カテゴリー「ネズミ退治」の記事

2013年12月 4日 (水)

ネズミは消えた

前回の処置以来、鼠の気配は何も無い。
床下で息絶えていたのを始末して以降、置いた毒餌が食べられた様子が無く、粘着シートにも何も変化が無い、ということで、今回の最終点検で餌もシートも撤去された。
その後、天井裏に防ダニ薬剤噴霧。鼠がいたから100パーセントダニが居るというものでもないけど念のため、という説明。

屋内の点検が終わり、今度は外回りを確認。
床下通風孔は何カ所も金網で閉ざされていた。隙間が指2本ほどもあれば鼠は出入りするから塞ぐが、通常はそんなに開いてなくて、何かの管を通すために無理に拡げることもあるもよう。

浴室に入るパイプ類周囲の隙間はパンチメタル板とモルタルで閉ざされていた。浴室リフォーム前の古い換気扇の穴も開いたままだったらしいのがこれも初回の施工でメタルの板で閉塞。

雨戸の戸袋の内側の、建物の外壁につながるところは何故か簡単にベニヤ板が張られていた。これはごく普通なのだそうだけど、ベニヤ板は鼠が齧って出入り口を作る。七カ所ある戸袋のうち、一カ所だけ最近出入り口に使われていたとみられるところがあって、戸袋を外してからベニヤ板にパンチメタル板を張って補修されていた。

うちは平屋だからこれで済んだけど、二階のある家なんか始末はもっと大変でしょうね。
コンクリート造りの集合住宅なんてほんとにタイヘンなのだそうです。壁の中の配線や配管のある所を伝って何階にでもどこにでも入り込んで齧って停電させることもあるらしい。
構造上、処置に時間がとても掛かるものだとか。
住宅はもちろんだけど、とっても気を使うのがレストランやホテルですって。このネズミ退治の会社にはそういうお得意さんがズラリらしい。「言っておきますが、こういうお店に鼠がいるということではありません、侵入しないようにするのも私どもの仕事です」ですって。たしかに気を使ってるね。

家の中に鼠の食べ物が露出していなくても、外食して寝るために帰ってくるものなんだって。外より安全だから。
いつも鼠は安全なところに入ろうと狙っているものだから、開けっ放しはいけません、ですって。

これで2か月にわたる鼠退治はひとまず終了。半年の保証が付きます。
子供の頃は家に鼠が居ても格別騒がなかった気がする。
ネズミはかわいいから邪険にしたくない、なんて退治に及び腰の人も居るみたい。
でも、マンガじゃないんだから、かわいいなんてとても思えないし、夜中の騒動やらフンなんか只々おぞましい。
最初に17万もの大金で、追加料金なしとはいえビビったけど、きれいになって安堵した。
格安退治なんて一万円くらいで引き受けるところもあるようだけど、一万円を何度も払ったりあれこれ追加料金発生ってことになりそうな気がする。

オウチのリフォームにはご用心ね。
お風呂や台所など、管や線を引き込むには必ず穴を開けるでしょ?その後ちゃんと隙間を塞いであるか、肝心ね。
鼠退治の2か月の間に台所の流し台などの交換もしてもらった。この工務店さんが鼠退治になかなか詳しい。仕事が終わった時に、鼠もゴキブリも入り込めないようにしといたよ、という。
たしかに、壁と流し台の隙間もきちんと塞がれていた。古いのは隙間だらけだった。

ワタシ、隙間だらけの締まらない人間だけど、これからせめて壁の隙間だけは気を付けるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

ネズミ退治!

先月末に業者による施工後一回目の点検があった。
天井裏で粘着シートに掛かっていたのが一匹発見された。サイズからすると親鼠らしい。縄張り意識のある鼠にとって、この家のサイズは鼠一家族分の広さだそうで、親鼠の危機を知って他の家族は外へ逃げ出したとみえて、他には生息の気配も無いということだった。そのため、逃げ出し用に一カ所残しておいた開口部を閉鎖。
天井裏の運動会もなく糞も見なくなった。

そうして約2週間後の昨日は、施工後二回目の点検。
床下で一匹息絶えていたのを発見してもらった。古い床板とその上に重ね張りしたフローリングのわずかな隙間が終焉の地だったらしい。
狭い床下に潜って、始末をして、隙間を塞ぐ。工具の音が部屋に響く。プロとはいえ、ご苦労様。
今はもう鼠の走る音は全くしない。フンも見ない。
もう一度、2週間後に点検の予定で、その時は鼠に付き物というダニ対策の薬剤噴霧をして終了となるらしい。

今日はその会社から「駆除作業中間報告書」が届いた。
初日とその二週間後の作業の、写真入り報告。・・・真面目に知らせてくれるのはマァいいけど、・・・写真はヤダねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

ネズミ対策その後の後

鼠退治専門業者に来てもらってイロイロ対策をしてもらって、ホッとしたのもつかの間、造り付けの戸棚の奥に、暗い壁の中に通じる隙間を発見した!のまでは話したわよね。そこには鼠のフン!、壁の中を走る鼠たちの通り道だった。
この家を作った大工さんがご町内なので、こういう時はすぐにヘルプ要請する。修行中のお兄ちゃんが来てくれた。

戸棚の奥のベニア板の壁が、何故か奥へ少し膨らんだせいで、底板との間に隙間ができていた。
何故膨らんだのか不明。
なぜ?いつから?と、お兄ちゃんと二人で首をかしげる。
以前はそんな隙間は無かったと思うけど、自信は無い。なにせ高い所のことで、自分がちゃんと見ていなかったかもしれない。中古住宅だしね。ナナフシギだねぇ。

原因はわからないけど、ともかく穴を塞がなきゃ。
奥へずれた板を手前の正しい位置に戻すべくお兄ちゃんは奮闘。引き寄せてもバンッと戻るそうで、きっとだいぶん前からこうなっていたんだろうという。
引いてもダメなら板の後ろから押そうと、彼は天井裏に上がった。梁の上を歩いてその部屋近くまで行ってから彼は気が付いた。
あの戸棚は部屋の天井の下にある、だから天井裏へ上がってもダメなんだぁ、見えない・・・。
結局有効だったのは、手前に穴を塞ぐように板を当てて、板の上からビスを数本捻じ込む、幸い奥の板にビスは食い込み、引き寄せられた。ハァ、ご苦労様でした。

鼠の動きは、まだ、ある。一匹は居るね。毒餌からも粘着シートからも逃れたすばしっこいのが生き延びている。
月末に、業者の施工後第一回の点検がある。強力に何とかしてもらおうじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

ネズミ対策その後

きれいな話じゃないからね、スルーしていいのですよ。ネットでどなたかの参考になればと思うから書いとくね。私はこれまでいろいろネットでベンキョさせてもらったから、情報交換のつもり。

今年の初夏から始まったウチの鼠の活動はまだ終わってない。
天井裏の騒ぎとフンに悩まされて、対策を始めた頃のことは9月に書いていたんだけど、まだ。

鼠が嫌うという超音波発生器と忌避剤スプレーや缶入りハッカ剤も使った。
スプレーは大工さんのお兄ちゃんに頼んで天井裏に二缶撒いてもらったけど、鼠は平気で、ニンゲンが臭いに悩まされて終わり。
・・・直後は静かになったかなと思っても、結局どれも効果無かったってことになる・・・。
毒餌や粘着シートを使うのはイヤ。姿を見たくないから。
ただ出て行ってほしいから忌避剤などを使うことにしたんだけど、効果がなくちゃ仕方がない。お手上げってことで、プロに頼んだ。
ネットで鼠退治を専門にする会社を見つけて、実地検分、見積もりを出してもらい、契約。

当日、ねずみ小僧みたいな黒装束(洋服だし、頬被り無しだけど)の若い男女二人組が登場。
以下、施行報告書によれば、


天井裏:食毒法
和室床下:食毒法
風呂場床下:食毒法・捕獲法
外周:目視調査、一カ所食毒法
各部屋:目視調査

和室長押:金網で閉塞
外周換気扇口:パンチメタルで閉塞
雨戸の戸袋隙間:パンチメタルで閉塞
通気口:金網で閉塞

他に、営巣を見つけて撤去、も。

出入りされそうな開口部を一カ所だけ残して塞ぎ、その一カ所はメインの出入口と思われる所。その傍に毒餌を置き、床下や天井に毒餌と粘着シートを置いて、弱らせ、怖がらせ、出入りしなくなるように仕向けて最後に一カ所を塞ぐ、らしい。この毒は、即効性ではなく、徐々に弱って仕舞いには外へ出て終焉、というものらしい。

鼠は、家の周囲に居ます。入り込もうと狙っているから、決して家を開けっ放さないように。
・・・ですって。

「薬剤の効果により天井裏での音が激しくなる場合がございます、ご了承ください」だそうで。
それは格別のことはなかったけどね。全体に、物音はぐっと静かになった、けど、まだ有り。
室内のフンは出なくなった。

以上の作業を二人で3時間掛けて済ませ、初回の終わり。
あとは2週間おきに3回点検に来るらしい。
その後、半年間の保証付き。

これで、17万円!  ウ・ウ・ウ~ンという金額だけどねぇ。
これを契約する頃に、懇意の知り合いが元鼠退治業者であったと思われる人を紹介してくれた。その人は現在はやってないので、退治のポイントなど参考になる話をさまざま聞かせてくれただけなんだけど。
鼠は、家の中に食べ物がなくても、住処として、外食して帰ってくるもの、だって!家の中は安全だから・・・。

彼に、BBがネットで見つけた業者の仕事内容と見積額を言うと、内容はOK,金額もそれくらいは当然掛かる、との返事。それで安心して発チュウしたわけ。

今日は施工後3日。夜中の天井裏運動会は規模縮小して続行チュウ。

肝心の、鼠がウチに入り込むようになったのは、風呂場改築工事の時にできたパイプ類用の開口部の閉塞不十分な場所、モルタルみたいなものを詰めてはあるんだけど、隙間たっぷりだった。
その工事の頃から鼠が…と思ったのは当たってたねぇ・・・・
その穴から入って、壁の中の隙間を伝って、長押の中を走ったり部屋の隅を走ったりしてたらしい。
他に、雨戸の戸袋の内側に古い穴があったけど、それは使われてなかったらしい。

これで点検をしてもらいつつ、安心につながるかと思った。
ともあれ家の中に残っているかもしれないフンは始末しようと、古い戸棚を開けて仰天!
風呂場工事の頃にクロゼット新設もしてもらったのだけど、その上部には古い造り付けの戸棚がある。
戸棚の奥の壁に、以前は無かった大きな隙間があって、その手前にフンが、、、たくさん、、、。
掃除して、忌避剤スプレーを吹き付けて、扉を閉めて、その前にオマジナイにスプレーの缶を立てて、大工さんに連絡したら、今、ご不在。明日来てくれるって。
もう、ヤダッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

ネズミどもは引っ越したか

3ヶ月近く前から、天井裏の運動会が始まった。そのうち、部屋にフンが落ちているのが見られるようになった。運動会はますます盛んになる。フンもあちこちに場所が広がった。
フンは紙パック付きの掃除機で吸い取ってポリ袋に密閉して捨てる。勝手口の扉の内側にごみ処理用の米糠の袋を置いてあったのだけど、袋に穴が開いてその周囲が一番フンが多かった。他に被害は見つからないから、米糠の元気で家中走ってたんだね。

ネットで対策を探ってみたらいろいろあったけど、超音波を発してネズミを弱らせ逃げさせる道具を3個設置して、忌避剤のスプレーをフンが落ちていたあたりに噴射した。
効果ありました!超音波発進!の夜から気配を感じなくなった。
忌避剤のスプレーは一度使ったきり。匂いがきつくてBBもネズミと一緒に逃げ出したくなるから。
猫の鳴き声だけでも効くという説もあるから、Youtubeの猫動画につないでみたり、寝ているときにゴソゴソ聞こえて目が覚めたらBBがニャー!と鳴いてみたりもしたけど、まるで無効だった。

超音波で案外早く効果があってよかったと思っていたけど、昨夜は一度ゴソゴソ聞こえた。まだ居るかも。
これまで長年ネズミはいなかったと思うのに、何故急に登場したのか?
多分、リフォーム工事がきっかけじゃないかしら。
お風呂の床も外壁も壊してユニットバスを付ける工事の時に、何日も床下が露出していた筈。侵入はラクラクだったでしょ。(工事の音が嫌いで逃げ出すという話もあるのだけど、、。)工事に伴って電気の配線工事があって、壁にも穴を開けられてたから、そのときは通り道が出来ていたかもしれないし。
それまで流しの下の収納に置いておいた米糠の袋をその頃に勝手口際の足元に置くようになった。
ネズミには招待状を出したも同然だった気がする。

もうひとつ、いま思いついたのだけど、トイレの便器の傍の床が何故か黒ずんできた。ネットで見たネズミの通り道の写真に似てる。ヒエッ、床下からごくわずかな隙間を抜けてくる?トイレの天井はとみれば、壁との間がビミョウに隙間が見える。ア~~、いやでもなんでも忌避剤噴射だ~~。これを書いてる途中だけどシューッ、シューッとやってきた。

近々屋根の葺き替え工事が始まる筈だから(田舎ペースの工事屋さんで、足場を組んだきりちっとも始めないんだけど)そちらにもネズミ対策を頼んでおいた。

築30年超の木造だから、いろいろくたびれてくる時期だろうけど、ネズミまで調子に乗ってはダメ!
一人で家に居る人に「ネズミに引かれないように」と言うでしょ。
その昔、BBの母は「私はネズミ年だから、綱引きでもして遊ぶよ」と笑っていたっけ。ハハノンキダネ~(昔々のお笑いの囃子唄だけど、覚えてるヒト居るかな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)