カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2019年8月 4日 (日)

ゆっくり進むケンケンパッ

Photo_20190804071301
砂利と平板を置く前の、草取りと土均しで
近頃の一日の稼働時間がほぼ潰れる。
朝5時台から7時までの一時間半くらいかなぁ、もうこれで疲れるし
暑くなるからエアコンの番人になっておとなしく座り込む。
なんたってお婆さんだからね。

夕方だってちっとも気温が下がらない。
試しにちょっと庭に出たら、珍しくそよ風が吹いていたりして、
もう働く気が無いから暢気に風を楽しむこともタマ~に。
それにしても、ヒトが防草シートだ砂利だとムキになってるかたわら、
手付かずの草むらは成長を続ける。

もう・・・勝手にして・・・と言いきれないんだわね・・・
好きでこの庭と格闘してるんだから。

ケンパッで進む場所とは別に、
北側の塀沿いにも防草シートを拡げて砂利敷きの準備。
完成したら来年から雑草対策がラクになる筈、見届けなくちゃ。

| | コメント (2)

2019年7月29日 (月)

ブルーベリーもう一本

Photo_20190729191701
すでにあるブルーベリーは、10年位は経ったのかなぁ、思い出せない。
ラビットアイ系とハイブッシュ系が一本ずつ、とだけ覚えていた。
よく実が生り始めたので気をよくしてもう一本、ハイブッシュ系。

たくさん実が取れたらいいなというのも正直なところだけど、
実は穴埋めが欲しかった。
シマトネリコ4本を伐採した後がスッカスカに淋しくて。

ブルーベリーの近くは、同じものを並べて少しでも隙間を埋めることにした。
既に、錦木や山吹の苗も植えた。
どれもまだまだおチビ。

育つのが速くてしかも背が高くなり過ぎない、って木がいいんだわ・・・
苗木じゃぁ、自分が満足する大きさになるまで先の長い話になる。
困ったもんだわ。
植木屋さんが持ってる育った木が手っ取り早いんだろうけど、
・・・まだ木を増やしたいんだねぇ・・・


シマトネリコが並んでびっしり繁っていたおかげで、
木の下は雑草が少なかったのだとわかった。
今年は日当たりがよくなって草ボウボウ。
防草シートと砂利で地面を覆う用意をしているところ。

梅雨明けで一気に蒸し暑さ全開。
庭仕事には早起きするしかない。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

カサブランカ咲いた  ケンパッは続くよ  ブルーベリーとトマト 

2019_20190722172101
藪にカサブランカ、この周囲は殆ど手が回らなくてボッサボサ。
そんなこっちの事情にかまわずちゃんと咲いてくれる。
全然手が掛からないから、増やすのもいいな。

Photo_20190722172101
ケンケンパッと踏んでいけるように砂利と平板を敷いていって、
イヌ槇の生垣の足元までいった。

突き当りに、縁石代わりにクヌギの丸太の切ったものを置いた。
ドングリ一粒から高さ5mまでに育ったクヌギを、地際から切り倒した名残り。
幹の太い部分だけ、長さ2m位を、おおむね40cmくらいに切り分けてあった。

そのまま並べたら2mで終わりになるから、
欲を出して、丸太を半円柱型に割れば倍の長さに使える、と、、、、
これは早々に諦めた。
薪割りみたいに斧でパカッと割れたらいいのに。そんな道具も無し、
よく乾いたクヌギの幹の固さったら、もう。

Photo_20190722172102
ブルーベリーは年々実付きがよくなってきた。
大粒小粒の2種類、大粒のほうが甘い。
雨で庭を見ないうちに落ちた実もありそう。

トマトもボチボチと、かわいいもんだわ。

| | コメント (2)

2019年7月18日 (木)

リンク先6年ぶりに追加

だんご虫の花」さんへリンク!
な~んだかいい感じ~、きっと度々訪問しそう、と、
リンクの許可をいただきました。


| | コメント (2)

2019年7月15日 (月)

南京ハゼとナニワイバラの剪定

Photo_20190715161502
連日降ったりやんだり、陽が射す時間は極端に少ないのに、
伸びてほしくないものまで伸び伸び、庭中が緑の塊。
そういえば、日照の少ない北欧の人は背が高い、、、。

伸びすぎた枝をちょん切る作業は、やる気が出る。
育てるのは下手でも、切るのは好き。

玄関前の短い生垣をバッサリと、
途中でパラパラ降られながら。

ここは南京ハゼとナニワイバラを混植。
春に咲いたバラがシュートを元気よく突き出してきた。
地際を見ると、世代交代らしいシュートもある。
それは活かして、傍の古い枝を切ってしまおう。
ごつごつ固そうで太いから、電鋸を使おう、また今度。

南京ハゼは伸び盛り。毎年、夏までに2~3回は切らないとジャングルになる。
邪魔でうっとおしいだけではなくて、バラに日当たりが悪くなるし。
切ってばかりだから、花や実を見たことがない。
ここに植えたのは街路樹の実生だったんだけど。

Photo_20190715161501 
ミニの黄色いトマトがチビチビと食べられるようになってきた。
陽がちゃんと射さないと、ひ弱に育つんじゃないかなぁ。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

トマトに追肥

Photo_20190627094101
緑濃き雑草軍をバックに、中玉トマトが赤くなってきた。

この一個はもう食べられそう。いや、そう簡単に食べてはもったいない。

予備軍が次々にできてきているから、今日はリンカリ肥料を振舞ってみた。
ついでに虫除けにオルトラン粒剤もパラパラ。

ミニトマト2種類はプランターで、これも実がついてきた。
プランターだとどうしても根を張る場所が狭くなりそうだから、
去年の雑草から作った土を足してみた。
リンカリ肥料とオルトランも。

この春にチビチビ収穫した苺に、また実がついている。
シュートを利用して株分けしてプランターに入れようかと思ってるところなんだけど、
取り敢えず、真っ赤な実3個、うーん、やっぱり甘みが少ないなぁ。

西の方の低気圧は台風になるのかしら。
ここは良く晴れているけど風が強い。
飛ばされそうなものを物置に移動。

| | コメント (2)

2019年6月21日 (金)

トマトに雨除け

Photo_20190621124901
庭の隅っこに忽然と、怪しげな白いビニール屋根・・・。

中玉トマトの苗5株、もう緑色の実が生ってきた。
実割れを防ぐ雨除けを、やっと昨日取り付けた。

ビニールを支える逆U字型の支柱を、ぐいぐいっと地面に挿すのが上手くいかない場所もある。
木の根っこなど、混みあってるんだと思う。
思いっきり突っ込んだら、思いのほか深く入った支柱もあって、
5本の支柱を同じ高さにきれいに揃えるのは諦めた。

左寄りの手前の足元に白いモノ・・・去年植えた梔子の花が咲いてる。
しゃがんでぐっと鼻を近づけて、いい香りを嗅ぐ。
成長は遅い方なのかも。背がもっと高くなってくれないと、しゃがむのはしんどいよ。

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

紫陽花どき

1
孫4人のうち2人が紫陽花シーズンの生まれだった?
一人は5月半ばもう一人が6月半ば、二人とも、誕生記念に市から紫陽花の苗木を貰っていた。
5月生まれの子がもらった苗は、青い花が咲く。
その3年後の6月に生まれた子がもらった苗は、ピンクの花が咲く。

咲き始めの時期が、決まって青い花が先。生まれた順番を守っているみたいに。
どっちも、BBの庭を毎年賑やかにしてくれる。

今年は、その傍の卯の花を、花後にぐっと刈り込んだ。
風通しも日当たりもよくなって、紫陽花は深呼吸したんじゃないかな。
卯の花の残骸の始末がまだ残っていて、花の前に積みあがってる。




| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

空木と雪柳強剪定  穴掘り穴埋め

Photo_32
空木の仲間、卯の花かな、今年は伸び伸びしすぎて重ったるく、格別の花付きだった。
路地を通る邪魔! 頭の上に盛りを過ぎた花がバラバラ。
BB以外の人はめったに通らない道だけど、お昼近くに、南隣り夫人がその下を通って帰宅、
庭にBBを見つけて、ホラもうお昼だよ~と声を掛けて行った。

彼女はこの2~3年でオミコシがかなり曲がってきた。
今日は手押し車を押していた。あれがあると歩きやすいらしい。
頭の上に卯の花の花ガラが降りかかったかも。
切らなきゃ…と思っていた卯の花、さっそく取り掛かった。

切り下ろしてみるとそのボリュウムに改めて呆れる。
この庭を手に入れて12年、初めて足元近くから切った。


Photo_33
繁り過ぎはもう一つ、雪柳。
これも10年位前に植えたっきり、切り戻しをしていなかった。
よく根を張って大きな繁みになったものを30㎝位の高さでバッサリ。
隠れていた紫陽花が見えるようになった。

雪柳や紫陽花の足元に、これも10年近く前に作った小径が埋もれていた。
30センチ四方のコンクリ平板もゴロンと円い石も、
すっかり土を被って、その上に雑草。
今年はどうしてもこの小径を復活させたい。
復活させてぐっと延ばして柿の木の下を通って・・・、万里の長城計画!
総延長にしてせいぜい15メートルくらいの予定なのに、
少々ホラ吹きました。
Photo_31

雑草も石に被った土も刈り払い機でブンブン跳ね飛ばして、
重い石を掘り出した後はボコッと大穴。
穴は埋めなきゃ。
この庭は、先住民さんがいろんなものを埋めたらしくて、
瓦や瀬戸欠けガ~ラガラ。
裏の畑でポチが・・・鳴かないけど、
それを掘り出すBBは、、、、、欲張り婆さんなのね。
大判小判が出たことがないもん、、、、。

出土する瓦礫はこんな時に穴埋めに使う。
今回はまず七輪の割れたの、だと思う。
生活感のある瓦礫って、ちょっとヤだけど、さらに小石やら土やらで
埋めて見えなくなるからヨシ。
その上にドライモルタルやら軽い砂利やらコンクリ平板が乗っていく。

もうすぐ梅雨になるっていう時にすることじゃないなぁ。
冬向きの仕事だけどなぁ。
でも、思いついたんだから仕方がない。
また今度の冬に、なんて保証はないお年頃だから。



 

 

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

梅花空木  電車に乗るチョウチョ

2_2
咲いてる本人はどう思ってるか知らないけど、
好きだなぁ、この花。植えてよかったと思える。
写真撮るのが難しいね、白っ飛びするし。
もうちょっと横から写して、美人の横顔ふうに見るほうが良かった。

                     ✨
  

Photo_30

向かいの席は、チョウチョさんの一人旅でした。
風が強かったからね、ちょっとラクチンで行こうと? 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧