カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2017年7月20日 (木)

路地に除草剤

モッコウバラの生垣の向こうは、殆どBB専用道路の路地。
たまに誰か通っていたら、あっ、ヒトっ!と声を上げるくらい。

路地を抜けたところにあるバス停には、一日に5回だけバスが来る。
日中の外出に使えるのはそのうちの2本だけ。
そのバス停を通り過ぎて10分近く歩いたら、一日に14本、休日なら9本のバス停もある。
車の免許を持たないまま70代になったヒト(BBのことね)には、
殆どチベットクラスの環境だと思う。
そんな所に70歳で引っ越してくるなんて、勇気があるねと言ってくれる人も居た。
そっかぁ、ちょっと偉くなった気がしないでもない。shine

辺鄙だからって家にばかりいるわけじゃない。外出も度々。
このトシだから、人に後れを取ることなく元気で病院通いってのもあるし、
習い事二つは大きい楽しみだし、月に一度くらいはコンサートにも行きたい。
だから、バス停へと続く道は、タイヘン大事。

路地は、無舗装。この時期は草ボウボウ。
ヨソンチの柿の青い実がゴロゴロ落ちていたり、
両側から木の枝が張り出して、それがクモの糸で繋がっていることもしょっちゅう。
石ころゴロゴロは通年だし、
スリリングな道でもあります。

大事な道に、自分でできることは草刈りくらいしか無い。
昨年は充電式の刈り払い機を使ってバス停近くまでブンブンやった。
また今年もそろそろかな。
とりあえず今回は、電気のコードを引っ張る式の刈り払い機で、
自分ちの横とちょっとその先まで済ませた。
充電式よりもパワーがあって、音も大きめ、ちょっと好き。

刈った後の草の始末をしてから、除草剤を撒いておいた。
これが、いつまで草の心配をしないで済むものかっていうと、たいしたことはないんだけど。

この路地を通ってお隣に回覧板を届けたら、
帰りには茄子とキュウリを胸に抱えていた。
「持って行く?」と、一応聞かれたのが珍しいけどね。
いや、もうたくさんです、なんて、言えないオトナシさよ・・・

Photo_2
庭の隅にあるカリンに、たった一個だけ実がついてる。大丈夫かな。落ちないで頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

今日の収穫

今日こそは降る!大気不安定の為、千葉の南部でも雷雨!って言ってますが、
今朝、ホースでジャンジャン水やりしました。
予報では降ると言われても、雨雲に素通りされ続けていたから。
これまでのカンカン照りに、庭のみんなが参っちゃってるようだから、本当に降るまでのオシノギ。

カサブランカ、昨日は五分がた開いた蕾を室内から何度も眺めた。

Photo
夜のうちに開いたのかなぁ、今朝5時には開いていた。

Photo_2
今朝の収穫。
真ん中の緑色のは…いちおう、キュウリです。
右隅の緑はバジル、それからミニトマトとブルーベリー。

いくら一人分あればいいと言ってもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

初芝刈り

この春に拡げた芝生を初めて刈った。
目地が埋まるのを待っていたら、丈が伸びすぎて15cmくらいにまでなっていた。
葉が伸びる方が、根が横に拡がるより速いんだわね。
目地のタテヨコを感じさせてくれながら、マス目ごとに盛り上がってる。
緑色の毛足の長い生地のキルティングってところ。

Photo

芝刈り機の刈り丈を最大の5mmにセットしてみたけど、
15㎝のものを5mmにするなんて、いっぺんでは到底無理だったみたい。
何度往復しても、イチオウ刈りました、程度にしかならないし、
ミッシリ生え過ぎたところなんか、
芝刈り機の刃が通り過ぎるのを平然とやり過ごしているらしく、それがナニカ?と
盛り上がったまま。
今回はもうカンベンしてやった。

ミニトマトをもいで、外水道でジャブジャブやって立ち食いして、
しばらくしたらお隣さんから野菜のご到来。
トマトがミニも中くらいもいろいろ、茄子、キュウリ、それにトウモロコシ。
今日も野菜リッチでご馳走になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

カブトムシ登場

カブトムシが居たら捕まえといて、と、息子からリクエストがあったのが3週間前。
カブトは、うちのシマトネリコにやって来る。
クヌギがあった時はクヌギにも来ていた。

捕まえといてと言われても、実はちょっと怖いんだけど、以前にも頑張って、
ペットボトルに空気穴をあけて何匹かを運んで行ったことがある。
じゃぁ、できないわけはないのだぁ。。。

毎日シマトネリコの幹を観察して、
幹に出来ている縦の浅い溝が湿ってきているのが判っていた。
樹液が滲み出る場所らしい。

Photo

やっと今朝になって、今年初めてのカブトを発見。
7~8匹は居る。
樹液が少ししか出てないようなところにツノ突き合っているのもいれば、
目立たないところでこそっと独り占めしているのもいる。

Photo_2

これからしばらくの間は入れ替わり立ち替わりで木にとりついている筈。
最盛期にはひしめき合って、挙句に、傍を通るだけでBBなどは邪魔者らしくて
あっち行け、される。

Photo_3
カサブランカが今年は草刈機の被害にも会わずに育った。
二つの蕾が、蜘蛛の糸で綾取りしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

除草剤散布

ことしは2月半ばにリッピアめがけて除草剤を浴びせて以来、
今日がイッパンの雑草に掛けた一回目。

あんまりクスリは使いたくなくて、電動の草刈機をブンブン鳴らすのも好きだし、
何とかこれまでしのいできたんだけど。
晴天は続く・・・雑草は嬉しそうに次の雨を待ってる・・・
梅雨はどこへ行った?
晴れが続いたら除草剤散布のチャンスじゃないの!きっとよく効く。

5リットルの電池式噴霧器2杯分を撒きました。

建物北側の通路、ここは防草シートと砂利をものともせず伸び伸び生えてきたヤツを
昨日のうちに全部引っこ抜いたんだけど、まだ目につかないのが隠れているだろうから、
砂利の上から、シャーシャーと。きっと無駄が多いわね。

次は、お隣りとの塀際に。

平板を敷き詰めたところにも。隙間からいろいろ出てきてるし。
リッピアも出てきて、かわいい花も咲いているのだけど、
近くにある芝生に食い込まないように、少し離れた部分までは、除草剤・・・。
優先順位があるので、ごめん。

嬉しくない作業の時は、ミュージックスタート。
庭からも少しは聞こえるようにボリュームを上げて、リピートにして、今日は千住真理子さん。

ひと月もすればだいぶん様子が変わってると期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

蒸し暑い日は

都議選の結果は、千葉の田舎に住んでいる者に直接のかかわりは無いんだけど、
蒸し暑さを少しは飛ばしてくれる風になったわね。
五輪やら卸市場やら問題山積のミヤコを任せるのに、
アノヒトが率いる自民ではダメだと思う人は多かったでしょ。
近頃のアノヒトは目も当てられないからね。

投票率が51.27パーセントって、結構なもんじゃないかしら。
今春、千葉でケンサク氏が3選されたときは31パーセント。
彼は自民・公明が支援。
自公が好きな人以外はもしかしてあんまり投票しなかったのかなぁ・・。
でも、その支援のおかげよりは、アクアライン通行料金を低く抑え続けているお蔭じゃない?

有権者の3人に一人しか投票しないなんて、う・・・ん。

そうそう、この集落の集会所には、ハマコウ氏の筆による額が掲げられている。
農村だからねぇ。

                    spade

Bb

↑は、昨日のあたしンちの収穫です。
キュウリの長さ平均32cm、大きなお尻の周囲15cm。一本の重さは平均420g。
皮をむいてもさすがにガツンと固かった。
生っているのに気が付くのが遅れました。
地這いキュウリだと、葉の蔭で大きくなって、気が付かない。
ぶら下がり式で育てても気が付かなないうちに大きくなってることはよくあったんだから。

アーチに沿わせているミニトマトはホントにミニ。これは度々収穫中。昨日は5個。

こちら↓は今朝の頂き物。

Photo_2

キュウリはまともなサイズ。
ピーマンときたら、少し離れたところまであのトンガラシ系の刺激的な香りがする。
パック売りのピーマンではついぞ嗅げなくなっていた香り。夏向きだわ。

またまたキュウリ消費に汗をかくけど、ピーマンが励ましてくれそう。

                    spade

8本のキュウリ、うち一本は乱切りにして、
ピーマン、セロリ、トマト、玉葱、豚肉と一緒にオリーブオイル炒め、薄っすら塩コショウ味。
淡い緑色たっぷりに、負けじと濃い緑色、赤いトマトもポイント、
お昼に食べました。お~いしかった~!

残り7本のキュウリはスライサーでシャカシャカ薄切りにして、
 甘酢とゴマ油に、ゴマ・梅干し・塩昆布と一緒。
 塩昆布とだけ一緒。
 梅干しと黒ゴマとだけ一緒。
 市販のラッキョウとそのつけ汁と一緒。
 すし酢と醤油とゴマ油に、キュウリだけ。
 すし酢だけにキュウリだけ。

もう、目につくもの手あたり次第ってところ。
でも、きっとおいしいよ。
どれも冷凍庫に入れた。
冷凍庫には、2週間前に奮闘したキュウリの各種甘酢漬けが、パックのまま・・。

スライサーを使ってキュウリが残り5㎝位になったのを集めて、
小さく切って合わせ味噌をまぶしておいた。これは夕食に。

                    spade
 

昨夜の台風は有難いことに勢いが肩透かしだった。
日ごろ閉めない雨戸までしっかり閉めて備えたし、
満開のラベンダーがやられては困るから、花穂を50本ほど切っておいた。
リボンと合わせてラベンダースティックを作り始めてるから。

今週末はキョーヘイくんのコンサートが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

「 つ 」 ・・・初キュウリ

地這いキュウリを初めて作ってます。
昨日の夕方、葉っぱの陰に隠れている緑色の物体を、ナ・ナ・ナンダ?と見たら、

Photo
収穫だっ! 「 つ 」だけど、キュウリだ~   一個だけ。(一本 とは言いにくい)
フラッシュ浴びせて写真撮ったけど、ボケ~としてるね。本人のせいではない。

雨が少ないせいかしら、皮が固かった。
でも、昨夜のご飯のメインディッシュでした。
ミが締まってコリコリコリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

隣のダンナにチョイ弟子入り

北隣さんちの庭は、雑草対策が徹底しています。
花壇や庭木周りの土以外は、敷石とセメントと砂利ですっかり覆ってしまった。
トシをとったら雑草の始末も大変になるから今のうちに、手の掛からないようにということで。

冬に、ごシュジン一人で頑張っていた様子。
ここのオクサマは本当に奥さまだから手伝いは無しだったみたい。
御影の敷石60センチなんて20キロ超だそうで、一枚だって動かすのはBBには不可能の、
体力と根気の大仕事だったでしょう。資材費もかなり、の筈。

実にきれいに仕上がっています。
敷石同士はあくまでも平らにつながり、目地はセメントできれいに塞がれているから
雑草は生える隙も無い。
回覧板を持って行くたびに、つらつら眺めさせてもらっていました。

建物周りも隙間なく覆ってしまったので、この夏は照り返しの暑さが気になるところだけど、
エアコンをつければいい、というのが彼の考えらしい。ま、そりゃそうだ。

そこへいくと、BBの庭ときたら、緑豊かな庭で・・・。各種各場所雑草取り揃えています・・が、
芝生を拡げたのも雑草対策のグランドカバーのつもりだし、
30センチのカラー平板を敷き詰めた部分もある。

この敷石の隙間を、元気な雑草が埋め尽くし、伸び伸び育ち、
もう、あまり使いたくない除草剤の出番だろうと考えてしまう。
でも、その前に出来ることはある。
          

Photo_2

敷石の目地をセメントで塞ごう。
もともと目地を作ったつもりは無くて、できるだけぴったりつけて敷き詰めたつもりなのだけど、
そううまくぴったりとはいかなかったし、少しずつできた隙間もある。

インスタントセメントはもう買ってある。
ただ、既に敷いてある敷石の目地だし、
職人さんがイチから敷いていくのとはわけが違うと思う。
素人なりの工夫とか苦労とか、お隣の先輩に聞きたい。
そう思っていたら、折よくそちらのオクサマと顔を合わせたので、口利きをお願いした。

お話は、うん、なるほど、が詰まっていて、ご苦労のポイントもわかった。
敷石周りの防草シートや砂利の扱いも、あとで修正した話も。
足元の施工例を見ながらだから、一番いい講義です。
左官屋さんの弟子になった気分。

ウチに戻ってすぐに、目地鏝(メジゴテ、ね)を楽天で注文した。
キャッホ!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

モグラとハクビシンが通る芝生

4月にちょっとばかり頑張って拡げた芝生が、少しずつ根を張っています。
1~2cmの目地をとって貼った芝が、
もう隣同士くっついて目地が見えなくなっているところもあれば、
ちょっと心配な所もあり、笹やほかの雑草がニョキニョキで、いつも抜いてる。
初めの一年は芝生の除草剤も使わない方がいいそうだから、
面倒でも手抜きで、手抜きできないってわけ。

雑草までは想定内だったのだけど、
モグラの行進は、ウ~ン・・・
雑草ばっかりのときは少々モグラが通ったってお構いなしだったのだけど。
地面が盛り上がって、こっちからこっちまで芝生のすぐ下にトンネルを作ったねっ、と
見えちゃうからねぇ。 仕方なく、その上を、体重掛けて踏んで歩く。
デコボコの芝生が出来上がっては困るから。
秋には焼き芋パーティするんだから。

昨日の夕方、カーテンを閉めようとして、・・・見てしまった。
あれはハクビシンの後ろ姿。
たぶん、庭を横切って路地へ出て行くところだった。
実害はないと思うけど、好きな眺めじゃないっすねっ、と
姿が消えた方に向かってモンクを言う。
黙って通り抜けるのなら、
体重をかけてモグラのトンネルの上を踏みしめていくくらいのことをしてもいいんじゃないの?

Photo
今年はエニシダがえらく盛り上がった。細い小枝をたくさん出して花たっぷり。
重そうだし、傍を通るのにかなり邪魔。
でも、コレの近くにあったギンヨウアカシア(ミモザ)が老朽で命を終えたのだから、
かわってエニシダが真っ黄色に盛り上がるのは大歓迎。

左端に、今年できたアーチがチラッと写ってます。
見えてないけど、その足元に植えたのは、モッコウバラ、ミニトマト、バジル。
ワキからツキヌキニンドウが伸びてきて、絡みたがってる。

ヨソンチの屋根の上の湯沸かしが見える。

手間暇かけて丹念な庭仕事をしてシンケイ張り巡らして完璧な庭を目指す、とは
対照的な庭遊びをしてるのだけど、
想定外のいろんな影響があるものなんだわね。
生き物いろいろ。周囲の景色も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

切り株始末

大きくなった南京ハゼを、地際から20cm余り残して切り倒したのが去年の7月だった。
そのまま放っておいたら、切り株から新しい小枝や葉が元気に伸びてきた。それじゃ困るのよ。
萌芽力が強い木だから、本当は地中の根っこすべてを掘り出したいところなんだけど、
それには重機が必要になる。
そんな木を普通の民家の庭で育てたのがいけないと言えば言える・・・
・・・クッ、言いたくない・・・
それも、クヌギに続いて2本目だから、性懲りもなく、と言わなきゃ。

Photo

刃渡り20cmくらいの電動鋸で切るんだから、根気が要ります。
そう思うだけでオミコシが重くなっていたのだけど、やっと終わりました。
残った幹を地際で切り、太々しく張った根っこも何本か切断して、
幹の断面と根っこの断面に除草剤の原液をたっぷり。
このやり方はクヌギを始末した時と同じ。これで地中に隠れて残っている筈の根っこも
無事に枯れてくれますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧