カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2020年1月17日 (金)

椿の春  クヌギの切り株

Photo_20200117073902
満開になる前もかわいいと思う。

Photo_20200117073901
大きくなり過ぎるクヌギを伐採してもう4年になるらしい。
いつだったか忘れてるので自分のブログで検索した。

その辺りを平らにして、防草シートと砂利で何も生えない所にしよう。
まずは草刈り機でブンブンと雑草の始末。
枯れた夏草もあるけど、もう今年の元気な春の雑草がいっぱい。

クヌギの切り株は、除草剤注入のお陰で黒くボコボコの残骸になっている。
その残骸を始末しようと電鋸を使ってみたら
地面の下は木の根っこの生の色がちゃんと残っていた。
シブトイ!
少し掘り込んでから土をかぶせた。
明日はこの上に防草シートを敷くから、もう出て来ないと思うんだけど。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

また植える・・・馬酔木と沈丁花

Photo_20200116093001
白い花の馬酔木。
こんなにたっぷり花が咲くまでに早く育ってほしいな。
小径の曲がり角辺りに何か欲しかった。
白か黄色の花が咲く低木を、と思っていたら、
農産物直売所に、小さい苗木があった。
本当は、もっと育ったものが欲しいんだけどな。お婆さんは先が短いから。
でもまぁ、育つのを楽しみに頑張るかな。

馬酔木は、以前、芝生の近くに植えたのがだいぶん育っていた。
芝生に使った除草剤のせいだと思うんだけど、根腐れさせてしまった。
反省してる。今度はそんな目に遭わせないから。




Photo_20200116093101
この種類の沈丁花はつきあいが長かった。
でも、気難しい木という気がしてる。
しっかり根付く前に枯れて、もう一度苗を植え直したことが2回。
去年は、無事に何年もかけて大きく育っていたのが急に枯れてしまった。

とても好きな香りなんだけど、もうご縁が無いってことかと
半ばあきらめていたら、店には馬酔木の小苗の横に、これまたちんまりと。
それも、覆輪とかいう葉に縁取りのあるものも並んでる。
Photo_20200116093002
つい欲が出て、覆輪タイプも縁取り無しのも一つずつ。
どれも早く大きくなぁれ!






 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

水仙  パンジー

2_20200113211001
庭のあちこちから掘り出した球根、
ケンケンパの小径沿いに植え直したものも
1月になって花数が増えてきた。
1_20200113211001
このタイプのはいつもはちょっと後から咲き始めたんじゃなかったかな。
今年はもう幾つも、いい香り。

Photo_20200113211001
パンジーを植えたのは初めて。
ハンギングバスケットを使ったのも初めて。
台風でてっぺんが壊れたアーチの脚に掛けてみた。

パンジーとビオラの違いはなんだろ?
こんな解説があった。

寒のうちとは言え、やっぱり暖かい晴れの日がいいな。
花だって元気に見える。



   

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

桜紅葉  初水仙  棟梁の裁量

Photo_20191218232202
これも台風のセイというのかオカゲというのか、
今年は桜の紅葉が鮮やか。
山法師もそうだけど、傷めつけられた後にナニクソ精神を見せようって意思?
真っ赤になって怒ってる?

Photo_20191218232203
土の中でじっと我慢して居場所を確保してきた水仙は強いもんだわ。
今年の一番花。

Photo_20191218232201
我が家で一番の台風被害は ↑ ココだった。
カッコつけて言えばテラスの屋根。
古いポリカ波板が吹っ飛んでモロ青空にモロ雨降り。

この家の棟梁に修理を頼んだものの、
近辺ばかりじゃない広い地域の屋根被害の多さに、
うちの庇程度じゃなかなか番は回ってこないと思い込んでいた。
なんたって、近所で一番被害に遭ったのは他ならぬ彼の住まいだったし。

2~3日前に、棟梁夫人が年末恒例のカレンダーご持参、
その時に、BBが買っておいたビニールシートを見てもらった。
こんな物でもアタシの寿命くらいは持つんじゃないかと思って。

彼女は、なるほど~とそれを眺めて、伝えておくわ、と帰って行った。
その翌日、棟梁が登場。
彼の言うには、そのビニールシートじゃ積雪でたわむ。
飛んでったポリカとそれを留めていた傘釘は、
残った欠片を見たところかなり古いタイプだ。今は質がだいぶん違うよ。

そう言われるとそうかもしれない。この家を中古で買った13年前に
既にガタガタしてた。

ビニールでお茶を濁すより彼の選ぶものに任せた方がいいかもしれない。
そう決めたら、今度はどんな色にするか、の話になった。
屋根は6年前に赤い鋼板にしたから、庇も赤がいいな。

赤?! 彼はちょっとのけぞったように見えた。
目立つよ!
 いいですよ、誰も来ないし、と押してみた。
赤いのが無ければ前と同じ半透明のブロンズ色で、と落ち着いた。

今朝8時台に、なんだかゴトゴトドンドン音がする。
いきなり工事が始まっていた。

赤じゃぁないわね。
ブロンズ・・・って程でもないわね。
半透明よりもっと透明に近いような。

事前に、どんな色があったの無かったのってご相談無し。
いつのお仕事になるかのお話も無し。

あれよあれよ アレヨアレヨ。

あんぐり口を開けつつ、今日はどうしても出掛けなくてはいけなかったので、
もう少しでお仕事が終わりそうなタイミングだったけど、出掛けた。
夕方、戻ってきたら、終わってた。 ↑ のとおり。

これが彼のやり方なのね。
ご請求額はいかに?それも聞いてない。
知~らないっ。
・・・でも、まぁイッカ~。ボルこともないでしょ、ご近所だから。
田舎風に染まったかな。  







| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

今日の楓  冬至は近い

Photo_20191213233102
秋に朝昼の寒暖の差が大きくなると紅葉が進むらしいけど、
昨日と今日の寒暖の差は大きかったわ。
そういう変化でも楓は感じるのかな。一昨日見た時より紅葉が進んだみたい。

Photo_20191213233101
今日の16時24分、もうすぐ陽が沈む。
一日中どんよりして降らんばかりだったのを持ち堪えて、
空のそこだけ色を染めていった。
冬至が近い。もうひと踏ん張り。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

山法師・楓 紅葉   水仙は蕾

Photo_20191211164701
落ち葉カサカサの頃になると元気が出てくるのが水仙。
葉っぱばかり生い茂って、それが急に背が高くなったと思ったら、蕾が上がってきた。
人間の成長もそんなときがあるわね。楽しみな時。

Photo_20191211164702
山法師の紅葉。
植えてから10年位なんだけど、これまでこんなに真っ赤になった記憶がない。
・・・記憶がないだけかも。
台風で木が少し傾いた。
花も実も、見なかった気がする。
・・・気がするだけかも。

Photo_20191211164703
楓も台風で葉が傷んだ。
なかなかすっきりと真っ赤にはならない。



| | コメント (2)

2019年12月 4日 (水)

南京ハゼの紅葉

Photo_20191204191501
台風で吹き飛ばされてすぐに新しい葉が出てきた南京ハゼ、
季節外れに芽生えた無理は祟ってる。
葉が大きくなれない、葉柄も柔らかくて、ピシッと葉を支えられず、
皆、力無くうなだれてる。

もう一度お天気が荒れたら、ひとたまりもなくハゲハゲになりそう。
紅葉が始まって、いつもなら楽しみなんだけど、
哀れが先立つ。
あんまり感情移入しない方がいいかもね。
鏡を見ているようなものかもしれないし。

| | コメント (2)

2019年12月 3日 (火)

山茶花咲いて・・・獅子柚子落ちた

Photo_20191203173902
山茶花が咲き始めたら、季節が順調に巡ってきたと、ホッとする。
2度の台風でもあまり傷まなかった。それは椿もそう。
強い木なのかな。葉が厚みがあるのは強いのかな。
他の葉の柔らかいのはあれもこれも結構傷んだもの。

Photo_20191203173901
獅子柚子は、木がまだ小さいのに7個も重い実をつけて、
台風で傾いたから支えをして頑張ってもらってる。
2_20191203173901
台風では実は落ちなかったけど、
昨日の暴風で小ぶりなのが一つ落ちてしまった。
そろそろ実が熟してきて枝から離れたがっていたのかな。
まだ青いところもあるから、もう少し辛抱して欲しかった。





| | コメント (2)

2019年11月29日 (金)

晴れたら外歩き

Photo_20191129231901
待ってたよ青空を!
Photo_20191129232101
家の近くからバスに10分余り乗るだけで
足弱バーサンにも程よい公園があるのを、
忘れてしまいそうだったよ~、寒い雨が続いたから。

今朝の百歳体操には、台風被災以来欠席続きだった棟梁夫人も出てきた。
ウチの中にはキノコが生えてるんだそうだけど。
気を取り直すには十分な青空だった。

風がチト冷たいけど、
頂き物の大根を茹で干し、
庇の屋根はまだ台風で飛んだままだけど、今日ばかりは雨の心配はしない。







| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

南京ハゼ フリージャ 一斉清掃

Photo_20191117141601
南京ハゼも15号台風で葉っぱがすっかり吹き飛ばされた。
哀れな姿はすぐに持ち直して、緑の新しい葉がびっしりと再生してきた。
根こそぎ倒れた木もある一方で、逞しい木の力も見せられた。

ちゃんと育ったら紅葉がきれいな木だから、今年はどうなるかしら。
この色は何かしら。紫色っぽく変わってきた葉がある。
期待してしまうんだけどな。

1117
フリージャの芽が伸びノビ。
春には・・・と、期待するものがあるのは、ちょっといい気分。
ほんの少し先の、叶いそうな希望があれば、それを繋いで生き延びていけそう。

                    ✨

今日は、年に二回の市内一斉清掃の日だった。
前回は体調がイマイチだったので不参加。
今朝もぎりぎりまで迷った。

2kmをゴミを拾いながら歩くことになる。
最近はそんなに続けて歩いたことがない。
水神様や八幡様のお掃除もするなら、ぞうきん掛けがあるけど、
近頃は手が痛くて雑巾やタオルを絞るのがイヤ。

どうしたものかと決めかねているくせに、
ゴミ拾い用トングっていう?アレを用意した。
寒いかなとウインドブレーカーを着込んだ。
なんだか、清掃に参加する気分になってるんじゃない?
・・・そうかもしれない・・・

参加すれば、いいことはある。
庇の修理を頼みたい大工さんに会えるはず。

それから、清掃には出ないけど自分の庭では結構な力仕事してるぞなんて、言われることもないでしょ。
それからそれから、下手なピアノの音をたてるけど清掃には音沙汰無し、って言われたくないし。
そんなことを言う人は誰も居なくて、そんなに関心を持たれてないだろうとも思うけど。

辺りを見回してこそっと暮らしてるわけでもないのに、
ホント、気が小さいんだわ。

身拵えはいつの間にか済んで、
集合場所まで、少し風はあっても陽射しが暖かかった。
道端の、黄色い実がたくさん生ってる木や赤い実の木を見ると、
コレいいねぇと、一人、頬が緩む。自分の庭にも欲しいなぁ。

たぶん、ちゃんと歩ける、久しぶりにしっかり歩いて、
自信を持てるかも。

往復で2kmを、ゴミ拾いしながらゆっくりだけどちゃんと歩いて帰ってきた。
いつもなら、コースを町内の役員さんが軽トラで巡回して、
拾ったゴミを回収して荷を軽くしてくれるんだけど、本日はそれも無し。
台風の後始末で道路や側溝の改修が多かったらしい。

ゴミ拾いの後に、今日は集会所の窓に貼った養生テープをはがす作業が待っていた。
台風19号に備えて、あちこちの家でも、窓という窓に、緑色のアスタリスク模様。
養生テープだから簡単に剥がせると思っていたのに、とんでもなかった。
陰の場所のは簡単に剥がせたのだけど、
同じ窓でも日が当たっている場所のは、殆どガムテープ並みに貼り付いていた。

シール剥がしスプレーやドライヤーも使ってみたけど、みんなでお手上げ。
たっぷり時間が掛かって、お昼近くなったのでとりあえず終了。
残りは役員のオジサンたちがなんとかするってことで解散。
                    
                    ✨

水神様と八幡様の清掃は、本日は人手不足でヤメ。

大工さん親子に会えた。
ウチのぶっ飛んじゃった庇の修理になかなか取り掛かれないでいることを謝られた。
近所の誰もが知ってるけど、台風の被害は大工さんチが一番ひどかったみたい。
いまだにブルーシートに覆われているし、
一度水浸しになった室内には土足で上がって暮らしてるらしい。
奥さんは百歳体操のお仲間なんだけど、15号台風の後ずっと欠席中。
体操してお喋りして、という気分じゃないんでしょう。

ウチの庇には、波板の代わりにビニールシートを買ってあるから
張ってもらえたらありがたいと、ちゃんと言えた。
大工父さんは息子に向かって、それならお前すぐに行ってやって来いよ、なんて言う。
大工息子氏はあいまいな顔。そりゃそうだ、誰にでも都合ってもんがある。
ま、一度見に来てもらうことで収まった。

                    ✨


朝から4時間もの勤労奉仕でしたね。
スプレーの匂いにはクラクラしたけど、
日差しの中をたっぷり歩けたのが、爽快!
すこし自信が持てた気もする。

いい天気だったからね、良かった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧