぁ、この暑さではねぇ、、、

そ~なんですよ~~、

   (あれ?話が嚙み合ったの?)

BBの乗るバスが来て、乗るときになって気が付いた。
バス停の横にタクシー乗り場がある。そういえば、彼女はそっちをちらちら見てたわ。
忘れ物を取りに帰るのにタクシーに乗りたかったのね。
同じ方面に行くなら相乗りできないかという相談だったんじゃない?


物分かりが悪くてごめんね、
こっちもボ~ッとしてるんだから。

どちらへ?なんて、
行方不明者の徘徊中と思われたか、とまで考えてしまった。
白髪頭のくたびれたのが途方に暮れているスタイルだったかと。

                   shadow

ヒンヤリ快適なバスでウチの路地の入口まで送ってもらいました。
他にお客は居なくてまるでタクシー。

この路地を今朝歩いて出た時、途中の家の庭先から
おはよう~~と元気な声が掛かった。
ツルネエサンとその娘さん(合計年齢130歳くらい)が縁先に寛いだ風に座って
いいお顔でこっちを見てる。
(あれ?そこはヨソンチだよね・・・)

暑いから気を付けてね、ですって。
ちょっと嬉しくて甘い声になったかな、ハ~~イって。

昨日の夕方は別のルートで町内に帰ってきたんだけど、
百歳体操のお仲間に出会って、
おかえり~~、だって。
たっだいま~、と、やっぱり少し甘い声になった気がする。

嬉しいんだわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

ファミリーコンサートの味

ちょっとばかり気が進まないまま誘われて行ってみた公民館のファミリーコンサートでした。
でも、終わって出てくるときは、なんだかフワ~ッと、気分が良くて、、、。
不思議だなぁ。

若手の演奏者3人、と思っていたら、家族持ちの、BBの子供世代のメンバーだった。
それぞれにキャリアを積んできた人たちの演奏だから、聴きごたえのある、
味わいのあるいい音楽だったし、
驚いたのは、ファミリーと銘打って、これが、小さい子たちを聴衆として受け入れるだけじゃなかった。
演奏者の家族も会場に居ることを司会者が紹介する。

プログラムが終わってお開きになった時に、
演奏者の子供さんがパパにまつわりつく。
そのきょうだいか友達か、会場で並んで聴いただけの仲間か、
同じ年頃の数人が一緒に張り付いて、パパはニンマリしてる。

こんなの、見たことなかった。

聴衆のおチビたちの中には演奏中にフンギャァと発声しちゃうのも約一名居たけど、
他のおチビたちは寛いで動いたりはしても、聴いている。
音楽が心地よかったんじゃないかしら。

この公民館で年に一度、もう5回目って言ったかな、やっているらしい。

そうっかぁ、、、。目を開かされた気もする。
音楽は大人だけのものじゃないからねぇ。
演奏家になる為には3歳とか4歳とかの小さいうちからトレーニングドップリなのは普通でしょうけど、
聴くだけのヒトも小さいうちから日常的に音楽に親しめたら幸せだもの。
そのためにファミリーコンサートがあるなら、素敵じゃない?
演奏者にも子供が居るんだもの。
その子たちが会場に居たから、
これが本当のファミリーコンサートの姿かも、と思えた。

おチビが騒いでも、演奏する人がお気の毒ってことはないのがファミリーコンサートなのね。いい催しなんだなぁ。

ワタシとしましては音楽は一人で聴くのが日常になってしまっているから
子供たちと一緒でも、静かに、が原則だと思ってきた。
それはそれ。

Photo
2年前に、栂池自然園を歩いたときに見たキヌガサソウ。

以前住んでいた家のご近所だった友達、がん闘病歴長い長い。
時々、腫瘍マーカー跳ね上がった、なんて言って心配させるけど、
今月に入って、栂池自然園と八方尾根などを歩いてきたんですって。
脱帽!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

カボチャにつられて

お隣さんから、カボチャと一緒に届いたのは、
公民館でのファミリーコンサートに行かない?ってお誘いでした。

若手の、ピアノ・バイオリン・コントラバスの演奏。
曲目は、クライスラーやショパン、モーツァルトの親しまれているクラシックの他に
映画音楽や、葉加瀬さんの情熱大陸も。
組み合わせが面白いかも。

この公民館は、バス便がとても悪くて、
開演時間が決まっている催しにはなかなか都合がつけられなくて、
自分一人ならハナから射程外。
土地の人は移動は車が原則。車が無ければ住みづらい地域です。

建物のお向かいはこの季節ならトウモロコシ畑が広々って場所。

チラシによれば、畳の家族席もあります、小さなお子さんもどうぞ、だそうで。
確かにファミリー向けの親切な設営なんでしょね・・・

足の便については、彼女の車に乗って、というお誘いでした。
BBの(底の浅い)クラシック好きを知られてのことです。
彼女も、BBを喜ばせようと、親切なんですね。

1

クラシックは素敵な雰囲気の中でワクワクドキドキしたい、
なんて秘めたる希望は口に出せなかった。
じゃぁ一緒にお願い、と言いました。
カボチャ貰ってしっかり抱えてるもん。カボチャは重い。
王子様の舞踏会なら、ハナシは別なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

ヒョウ柄流し台

今どきは、台所の流し台のことはシンクというのが普通?
じゃぁシンクでいいけど、
ヒョウ柄のついたシンクがウチにあります。

2_2

とか、

3_2
とか、じゃなくて、
いや、似てますよ、白黒柄のほう。

シンクのステンレスやお風呂の鏡に付いてしまう水垢のことを、
ウロコ模様というらしい、とは思っていました。
なるほどね。なぜか均一じゃなくてまだらになる。ウロコねぇ。

お風呂はおおむね一日一回、この暑さの中、作業で汗かいたら二回、
その都度、鏡や蛇口はタオルで拭いてから出るので、水垢の付着もワリト少ない。
あんまり付いていないと、ふき取りも簡単だから苦にならない。
まるで優等生みたいだけど、そんなワケはありませんね。

台所の流し台ときたら、ふと気づけばウロコ模様だらけ!
きっと、使う頻度がお風呂とは比べ物にならないくらい多いから、
(食事の支度から食後の片付けまで、結構度々流しで水扱い、一日に3回だってやってる。)
コマメにその都度拭くなんて、やってらんない、と、本性現れています。

時々、その水垢が気になって、なんとか、しようとする。
何とかしようと思ったことは前にも何度かあったらしくて、
ステンレス磨きのチューブが、目の前にあるデハナイカ!

何故か本日は、それを使ってちょっと磨いてみる気になりました。

試しに小さい範囲で軽くこすったら、アレッというほどいっぺんでピッカリ。
場所を変えてまた小さい範囲で、今度はかなり厚めのウロコがあるところを。
なんか傷っぽくなったぞ。ウロコはとれたみたいだけど。

同じ流し台(おっと、シンク)の中でも、水垢の付き具合がいろいろで、
手加減がいるものらしい。
主婦歴何年だっけ?  身に付いてないね。

簡単に、あまり気を遣わずにサ~っと、きれいにできる研磨剤か何か、
あるんじゃないかしらと、ネットで、商品のカスタマーレビュウを読んでいたら、
あの水垢付着状態を、ヒョウ柄と書いてるヒトが居て、
気に入りました、ので、ヒョウ柄を貼ってみました。

おまけです。

5
こんなものもあるらしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

覚えられるおばあさん

覚えられる・・・って、この れる られる は「可能」のれるられるじゃないのよね、
もの覚えなんかとっくに諦めてる。
「受け身」のほう。ヒトサマがBBの顔を覚えてくれる話なんですけどね。

二日前に書き込みましたが、家から10分程度歩いた所にあるバス停をよく使います。
駅に向かう始発のバス停です。
よく乗るのが、9時50分発。

つい先日もそれに乗って出掛けて、昼頃には駅から下りのバスに乗った。
運転手さんは行きも帰りも同じ人。

発車前に、彼が席を離れて、ねぇねぇお客さん・・・とBBに声を掛ける。

  今朝、9時50分発に乗ったでしょ?
     乗りましたよ。
  そのバスがね、来なかったって言うヒトが居たんですよ。
  お客さんは確かに乗りましたよね?
     乗りましたよ、たしかに。

なんでしょね・・・
それが来なかったから次の便をエンエンと待って乗って、運転手さんに
苦情を言ったのかしらね。そりゃ憤懣やる方なかったでしょうから。

年配の女性だったそうな。

始発のバス停だから、決して早く出てしまうことはない。
決まって一分は遅く出るのを知ってる。
そうしないと、途中のバス停につくのが早すぎてしまうかららしい。
途中も乗降客が少ない路線だから乗降もすぐ終わるため、必要な時間調整らしい。

以上、人口の少ない土地で出歩いて顔を覚えられたお婆さんと、
暑さのせいで時間がはっきりしなくなったらしいお婆さんの話でした。

この、顔を覚えられた方のおばあさんは、バスの運転手さんだけじゃなくて
幼稚園のボクにも覚えられました。
もう一時間ほど早いバスに乗ることもあって、路線バスのバス停の手前で、
幼稚園の機関車トーマスのバスが来るのを待つボクに会います。

彼は、トーマス待ちの定位置に居て、BBがその20メートルくらい手前まで
近づいたら、オッハヨーゴジャイマースと声を張り上げます。
すれ違いながらお互いニヤニヤと改めて挨拶をかわし、
また20メートルくらい離れた頃に、イッテキマースとイッテラッシャーイを
適当にその日の気分で言ってくれます。

                clip

人の少ない土地では、顔を覚えられやすくてワルイコトできないわね。
しないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

百歳体操続いています

お寺の座敷でスタートした体操の会が半年を越えて続いています。
メンバーは、地域の有力者らしいリーダーさん以外は、女性ばかり10人ちょっと。
初回はお寺だったけど、背もたれ付きの椅子が必要なことがわかって、
全員分の備えのある集会所に移った。
窓からは周囲に広がる田圃が眺められる。
イネがもうだいぶん伸びてきた。
 
              sun

手や足に錘をつけて上げ下げする筋トレを、
ラジカセの唱歌に合わせて自分たちも歌いながらするのがミソ。
歌うのは、息を詰めてやらないようにするためだそうで。
これがスローテンポで、だからじっくりやんわり筋肉に効きそうぅ…
 
集会所はもちろんお婆さんの体操以外にもいろいろ使われる。
氏神様のお祭りが7月にあるそうで、太鼓の練習などの準備が始まったらしい。
大太鼓小太鼓などがフロアに出ているので、
椅子を並べて手足を伸ばす余裕がなくなり、
お祭りが終わるまではと、またお寺の座敷に移った。
 
 
背もたれ付きの椅子は、その後ろに立って、背もたれに軽くつかまって
足を横や後ろに上げるため。
でも、お寺じゃその数が足りないから、数人は代わりに柱に掴った。BBも。
 
 
体操の最中に、お寺の庭仕事のために作業服のニイサン達が登場。
庭から座敷を眺めて、笑ってる。
そりゃぁ素敵な眺めとは言えないでしょ。
婆さんばかりだな、とでも笑ってるか、と思ってたら、
その婆さんの一人が言ってくれた。
 
   犬がしょんべん垂れてるみてえだもんな。
 
あ、電信柱に足を挙げるお決まりのポーズね。
ちなみに、その言葉は標準語に大変近いから、BBにもソク理解できました。
フツウ、半分もわかればジョウトウなんだけどね。

なのに、けっこう親しくしてくれて、馴染んでいます。
帰り道に、畑の横で休憩していたツルネエサンに、
久しぶりだったのでちょっと嬉しくて挨拶したのだけど、
ネエサンもニッカリして何か言ってくれたのだけど、、、あ、、、
 
               sweat01
また来週も、イヌションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

誕生日ですよ~~~

本人不在なんですけど。
今日は亡夫GGの誕生日。
写真に向かって、おめでとうを言いましたよ。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

ご飯を作ること そのお金を稼ぐこと

今日は一日中けっこうな雨降り。
図書館から予約した本の用意ができましたとメールが来てるんだけど・・・。
新聞の書評では、すっごく可笑しいから電車の中で読まない方がいいと書いてあった本です。
明日行こ。

・・・と、働きもせず、グダグダと、ありがたい身分だと思います。
ビンボだけどね。
若い頃ちゃんと働いたおかげと、
ちゃんと働いてくれたGGのおかげで、
今もこの riceball 程度のご飯は食べられます。
これ restaurant はめったに無いわね。 これ beer とか これ wine は全然無いわね。

                   bud

自分の子供達がまだコドモだった時から、時折り言い聞かせていたことがあります。
自分の食べるご飯を作れるようになること、
そのためのお金を稼げるようになること、
それが大事!

ま、親の言うことは右の耳から入って左へ抜けるものかもしれないけど、
孫達を見ると、少しは受け継がれてるかなとも思う。
高校生の孫は、休日の部活のお弁当は自分で作ると聞いた。
中学生の孫は卵焼きを上手に作る。目玉焼きだけじゃなくてバリエーションあり。
小学生は目玉焼きの焼け具合のリクエストも聞いて作ってくれる。
オヤ、ばーさんの孫自慢だね。
調理レッスンとしては卵は格好の材料かもね。

 

もう何十年も前の、新聞に出ていた記事が忘れられない。
おばあさんと2歳の孫が、二人暮らしをしていた家で、二人とも遺体で発見されたと。

おばあさんは病死、2歳の子は餓死だったとか。
おばあさんがなくなった後、その子は食事をとることができなくなったらしいと。
冷蔵庫に食材はあったそうな。
食材はあっても、火を通さなきゃいけないものじゃ、2歳じゃ無理だったわね。

子育てって、赤ん坊を一人の大人にすることだけど、
その前にともかく、少しでも早く、自分で食べ物を調達できるようにすることなんだと
その記事を見た時から思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧