カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2017年6月17日 (土)

「 つ 」 ・・・初キュウリ

地這いキュウリを初めて作ってます。
昨日の夕方、葉っぱの陰に隠れている緑色の物体を、ナ・ナ・ナンダ?と見たら、

Photo
収穫だっ! 「 つ 」だけど、キュウリだ~   一個だけ。(一本 とは言いにくい)
フラッシュ浴びせて写真撮ったけど、ボケ~としてるね。本人のせいではない。

雨が少ないせいかしら、皮が固かった。
でも、昨夜のご飯のメインディッシュでした。
ミが締まってコリコリコリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

隣のダンナにチョイ弟子入り

北隣さんちの庭は、雑草対策が徹底しています。
花壇や庭木周りの土以外は、敷石とセメントと砂利ですっかり覆ってしまった。
トシをとったら雑草の始末も大変になるから今のうちに、手の掛からないようにということで。

冬に、ごシュジン一人で頑張っていた様子。
ここのオクサマは本当に奥さまだから手伝いは無しだったみたい。
御影の敷石60センチなんて20キロ超だそうで、一枚だって動かすのはBBには不可能の、
体力と根気の大仕事だったでしょう。資材費もかなり、の筈。

実にきれいに仕上がっています。
敷石同士はあくまでも平らにつながり、目地はセメントできれいに塞がれているから
雑草は生える隙も無い。
回覧板を持って行くたびに、つらつら眺めさせてもらっていました。

建物周りも隙間なく覆ってしまったので、この夏は照り返しの暑さが気になるところだけど、
エアコンをつければいい、というのが彼の考えらしい。ま、そりゃそうだ。

そこへいくと、BBの庭ときたら、緑豊かな庭で・・・。各種各場所雑草取り揃えています・・が、
芝生を拡げたのも雑草対策のグランドカバーのつもりだし、
30センチのカラー平板を敷き詰めた部分もある。

この敷石の隙間を、元気な雑草が埋め尽くし、伸び伸び育ち、
もう、あまり使いたくない除草剤の出番だろうと考えてしまう。
でも、その前に出来ることはある。
          

Photo_2

敷石の目地をセメントで塞ごう。
もともと目地を作ったつもりは無くて、できるだけぴったりつけて敷き詰めたつもりなのだけど、
そううまくぴったりとはいかなかったし、少しずつできた隙間もある。

インスタントセメントはもう買ってある。
ただ、既に敷いてある敷石の目地だし、
職人さんがイチから敷いていくのとはわけが違うと思う。
素人なりの工夫とか苦労とか、お隣の先輩に聞きたい。
そう思っていたら、折よくそちらのオクサマと顔を合わせたので、口利きをお願いした。

お話は、うん、なるほど、が詰まっていて、ご苦労のポイントもわかった。
敷石周りの防草シートや砂利の扱いも、あとで修正した話も。
足元の施工例を見ながらだから、一番いい講義です。
左官屋さんの弟子になった気分。

ウチに戻ってすぐに、目地鏝(メジゴテ、ね)を楽天で注文した。
キャッホ!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

モグラとハクビシンが通る芝生

4月にちょっとばかり頑張って拡げた芝生が、少しずつ根を張っています。
1~2cmの目地をとって貼った芝が、
もう隣同士くっついて目地が見えなくなっているところもあれば、
ちょっと心配な所もあり、笹やほかの雑草がニョキニョキで、いつも抜いてる。
初めの一年は芝生の除草剤も使わない方がいいそうだから、
面倒でも手抜きで、手抜きできないってわけ。

雑草までは想定内だったのだけど、
モグラの行進は、ウ~ン・・・
雑草ばっかりのときは少々モグラが通ったってお構いなしだったのだけど。
地面が盛り上がって、こっちからこっちまで芝生のすぐ下にトンネルを作ったねっ、と
見えちゃうからねぇ。 仕方なく、その上を、体重掛けて踏んで歩く。
デコボコの芝生が出来上がっては困るから。
秋には焼き芋パーティするんだから。

昨日の夕方、カーテンを閉めようとして、・・・見てしまった。
あれはハクビシンの後ろ姿。
たぶん、庭を横切って路地へ出て行くところだった。
実害はないと思うけど、好きな眺めじゃないっすねっ、と
姿が消えた方に向かってモンクを言う。
黙って通り抜けるのなら、
体重をかけてモグラのトンネルの上を踏みしめていくくらいのことをしてもいいんじゃないの?

Photo
今年はエニシダがえらく盛り上がった。細い小枝をたくさん出して花たっぷり。
重そうだし、傍を通るのにかなり邪魔。
でも、コレの近くにあったギンヨウアカシア(ミモザ)が老朽で命を終えたのだから、
かわってエニシダが真っ黄色に盛り上がるのは大歓迎。

左端に、今年できたアーチがチラッと写ってます。
見えてないけど、その足元に植えたのは、モッコウバラ、ミニトマト、バジル。
ワキからツキヌキニンドウが伸びてきて、絡みたがってる。

ヨソンチの屋根の上の湯沸かしが見える。

手間暇かけて丹念な庭仕事をしてシンケイ張り巡らして完璧な庭を目指す、とは
対照的な庭遊びをしてるのだけど、
想定外のいろんな影響があるものなんだわね。
生き物いろいろ。周囲の景色も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

切り株始末

大きくなった南京ハゼを、地際から20cm余り残して切り倒したのが去年の7月だった。
そのまま放っておいたら、切り株から新しい小枝や葉が元気に伸びてきた。それじゃ困るのよ。
萌芽力が強い木だから、本当は地中の根っこすべてを掘り出したいところなんだけど、
それには重機が必要になる。
そんな木を普通の民家の庭で育てたのがいけないと言えば言える・・・
・・・クッ、言いたくない・・・
それも、クヌギに続いて2本目だから、性懲りもなく、と言わなきゃ。

Photo

刃渡り20cmくらいの電動鋸で切るんだから、根気が要ります。
そう思うだけでオミコシが重くなっていたのだけど、やっと終わりました。
残った幹を地際で切り、太々しく張った根っこも何本か切断して、
幹の断面と根っこの断面に除草剤の原液をたっぷり。
このやり方はクヌギを始末した時と同じ。これで地中に隠れて残っている筈の根っこも
無事に枯れてくれますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

サツマイモ植えた

草刈りして広がった場所に、昨日の夕方、サツマイモの苗を植えました。
ベニハルカを25本。
雑草対策としてグランドカバーになるように葉っぱが茂るものをと、
農産物直売所に出かけて、苗の売り場で初めに目についたのがカボチャ。

カボチャの苗を選んでいるよそのおじさんに聞いちゃいました。
・・・カボチャって、地面に広がって伸びるんですよね、って。
うん、広がって伸びるんだよ、と聞いたら嬉しくて、じゃぁ、雑草対策になるかしら、という
呟きには、そりゃぁどうかなぁ、と笑われた。
でも、苗をかごに入れました。
その先にあった地這いキュウリも、ついでにツルナシインゲンもちょっとずつ。

ふと、お店の建物の入り口に目をやると、オゥ!サツマイモの苗がありました。
サツマイモの苗は土をつけてなくて伸びたツルを切ったままのものだから、
他の苗のように陽の当たる外じゃなくて、水に挿して軒先にあったのね。
ベニアズマの方が好きなんだけど無くて、ベニハルカを一束。
食味は二の次で芋の葉っぱしか念頭にない。

せっかくだから花の苗もちょっと。

帰宅して、苗を植える場所を見ると、草刈り機の仕事の後がそのままになってる。
カサカサ乾いた雑草の残骸。
レーキで寄せ集めたら一山できた。
これは、カボチャのツルが地面を這うようになったら敷いてやろう。
しかし、ここまででクタビレタ。日も傾いた。

サツマイモは、肥料が効くとツルボケになりやすいから肥料無しでもよい、と
都合の良いコメントを見ていたので、もうロクな整地もしないまま植え付けた。
四つん這いで、ゴム手で道具無しで植える溝を一つずつ引っ搔くように作る。
水をやった頃には薄暗くなってきた。

他の苗は、頑張って待機していてもらいましょ。

植えたところを振り返ると、
芝生の向こうに芋畑。
ゼンッゼンおしゃれじゃない・・・。
ハンセイ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

雑草も花も

適当に雨が降って、気温が上がって、まずは雑草退治!!!だった。
今年のピーピーマメ(カラスノエンドウだかスズメノエンドウだか)の繁茂はすごかった。
広範囲にミッシリと、丈も半端じゃなかった。もう緑色の鞘が膨らみ始めてもいたし、
追い立てられるように刈り払い機でブンブン、植えたものの周りや茂みの中は
這いつくばって毟る。

くたびれた目に入る花の色が一息つかせてくれた。

Photo
アメリカハナミズキは、今年の葉が開いてきたと思ったら、
追いかけるように小さく花も開き始めた。まだまだおチビ。

Photo_2
スパニッシュラベンダーだと思ったらイタリアンだとかフレンチだとか、
なんだかはっきり違いが判らないのがあるようで、これはなんだろね。
花穂の先っぽがウサギの耳のように大きく開くものとそれほど開かないものと
あるようだけど、コレどうだっけ・・・

3
シラーペルビアナのつぼみが膨らんで、

Photo_3
パラパラ咲き始めて、

2
まだ開ききっていないけど、だんだんと派手に開いていく。豪華!
今、このコーナーは、蕾から満開に近いのまで取り揃えて贅沢。

                        sun

木や花や芝生を植えない場所はどうしよう。
今のところ、草刈りの効果あって一見すっきり空間が広がっていい眺め。
これが放っておくとまたすぐに雑草天国イヤ地獄になる。
除草剤の世話になるのはある程度仕方ないとも思うけど、思案中。

グランドカバー代わりにサツマイモにするかな。
スイカもいいかな。
どっちもエライ勢いで場所を拡げていくからカバーにはいい、、なんて。

                        club

そうそう、花の写真を撮っていて思い出した。
カルチャーの歌の教室に行こうと駅のエスカレーターで下りていたら、
並行している上りエスカレーターの踊り場で立ち止まって
こっちを見上げているらしい人に気が付いた。
以前の写真クラブの先輩だった。一年前までクラブの役員仲間でもあった。
お久しぶり~と挨拶だけですれ違う。

BBは役員の義務の一年が終わったところでクラブもやめたのだけど、
彼はたぶん今でも、もう何年も続けて役員をやっているんじゃないかしら。
クラブとその世話がしっかり身についているんでしょう。居心地もいいんでしょうね。
BBはそういう経験に乏しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

芝生拡張で~きたっ

200枚あった芝をぜ~んぶ貼り終えた。
20㎡分の芝を買えば少しだけ余るかも、くらいで買ったんだけど、
貼る予定の寸法の測り方がいい加減だったみたいで、ケッコウ余った。
芝は一㎡あたり9枚一束がキマリと思っていたら、今回ネットで買った芝やさんでは
一枚が小さめサイズで10枚一束だった。手間がちょっとだけ増えたね。

予定に入っていた場所はひと月前に除草剤を使ったけど、追加作業分は
傍にナマの芝を置いておいて待ったなし。がむしゃら手仕事除草のみ。

Photo

浄化槽が庭の隅っこじゃなくて、目立つヘンな所にあるので周囲の扱いに気を揉む。
気を揉んだところで、訪れる人もほとんどないのだから、どうでも良さそうなものだけど、
あれこれ自分が心地よいように考えてみる。・・・ヘタの考え休むに似たり。

浄化槽の丸い蓋の上を通路の一部として、丸い踏み石って思うことにしよう。
そこに至る通路をかんがえて、モッコウバラのアーチを置こう。
ってことになりまして、
今、作ってるのです。
園芸支柱とワイヤートレリスを使って組み上げた。
昨夜の嵐でも無事だった。雨降って地固まる、で落ち着いただろうから、
お天気が回復する今日の午後は、土台のモルタル練りかな。

チューリップが、オレンジ色一本だけ、かっわいそうに・・・
もっとあったんだけど、この春は周囲を踏んだり掘ったりで。

芝にかまけている間、他の部分の雑草に目をつぶっていたら、ピーピーマメの森になっていた。
やっと草刈りブンブンを出動させたら、花が見えてきた。

Photo_2
                         アケビ

Photo_3
                   シラーペルビアナの蕾

Photo_4
    たしかスパニッシュラベンダー ホワホワ綿毛をまとったような蕾
    ピンボケかも

Photo_5
                      ニンドウ

Photo_6
                       ブルーベリー

1
      カリン花盛り 実を大事に育てる気なら花を減らすんだろうけど
      めったに実が付かないのは放ってあるせいかな

2
         カリンって、葉っぱの縁がギザギザだった

むむっ、そろそろ鯉幟の季節か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

芝貼り進行中

菜種梅雨の晴れ間だそうで、今日一日の晴れ。
といってもうす曇り程度。風が弱まったのがありがたい。
一昨日の雨風のさなかに届いた高麗芝20束が、出番を待ってました。

Photo_3

今朝もまた笹の葉を見つけて掘り出して、
またまた見つけて掘り出して、
ついでに見つかったリッピアの根っこも掘って、
芽生えてきたドクダミも掘り出して、
レーキで均して用意の床土を重ね、また均し。

お昼までにほぼ予定の範囲に芝を貼り終えたのだけど、
重ねた束の芝がまだいっぱい残っていた。

足りないのじゃがっかりだけど、残っているなら幸い、
貼る場所を少し拡げよう。モウケ・モウケ。

貼る場所を拡げるってことは、また雑草を根こそぎ!の作業追加ってわけで。
1㎡分くらいの草取りをしたところでもう疲れて、
本日は店じまい。

明日は冷たい雨の一日になる予報、
芝貼りは休むけど、カルチャーの”英語で歌おう”の教室にオデカケ!
今月からスタートの初日。どんな教室になるのかな。

Photo_2

もうシャガの季節だった。すぐそばではハナニラも賑やか。
どっちも、放っておいて大丈夫な花だからウチで生き延びている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

芝生貼り準備進行中

10年近く前にGGと一緒に貼った芝生が約24㎡、
その場所はガチガチに固くて植物は殆ど生えてなかった(…ような気がする)。
たぶん、この家の元住人さんが除草剤を多用していたんじゃないかな。
何も植えない場所は、何もしないでいると草ぼうぼうのとんでもない眺めになる筈だし。
固い地面を掘り返して、いい土を入れて均した。
土は、ノーキョーで買って、GGの車で持ち帰った。
翌年からは緑の芝生でおチビたちと遊べる程になっていたっけ。

今度はBB一人で20㎡くらいの芝生貼りに挑戦中。
和室の外を、今ある芝生とつないでL字型に囲めるといいな、と思って。

わが庭では雑草対策がいつも最優先の課題なんだけど、
全面を防草シートと砂利やらコンクリート平板に頼ってしまっては味気ないし、
一人でボチボチ仕事するんだから、体力的にも芝貼りは程よい。
芝生のメンテナンスの主力は、芝生用除草剤のつもり。手仕事の除草も要るけど。

少々の雑草は、芝刈り機で刈っちゃえば芝と揃って緑だもん。
あんまり植えこまないで、ヒラ~リと開けた眺めも好きだし。
コマヤカに花を育てる人間じゃないからね。

Photo

その20㎡くらいを掘り返して、
よく繁ったリッピアとその他大勢の雑草を根こそぎ取って、
レーキで均して更に地面のデコボコを確認してみると、
視界にクッキリ笹の葉っぱ。笹は一か所見つかれば必ず行列で蔓延っているから、
また掘り直して、根っこの行列を出来るだけ取り出す。
行列の追及は途中で諦めて鋏で切るしかない。
元をたどればどうせ建物の下だったりするから。

それに、リッピアや雑草を根こそぎにしたといっても、
実は地面の中にはさらに取りこぼしが埋まっているんだから、
これも諦めるしかない。

改めて均し直した地面に、今度はネットで買った床土を拡げる。

ヨクマァ、ワタシとしたことが、エンエンと・・・。
気の長い人じゃないのに、こんな作業を嫌ってない。

明日は芝生が到着する。
ちょっとワクワク。
雨の予報が残念だけど。

Photo_2

↑玄関前のパーテーションふう生垣にしているナンキンハゼは、
毎年バッサリ切り戻して高さを調節している。
今年も赤い新芽がポチポチと出始めた。
これが夏にはすっかり繁って欝蒼としてくるんだから、強いもんだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

リッピア始末第二弾

芝生を貼る予定の場所に、除草剤を撒いて一ヵ月近くたった。
地表はリッピアも他の雑草も枯れているけど、モンダイは根っこ。
掘ってみるとやっぱり、元気な根っこもいっぱい残ってる。
除草剤のウリは、葉や茎に掛けたら根こそぎ!なんだけど、
そう簡単には全滅しないわね。よほど濃くして掛ければそうかもしれないけど。
それに、リッピアはもともと冬の間は地表部分は枯れたような状態だから、
イキイキと青い時ほどは効かないのかもしれない。

Photo_4
というわけで、根っこ掘り出し、始めました。
今日の午後二時間くらいで、予定の範囲の十分の一もできたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧