カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2018年12月12日 (水)

ウチのモミジ  ブロッコリ苗

寒さにたいして意気地がなくなった。
どうしても、の用が無ければ玄関のドアを開けるのもイヤ。
やっぱり、炬燵を出したのがまずかったかな。

そのくせ、「何か植えたい」欲は消えない。
ブロッコリの苗を6個買ってきた。
今から植えて、3月に収穫らしい。
お隣りさんの畑のブロッコリは、今、高さが70㎝位もあるかな、
威風堂々並んでる。はじめは、あのでっかいのは何だろう、、、と眺めていた。
テレビでまんぷく農家めしなんていうのを見ていたら、ブロッコリ農家が登場して、分かった。
何年か前には、自分だってブロッコリを育てたのに、あんなに大きくならなかったから。

そうっか、季節違いでも育つものなんだね。ウチのは今回はまだこんなおチビ。

Photo
昨夜からの冷たい雨で、しぶきが掛かって寒そう。
早く植えてやらなきゃと思いつつ、もう一週間も、炬燵の中でそう思っただけ。

野菜を作るのは真面目じゃなきゃちゃんとは出来ない、もうやめよう、と何度も思ったのに、
ブロッコリを植える場所を確保したくて、ピーマンの株を抜いたり、
すぐ傍まではびこったジンジャーの根を掘り出す作業も、頑張った。
そういえば、その前には、ターサイの苗を5個買ってきて、植えた。

ン?一週間に一度くらいは頑張ってるな。

1
この9月に楓をバッサバッサ刈りこんだり伐採したりを、人手に頼んだ。
その後の塩害もあって、ウチの紅葉はイマイチ。
冷たい雨くらいは平気なんだろうけど。
ま、こんなこともあるわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

笹で囲むスナップエンドウ

スナップエンドウの苗を、今年はプランターで育ててみます。
プランターに入れた土は、ネットで買った培養土。
大きめのプランター一つに25リットル一袋が全部入ってしまった。
1000円も掛けて、高い豆になるぅ・・・。
仕方なくて、もう一つの普通サイズのプランターには、百均の土も入れた。
自家製の雑草堆肥はもうとっくに使い切ってしまってるし。

豆は根粒菌があるから肥料はほとんどいらないそうだけど、
気は心で、実や花に効くというリンカリ肥料をパラパラ。

エンドウ豆は素人でもラクにできるよと、教えてくれたのは亡きGG。
子供の頃に、家の石垣の隙間に種を入れたら育っちゃったのだそうで。
だから時々作っています。何をやっても下手なんだけど、エンドウ豆は出来る。

Photo
南隣り夫人が言うには、豆の蔓は、
伸び始めたのをヒトの手で誘引するのを嫌うのだそうです。
ウン、たしかに、嫌われたことはある。
傷んでしまうってこと。

それを避けるために、蔓がすぐに絡みつけるように、
支柱には笹を立ててやるのがいいと聞いて、そうしています。
近所の畑で笹が立ち始めたら、エンドウ豆だな、とわかる。

笹なら、庭のしぶと過ぎる邪魔ものだから、見つけ次第切るのだけど、
庭の隅ではいつの間にか育ってしまって藪が出来てる。
藪払いをして、豆の役に立たせた。

その藪の傍に、手製のアーチがあって、昨年はミニトマトが良く育った。
でも、アーチの左足元にトマトで、右足元はモッコウバラと、
共存させるつもりだったのに、
どうもトマトの勢いに負けたらしい。
あの強靭なモッコウバラが、今でもそこの株だけは貧素。
モッコウバラは他の場所で繁ってるから、ここのはもうイイよ、ってことで、
抜きはしないけど足元近くでチョン。

そのアーチの左右の足元にプランターを置いて豆を植えた。
地植えにすると、笹がまた盛り返してきたときにきっと大変だから。

なんだか、いつも、笹やら雑草やらにもてあそばれてる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

クロガネモチ 畑端ラウンジ

私道の入口にある小さい区画に、小学校分校跡の碑と並んで立つ数本のクロガネモチ。
今年もびっしりと実をつけて、これが毎年なんだから、よくまあ疲れないこと。
まだ青い実のうちから、赤くなるのを楽しみに眺める。

Photo_3
元気な赤は、やっぱり陽射しの暖かい日が似合う。

                    shine

百歳体操の帰り道、ツルねーさんの畑の脇を通ると、
ツルねーさんとハセねーさんがおくつろぎ中。どちらもおんトシ80代半ば。
陽の暖かさとお二人のシワだらけのいいお顔に引き寄せられるように、
呼ばれもしないのに、BBも空いた椅子に腰を下ろしてしまった。

ここには、以前はビールケースが2~3個ひっくり返しておかれていた。
ツルねーさんの畑仕事の休憩中に行き合わせたら、
ちょいと腰を下ろしておしゃべりする場所。

少しずつ、まともな形の椅子が増えて、今は5~6個置かれている。
プラスティックの椅子や丸太を少し加工したものなど、
雨ざらし陽晒しでも気にする人も無さそう。
ちょっとした道端畑端ラウンジです。

お二人とも、以前はご近所一斉清掃の時にごみ袋を持って一緒に歩いた。
今は、足腰弱ったもようで、こうして偶然お顔を見るばかりになった。
こちらから別段話題があるわけではないのに勝手に座り込んだ自分がおかしい。

おねーさん方は表情も変えずに受け入れてくれる(…ように見えた)。
野菜は何を作ってるか聞かれた。
ピーマン!  ・・・ピーマンだけ?   そう!   ・・・なんだよぅ・・・
他愛もないことをテレテレとやりとりしていたら、
脇の道から中年男性が登場。この近くのヒトらしいとはわかってる。

彼は、スーパーの袋を一つツルねーさんに渡す。
またちょっと違う話題になる。
彼が去った後、BBも腰を上げたら、
ねーさんが袋をのぞき込んで、持って行きな、と、そこから飴玉三つ
取り出してくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

山茶花日和

朝は寒いけど日中はほんわか、山茶花日和。
今年も元気に咲き始めた。
徒長枝をカットしたり、傍の邪魔な木の枝を払って日当たりをよくしたくらいで、
格別な手入れをしない。
気持ちよく咲いてくれてありがとうと言いたいくらい。

Photo
明日は雨と曇りらしい。
こうやってだんだん寒くなるんだわね。
コタツ出そうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

水仙咲き始め

水仙がそろそろ咲き始め。嬉しいな。この香り、好き!
真っ先に咲き始めたのは、もう何年も前からずっと咲いてきた場所だった。
これから春まで庭の主役を務めてくれる。
なにせ花の少ない庭だからね。

Photo_2

暴力的に増殖したヒメヒオウギスイセンの球根を撲滅すべく、
2年がかりで一帯を掘り返したら、
深いところから、好きな日本水仙の球根が出てきた出てきた。

毎年そこで咲いていたのかもしれないけど、ヒメヒオウギスイセンの長い葉の陰で
目立たなかった。

掘り返した場所は芝生にした。
いま、その新しい芝生に大威張りで水仙が背を伸ばしている。
それは、掘った時に地面深くにしっかり隠れていた球根。
見つけたものはどんどん掘り上げて他の場所に植えてやったつもりなのに、
まだこんなに隠れていたとは。

成り行きで今年のウチの水仙は、株がずいぶん増えた。
放っておいてもよく咲いてくれるいい子たち。

Photo_3
イエ~イ、ピーマン収穫7個!
他に、見逃していて真っ赤から茶色になり始めたのもあった。

                    shine

定期的な病院通いの日、終わってくたびれて、
発車時間の近いバスに乗り込んで窓の外を見ると、
前庭の芝生を歩く可愛いのが目についた。
おんトシ一歳半てところかな。
おばあちゃんらしいヒトと手をつないだボク。
可愛いらしさにひかれて見ていたら、彼と目が合った。

つい、こちらの頬が緩む。
あちらは、怖げな婆さんに見つめられている!と思わなかった?
ボクの視線の先を辿った彼のおばあさんとも目が合った。
彼女の頬も緩む。

バスのエンジンが掛かったので、ボクに向かって手を振った。
ボクからも振り返してくれる。
彼のおばあさんは頬を緩めたまま小腰をかがめて会釈してくれた。
すると、おチビの彼も同じようにヒョイと会釈の真似事。

無言のままいっぺんで幸せになったバーサンを載せてバスが出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

チューリップ植え付け

チューリップは、以前はあったんだけどな、
数は多くはなかったけど。
数年はポチポチ出てきてたんだけど、今年の春は見なかった気がする。
花の無い季節に、そのあたりをいじった記憶はあるから、・・・アウトかも。
チューリップに限らず、花を長く育てるのはまるで下手。
よく、消える。

シカーシ、性懲りもなくチューリップの球根を買ってきた。
黄色いのばかり50球。
↓こんなふうに育つといいな。

Photo
今度はプランターに植えた。
春までの間、表面が土しか見えないのはつまらないから、
今、花が咲いているアリッサムをネットで買って、一緒に。

Photo_2

ちょっと大きめのプランター二つに、土が入ること入ること・・・
地植えならそのへんをチョイチョイ掘って植えればいいのだけど、
カート一杯に、土をいろいろ寄せ集めて盛り上げて混ぜた。
自家製堆肥、赤玉土、鹿沼も少し、土だけ入ってナニも育ってない鉢からも取る。
自家製草木灰に、オルトラン粒剤も。

鉢底石の代わりに、瓦礫や小石もかき集めて底上げしてから、
もったいぶって土を入れ、やっと球根を植える。
隙間にアリッサム。

力仕事をした上に、お日様バッチリの天気になって、暑くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

見切りをつけて除草剤

植えて10年くらいになるのかな、羽衣ジャスミンの花が、とんと咲かない。
はじめの何年だか、4月ごろにちゃんと咲いた。
ジャスミンと名はついても、これはジャスミンティのあの芳香とは違う香りだった。
香りはともあれ、咲いてくれたらいいのに、葉ばかり繁るし、ヘンに枯れたりする。
何が原因だかわからないまま、咲く気が無くて、引退したいんだね、という結論。

うまく育てられないものを放っておくより、その場所には別のものを植えて楽しみたい。
久しぶりで除草剤を取り出した。
羽衣ジャスミンの足元めがけてシューシューッ。
枯れる気なら根っこからすっかり終わりにしてくれた方がいい。

そういえば、除草剤で始末したいものが他にもあった。
建物とイヌバシリの隙間に勝手に生えて蔓延った蔓日々草。
夏に咲く紫色の花は可愛いけど、伸びた蔓は地面に新しい根を生やして増えていく。
場所によっては迷惑なんだから。

庭のあちこちで元気な笹にも、除草剤。
あんまりうれしくない仕事だけど。

                    shine

Photo
庭の端っこのピーマンが細々ながらまだ生ってる。
なんだか真っ赤なものが見える・・・と寄ってみたら、
見落としていたピーマンが一個、大きく赤くなっていた。
ちょっと儲けた気分。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

わがイナカの秋

有り難いことに穏やかな晴天が続いて、
ビンボー症のBBは、この天気を有効に使わなきゃと考える。
頭の中には、庭仕事の算段あれこれのほかに、
そうだ、カーテンを洗おう!と、殊勝な考えが浮かんだ。

一日一窓。小さくて楽なトイレのカーテンから始めて、台所、洗面所、寝室まで済んだ。

カーテンがきれいになってから気が付いた。
窓が・・・・・汚い・・・。
窓は、外側からはホースの水をストレートにしてジャージャーと、建物を一回りして掛ける。
平屋だからラクなもの。
年に一度だけ、今年はもう孫のYou君がやってくれたから終わりっ、と気が済んでいたのに、
その後の台風の後の汚れも放っておいたし、
ガラスの部屋側が、真っ黒。我ながら呆れた。
前に拭いたのはいつだった?

                    shine

Photo
これは昨日の夕方5時。ウチの渋柿が5~6個、まだ枝に残ってる。
今日の夕陽はスッゴク大きくなって沈んでいった。
沈み始めると、速いね、さすが、つるべ落とし。

昨日も今日も、夕方は芝生を刈りこんでいた。
ボウボウに伸びたままだったので、芝刈り機より先に、刈り払い機でブンブン。
早くしないとお日様沈む~。

ブンブンやってもまだまだ終わらなくて、日没終了。
真っ赤な広い空と、もう黒ずんできた広い田んぼ、
これがアタシンチからの眺めだなんて。
若い頃は想像もしなかった景色の中に今は住んでいる。
とても好きな眺め。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

陽気に誘われて

陽射しがいっぱいで暖かくってありがたい。
だいぶんお籠りさんやってたから、動き出そうかな。

さっき宅急便で届いたのは、炬燵の部品。
寒くてかなわない日も既にあったから、
ちゃんと整えておこうと。
でも、本日はTシャツ一枚! この秋はホントニお天気屋なんだから。

181028
ひゃっ、写真がちと大きすぎたかな、ま、伸び伸びしよう、あったかいんだから。
これは金柑です。まだ緑色で、粒が少しずつ大きくなっていく。
黄色くなって甘くなるのが楽しみ。

181028_2
これは柚子。青いうちもいい香りで、一人の食事をちょっと楽しませてくれた。
黄色くなったのもいいよね。

                    shine

今の庭の課題は、芝生の中の水仙!
この9月に貼った新しい芝は
ケッコウな雨降りも手伝ったか、よく根付いたものの、
貼る前に取りきれなかった水仙の球根がだいぶんあって、いまはっきりしてきた。
ニョッキニョッキ元気な葉が突き上げてきている。
花ニラも。

あったかい日を浴びて、ケロッとしてる。

芝を掘って球根を取り除くか、
ほうっておくか・・・

それが問題だぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

落果狼藉のお振舞い

台風24号の去った後、ア~ア・・・・・・・・が二つ。

Photo
落花狼藉ならぬ、落果、ウチの数少ない果物。
小さいのは渋柿、大きいのがカリン、
ア・・・・。

もう一つのア~ア・・・は、モッコウバラのアーチの一つ。
北隣家からの目隠しに役立っていたのに。
アーチの片脚は、モルタルと瓦礫とレンガを使ってガッチリ重く固定していたから無事で、
向き合う脚は土に直接挿しただけだった。
脚を支える斜めの支柱もゴツイのを深々と挿してはいたんだけど。
でも、よく繁ったバラが台風とガップリやって、負けた。
アーチはねじれて片脚が浮いた。
バラ自体はケロッとしてる。
やっぱり、両脚ガッチリじゃなくては駄目だった。

反省はしたけど、再生はしないことにした。
モッコウバラはモンスターだから、度々面倒見てやらなくては暴れる。
太い茎が木化しているけど、電鋸でおさらばしよう。
アーチの残った片脚は処分するのも楽じゃないから、何とか活かそう。

だいたい、蔓ものが多すぎた。
モッコウのほかに、ニンドウなどのスイカズラ系・アケビ・ハーデンベルギア・ハゴロモジャスミン、
もうやめよう。
放っておけば一人で静かに成長する良い子強い子じゃなくては。

・・・そういえば、新しく貼った芝の上に見えていた雑草・・・?は、
ハナニラだった。春に咲くのに、いつも葉っぱだけは10月から出るんだった。
芝の下の土に球根があったんだわ。
いい雨が降り続いたとばかり、しゃっきりと団体でお出まし。
可愛くも臭くもあり、さぁどうしてくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧